弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」」
寺林智栄弁護士

突然「離婚したい」と言われたら…「修復は難しい」と弁護士が指摘する理由

配偶者から「離婚したい」と言われた時、どんな対応をすればよいのでしょうか? 応じる意志がない場合には、関係修復への道を探ることになりますが、夫婦関係を修復し、離婚を回避する方法はあるのでしょうか。

数多くの離婚問題を扱ってきた寺林智栄弁護士は「修復するのは、基本的には難しい」と指摘します。なぜ難しいのでしょうか。その理由を聞きました。(取材・文/ライター・吉田彩乃)

 ●基本的に、関係修復は難しい

ーー配偶者の浮気が発覚しても、離婚する夫婦ばかりではありませんし、中には「ごく普通の生活を送っていた」はずなのに、離婚したいと言われてしまうこともあるようです。相手が「離婚」を口に出してきたような段階でも、修復することは可能なのでしょうか?

私は難しいと思っています。「突然、離婚したいと言われてしまった。何とか思い直してもらうことはできないか」と、駆け込んでくる方はいます。そんな方に対しては「関係修復は難しいですよ」と、最初にはっきりお伝えしています。

特に、相手が弁護士をたてて離婚の意思を伝えてきたり、家を出て行って別居状態になっていたりする場合には、ほぼ復縁の望みはかなり薄いですね。そこまでいくと、相手は相当覚悟を決めていますから。

ーー法的に夫婦関係を修復することはできないのでしょうか?

家庭裁判所で、夫婦関係を調整するための調停(話し合いの場)を設けることができます。この調停には、「円満調停」と「離婚調停」という2つがあり、夫婦どちらかの意思で申し立てることができます。「円満調停」は文字通り、円満な夫婦関係を回復するために話し合うことが目的で、離婚をしたくない側が申し立てることが多いです。

ーー円満調停では、具体的にどんなことをするのでしょうか?

調停を申し立てるようなところまでいく夫婦は、別居している場合がほとんどです。話し合う内容は、例えば「また同居できないか」「同居するとしたら、どのような条件がいいのか」ということですね。調停を起こされた側は、基本的には、次の調停の期日までに、同居の可否や条件を回答する流れになります。

回答が「離婚したい」「同居は考えられない」という内容であれば、調停の不成立や取り下げで終わりますし、今すぐ離婚する気もないけど同居もしたくない場合は、別居中のルールを決めて終わる場合もあります。

ーー円満調停によって、関係修復は期待できるのでしょうか?

ケースバイケースではありますが、可能性は限りなく低いと思います。円満調停をして、夫婦関係を修復できたという話は、私の周囲では聞いたことがありません。

離婚したいと主張している側や、家を出て行ってしまった側は、それなりに別れる意思を固めているものです。そういう人に対して円満調停という法的手段を使ってしまうと、相手も「やり直すなんて絶対嫌なのに、まだ食い下がるのか。こっちも本気で動かないと」と、離婚の意思をより強くさせてしまう可能性があります。

円満調停を申し立てたら、相手が離婚調停を申し立ててきたケースは珍しくありません。

 ●一定期間別居することでうまくいくケースも

ーー相手が「離婚したい」と口に出してきた時点で、すでに夫婦関係は破綻しているということでしょうか?

そもそも相手から「離婚したい」と言われているのに、なぜ「離婚したくない」と思うのか。その理由は様々ありますが、1つには、専業主婦が経済面への不安から拒否するように、離婚後の生活を心配しているケース。もう1つには、相手がなぜ離婚を望んでいるのか、家を出て行ってしまったのか、分かっていない場合も多いと思います。

離婚を申し立てられた側に対して、こちらから「なぜ今別居されているんですか?」「ご夫婦の間で何かあったんですか?」と聞いても「よくわからないんです...」という答えが返ってくる。ところが、離婚調停の申し立て書や内容証明書を見ると、申し立てられた側による暴力や暴言があったという記述や証拠がズラズラ出てくることも少なくありません。

メールでかなりキツい言い方をしたり、脅しのようなことを言っているのに、本人には、離婚原因になるようなひどいことをしている自覚がないケースは多いと思います。言葉の暴力の加害者は、男女ともにいます。

特に女性は、力では男性にかないませんから、言葉の暴力がエスカレートする傾向があるように思います。配偶者からひどい言葉を浴びせられてきた方は、長い間苦しんで我慢して、精神的に限界を超えた状態で離婚を決意していることが多いので、関係修復はほぼ無理ではないでしょうか。

ーー弁護士の力や法律のサポートをもってしても、一度こじれてしまった夫婦関係を修復することは難しいのですね。

基本的には難しいと思います。ただ、夫婦によっては、一定期間別居してお互いの距離を見直すことで関係修復できる場合があると思います。お互いの距離が近すぎると、嫌な部分が目について色々言いたくなるけれど、少し離れて暮らしてみて、「たまに食事に行こう」「気が向いたときに帰っておいで」という関係であれば、仲良しでいられる。そういう夫婦は実際にいらっしゃいました。

とはいえ、別居してうまくいくケースはごく少数です。夫婦として人生をともに歩んでいくかどうかは、2人の意思の合致があって初めて成り立つものです。片方が嫌だと言い始めてしまったら、関係修復は基本的に難しいと思います。

相手の「離婚したい」という意思が強いことがわかったら、もう気持ちを切り替えるべきではないかと思います。そこで、依頼者の方にはいつも、こんな風に伝えます。

「離婚したくないと粘っても、数年別居が続けば離婚する流れになりますよ。もう割り切って、慰謝料や養育費、親権などについてきちんと取り決めて、あなたにとって損がない条件で離婚することを考えたほうがいいのではないですか」と。

一度は一生添い遂げることを誓った配偶者と離婚することは、辛い決断ですし、納得できない気持ちもあるでしょう。しかし、決着を引き延ばすことによって得るものはあるのでしょうか。

離婚を切り出されたら、これからの人生での「マシな結論は何か」を考えるしかありません。そして、そのためには、感情的な気持ちのまま行動するのではなく、一呼吸おいて冷静になることが必要ではないかと思います。とはいえそれも当事者にとっては難しいと思うので、弁護士に相談してみることをお勧めします。

取材協力弁護士 寺林 智栄 (てらばやし ともえ)弁護士
2007年弁護士登録。東京弁護士会所属。法テラス愛知法律事務所、法テラス東京法律事務所、琥珀法律事務所(東京都渋谷区恵比寿)を経て、2014年10月開業。刑事事件、離婚事件、不当請求事件などを得意としています。
ともえ法律事務所

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」」
弁護士ドットコム 編集スタッフ、協力ライター募集中!募集要項はこちら

この記事に対するコメント

  1. ルル 50代 女性

    勉強になりました。やはり、夫婦とは言え
    言って良いこと悪いことありますね。
    日々、23年も連れ添うと残念ながら、諦めも出て来ます。そこで、子供と自らの年を考えると、離婚する事は難しさや、この先
    生活を考えると、さりげない日常を過ごす事が一番かな?と思います。でも、夫婦では、もう限界を感じた時は、別れもありかなと思います。その時は、きちんと法的にしっかりと、けじめを付けるべきだと思います。

    返信
    1. ゆーこ 女性 50代

      離婚調停3回で相手が離婚に応じてくれず裁判になっています。
      かなり前から離婚を考えていましたが、私の親と私が共同所有している住居なのに、私が出て行くのは納得いかず、別居できませんでした。
      離婚したいなら、別居しないと進展しないと弁護士さんにアドバイスを受け、泣く泣く家を出ました。
      別居から2年半、未だ裁判中です。
      私は住居費用がかかり、あちらはただ。
      長年住んでいたから、住む権利があるそうです。
      一軒家なので、出ていってくれたら、賃貸に出せば家賃もかなり入ります。
      法律とはなんなのでしょう。
      三大理由以外では離婚の理由にならないとか。住む権利があるとか。
      その家の火災保険、固定資産税まっ払っていて、経済的にも大変です。
      因みに、婚姻期間が長いと別居期間も長くないと婚姻関係が破綻していると認識してもらえない傾向にあるようですね。婚姻期間が長いということは歳をとっているわけで、離婚に時間がかかったら、寿命が来ちゃいそうで怖いですね。
      駄目と思ったら早く決断しなさいと若い人に伝えたい。人生一度きりなので。

コメント内容を確認する
  1. 名も無き様 50代 男性

    調停…ね。たいして、役に立ちませんね。だいたい、調停員より、当事者の方が、ずっと事案について、勉強・情報収集している。弁護士としては、こう言うのが妥当なんでしょうけど、一般人から見ると、調停なんて、アテになんかなりません。時間と労力ばっかり、ムダにかかる気がします。

    返信
    1. ヤン提督 男性 50代

      調停は役に立つかどうかではなく、離婚訴訟を起こすにはその前に必ず離婚調停の申し立てが必要なのです。
      もともと調停で解決するという過度の期待は持たない方が良いのです。
      調停で解決すれば儲けものくらいのつもりで申し立てましょう。

コメント内容を確認する
  1. こぶた 40代 女性

    弁護士さんのおっしゃる通りだと感じました。
    言動から体調を崩し精神不安に陥っていて通院しているのも、同居していて気づかない。なのに調停で別居と離婚の原因が全くわからないと言われました。調停にしたのも、会うのが怖かったから。幸い調停員の方々が顔を合わせない工夫をしてくださり半年で離婚成立しました。
    覚悟を決めてる。戻るのは無理。同感です。

    返信
コメント内容を確認する
  1. モラハラ夫の養分 40代 女性

    相手の我慢の上に胡坐をかいて相手を自分の幸せの養分にしてる側と踏みつけられて養分にされてる側。感じ方も言い分も正反対になるよね。

    うちの夫はモラハラ男。それも超がつくほどひどく、記憶を改ざんして事実をねじまげありもしないことでこちらを詰る。私が見つけて契約して私が収納を工夫して整理して私が掃除した部屋で、私が買ってきて私が洗濯して私がたたんで収納した服を着て、私が買ってきた食材で私が作った料理を食べながら「お前は家事を何にもしない」と言うのなんてざら。

    新婚当初は言い返したりしてがんばったけどもう限界。喧嘩するのもつかれるので好きにさせてる。妻が文句を言わなくなって夫は毎日しあわせに好き勝手やってる。

    今は諸事情があってすぐに離婚に踏み切れず、養分に甘んじてるけど、許したわけじゃない、争うのに疲れただけ、やられたことや言われたことは忘れない。いつかはぜったい梯子をはずしてやるつもり。その時にうちの夫も驚いて悪あがきするんだろな。

    そんな夫は軽度の発達障害持ち。普段は健常者にまぎれて見分けがつかないけど、生まれつき社会性がなく人の気持ちがわからない障害。人格障害も併発しやすくモラハラ夫になりやすい。外では取り繕って、家族に対してだけ本性をむきだしにするので本当に見分けがつかない。私も籍を入れたとたんに豹変された。

    妻からいきなり離婚を切り出されてびっくりな旦那にはこのタイプ(発達障害)が多いんじゃないかしら。「いきなり」じゃないよ。妻の我慢の上にあぐらをかいていた方はしあわせだったろうけど、こっちはずっと何年もうらんでるんだよ。許すわけないじゃん。

    虐げられた側が覚悟を決めたらアウト。当たり前。

    返信
    1. 名も無き様 女性 60代以上

      今の私の心境を表してくれてることで少し元気になれそうです

    2. 月の色 女性 30代

      私の想いを表してくれて有難うございます。
      もうすぐ結婚10年になってしまいます。
      別れたい、別れたい。
      でも養分として20〜30代を吸い取られた私には、独り立ちできる身体的社会的基盤が何もない。
      奴らは本当に本性を隠すのが上手いのです。
      家族にも彼女にも見せず、妻にしか本性を見せない。
      そんな奴らみんな消えて欲しい…

    3. おおぱん 女性 40代

      気持ちはすごく分かります。私の20年連れ添った旦那も発達障害

      応援してます。お互い幸せになりましょ

    4. 名も無き様 女性 40代

      同じ思いを抱えています。

      家族の我慢の上に成り立っているのが自分の満足なんだ…と、何故気付かないのか心底理解出来ません。

    5. あさいち 女性 40代

      同じ女として 考え方 かっこいいです!

    6. jam 女性 50代

      いるいる!うちにもいます、ってか やっぱり多いかもね こう言う男が!!
      常識人でおとなしい女性を捕まえて、自分勝手わがまま放題で、行動は棚上げ、言った者勝ちの事実捻じ曲げ、100回言ったら本当の事になってるのか?と、こちらだけが悪者扱い。本当に逆らうことさえ無意味に思えて生きている実感の無い日々が長らく過ぎて行きました。ひたすら子供の生命だけを守ろう生きてきました。でも、こう言う男は スパッと嫁から「離婚!」と切り出されると青天の霹靂とばかりに弱いです。離婚するにしろ
      逆手にとってマウンティングするにしろ、自分の気が澄むように女性のみなさんが活き活きと生きられることを願います。

    7. ミヨ子 女性 60代以上

      モラハラ夫の養分 さん
      まったく同じ人生を送ってきた妻が私以外に居たなんて! 私も今すぐにでも離婚したい。家に居る事がストレス、そんな妻がその空気から逃れたいと 思うのは自然な現象。夫は自分のはけ口を私に対する暴言や無言の態度で家庭内いじめ そのものズバリ。胸が苦しく、ため息ばかり。もー嫌。

コメント内容を確認する

この記事へのコメントを投稿する

コメント内容を確認する
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」」