弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

ライフ
2017年06月15日 07時14分

休憩時間に「パチンコ」に行きたい! 制服を脱いで私服なら問題ない?

休憩時間に「パチンコ」に行きたい! 制服を脱いで私服なら問題ない?
画像はイメージです

会社員にとって、昼の休憩時間はひとときのオアシスである。その過ごし方は多種多様で、ランチにかぎらず、自分の趣味や息抜きに時間を使いたいと考える人も多いようだ。

たとえば、インターネットのQ&Aサイトには、「休み時間の過ごし方なんですが、編み物をしてもいいと思いますか?」という質問が寄せられている。また「お昼休みの携帯での株取引は職務専念義務違反ですか?」と休憩時間に株取引を検討する人もいた。

なお、ある投稿者の会社では、昼休みにパチンコに行く人が社内で批判され、険悪な雰囲気になっていると言う。そこで、「昼休み中にプライベートな用を済ませる事はありますがどこまでが許容範囲なのでしょうか?」と質問している。

会社の休憩時間に、編み物やゲーム、パチンコなどプライベートな用事を済ませたい場合、どこまでが許されるのだろうか。半田望弁護士に聞いた。

●過去の裁判例から学ぶ「判断基準」とは

「休憩時間は労働からの解放を保障する時間であると一般に理解されていますので、原則として、労働者は休憩時間は自由に行動できます。そのため、プライベートな用事を休憩時間に行ったとしても、原則として何の問題もありません」

問題となるケースはないのだろうか。

「あらゆる行動を自由にしても良い、という訳ではありません。判例では、休憩時間内であっても、企業秩序維持のための必要かつ合理的な制約は、休憩時間にも及ぶとされています。

判例で問題となったのは、日本電信電話公社の従業員が休憩時間中にベトナム戦争反対のビラ配布をした事例です。この裁判では、『ほかの職員の休憩時間の自由利用を妨げ、ひいてはその後の作業能率を低下させるおそれがある」ため、企業秩序維持のために制限することは適法と判断されました。これが一つの判断基準になるでしょう」

●編み物、ゲームは認められるの?

冒頭であげたような、編み物やゲームなどは、どうだろうか。

「前述した判例に照らすと、他の従業員の迷惑になる行為や、会社の評判を下げる行為でなければ、休憩時間に行っても問題ないと考えるべきです。

例えば、編み物やスマホでゲームをすることは、ほかの従業員の迷惑にならないと考えられ、制限してはいけないでしょう。また、買い物に行ったりお昼ご飯を食べに帰宅するなど、会社の外に出て行動することも制限されないと考えます。

パチンコについては、制服で行くなど仕事をさぼっているかのように見える場合には、企業の社会的評価を下げるおそれもありますので、制限される余地はあります。しかし、私服に着替えるなど、会社の業務時間内のサボりと間違われない配慮をしていた場合には、制限するのは行き過ぎだと思います」

●株取引は「会社のパソコン」を使うとダメ

株取引はどうだろうか。

「株取引も、私物のスマホやパソコンを使うのであれば、他の従業員の迷惑にならない行為として問題にはならないでしょう。

しかし、会社のパソコンは、あくまでも業務のために使用を認めているものですから、これを私用につかうことは、会社が私用を認めていない限り、問題になると考えます。

休憩時間は原則として自由に行動できると言っても、会社の備品はあくまで仕事のためにしか用いることができません。休憩時間に何かする場合には、私物を利用する必要があるでしょう」

なお、休憩時間の外出を禁止している会社もあるようだ。

「休憩時間は拘束を受けないことが前提ですので、休憩時間の外出禁止を定めた場合には休憩時間として認められない(労働時間として賃金支払いの対象となる)と思われます。いわゆる待機時間(手待時間)が労働時間と判断されることと同じです」

(弁護士ドットコムニュース)

佐賀県小城市出身。交通事故や消費者被害などの民事事件のほか、刑事弁護にも取り組む。日本弁護士連合会・接見交通権確立実行委員会の委員をつとめ、接見交通の問題に力を入れている。
所在エリア:
  1. 佐賀
  2. 佐賀市
事務所名:半田法律事務所

この記事へのコメント

コメント

Facebook

弁護士コメント

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」