弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2015年10月06日 17時10分

恫喝動画が話題の「アリさん」引越社と訴訟中・・・「シュレッダー係」男性の復職環境

恫喝動画が話題の「アリさん」引越社と訴訟中・・・「シュレッダー係」男性の復職環境
男性の氏名と顔写真入りで、解雇理由を「罪状」と書いた紙が貼りだされたという

「アリさんマーク」で知られる引越社のグループ会社「引越社関東」が、いわゆる「追い出し部屋」への異動を命じたのは無効などとして、同社を提訴している元営業職の男性(34)が、弁護士ドットコムニュースのメール取材に応じた。

男性は今年8月に懲戒解雇を言い渡されたが、会社が撤回したため、10月1日から復職している。だが、その業務は、希望する営業職でなく、机もイスもない立ちっぱなしの「シュレッダー係」。しかも、一人だけオレンジ色の長袖シャツで作業させられているという。男性は「復職後も嫌がらせが続いている」という現状を明かした。

●引越社幹部の「恫喝動画」がネットで話題

これまでの男性の主張によると、同社の営業職としてキャリアを積んでいた男性が、今年3月に個人加盟の労働組合「プレカリアートユニオン」に加入し、サービス残業の未払い賃金の返還などを求めて団体交渉をおこなうと、アポイント部への異動を命じられた。

6月には、遅刻を理由に「シュレッダー係」に異動させられた。男性が7月、命令無効とする地位確認訴訟を起こすと、懲戒解雇された。「引越社」のグループ全店には、男性の氏名と顔写真入りで、解雇理由を「罪状」と書いた貼り紙を掲示されるなどしたという。男性は名誉を傷付けられたとして、300万円の損害賠償も、裁判での請求内容に追加した。

男性が加入する労働組合は10月1日当日、引越社関東・東京本社前で、街宣車を使った抗議活動をおこなった。その際の動画が同日、YouTube上で公開された。同社の副社長とされる人物が「誰に言うてんねん」などと恫喝する様子が話題を呼び、10月6日時点で110万回以上も再生されている。

●「罪状ペーパー」が何枚も貼られていた

同社内は現在どのような状況なのだろうか。男性によると、10月1日には、復職したにもかかわらず、社内の壁や従業員の出入口の近くにある棚、タイムレコーダーなどに「罪状ペーパー」が貼られていたという。また、シュレッダーの後ろの壁には、男性の顔写真入りで、「北朝鮮人は帰れ」「過激派の流れを汲むような怖い人は去れ」と書かれた紙も貼られていたそうだ。

さらに同日、シュレッダーの近くにモニターが新しく設置され、男性が9月30日に代理人らと開いた記者会見の映像がリピートで流されるなどしたという。労働組合が抗議文を会社に送ったところ、男性が10月3日に出社した際には、嫌がらせの紙やモニターはなくなっていたということだ。

●「社内は殺伐とした雰囲気」

一方で、監視カメラで常時監視などされているといい、男性は「復職の就業環境とは、とても言えません」「社内は何となく殺伐とした雰囲気です。職場内では異端扱いされて、ほかの従業員に話し掛けても無視されるなどしています」と説明している。

引越社関東は10月5日、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、男性とのトラブルについては「係争中のことなので、回答できない」と述べた。

一方、ネットで話題になっている動画については、「都合のいいところだけで編集されて、流されているものだ。それに対して、どこからどこまでと言えるものもないので、現段階ではコメントを控えさせていただきたい。弊社としても精査したうえで、何かしらのことを考えている」と答えていた。

(弁護士ドットコムニュース)

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」