弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2018年02月23日 09時58分

無理やり起こされ、泣いても「夫婦の営み」強要…完全にDV、犯罪になる可能性も

無理やり起こされ、泣いても「夫婦の営み」強要…完全にDV、犯罪になる可能性も
画像はイメージです(プラナ/PIXTA)

無理やり性生活をさせられるのも、離婚事由やDVになりますかーー。弁護士ドットコムの法律相談コーナーに複数の相談が寄せられています。

ある相談者は、夫からDVを受けていると言います。現在では「直接蹴る・殴る」といった身体的な暴力はなくなったものの、性生活については無理強いがあるそうです。そんな時に泣いていると、「なんで泣いているの?」と罵られることも。

また、他の相談者は「最低週1回、寝込みを起こされ、ひたすら行為を数時間強要される」と嘆いています。行為後は数日間身体が痛くなるほどだそうです。「こちらの状況も理解してほしい」と何度も言いましたが、無視され続け、話し合いにならないそうです。

他にも、避妊に協力しない夫に悩む方かも相談が寄せられていました。

無理やりの行為は、離婚事由になるのでしょうか。また、夫婦間でも性行為の強要は、DVではないのでしょうか。山口政貴弁護士に聞きました。

●「性行為の強要は完全にDV」

「性行為の強要は完全にDVであり、離婚事由にあたります。また、夫婦間であっても、ひどい場合には、刑法上の強制性交罪(旧「強姦罪」)が成立する可能性もあります」

一方で、セックスレスの場合にも、離婚理由になる場合があるのではないだろうか。夫婦間の性をめぐる法律上の解釈はどうなっているのか。

「確かに夫婦の間には、性交渉を求める権利があり、正当な理由なく性交渉を拒み続けた場合には、離婚事由にもなり得ます。だからと言って、無条件に性交渉に応じなくてはならない義務があるわけではありません。

裁判例でも、夫婦間での性交渉でも強姦罪(現「強制性交罪」)が成立すると判示した事件もあります(東京地裁、平成19年9月26日)。この事例では、泣きながら性交渉を拒む妻に対し、夫が妻を脅迫し、力づくで性交渉をしていました」

●夫の行為は「DV」、離婚理由にもなる

では、今回の相談例についても、DVであり、離婚理由になると言えるのだろうか。

「相談者のケースのように、寝込みを起こされ無理やり行為を強要され、数日間も体が痛くなるような性交渉まで応じなければならない義務はありません。夫の行為はDVであり、離婚理由にもなりますし、その場合には夫が妻に慰謝料を払うことになります。

あまりにもひどい性交渉が続くようであれば、別居や離婚も視野に入れて今後を考えてみてください」

【相談募集!】弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい、法律に関するトラブルはありますか。働いていて疑問に思ったこと、ご近所トラブル、男女・離婚に関するものなど、情報をお待ちしています。以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

(弁護士ドットコムニュース)

山口 政貴弁護士
サラリーマンを経た後、2003年司法試験合格。都内事務所の勤務弁護士を経験し、2013年に神楽坂中央法律事務所を設立。離婚、婚約破棄等を専門に扱っており、男女トラブルのスペシャリストとしても知られる。

この記事へのコメント

匿名ユーザー 30代 男性

てめぇがバカヤローだ!

自分に都合の良いほうに有利に動く弁解者よ死に候え 女性 30代

罵ると自分に高い代償として貴様にそのまま帰るんだよと警告しに来たんだ

匿名ユーザー 女性 40代

まったくもってその通り。

匿名 女性 30代

そんな男、動物以下。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
おまえら 30代 男性

いいねした人も含めて、悪魔だね。獣だと書こうとして獣にも劣る奴等だから獣にすまない気がしたよ。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
匿名ユーザー 女性

そうゆう気持ちで夫婦やってるんですね。
奥様が気の毒です。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
匿名ユーザー

下手くそ

って言ったれ。

匿名ユーザー

数日間も体が痛くなるようなら「下手くそ」以外に該当する言葉がありませんよね。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」