現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. FCオーナー「パフォーマンスにしないで」 セブンの時短実験に注文
2019年03月01日 21時02分

FCオーナー「パフォーマンスにしないで」 セブンの時短実験に注文

FCオーナー「パフォーマンスにしないで」 セブンの時短実験に注文
セブンイレブン(東大阪南上小阪店)

セブン-イレブン・ジャパンは3月中旬から、全国10のセブン直営店で24時間営業をやめる実験を始める。午前7時〜午後11時までの営業にすることで、売上の変化などのデータを集める。3月1日に明かした。

同社広報は、「24時間営業の見直しを前提にしたものではなく、社会の変化や今後の少子高齢化などを見越して、データを収集したい」と狙いを語った。フランチャイズ加盟店について、原則24時間営業というスタンスは変わっていないという。

セブンの24時間営業をめぐっては、大阪府にある「東大阪南上小阪店」のオーナー・松本実敏さんが人手不足を理由に2月1日から時短営業し、本部と対立している。

実験について、松本さんは「一歩前進したことは間違いない」と評価。ただし、実験対象が直営店のみになったことには「残念です」と話した。

「売上や物流などでは24時間が良いに決まっている。本部は失うものしかない。でも、疲弊したオーナーがやれば、(健康など)得るものも多い。そういう実験にしてほしかった。『実験したけど、ダメでした』というパフォーマンスにならないことを願っています」

松本さんは「本当の実験は僕なんです」とも述べ、時短営業でも十分にやれる実績を残したいと決意を語った。

(弁護士ドットコムニュース)

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608