弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2017年02月16日 09時42分

東京都「自画撮り」要求を条例で規制へ…奥村弁護士「児童ポルノ法を改正すべき」

東京都「自画撮り」要求を条例で規制へ…奥村弁護士「児童ポルノ法を改正すべき」
自分の裸を撮影しメールなどで送るよう求められる「自画撮り」の被害が増えている

中高生などがインターネットで知り合った相手に脅されたり、だまされたりして、自分の裸を撮影しメールなどで送るよう求められる「自画撮り」の被害が増えている。こうした状況を受けて、東京都は、画像を求めた段階でも取り締まりができるよう検討を始めた。

警察庁によると、自画撮り被害にあった児童は、2012年に207人だったが、2015年には376人と毎年増加している。被害の半数以上が中学生で、高校生も約4割を占めている。インターネットで知り合った面識のない相手から求められるケースが多いという。

東京都は「都青少年健全育成条例」の改正を含めて、画像を求めた段階での取り締まりを検討している。実現すれば、全国で初めての「規制」となる。現行の法律では、なぜ取り締まれないのか。条例改正で対応すべきなのか。児童ポルノの問題にくわしい奥村徹弁護士に聞いた。

●「自画撮り」が、児童ポルノの最大の供給源になっている

「まず、児童(18歳未満)に頼んで、裸の写真を撮影・送信してもらう場合、どんな法律が適用されるか検討しておきます。

児童を脅迫して、撮影・送信させる場合、『児童ポルノ製造罪』+『強要罪』『強制わいせつ罪』として処罰されています。また、送信させなくても、『強要未遂罪』『強制わいせつ未遂罪』として処罰可能です」

脅迫などではない形で、裸の写真を撮影・送信させた場合はどうだろうか。

「児童ポルノの『製造罪』は、児童自身が、製造主体となる場合も含みます。理論上、厳密にいえば、児童が『提供目的製造罪』(児童ポルノ禁止法7条3項)や『提供罪』(同条2項)にあたります。一方で、頼んだ人はその共犯になるはずです。(広島高判・平成26年5月1日、神戸地判・平成24年12月12日)。

しかし、それでは、被害者自身が処罰されることになって不都合だというので、実務では、児童を検挙せずに、頼んだ人だけを『製造罪』(児童ポルノ禁止法7条4項)の単独犯として検挙するのが一般的になっています。

そうなると、児童による撮影・送信は、取り締まられないことになるので、児童の自画撮りが、児童ポルノの最大の供給源になっているのです。そこで、東京都は、撮影・送信を依頼する行為を青少年条例で規制しようとしているのです。

撮影・送信を依頼する行為は、本来の解釈でいえば、『提供目的製造罪』や『提供罪』の教唆犯となります。もしくは、各地の青少年条例の『わいせつ行為』として処罰可能でしょう。

しかし、児童を『製造罪』の正犯とすることへの抵抗感や、東京都条例では、青少年への『わいせつ行為』が処罰されないことなどから、条例の改正が必要になったものと察します」

東京都が検討しているように、条例改正で対応すべきだろうか。

「そもそも、被害者である児童自身を『製造罪』の主体に含める『児童ポルノ法』の矛盾があります。それでいて、児童を『製造罪』で検挙しない(児童に製造の禁止を命じない)という実務では製造源を断つことはできません。

そのうえ、インターネット上の問題を条例で規制する場合の実効性の問題もあります。法律を改正して、『未遂罪』や『勧誘罪』などを検討すべきだと思います」

(弁護士ドットコムニュース)

奥村 徹弁護士
大阪弁護士会。大阪弁護士会刑事弁護委員。日本刑法学会、法とコンピューター学会、情報ネットワーク法学会、安心ネットづくり促進協議会特別会員
所在エリア:
  1. 大阪
  2. 大阪市
  3. 北区
弁護士ドットコム 編集スタッフ、協力ライター募集中!募集要項はこちら

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。