現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
池田 毅弁護士

( いけだ たけし ) 池田 毅

東京つばさ法律事務所

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】【当日・休日・夜間相談可】【分割払い】解決実績が豊富にございますので早く解決できるよう、お一人お一人に最適と思われる解決方法をご提案いたします。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

【取扱い豊富になった背景】
弁護士は法律のプロであることは当然ですが、その前に依頼者の「悩み」をなくす手助けをする職業であると考えています。
遺産相続という一般の方では対処が困難になりがちな分野ですので、そんな時こそ法的アドバイスが必要になります。

【案件への取り組み姿勢】
依頼者の方は、自分の事件がどのように進行しているか、どうなるのかが不安であることが多いでしょうから、きめ細かく報告したり今後の見通しを伝えたりするように心がけています。事案解決のためには、依頼者の方と弁護士との共同作業となります。何度も話し合いを重ね、依頼者の不安を取り除けるようにしていきたいと考えています。

【強み】
・弁護士歴20年の豊富な経験から適切な解決方法をアドバイスできると考えています。
・現地調査などフットワーク軽く動くことも厭いません。
・事案によっては、出張相談も承ります。

【取扱い内容】
遺産分割協議(話し合い、調停)・遺留分減殺請求・遺言書作成

<このようなご相談は弁護士にお任せください>
・遺産分割の話をしたいのに、相手が応じてくれないようなケース
・一人に全部相続させるという遺言があるが、納得できないようなケース
・遺産の具体的分け方について、話し合いがまとまらないようなケース

【あなたに合った解決方法を見つけましょう】
当事務所では、依頼者のお話を伺った上で問題解決のために採りうる方法、それぞれのメリット・デメリットをご説明し、最適なプランを提案いたします。

【アクセス】
・新宿御苑前駅から徒歩2分のところにあり、新宿通(アルタや伊勢丹の面する通り)に面しています。
・駐車場は、徒歩数分圏内に複数あります。

この分野の法律相談

【相談の背景】 父の遺産を全額、母に渡すと、父が決めたそうです。おそらく遺言に書いてあると思われます。司法書士にお願いしてあるそうです。私は長女で弟がいます。遺産は家と土地で3600万、現金800万です。 【質問1】 父の遺言で、全額母に渡すというのは、可能なことなのでしょうか。

> 父の遺言で、全額母に渡すというのは、可能なことなのでしょうか。 可能です。 ただし、お子さんは、それぞれ遺留分があります(法定相続分の2分の1なので各4分の1ずつ)ので、相続開始後にその分を遺留分減殺請求をすることは可能です。

池田 毅弁護士

よろしくお願いします。 これから、遺産協議をする予定です。相続人は私と弟の二人です。弟には何回か、連絡をしてますが。応対が無く。しかなく!調停にもっていくつもりです。亡くなった、父の預金は弟がもっています。仮に弟が父の預金を使いこんで至ら?父の不動産で返して、もらいたいと思いますが?不動産で...

お父様が亡くなった時点で、預金と不動産があれば、それが遺産なので、それらをどう分けるかというのが遺産分割です。 勝手に遺産を使ってしまったということであっても、死亡時には存在していたのであるものとして計算するのが通常です。 そのようにして取り分を計算した結果、不動産をもらうということで解決する可能性はあるでしょう。その意味で精算は可能です。

池田 毅弁護士

他の相続人より遺産分割調停の申立てがくることになり、すべての財産を法定相続分で分与することを求めるとのことでした。 申立ての内容には異論はありませんが、すべての財産を法定相続分で相続した場合、土地・建物は共有名義で所有することになり、名義変更や物件管理、売却手続きを誰がやるのかというのが不明...

> 調停を行なっている相続人間で共同所有するのは現実的ではなく、代償分割の提案をどのようにすればよいのでしょうか。 そのご希望をそのまま伝えれば良いと思います。 もし、誰も不動産の現物を取得したくないというのであれば、売却して金銭で分けると言うことも可能です。

池田 毅弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 このサイトの専用番号からお電話いただいたときは初回30分無料。
その他30分ごとに5500円(税込)です。
着手金/成功報酬 経済的な利益の額が
・300万円以下の場合:
着手金 8.8% / 報酬 17.6%
・300万円超3,000万円以下の場合:
着手金 5.5%+9.9万円 / 報酬 11%+19.8万円
・3,000万円超3億円以下の場合:
着手金 3.3%+75.9万円 / 報酬 6.6%+151.8万円
・3億円超の場合:
着手金 2.2%+405.9万円 / 報酬 4.4%+811.8万円


※上記は10%の消費税を含みます。
※上記パーセンテージ(%)は経済的な利益の額に対する割合です。
遺産分割協議の場合は、法定相続分で計算される取得額の3分の1を経済的利益と算定できることがあります。
※訴訟等事案により、最低着手金がある場合があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

遺留分減殺請求での特別受益の評価が問題となった事件

  • 遺言
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 女性

相談前

3人姉妹の親が死亡したのですが、そのうちの一人に全てを相続させるという遺言があった件で、相続できなかった二人から依頼を受けました。遺言書が無効とはいえないということから遺留分減殺請求をしました。

相談後

生前の贈与など特別受益に該当するものを探り出し、それを加えて計算した結果、数千万円の遺留分相当額を受け取ることができました。

池田 毅弁護士からのコメント

池田 毅弁護士

特別受益に該当するか否か、その評価をどうするかなど、悩ましい点もありましたが、無事に依頼者が満足する結果になって良かったです。

遺産相続

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【初回相談無料】【当日・休日・夜間相談可】【分割払い】解決事例が豊富にございますので早く解決できるよう、お一人お一人に最適と思われる解決方法をご提案いたします。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

【取扱い豊富になった背景】
弁護士は法律のプロであることは当然ですが、その前に依頼者の「悩み」をなくす手助けをする職業であると考えています。
不動産・建築という一般の方では対処が困難になりがちな分野ですので、そんな時こそ法的アドバイスが必要になります。

【案件への取り組み姿勢】
依頼者の方は、自分の事件がどのように進行しているか、どうなるのかが不安であることが多いでしょうから、きめ細かく報告したり今後の見通しを伝えたりするように心がけています。事案解決のためには、依頼者の方と弁護士との共同作業となります。何度も話し合いを重ねることなどを通じて、依頼者の不安を取り除けるようにしていきたいと考えています。

【強み】
・弁護士歴20年の豊富な経験から適切な解決方法をアドバイスできると考えています。
・現地調査などフットワーク軽く動くことも厭いません。

【取扱い内容】
不動産売買、不動産賃貸、建築業者同士のトラブル、建築の瑕疵

<このようなご相談は弁護士にお任せください>
・土地を売ったが代金を支払ってくれない場合
・建物の引渡を受けたが、不具合があるような場合
・土地の地代を増額したい場合

【あなたに合った解決方法を見つけましょう】
当事務所では、依頼者のお話を伺った上で問題解決のために採りうる方法、それぞれのメリット・デメリットをご説明し、最適なプランを提案いたします。

【アクセス】
・新宿御苑前駅から徒歩2分のところにあり、新宿通(アルタや伊勢丹の面する通り)に面しています。
・駐車場は、徒歩数分圏内に複数あります。

不動産・建築

解決事例をみる

この分野の法律相談

【相談の背景】 離婚後、財産分与として、ローン完済の自宅を相手へ渡す事になりました。 (固定資産税評価額は2000万円以下です。) 登記名義変更費用は相手方が支払います。 【質問1】 今後、私側に税金等の支払い義務は発生しますか?

一般論ですが、不動産譲渡所得があるとして課税される可能性があります。 詳細は、税理士にご相談するのが適切だろうと思います。

池田 毅弁護士

【相談の背景】 昨年12月より賃貸募集の広告より、契約したいとの旨を相談、 現在オーナー(現借主)が営業しているので、引き渡しじきは相談でしたが、 段取りをとるにあたり、 賃貸仲介会社からは、 大変古いマンションなので、管理規約がない、マンション使用細則がない、決まってから連絡するということで...

かなり個別の状況・経緯によって変わってきます。 契約締結に向けて準備をしていたのに、先方の落ち度によって契約に至らなかったといえるような状況であれば、準備段階での損害を請求できる可能性があります。 当初の賃貸募集の条件や、3か月後の契約まで話を進めていたというところの状況などによっては、損害賠償ができる可能性はあるかもしれません。

池田 毅弁護士

【相談の背景】 家賃滞納してしまい返済計画も話していても、いきなり大家から契約解除、明け渡しとか通告されるものですか? 【質問1】 家賃滞納返済計画を話していても退去命令されるものですか?

一般論としては、 滞納が数か月となった場合には、賃貸借契約の解約となることはありえます。 その場合、返済計画を受け容れるかどうかは、大家側の自由なので、その計画を受け容れずに解約(退去を要求される)ことはありえます。

池田 毅弁護士

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 このサイトの専用番号からお電話いただいた個人の方は初回30分無料。
その他30分ごとに5500円(税込)です。
着手金/成功報酬 経済的な利益の額が
・300万円以下の場合:
着手金 8.8% / 報酬 17.6%
・300万円超3,000万円以下の場合:
着手金 5.5%+9.9万円 / 報酬 11%+19.8万円
・3,000万円超3億円以下の場合:
着手金 3.3%+75.9万円 / 報酬 6.6%+151.8万円
・3億円超の場合:
着手金 2.2%+405.9万円 / 報酬 4.4%+811.8万円


※上記は10%の消費税を含みます。
※上記パーセンテージ(%)は経済的な利益の額に対する割合です。
※訴訟等事案により、上記パーセンテージにかかわらず、最低着手金があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(1件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

中古住宅購入の際のトラブル

依頼主 40代 男性

相談前

中古で一軒家を購入したのですが、いざ入居準備を始めたら、ライフラインがひいてないことが分かり、かつそれが簡単には設置できない状況にあることが分かったケースです。

相談後

裁判提訴も視野に入れながら、交渉をしたところ、買い戻してもらうことで合意が出来て、支払金額や諸費用などを全て返してもらうことができました。

池田 毅弁護士からのコメント

池田 毅弁護士

返金までに時間がかかったので、交渉を続けるか裁判を起こすかが悩ましいところでしたが、依頼者と相談しながら、交渉を続けました。最終的には全額返金を受けられたので、とても喜ばれました。

不動産・建築

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
家庭裁判所での調停に数多く携わっている経験を生かして、ご相談者毎の適切な解決に向けて最大限尽力します。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

離婚を考える状況になったとき、そこに至る経緯も、離婚に対する気持ちも、今後の生活も、10人いればそれぞれみな異なります。決して、一つとして同じものはありません。一人ひとり何を大事と感じるかも異なります。私は、皆様の個々の思いをうけて適切な解決に至るよう手続を進めております。

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

【相談の背景】 私の主人は離婚歴があり、娘1人に毎月養育費を4万円支払っています。現在主人は私と再婚し子供を1人授かりました。主人も扶養家族が増え、元奥さんが引き取った娘さんは現在定時制高校に通っているそうです。 養育費の支払いは20歳になるまでと離婚調停の際、公正証書を作成したそうです。 【...

> 【質問1】 > 【質問2】 双方とも可能性はあります。 当事者間の協議や調停で合意すれば可能です。 また、家庭裁判所の審判で裁判所が決める場合は、双方の収入や、具体的な状況によって変更できるどうか判断されるので、ここで回答するのは困難ですが、それぞれ減額等がされる大きな理由であることは確かです。

池田 毅弁護士

【相談の背景】 離婚調停中ですが、婚姻費用獲得のため交流の皆無(養女が拒絶)の養女分も婚姻費用を請求されています。離婚調停中に離縁審判で離縁することは可能ですか? 【質問1】 離婚調停中に離縁審判で離縁することは可能ですか?

> 【質問1】 > > 離婚調停中に離縁審判で離縁することは可能ですか? 離縁は、調停で話し合った後、調停で決まらなければ原則として裁判を起こすことになります。離婚と離縁は別の手続ですので、離婚調停中であっても別途離縁に関して手続を進めることはできます。

池田 毅弁護士

【相談の背景】 婚姻費用の分担を求めて家庭裁判所に申し立てを行う予定です。 金額は裁判所の定める表の通りで良いと考えています。 しかし、夫は私のモラハラを理由に表の金額より低くしたい意向です。 【質問1】 裁判所が定める表の額よりモラハラで減額される可能性は高いのでしょうか?

> 裁判所が定める表の額よりモラハラで減額される可能性は高いのでしょうか? 婚姻費用の額の算定においては、別居(や離婚)に至る経緯は考慮しないのが原則です。 個別の事案では、さまざまな要素を考慮するのですが、原則的には減額される可能性は低いでしょう。

池田 毅弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 このサイトの専用番号からお電話いただいたときは初回30分無料。
それ以外は30分5500円(税込)です。
着手金 着手金

交渉・調停の場合22万円~(税込)
訴訟の場合33万円~(税込)

※上記は離婚のみが問題となる場合の費用です。
財産的な問題が付随する場合には、それに費用が加算される場合があります。

成功報酬 事件終了時原則として着手金と同額の報酬となります。

その他事案によっては獲得した経済的利益の額が
・300万円以下の場合: 報酬 17.6%
・300万円超3,000万円以下の場合: 報酬 11%+19.8万円
・3,000万円超3億円以下の場合:報酬 6.6%+151.8万円
・3億円超の場合:報酬 4.4%+811.8万円
(※上記は10%の消費税を含みます。)
が加算されることがあります。
その他 離婚協議書(公正証書原案)の作成は手数料のみ
 3.3万円~33万円(消費税込み)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

裁判で配偶者の浮気を立証できた事例

  • 不倫・浮気

相談前

朝帰りの配偶者を問い詰めたところ、しぶしぶ不貞を認めたが、後にそれを覆して不貞はしていないと否定していたので、相談に来た事案です。

相談後

調停をおこしましたが、そこでも相手配偶者は不貞を認めませんでしたので、離婚の裁判をおこしました。
証拠としては携帯電話のメール程度しかありませんでしたが、丁寧に主張し、本人尋問で相手の主張の不合理さを指摘できたため、不貞が認められた判決をもらうことができました。

池田 毅弁護士からのコメント

池田 毅弁護士

離婚事件でも裁判までいくケースは多くありません。交渉によって協議離婚が成立したり、調停で離婚が成立することが大多数です。
ただこの事案は、不貞を立証することが依頼者の方の最大の目的でしたので、裁判までいくことになりました。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
東京つばさ法律事務所
所在地
〒160-0004
東京都 新宿区四谷4-29-9 しんまつビル6階
最寄り駅
東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅 徒歩2分
交通アクセス
駐車場近く
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木

北陸・甲信越

  • 長野
  • 山梨
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 少年事件
  • 不動産・建築
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5257-7508

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

池田 毅弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5257-7508
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:30
定休日
土,日,祝
備考
時間外は応相談
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談