2019年05月13日 09時48分

食べ放題の品切れは許される? 「終了前なら仕方ない」「店の説明次第」と賛否

食べ放題の品切れは許される? 「終了前なら仕方ない」「店の説明次第」と賛否
写真はあくまでイメージです(弁護士ドットコム撮影)

食べ放題、「料理がなくなる可能性がある」と聞いてはいたけど、まさか本当にないとはーー。

先日、弁護士ドットコムニュースで、食べ放題トラブルについての記事(食べ放題なのにスカスカ、「料理がなくなる可能性」承諾してたけど許せない! https://www.bengo4.com/c_8/n_9486/)を掲載したところ、読者からたくさんのコメントが寄せられました。

記事で紹介したのが、都内のジンギスカン食べ放題に行った会社員のナナミさんの事例です。お店に入るときに「料理はない場合もあります。なくなったとしても補充しません」と言われて承諾したものの、サラダやデザートが全く残っていなかったため、ナナミさんが腹を立てたという話です。

この記事で、岡田崇弁護士は、(1)「客が注文した品物が出てこなかった」とか、(2)「客が注文した品物は出てきたが、著しく不十分な内容であった」という場合には、その責任は店側にあることを指摘しました。

ナナミさんの場合は、「仮に承諾していたとしても、ジンギスカン食べ放題なのにジンギスカンが売り切れていたのであれば(1)の債務不履行になる」「ジンギスカン以外のものが全部売り切れていたということであれば(2)の不完全履行になりそう」「ジンギスカン以外のメニューに占める割合が問題になるのではないでしょうか」と分析しています。

●「クレーマー」なのか「店がダメ」なのか

記事を読んだ読者からは、逆にナナミさんの怒りについて、疑問を呈する意見が寄せられました。

40代男性は「ランチタイム開始直後ならクレームは正当だと思うが、終了ギリギリならただのクレーマー」と批判します。

別の人も「『どのくらい残ってます?』と、確認しなかったナナミさんの自己責任だと思います」と指摘。「お店側としては迷惑なだけ」だと言います。

一方で、ナナミさんに賛同する声もありました。

「『食べ放題』とうたう以上、容易に料理がなくならないよう、十分な量を準備するのが常識でしょう」。

また50代男性は「ない場合がある」というのは言い訳だと指摘します。

「『ない場合がある』で料理不足の言い訳になるなら、『ない場合がある』と言っておいて最初から僅かな量しか用意しない、という悪質商法が許されてしまいます。『ない場合』というのは、来客数や消費量が予想を大きく超えた場合のみを言うのが普通でしょう」

20代男性は、特定の料理がないだけならともかく「サラダとかデザートとかのジャンル単位でないのはダメだろ」と、程度の問題だと言います。

●「客の気持ちを理解していない」

「ない場合もある」という店側の言い方が問題だったとみる人もいました。

ある人は、「都合よく解釈できる言葉で取り繕うのはサービスを提供する意思が無いと判断できる」と批判。サービスが提供できないならば「無い」と先に伝えるべきで、客が確認すべきことではないと断言します。

この意見に賛同する声もあがり、60代男性は「サービスをする事の本質の欠如です。お客の気持ちをあまり理解していないと思います」と、こうしたお店を避けることを提案していました。

「ない場合もある」と言われると、一部に品切れが出ているだけと思う人も多いかもしれません。お店側は状況を正確に伝え、お客側もトラブルを避けるために、きちんと確認する必要がありそうですね。

(弁護士ドットコムニュース)

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

この記事へのコメント

匿名ユーザー 30代 男性

明らかに、店側の問題点が際立つ話。

「無い場合もある」というのは、無い可能性もあるという事であり、その客が来店時に「無い、もしくは無いに等しい状態」が確定している事を表す言葉ではない。

しかも多くの人が欲していると予測できる”定番品”が現在そういう状態ならば「○○は既に品切れに近い状態ですが、よろしいですか?」と聞くのが普通だと思う。

もし「無い場合がある」と言っておけば、全て客の自己責任となってしまうのなら、仮に料理の全てがその時点でまったく無かったとしても

「無い場合があるって言ったじゃないですか。私は特定の料理に限定して”無い場合がある”とは言っていませんよ。つまり全ての料理が無い場合がある状況だって有り得るって事です。お客さんはそれに同意したでしょ?」

という、悪質商法が成り立ってしまう。

また

>別の人も「『どのくらい残ってます?』と、確認しなかったナナミさんの自己責任だと思います」と指摘

という意見にも、違和感を相当持ってしまう。

これだと食べ放題に行った時には、少なくとも自分が食べようと思っている食べ放題対象品すべてについて、事前に「アレとアレとアレは、どのくらい残っていますか?」と、逐一聞かなければいけなくなってしまう。

そんなバカな話はあるまい。

まさに自己責任厨の戯言だと思うし、こういう歪んだドヤ顔正義感が悪徳店をのさばらせる手助けをしていると言わざるを得ない。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」