弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2017年03月16日 16時06分

「GPS捜査」に立ち向かった「チーム亀石」若手弁護士6人、歴史的判決までの軌跡

「GPS捜査」に立ち向かった「チーム亀石」若手弁護士6人、歴史的判決までの軌跡
判決後、弁護団が開いた記者会見(中央の女性が亀石弁護士)

令状なしの「GPS捜査」を違法とした3月15日の最高裁大法廷判決は、GPS捜査のあり方についても、立法で整備することが望ましいと踏み込んだ「歴史的」ともいえる内容だった。判決を受け、警察庁は全国の警察にGPS捜査の自粛を指示した。

警察のGPS捜査はこれまで、その実態がほとんど知られてこなかった。捜査書類にGPSを使ったことを書かないなど、秘密にしてきたからだ。

その存在を明るみにし、警察の捜査に「待った」をかけた弁護団の6人は、いずれも法科大学院を経て弁護士になった、キャリア10年未満の若手だ。メンバーは62期(2009年12月、司法修習修了)の亀石倫子(主任)、小林賢介、西村啓、小野俊介、舘康祐と64期の我妻路人の各弁護士。事件を担当し始めたときは、弁護士になって4年ほどだったという。

1人分の弁護料を6人で分け合い、ほとんど手弁当で3年近く戦ってきた。「経験が浅いので、法科大学院で学んだ憲法や刑事訴訟法の基本に忠実に、事件と向き合ってきた」(亀石弁護士)という、彼らの歩みを振り返りたい。

●「GPS捜査のこと、知らなかった」

そもそも、この裁判は2012~13年に、集団で店舗荒らしを繰り返し、窃盗などの罪で起訴された男性被告人(45)の刑事裁判だった。大阪府警は約7カ月間、被告人らの車両19台にGPS端末を設置し、捜査を続けた。

逮捕された男性から最初に依頼を受けたのは、亀石弁護士だ。当時所属していた事務所の先輩弁護士が担当するはずだったが、スケジュールの都合で亀石弁護士に回ってきたという。男性からは、警察からGPS捜査を受けたこと、手元には残っていないが実物も見つけたことを相談されたそうだ。

当初、亀石弁護士は、GPS捜査のことをまったく知らなかったと言う。「調べてみたら、アメリカでは2012年に違憲判決が出ているのに、日本では裁判例すらなかった。これは大変なことなんじゃないかと思った」

GPS捜査があったことを確信したのは、公判前整理手続で出てきた証拠の中に、13時間にわたって、犯行グループ4人の行動を追跡した捜査資料が出てきたとき。「GPS」の文字はなかったが、「絶対GPSを使わないとできないと思った」という。

●弁護団の結成「権力の暴走」危惧

しかし、「類型証拠」の開示を求めたものの、GPS捜査をはっきりと示す手掛かりは出てこない。そこで亀石弁護士は、「予定主張」にGPS捜査のことを書き、「主張関連証拠」の開示を求めた。検察が反応し、警察にGPS捜査の有無を確認したことで、初めてGPS捜査があったことが明らかになった。

「これでGPS捜査の違法性が正面から問題になると思った。GPSに関する証拠を集めて、実態を解明しないといけない。自分1人の手には負えない」。亀石弁護士は同期の弁護士や後輩に声をかけ、仲間を集めた。2014年6月弁護団が結成された。

弁護団は多いときで週1回程度、顔を合わせ、GPS捜査の実態解明に向けてアイデアを出し合ってきた。警察と同じGPS端末を借り、車を使ってその精度を確かめたこともあった。警察が立ち入った場所を実際に訪れ、内部資料の公開も求めてきた。マスコミも注目し、各地の裁判所でGPS捜査の違法性が判断され始めた。謎とされてきたGPS捜査の輪郭が少しずつ明らかになっていった。

弁護団を駆り立てたのは、「権力の暴走」に対する危惧だ。今回の事件では、GPS端末が被告人だけでなく、事件に関係ない交際相手の車にもつけられていたという。バイクに設置された端末は、パーツを1度取り外してつけられていた。さらに亀石弁護士によると、GPS端末はバッテリーがもたないため、2~3日で取り換える必要があるのだという。

捜査のためとはいえ、令状なく他人の所有物をいじっても良いのか、勝手に私有地に入ってよいのか。そもそも、捜査対象が犯人でなかったらどうするのか。取り付けられる対象が拡大する可能性はないのか――。基準はすべて国民から隠され、警察内部のルールのみで運用されていた。

●GPS捜査の「否定」ではなく、「ルールづくり」求める

今回の判決を受け、GPS捜査ができないことで、治安の悪化を懸念する声もある。しかし、弁護団はGPS捜査そのものを否定しているわけではない。求めてきたのは、ルールづくりだ。

「警察は犯罪捜査のために、GPS捜査がどうしても必要という。だけど、警察のルールだけで運用するのは危険。被疑者・被告人だけの問題ではなくなる可能性がある」(亀石弁護士)

また、GPSで位置が分かっても、何をしているかまでは分からない、という声も少なくない。しかし、誰がいつどこにいるかが重要な意味を持つことはままある。今回の事件では、ラブホテルへの立ち入りを示すGPSの記録もあった。

最高裁は弁護団の主張をほぼ認め、憲法35条に照らして、GPS捜査が「個人の行動を継続的、網羅的に把握する」ことからプライバシーを侵害しうると認定。そうした端末を「ひそかに」取り付ける点で、尾行や張り込みなどの「任意捜査」とは異なる「強制捜査」と判断した。今後はGPS捜査について、早急な立法が求められる。

●弁護団からは「自信になる」「今後の指針に」の声

判決後の記者会見で、主任弁護人の亀石弁護士は、「新しい捜査手法と人権とのバランスが問題になるケースで、必ず参照されるリーディングケースになる」と判決に満足した様子だった。

裁判官15人全員で構成される最高裁大法廷は、年数回しか開廷されず、誰でも立てる場所ではない。その舞台で、画期的な判決を勝ち取った若き弁護士たち。

弁護団の小林弁護士は「経験が浅くても、徹底的に調べて主張すれば、認められるのだと自信になった」、西村弁護士は「利益に関係なく、意義ある裁判で結果を残したいと思ってきた。とても大きな場所で実現できたので、今後の指針になる」と語り、笑顔を見せていた。

(弁護士ドットコムニュース)

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」