現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 犯罪・刑事事件
  3. 「子どもを騒がせるな」「何があっても文句を言うな」で逮捕 どこからが脅迫?
2019年07月01日 09時53分

「子どもを騒がせるな」「何があっても文句を言うな」で逮捕 どこからが脅迫?

「子どもを騒がせるな」「何があっても文句を言うな」で逮捕 どこからが脅迫?
画像はイメージです(yamasan / PIXTA)

「朝、駐車場で子どもを騒がせるな。静かにさせろ。できなければ何があっても文句を言うな」。こんな手紙を幼稚園児宅の郵便ポストに投函した70代の男性が、脅迫の疑いで逮捕された。

産経新聞(6月10日)によると、男性は送迎バスを待つ幼稚園児の声に腹を立て、以前から「声がうるさい」と園児が住むアパートに苦情を入れていたという。「脅迫文として投函したわけではない」と容疑を否認しているそうだ。

法的にはどこからが「脅迫」に当たるのだろうか。泉田 健司弁護士に聞いた。

●人に対して害を加える旨を伝えたかどうか

ーー刑法の条文は、どうなっていますか。

刑法222条1項は、「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する」と規定しています。これが脅迫罪の条文です。

刑法の条文では、人に対して害を加える旨を告知したか、が条件になっています。このことを、法律用語で「害悪の告知」といいます。

ーーどのようなことを言えば、「害悪の告知」となり、脅迫罪に該当するのでしょうか。

「殺すぞ」は、典型的な害悪の告知であり、脅迫罪に当たります。

「犬をほえさせるな、さもないと犬を殺すぞ」は、犬という財産に対して害を加えると言っていますので、脅迫罪に当たります。犬は、動物ですが、法的には、「物」です。

「村八分にするぞ」。村八分は名誉に対する害悪の告知として、脅迫罪にあたると考えられています(1957年9月13日、大阪高裁判決)。

「刑事告訴するぞ」は、権利の行使として正当であるならば罪に当たりませんが、適当なことを言った場合には、脅迫罪に当たることがあります。

「天罰が下るぞ」は、現実的な害悪ではないので、脅迫罪には当たりません。

「宿題しなさい、できるまで晩ごはん抜き!」。これが脅迫罪にあたると考える人はいないと思います。

ーーポイントはどのような点になるのでしょうか。

結局、害悪の告知は、一般に人を畏怖させるに足りる程度のものでないといけません。

また、「殺すぞ」「痛めつけるぞ」というのは直接的で分かりやすいですが、暗にほのめかす態様の場合にも、脅迫罪に当たることがあります。「おまえ、どうなるか分かってるよな!」とすごむ行為も脅迫罪に当たるでしょう。

●「人を畏怖させるに足りる程度といえる」

ーー今回の事件は「何があっても文句を言うな」と書いた手紙が自宅に投函されました。

これは、直接的ではありませんが聞いた人は、何かされると感じるでしょう。とくに、子どもになにか危害が加えられると感じるのではないでしょうか。ですから、一般に人を畏怖させるに足りる程度といえ、脅迫罪に当たると思います。

もちろん、脅迫罪は、殺人罪や強盗罪のような重罪とは違います。そのため、罪に当たるからと言いって、必ずしも逮捕されるとは限りません。今回、逮捕にまで至っているのは、子どもに危害を加えることをほのめかしていることが重視されたのではないでしょうか。おそらく、この件は、前科にもよりますが、被疑者が認めれば、重くても略式裁判で罰金刑ではないでしょうか。

子どもが騒がしいとき、イライラする人と、ほほえましく見守る人とふた通りに分かれると思います。イライラしてしまう人は、その騒いでいる子供ではなく、ほかに何か原因がある場合が多いと思います。このような極端な行動をとれば逮捕もありうるということで、イライラしがちな人は戒めとしてください。

取材協力弁護士

泉田 健司弁護士
大阪弁護士会所属。大阪府堺市で事務所を構える。交通事故、離婚、相続等を中心に地域一番の正統派事務所を目指す。
事務所名:泉田法律事務所
事務所URL:http://izuta-law.com/

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

この記事へのコメント

匿名ユーザー 30代 男性

>子どもが騒がしいとき、イライラする人と、ほほえましく見守る人とふた通りに分かれると思います。


これは状況次第で、いくらでも変わると思います。

時たま幼稚園などの傍を通る時に、子供が騒いでいるのを聞く程度なら微笑ましく思えるかも知れませんが、来る日も来る日も家のすぐ傍で騒がれたらニコニコしてはいられません。

聞くほうが病気で臥せっていたり、介護で疲れきっている場合なども、毎日騒ぎ声を聞かされたのでは精神的にまいってしまう事もあるでしょう。

そういう状況を無視して「ふた通りに分かれる」と断じてしまうのは、ステレオタイプを助長する以外の何ものでもないと思います。

弁護士がこういうステレオタイプを短絡的に吹聴する事に、私は大きな疑問を呈さざるを得ません。


>イライラしてしまう人は、その騒いでいる子供ではなく、ほかに何か原因がある場合が多いと思います。


泉田弁護士は、一体何を根拠にこれを主張しているのでしょうか?統計的に有効な調査をしたのでしょうか?

もしそうでないのであれば、泉田弁護士が勝手に思い込んでいる根拠のない理屈を弁護士という立場で公に発言しているわけですから、子供の騒ぎ声に苦しんでいる人達に対して非常に無礼な言い分だと思います。


これは、そういう人達に対し「他に原因があるのに、子供に八つ当たりをしている人間」というレッテルを貼る事になってしまいますので「それが弁護士のすることなの?」という、非常な憤りをもって受け止めざるを得ません。

子供の声をうるさいと感じるかどうかは個人の自由であり、うるさいと感じること自体を批判する権利は誰にもないと思います。

もちろん脅迫などの犯罪行為は良くありませんが、今回の泉田弁護士のような発言が、本当に苦しんでいる人たちをかえってドンドン追い詰めていってしまう事を肝に銘じていただきたいものです。

REMO 女性 30代

おっしゃる通り、状況は人それぞれです。
私の場合であれば、イライラはしないものの「耳がキンとして辛い、困ったな…」とは思います。
でもそうでない方もきっといるでしょう。

星の数ほどもあるであろう状況すべてに当てはまるパターンを記事にすることは現実的ではなく、弁護士は統計を取らなくては書いてはならないという法もありません。
ご自分の周りに比較的多く見受けられるケースや、パターンを書いておられるのだな、と寛容な気持ちで読むことは、私と同世代の男性のお立場上、それほどまでに難しいのでしょうか?

sacci 女性 30代

 まず私は脅迫した方が一番悪いと思ってますし、その人を擁護するつもりは一切ありません。泉田弁護士は、この記事を書くことで脅迫罪に関して注意喚起めいた事をしてくれているのだと思ってますので、この方が弁護士失格だ、などと罵倒するつもりもありません。

 REMOさんがおっしゃっていた、すべての状況を想定して記事にすることは現実的ではない、という意見には賛成です。
 しかし、弁護士は統計を取らないと記事を書かなければならないという法律はない、という文言は論点がずれているような気がします。
 弁護士は裁判官に論拠をしっかりと示し、弁護の説得力を持たせるため、判例を引き合いに出したり、何人もの証人から話を聞いて弁護に臨みます。その際、学術的な統計結果を持ち出す場合も十分考えられます。
 弁護士という職業はその言葉に責任を持つものであり、たかがネット記事といえ、あやふやな根拠で事実を決めつけるのは如何なものなのか?という事を最初にコメントした方は伝えたかったのではないかと、個人的に解釈しました。

 最後になりますが、REMOさんのコメントからは温かさを感じられました。優しい穏やかな気持ちで物事を見ることは大変すばらしい事だと思います。横から、難癖をつけて申し訳ありません。長文失礼しました。

taris 男性 30代

>聞くほうが病気で臥せっていたり、介護で疲れきっている場合なども、毎日騒ぎ声を聞かされたのでは精神的にまいってしまう事もあるでしょう。

正に他に原因がある事じゃないですか!

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
匿名ユーザー 30代 男性

「できるまで晩ごはん抜き」が「脅迫罪にあたると考える人はいない」とするのは何故でしょうか?
ネグレクトなどにもみる通り、食事を与えないことは十二分に害だと思うのですが。

花鳥風月 女性 40代

『イライラする人と微笑ましく見守る人』
確かに人それぞれです。ですが、子供が苦手な人には子供の声が苦痛でイライラするのではないでしょうか?それに必ずしも日中活動している人だけではありません。
夜勤の為に睡眠中の人も居ます。
なのでイライラの原因が他の要因であるならば、そう言った事を充分に把握した上で弁護士さんは書き込むべきではないでしょうか?

まぁ私はイライラせず、微笑ましく見守りもせず、『もう少し小さな声で話してくれる?』と言いますけどね。


コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
ばつまる 20代 男性

これはまさに衝撃的な事実で、世の中の大半の人は知らないことみたいなんだけど…
耳栓ってドラックストア一個数百円で買えるし、結構長持ちするよ。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
匿名ユーザー 30代 女性

その耳栓の費用は騒がせている子供の親が負担するべきだ

長持ちはするけれど機能の良いタイプは洗えないので不衛生な為何個も買う必要がある。
耳からの情報も必要な人もいるので、使用を強制したりできないとも思う。

でも、良識を持った親なら「うるさいよ!」って言われればとりあえずはすみませんとか言うと思う。

ベンゴシや警察沙汰になるとかはその時点でちょっと異常だと思うし、酒飲んでとかで公衆で大声出していた事に注意をされて来た男性たちの逆恨みの話題作りと言えなくもないので何とも言えないが、突然スットンキョに騒がれたりすると驚いちゃって迷惑なのは子供の泣き声でも大人の件かの声でも変わらないから、
かといって地域の自治体に任せるのも違うと思うので、

同じように迷惑な集団の自転車のシルバー部隊こそがこの問題に取り組むべきと思う。どうしましたかって、やんわりとそれこそシルバーの強みを生かし。

私はそのような仕組みを作っていこうと思う。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする