弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

税務訴訟

  • 税務訴訟におけるトラブルの解決に役立つ「弁護士ドットコム」のページです。税務訴訟などの専門性が高い分野のトラブルに積極的に取り組む 878 名の弁護士情報や税務訴訟に関するトラブルについて寄せられた 1,174 件の「みんなの法律相談」(誰でも相談無料)、法律用語などのコンテンツを用意しております。例えば、「税務調査にどうしても納得いかない点がある」、「追加徴税について相談したい」などの行政、税務、税金に関するお悩みを抱える方は、「弁護士ドットコム」の税務訴訟のページを引き続きぜひご覧ください。 税務訴訟のトラブルを解決するには、相手方との交渉や手続きが必要となります。トラブルのケースによっては、最適な解決までの期間や手続きも大きく異なってきます。 1 から自力で対応するのは日々の業務を続ける上での弊害になりかねません。弁護士に依頼することで、ご自身でご対応される際の手間や直接行われる相手方との交渉などからくる精神的なご負担を軽減することができると思われます。税務訴訟に関連するトラブルでお悩みの方は、日本最大級の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」をご覧いただき、解決のきっかけに無料法律相談や税務訴訟トラブルの経験豊富な弁護士にぜひ一度ご相談してみてください。

  • この分野に関する相談

    相談を探す(税務訴訟) 相談する無料
    弁護士の無料回答でお悩み解決!

    定番のお悩み

    税金 脱税 税務調査

    お悩みガイド

    この分野に関するみんなの法律相談

    みんなの法律相談の人気ランキング

    • 1

      領収書発行に関しての質問です。領収書を発行して欲しいと言ったら、店側は発行する義務がありますか?

      0役に立った
      税務訴訟

      領収書を発行して欲しいと言ったら、店側は発行する義務がありますか?あるとしたら、先払いで払い、その後に発行できないと言われたら、お金は返してもらえるのでしょうか?

    • 2

      元家族の名義領収書は確定申告に有効?

      0役に立った
      税務訴訟

      元夫から私宛名の領収書のコピーではなく原本を請求されています。原本を必要とする理由として確定申告に使うのではと思うのですが、下記条件で確定申告にこの領収書が有効かどうか教えていただきたいです。請求書は2枚あり、離婚による引越しの為の交通費と、引越し代です。 昨年12月に調停離婚し、現在、元夫か...

    • 3

      裁判所においての取り決めの効力について

      0役に立った
      税務訴訟

      調書にて婚費額が明確にされております。しかし一年間こちら側の了承も得ずに勝手に減額されておりました。こちら側はまだ相手方にその件について追求はしておりません。こういった場合、こちら側が黙認していたとみなされてしまうのでしょうか?又、再度調停になった場合は逆に相手方より黙認していたのではないかと...

    • 4

      質問があります。助けてください

      0役に立った
      税務訴訟

      興味本位でアダルトサイトを見てしまい、会員登録が勝手に完了してしまい、放置していたら、督促状のメールがきて、怖すぎて住所などを教えてしまいました。手紙などが来ないか心配です。どうすればいいでしょうか。僕は未成年です。親にもバレたくありません。

    • 5

      クレジットカード支払い遅延に対する訴状への対応について

      0役に立った
      税務訴訟

      先日クレジットカードの支払い遅延で簡易裁判所から訴状が届きました。原告のクレジットカード会社に電話し、謝罪と今後どのように支払いしていくかを相談し、分割払いの期限や月々の支払い料金について話し合い合意が得られました。答弁書には分割払いを希望しますという欄にチェックし、詳細と「原告担当者の〇〇様...

    税務訴訟の検索結果

    • 知り合いの塾の脱税?について

      税務訴訟脱税

      知り合いの塾の脱税?について私の知り合い(開業医:年収2500万程度)が、自分の診療所をつかって、近所の子に勉強を教えています。知り合いは子供がないので、塾という形で、自分の跡継ぎ?のような人間を育てたいこと、また、少しでも青少年の育成に関わりたいことを目的にされています。はじめは参考書代だけ...

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った
    • 住民税延滞金免除の口約束について

      税務訴訟税金

      現在29歳転居済、住民税についてです。20代前半の頃に母の病気や家入れ金等から住民税の未納が続き、度々分割払いで納付をしておりました。その際に分割相談で電話した担当者より「本税だけ納めて貰えば延滞金は結構ですので」と言われておりました。相手は公的機関だからと証拠を残しておかなかった自分も甘かっ...

      2回答 /
      2弁護士回答
      0役に立った
    • デリヘルで追徴課税されるか❔

      税務訴訟税務調査

      デリヘルで、税金として徴収されているけど❔本当に納税しているかわからないし、マイナンバーとかで後から追徴課税されるのが最も怖いのですが大丈夫ですか❔

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った

    ※質問するには会員登録が必要です。新規登録はコチラ

    この分野に関する法律用語

    • 贈与税

      個人から財産(土地・建物・現金・宝石など)を贈与された場合に課税される国税。

    • 行政訴訟

      行政事件に関する訴訟。

    • 選挙

      首長や議員、団体の代表者や役員を選び出すこと。

    この分野に関するニュース

    税務訴訟におけるトラブルの解決に役立つ「弁護士ドットコム」のページです。税務訴訟などの専門性が高い分野のトラブルに積極的に取り組む 878 名の弁護士情報や税務訴訟に関するトラブルについて寄せられた 1,174 件の「みんなの法律相談」(誰でも相談無料)、法律用語などのコンテンツを用意しております。例えば、「税務調査にどうしても納得いかない点がある」、「追加徴税について相談したい」などの行政、税務、税金に関するお悩みを抱える方は、「弁護士ドットコム」の税務訴訟のページを引き続きぜひご覧ください。 税務訴訟のトラブルを解決するには、相手方との交渉や手続きが必要となります。トラブルのケースによっては、最適な解決までの期間や手続きも大きく異なってきます。 1 から自力で対応するのは日々の業務を続ける上での弊害になりかねません。弁護士に依頼することで、ご自身でご対応される際の手間や直接行われる相手方との交渉などからくる精神的なご負担を軽減することができると思われます。税務訴訟に関連するトラブルでお悩みの方は、日本最大級の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」をご覧いただき、解決のきっかけに無料法律相談や税務訴訟トラブルの経験豊富な弁護士にぜひ一度ご相談してみてください。

    関連カテゴリから解決方法を探す

    依頼前に知っておきたい弁護士知識

    税務訴訟のニュース

    1. フリーランス「開業届」を提出するメリット、...
    2. どれくらい税金が戻る?  確定申告で数百万...
    3. お金を貯めたいけど、つい使ってしまうあなた...
    4. ふるさと納税、「転売禁止」の返礼品をネット...
    5. 高額納税者「大谷翔平」に鎌ケ谷市長「メジャ...
    6. 免許のない大谷翔平に車とガソリン授与「誰か...
    7. フリーランスが仕事の成功祈り神社参拝、「賽...