弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2018年08月11日 08時24分

あおり運転で初の「殺人罪」適用、交通事故では異例…「未必の故意」はどう判断する?

あおり運転で初の「殺人罪」適用、交通事故では異例…「未必の故意」はどう判断する?
画像はイメージです(tkyszk / PIXTA)

大阪府堺市内でバイクに乗っていた男子大学生が亡くなった事故で、大学生をあおり運転で死亡させたとして、大阪地検堺支部が7月下旬、自動車を運転していた男性を起訴した。読売新聞の報道によれば(7月23日付け)、男性は大学生が運転するバイクに追い抜かれたことに腹を立て、加速して追跡。時速96~97キロで追突して転倒させ、殺害したという。

あおり運転への殺人罪の適用は異例とも報じられている。今回の事件において、なぜ殺人罪が適用されることになったのか。この判断について、交通問題に詳しい弁護士はどのように評価するだろうか。清水卓弁護士に聞いた。

●なぜ殺人罪で起訴?

なぜ、異例とも報道されている殺人罪で起訴がなされたのか。

「報道を通して現時点で得られた情報から検討してみます。

前提として、殺人罪が成立するためには、殺人罪の故意=殺意があること、すなわち、相手が死ぬということがわかっていて殺人行為をしたことが必要とされています。

交通事故の場合、一瞬の不注意(過失)で死傷事故が起き得ることもあり、事故を起こした加害者の事故当時の認識を立証することが困難なことも多く、殺人罪での起訴が難しいという事情があります。殺人罪の適用が異例と報道されているのは、このような事情によるものと思われます。

しかしながら、相手が確実に死ぬとわかっている(確定的故意がある)場合のみならず、相手が確実に死ぬとはまではわかっていないが、もし死ぬなら死んでもかもわないと思っている(未必の故意がある)場合にも、殺人罪の故意があるものとして処罰の対象になります」

●「未必の故意があるとして踏み切った」

報道によれば、今回の事故では、加害車両に搭載されていたドライブレコーダーの解析捜査等により、加害車両の運転者が約1キロにわたってバイクをあおり続け、時速100キロ近くで加害車両をバイクに追突させたことが確認されているようだ。

「今回は、あおり運転の動機(バイクに追い抜かれたことに立腹)、あおり運転の態様・経路(車線変更して逃げようとしたバイクの運転者を執拗に加速して追跡)、あおり運転を継続した時間・距離、追突の仕方、追突時の速度等が検討されたはずです。

このような危険なあおり運転をすれば、バイクの運転者が死ぬかもしれず、それならそれでかまわないと加害車両の運転者が思っていた、すなわち、未必の故意があると言えるものとして、殺人罪での起訴に踏み切ったものと思われます」

●「あおり運転に厳正に対処する動きの一環」

今回の捜査機関の対応について、清水弁護士はどのように評価しているのだろうか。

「今回の警察の対応は、社会問題化しているあおり運転に厳正に対処する動きの一環と思われます。

この数年、あおり運転による事故が社会問題化しており、悪質・危険な運転に対する厳正な対処の動きが出てきています。例えば、2018年1月には、警察庁から全国の警察に対し、あおり運転等の悪質・危険な運転に対し、道路交通法違反、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)、暴行罪等あらゆる法令を駆使して、厳正な捜査を行うよう通達がなされています。

今回、起訴がなされたことにより、あおり運転という危険な運転行為による死亡事故を殺人罪に問えるか否かにつき、裁判所の判断が示される見込みです。また、ドライブレコーダー等、事故当時の状況を客観的に立証可能な証拠があったことも、今回の殺人罪での起訴を可能にさせた大きな要因と思われます。

裁判所がどのような判断を下すのか、刑事裁判の行方を注視したいと思います」

(弁護士ドットコムニュース)

清水 卓弁護士
東京の銀座にある法律事務所の代表を務め、『週刊ダイヤモンド(2014年10月11日号)』で「プロ推奨の辣腕弁護士 ベスト50」に選出されるなど近時注目の弁護士。交通事故分野などで活躍中。被害者救済をライフワークとする“被害者の味方”。

この記事へのコメント

匿名ユーザー

「殺人罪で起訴」報道が途切れる直前に、NNN系列のニュースでCGによる状況再現をしていました。それによると事件のきっかけは単に追い抜かれた事に腹を立てたのではなく、「進路変更の邪魔になったとして腹を立て」とありました。

これは普通に考えるとバイク側の落ち度ではなく、加害者がバイクを見落としたまま右車線から左に車線変更をしようとした事が発端だという事です。バイク側はそれを緊急回避行動として加速して避けた、それだけなんじゃないでしょうか。それなのに巷の意見の中には「バイクの追い抜き・追い越し」を問題視する声までありますが、先行していた報道は、加害車両のドラレコから得られたものだけだったからではないかと。事故当時は帰宅ラッシュの時間帯だったこともあり、交通量も多く、後に別の車のドラレコにも事件の様子が記録されていたことも報道されているので、新たに判明した事だと思うのです。

しかも、加害者は呼気検査による数値は基準値以下でしたが、飲酒していました。これこそが交通法規の遵守意識の完全な欠落で、自動車が人を死傷させる凶器になるという意識を持たないまま、勝手に怒りのトリガーを引いて激しいあおり運転を続けた後、殺害したのです。断じて「あおり運転に厳正に対処する動きの一環」などというものではなく、明らかな殺人だと思います。事件当時、周囲にいた車両に死傷者が出る可能性すらあった事件だと思うので、これは亡くなったバイク運転手だけの問題ではないと強く思います。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
ドライブ大好き 40代 男性

数日前、私もある国道のバイパスで、煽り運転の被害に遭いました。
60~65キロくらいの速度で走っていましたが、
片側1車線で、退避場所も出て来なくて、譲りようがなかったので、
110番して警察の指示を仰ぎ、一旦バイパスを降りたのですが、
相手がついてきて、蛇行運転やパッシングなどで執拗に煽られ続けました。

ようやくコンビニの駐車場に逃げ込んだものの、相手が降りて来て、
窓を叩いたり、怒鳴り散らして暴言を吐くなどされたので、
車内にこもったまま、警察官の到着を待ちました。

警察官に事情を聴かれたところ、相手の言い分は、
「急ブレーキを踏まれたから頭にきた」というものだったのですが、
急ブレーキそのものが全く身に覚えがなく、完全な言いがかりでした。
終いには、「あのくらいじゃ煽り運転なんて言えない。
俺ならもっと近くまで寄れる」などと腕自慢(?)をする始末。

そんな相手と話し合いが成り立つはずもなく、謝罪するよう求めると、
激高して拳を振り上げ、私に殴りかかろうとしてきたため、
警察官4人に静止され、私から離れた場所へと連れていかれました。

その後、私は先に帰るように促されて帰ったので、
相手がどういう処分を受けたのかは分かりませんが、警察官の話では、
ドラレコなどの証拠が無いと処分は難しい、とのことでした。
これほどの嫌な思いをさせらたのに・・・、
つくづくドラレコの重要性を再認識しました。

幸い、事故にもならず、ケガもありませんでしたが、
こういう輩は「免許永久はく奪」くらいの処分をしてほしいです。
2度と車の運転が出来ないようにしなければ、また被害者が増えるだけ。
免停や講習くらいでは、危険性帯有者の性癖を治すことは不可能です。

酒を飲んで運転したり、他車を煽る運転をすることは、
事故を起こす可能性がある→人が死ぬかもいれない→死んでも構わない、
という、それこそ記事にある「未必の故意」も成立するのでは?

遵法精神のない加害者を守る法律など、あってはならないと思います。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」