お気に入りに追加
工藤 隆弁護士

( くどう たかし ) 工藤 隆

工藤総合法律事務所

遺産相続

分野を変更する
【初回法律相談は無料】【24時間メール受付】【遺産分割、遺留分、遺言書など相続紛争全般をサポート】【先ずはご相談・カウンセリングから始めましょう】【小田急町田駅徒歩3分】

工藤総合法律事務所
工藤総合法律事務所
工藤総合法律事務所

【小田急線町田駅北口より町田簡裁方面に徒歩3分】【1階のローソンが目印です】

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

受付時間外はメールにてご連絡ください。受付時間外のご連絡は翌営業日以降にご連絡いたします。

メールでご連絡いただけるとより的確なアドバイスが可能です。

相続紛争全般をサポート

遺言書の作成から遺産分割協議書の作成、遺留分減殺請求や遺産分割交渉・裁判、相続放棄手続、遺言執行業務など相続全般に関して数多くの事例を受任し、解決しております。
①遺産総額や相続人の数が多いといった大規模複雑案件も数多く経験しております。
②司法書士や税理士などの他士業と連携した総合的な対応が可能です。
③公正証書遺言の作成アドバイスなど生前の紛争予防相談も対応しております。

【このようなご相談は当事務所にご相談下さい】

  • 相続が生じたが相続人が誰かがわからない
  • 遺言書が存在するが遺言書が有効なのかどうかわからない
  • 遺言書の内容が他の相続人と比べて不利な内容であるどうすれば良いか
  • 遺産分割協議において他の相続人が譲歩しない場合どうすれば良いか
  • 相続を放棄した方が良いのか、放棄することができるかわかならい

など、相続全般に関するお困りごとはご遠慮なくご相談下さい。

ご相談の流れ

  • 電話又はメールにてお問い合わせ頂き、簡単に概略をお伺い致します。

 ↓

  • 事務所にご来所頂いて法律相談すべき事案か否かは無料でご相談承ります。

 ↓

  • 事務所における法律相談は初回分の相談料は無料とし、2回目以降の方は30分毎に5000円(別途消費税)となっております。

事務所の体制

  • 初回の事務所での相談はご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝え頂くと、初回の相談料は無料と致します。
  • ご都合にあわせて、当日・休日・夜間(20時)・電話相談をお受けしております。
  • 紛争の内容によっては全国出張致しますので、ご高齢の方や障害のある方など、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 相談時に可能な範囲で費用の概算及び解決までの手続や見込期間などをご説明致します。

アクセス

小田急線町田駅北口改札徒歩3分
JR町田駅中央改札出口徒歩5分

事務所HP

当事務所のHPもございますのでご覧下さい。
http://kudo-sougoulaw.com/

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回の相談料は無料と致します。
着手金 10万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
備考欄 十分な時間と質を確保するため、相談料は1時間1万円(税別)としております。
着手金・報酬金は日本弁護士連合会が定めていた額を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。
着手金が高額となることが見込まれる場合、報酬金の時点で調整することも可能です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(5件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

相続開始後3ヶ月経った後の相続放棄

  • 相続放棄
依頼主 40代 男性

相談前

相続が発生してから3ヶ月を経過しましたが放棄手続は不可能なのでしょうか?

相談後

相続放棄の申立が無事受理された。

工藤 隆弁護士からのコメント

工藤 隆弁護士

相続放棄の申立は、原則は「相続を知った時から3ヶ月」として被相続人の死亡時を知った時を基準に判断されます。
しかし、被相続人の資産や負債については全く知らされていなかったなどの「特別の事情」がある場合には、家庭裁判所にその特別の事情を説明して相続放棄が受理されることがあります。
先ずは、3ヶ月経過したからと言って諦めずに、弁護士に相談されることが必要です!

遺産相続の解決事例 2

2名いる子供達のうち1名だけに全てを相続させたい

  • 遺言
依頼主 80代以上 女性

相談前

自分の将来の相続を考えた時、2名いる子供達の内、1名だけに全てを相続させたい。
しかし、できることであれば将来2名の子供達の間で紛争が生じるのも避けたい。

相談後

相続分を0とする子の「遺留分」を配慮した遺言書の作成によって、将来の紛争を最大限防ぐことにした。

工藤 隆弁護士からのコメント

工藤 隆弁護士

相続財産をどのような割合で相続させるかをお考えの場合には、遺言書を作成しておかなければ、ご意向は反映されません。
この遺言書の作成に当たっては、将来相続人間において生じ得る「遺留分紛争」にも配慮することができます。
具体的には、遺言書の中に、相続分を0としたい1名の子の「遺留分に相当する財産を相続させる」ことによって未然に2名の子の間で生じ得る「遺留分紛争」を回避させることが可能となります。
遺言書の作成全般は弁護士に相談されることが大切です。

遺産相続の解決事例 3

一度も会ったことがない異母兄弟の相続人との間での遺産分割協議のご相談

  • 相続人調査
  • 遺産分割
依頼主 70代 男性

相談前

母の相続が生じたため兄妹で遺産分割をする予定でいたが、戸籍から異母兄弟が存在することが判明した。その相手の存在は母から一度も聞いたことがなく、現在存命しているかどうかも判らない。どのように遺産分割を進めれば良いのか、というご相談を頂きました。

相談後

戸籍から判明した異母兄弟の所在を調査した結果、現在もご存命であることを確認しました。弁護士から丁寧な事情説明に関する連絡書面を発送し、直接面談を行い、遺産分割協議書の作成にご了解を頂きました。

工藤 隆弁護士からのコメント

工藤 隆弁護士

遺産分割では想定外の法定相続人の存在が判明することがあります。そして、直接その方に連絡をすることが心情的にできない場合や、どのように連絡をして良いのかが判らないことがあります。
そのような場合には弁護士に「相続人の確定調査」と「遺産分割交渉」を委任し、その結果、遺産分割協議書の作成に至って無事解決をすることができます。

遺産相続の解決事例 4

遺留分減殺の裁判が提起された場合の対応

  • 遺産分割
依頼主 50代 男性

相談前

公正証書遺言では全ての財産を相談者が相続することとなっているが、他の法定相続人から遺留分減殺の裁判が提起された。

相談後

弁護士が裁判を担当し、遺産の評価について争った結果、他の法定相続人が希望していた金額以下の金額を代償金として支払うことで解決することができました。

工藤 隆弁護士からのコメント

工藤 隆弁護士

遺留分減殺請求の裁判では、遺産の評価が大きな争点となります。特に、不動産が遺産の場合には、請求する側は不動産の価値を高く評価して多くの金銭の支払を求める場合が見られます。
このような場合には、不動産の適正価格を調査し、相手の主張が正当ではないと争うことで妥当な解決に至ることができます。

遺産相続の解決事例 5

母の遺産の土地の分け方について兄と協議がまとまらない

  • 遺産分割
依頼主 50代 女性

相談前

母の名義の土地があり、その土地の上には兄が住む建物と、母が住んでいた建物がある。
兄からは「母が住んでいた建物側の土地を相続するように」と言われ、土地を分割する図面が送られてきた。土地を相続することは希望していないため困っている。

相談後

弁護士が兄との間での遺産分割調停を担当し、兄が示す土地の分割図では「相談者が兄が相続する土地と比べて不均衡(不利益)が生じる」ことを指摘し、結果、兄が土地全体を相続して相談者はそれに見合う代償金の支払を受けることで解決した。

工藤 隆弁護士からのコメント

工藤 隆弁護士

遺産分割では他の法定相続人から一方的な解決案が示されることがあります。そのような場合に「逆らわない方が良い」とか「長男がより多くを相続するのが当然だ」などの感情で解決することには不満がある相談者が多くおられます。
このような場合には、弁護士に相談をすることで一方的な要求には応じない解決に至ることができます。

不動産・建築

分野を変更する
【初回法律相談料は無料】【24時間メール受付】【賃貸案件・売買案件の紛争をサポート】【建築紛争をサポート】先ずはご相談・カウンセリングから始めましょう【小田急町田駅徒歩3分】

工藤総合法律事務所
工藤総合法律事務所
工藤総合法律事務所

【小田急線町田駅北口より町田簡裁方面に徒歩3分】【1階のローソンが目印です】

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

受付時間外はメールにてご連絡ください。受付時間外のご連絡は翌営業日以降にご連絡いたします。

メールでご連絡いただけるとより的確なアドバイスが可能です。

豊富な紛争解決実績

借地借家上のトラブル、購入した不動産に瑕疵がある、賃料滞納の問題など、分かりやすく法律上の問題点をご説明し、最適な解決案をご提供致します。
①賃料滞納による建物明渡請求案件からテナントの適正な賃料額が争点となった案件など数多くの借家案件を経験しております。
②借地の案件においても更新料の問題や借地権譲渡承諾請求案件など豊富な経験を有しております。
③土地売買契約後に判明した土壌汚染や廃棄物による瑕疵担保責任案件も対応しております。
④建築建物に瑕疵が生じていた場合の賠償責任案件も対応しております。

【重点取扱案件】

  • 建物明渡請求案件
  • 借地借家案件(借地権譲渡許可、増改築禁止仮処分申立など)
  • 賃料増額・減額請求案件
  • 瑕疵担保責任案件

【このようなご相談は弁護士にお任せください】

  • 賃料の滞納分を回収したい。
  • 料の滞納が続いており契約を解除して建物明け渡しの請求をしたい。
  • 借地借家契約上の更新料のご相談。
  • 賃料が相場よりも低い又は高い場合のご相談。
  • 土壌汚染が事後判明した場合の損害賠償請求のご相談

など、その他お困りごとはどうぞご遠慮なくご相談ください。

ご相談の流れ

  • 電話又はメールにてお問い合わせ頂き、簡単に概略をお伺い致します。

 ↓

  • 事務所にご来所頂いて法律相談すべき事案か否かは無料でご相談承ります。

 ↓

  • 事務所における法律相談は初回の相談料は無料とし、2回目以降の方は30分毎に5000円(別途消費税)となっております。

事務所の体制

  • ご面談はご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回の相談料は無料と致します。
  • お客様のご都合にあわせて、当日・休日・夜間(20時)・電話相談をお受けしております。
  • ご用命があれば、全国出張致しますので、ご高齢の方や障害のある方など、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 相談時に費用の概算及び解決までの手続や見込期間などをご説明致します。

アクセス

小田急線町田駅北口改札徒歩3分
JR町田駅中央改札出口徒歩5分

事務所HP

当事務所のHPもございますのでご覧下さい。
http://kudo-sougoulaw.com/

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回の法律相談料は無料と致します。
着手金 10万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
備考欄 十分な時間と質を確保するため、相談料は1時間1万円(税別)としております。
着手金・報酬金は日本弁護士連合会が定めていた額を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。
着手金が高額となることが見込まれる場合、報酬金の時点で調整することも可能です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(4件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

アパートの大家さんから突然退去要請を受けた

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 30代 女性

相談前

大家さんから長年居住しているアパートの退去を要請された。
引越代と僅かな迷惑料を提示されたが了承して良いものかどうか判らない。

相談後

大家(貸主)との交渉の結果、移転先で新たな生活をするための費用を含めて支払いを受けることで円満に退去した。

工藤 隆弁護士からのコメント

工藤 隆弁護士

貸主がアパートを売却するからとの理由で借主に退去を要請することがあります。
賃貸借契約においては借地借家法によって借主の保護は厚く、貸主の合理的理由がない退去要請は認められないものが多いものです。
貸主側の自己都合によって生活を一変させられる不利益を被ることを受け容れる必要はありません。
弁護士に大家との交渉を委任して少しでも不利益を軽減できる交渉をした方が良いでしょう!

不動産・建築の解決事例 2

地代の増額を求める場合の解決方法

  • 賃料・家賃交渉
依頼主 40代 男性

相談前

借地の地代の増額を借地人に求めているが一切増額には応じてくれない、固定資産税額などから増額が相当と考えているがどうすれば良いか、とのご相談を頂きました。

相談後

借地人に地代増額通知を内容証明郵便で発送しましたが、借家人が応じないため、地代増額調停を申し立てて話合いで解決をすることができました。

工藤 隆弁護士からのコメント

工藤 隆弁護士

借地の地代は借地借家法に定める事由に該当する場合には増額が認められますが、借地人が速やかに応じないことが多々生じます。地代の増額が相当であると判断されたのに借地人が応じないことで不利益を受け続けるよりは、弁護士に相談をして地代増額交渉や地代増額調停で解決を図ることがよろしいでしょう。

不動産・建築の解決事例 3

オーナーチェンジの際に新オーナーから更新後のテナント賃料を増額するなどの内容の通知を受けた

  • 賃料・家賃交渉
依頼主 40代 女性

相談前

テナント経営をしているがビルの新オーナーから賃貸人変更の通知の際に、更新後の賃貸借契約の内容を定期借家契約にし、更に賃料を増額する内容の通知を受けた、というご相談を頂きました。

相談後

賃貸借契約の内容をオーナーの都合で一方的に変更することはできません。また、通知内容はテナントに一方的に不利益な内容となっております。そこで、「通知内容には一切応じることはできない」という回答書を発送して頂きました。

工藤 隆弁護士からのコメント

工藤 隆弁護士

テナントビルのオーナーチェンジの際に、賃借人に一方的に不利益な内容での契約更新を求められる事例では、安易に応じることをせず、根拠や理由がないとして拒絶をすることが大切です。合意更新に至らない場合でも、法定更新として保護されます。

不動産・建築の解決事例 4

母の遺産の土地の分け方について兄と協議が纏まらない

依頼主 50代 女性

相談前

母の名義の土地があり、その土地の上には兄が住む建物と、母が住んでいた建物がある。
兄からは「母が住んでいた建物側の土地を相続するように」と言われ、土地を分割する図面が送られてきた。土地を相続することは希望していないため困っている。

相談後

弁護士が兄との間での遺産分割調停を担当し、兄が示す土地の分割図では「相談者が兄が相続する土地と比べて不均衡(不利益)が生じる」ことを指摘し、結果、兄が土地全体を相続して相談者はそれに見合う代償金の支払を受けることで解決した。

工藤 隆弁護士からのコメント

工藤 隆弁護士

遺産分割では他の法定相続人から一方的な解決案が示されることがあります。そのような場合に「逆らわない方が良い」とか「長男がより多くを相続するのが当然だ」などの感情で解決することには不満がある相談者が多くおられます。
このような場合には、弁護士に相談をすることで一方的な要求には応じない解決に至ることができます。

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回の法律相談料は無料】【24時間メール受付】【離婚は事前の準備が大切です】【先ずはご相談・カウンセリングから始めて下さい】【小田急町田駅北口徒歩3分】

工藤総合法律事務所
工藤総合法律事務所
工藤総合法律事務所

【小田急線町田駅北口より町田簡裁方面に徒歩3分】【1階のローソンが目印です】

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

受付時間外はメールにてご連絡ください。受付時間外のご連絡は翌営業日以降にご連絡いたします。

メールでご連絡いただけるとより的確なアドバイスが可能です。

離婚問題全般をサポート

離婚はご相談者の今後の人生や子供の将来に大きく影響します。
離婚紛争の目的を十分達成するためには事前の準備が大切であり、準備に沿って効果的に動く必要があります。
配偶者に不倫の疑いがある時や離婚したいと伝えたい時など、配偶者に伝える前に一度ご相談下さい。
現状をじっくりお伺いすることから始めましょう。

【このようなご相談は当事務所にご相談下さい】

  • 子供の親権が欲しいが大丈夫だろうか?
  • 慰謝料を請求したいが認められるだろうか?
  • 請求された慰謝料の額を減額したいが認められるだろうか?
  • 財産分与を請求したいが具体的にはどのような請求が認められるのか?

ご相談の流れ

  • 電話又はメールにてお問い合わせ頂き、簡単に概略をお伺い致します。

 ↓

  • 事務所にご来所頂いて法律相談すべき事案か否かは無料でご相談承ります。

 ↓

  • 事務所における法律相談は初回の相談料は無料とし、2回目以降の方は30分毎に5000円(別途消費税)となっております。

事務所の体制

  • 初回の事務所での相談はご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝え頂くと、初回の法律相談料は無料と致します。
  • ご都合にあわせて、当日・休日・夜間(20時)・電話相談をお受けしております。
  • 紛争の内容によっては全国出張致します。
  • 費用の概算や解決までの手続、見込期間などをご説明致します。

アクセス

小田急線町田駅北口改札徒歩3分
JR町田駅中央改札出口徒歩5分

事務所HP

当事務所のHPもございますのでご覧下さい。
http://kudo-sougoulaw.com/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回の相談料は無料と致します。
着手金 10万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
備考欄 十分な時間と質を確保するため、相談料は1時間1万円(税別)としております。
着手金・報酬金は日本弁護士連合会が定めていた額を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。
着手金が高額となることが見込まれる場合、報酬金の時点で調整することも可能です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

離婚する妻に新居のために購入した家具などの清算を求めたい

  • 慰謝料
依頼主 30代 男性

相談前

離婚することには合意したものの、新居のために購入した家具や電化製品などの代金は全額自分が支払った。このような代金を自分が全額負担するのは妥当なのでしょうか、とのご相談を頂きました。

相談後

弁護士に依頼をし、協議離婚交渉において「動産類の費用は半額を双方が負担するのが公平である」と交渉した結果、妻が半額を返金することで離婚に至りました。

工藤 隆弁護士からのコメント

工藤 隆弁護士

離婚においては、細部で納得をすることができない事柄が生じることがあります。弁護士に委任をして、相手と交渉をすることで納得した内容で協議離婚に至ることがあります。

離婚・男女問題の解決事例 2

別居した妻から婚姻費用として高額な支払を請求された

  • 別居
  • 婚姻費用
依頼主 30代 男性

相談前

妻が子を連れて別居を選択したが、妻から婚姻費用として高額と思える額を請求されて困っている、との相談を頂きました。

相談後

弁護士が婚姻費用交渉を担当し、相談者の年収・妻の年収・子のための手当などから妥当な婚姻費用額を算定し、妻と交渉をした結果、妻の要求額を相当下回る額を支払うことで解決することができました。

工藤 隆弁護士からのコメント

工藤 隆弁護士

婚姻費用を請求される側は、請求する側が算定した婚姻費用が高額と感じることが多々あります。請求する側は、家賃・光熱費・通信費・教育費・被服費などあらゆる項目を計上して請求することがありますが、妥当な婚姻費用の額は双方の年収(給与所得・自営)・子の年齢や人数などによって一般的な基準額が設けられております。一方的に高額な請求と感じられた場合には弁護士に相談をして減額交渉をされた方が宜しいでしょう。

離婚・男女問題の解決事例 3

離婚後の財産分与請求

  • 財産分与
依頼主 40代 女性

相談前

夫と離婚したものの離婚届を提出したのみで財産分与の話合いはしていなかった。今からでも財産分与の請求はできるのでしょうか、とのご相談を頂きました。

相談後

財産分与は「離婚後2年を経過するまで」は請求することができます。弁護士に委任をして財産分与請求交渉を行い、交渉で解決しなかったため財産分与調停を申し立てて解決を図りました。

工藤 隆弁護士からのコメント

工藤 隆弁護士

夫から「離婚はするけど財産の清算は一切しない」と一方的に告げられ、妻は納得をしていない状態で離婚届を提出することが多々あります。このような場合には、妻は「納得をしていない」以上、「財産分与をしないことの合意はできていない」ものと考えられ、財産分与請求を離婚後に行うこととなります。但し、離婚後2年を経過すると請求することができなくなりますので注意が必要となります。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
工藤総合法律事務所
所在地
〒194-0021
東京都 町田市中町1-2-2 森町ビル4階
最寄り駅
小田急線町田駅北口から徒歩3分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
事前にご予約頂ければ土日祝も可能です。
メールに関しては24時間受付をしております。
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5257-2387

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

工藤総合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5257-2387

※工藤総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
事前にご予約頂ければ土日祝も可能です。
メールに関しては24時間受付をしております。
交通アクセス
駐車場近く