現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
多湖 翔弁護士

( たこ つばさ ) 多湖 翔

多湖総合法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【駅徒歩7分】【駐車場完備】【相談費用無料】離婚,男女問題は最も苦しい悩みの一つだと思います。経験豊富な弁護士が一日でも早い解決のお手伝いをいたします。
多湖総合法律事務所
多湖総合法律事務所
多湖総合法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料

多数の離婚・男女問題を取り扱っております。交渉、調停、訴訟をはじめ、離婚トラブル全般で多くの経験があり、スピーディーに、最適な解決に導くことが可能です。
一日でも早く平穏な生活が取り戻せるように,最大限お手伝いをさせて頂きます。

◆初回相談・無料◆

2回目以降は、30分5500円(税込)

◆費用の明確化に努めます◆

  • 弁護士費用については、法律相談実施後に明確に定めます。
  • お金の心配をせずにお話いただけるよう、相談料の延長料金等はございません。

◆取り扱いの多い案件◆

慰謝料請求(男女関係を含む)
親権
養育費
婚姻費用
財産分与
面会交流 等

◆このようなお悩みはありませんか?◆

  • 離婚について話し合っているが、うまく進まない(離婚協議,離婚調停)
  • 離婚について協議し、離婚協議書等を作りたい(離婚協議)
  • 親権を獲得したい(離婚全般)
  • 慰謝料を請求したいが、どこから始めればよいか分からない(不倫、DV等)
  • 慰謝料を請求したいが、証拠が十分か判断したい(不倫、DV等)
  • 慰謝料を請求されたが、相場を知りたい(不倫、DV等)
  • 財産分与について、詳しく知りたい」(財産分与)
  • 離婚の際、自宅や住宅ローンはどうなるの(財産分与)
  • 子どもに会せてもらえない(面会交流)
  • 離婚調停をしているが、対立点があり、うまく進まない(離婚調停)
  • 離婚で訴えたい(離婚訴訟)
  • 養育費を請求したいが、いくら請求できるのか分からない(養育費)
  • 養育費の相場を知りたい(養育費)
  • 養育費の支払が止まってしまった(養育費)
  • 籍は入れてないけど、別れることになった(内縁破棄)
  • 婚約をしていたけど、別れることになった(婚約破棄)

◆HP◆

https://www.tako-law.com/

◆紹介動画◆

https://www.youtube.com/watch?v=uGxVyhlMlz4

◆アクセス◆

【電車】横浜線淵野辺駅,矢部駅徒歩7分
【バス】神奈川中央交通(相02),「鹿沼台」停留所徒歩3分
【車】国道16号近く,橋本駅,相模大野駅,上溝,町田方面から各15分程度

この分野の法律相談

20代です。去年の夏頃から、一人暮らしをしています。 別居している母が現在生活保護を受けておりますが、金銭を毎月入れるよう言われております。 私も生活が厳しい為、今年に入ってから一切入れておりません。 事情などかなり省いて書いておりますが、ずっと受けていた虐待、暴言でPTSDがひどいため、催促...

はじめまして。弁護士の多湖です。 > 友人が「自分に対する脅迫だから訴える」と仰っているのですが、この場合訴えることは可能なのでしょうか? 恐喝や脅迫に当たるというのはあり得る話だと思います。 > また、生活保護を受給していて扶養も外れて、別居しているのに金銭の支援をしていることは罰せられないのでしょうか。 親族や友人からの金銭的支援...

多湖 翔弁護士

私(夫)と妻は離婚することにしました。財産処分や養育費については、弁護士費用の節約もかねて、お一人の弁護士に2人の主張を調整して頂こうと思っております。 1.2人がそれぞれ弁護士に依頼する場合と1人の弁護士に調整をお願いする場合とでは、どのような利害得失があるのでしょうか。 2.1人の弁護士...

初めまして。弁護士の多湖といいます。 > 1.2人がそれぞれ弁護士に依頼する場合と1人の弁護士に調整をお願いする場合とでは、どのような利害得失があるのでしょうか。 弁護士は依頼者様の利益を最大化することが職務ですので, お二人がそれぞれ一人ずつ弁護士を依頼されれば,それぞれの弁護士が最大化のために頑張りますので,結果的に公平な案にまとまることが...

多湖 翔弁護士

昨年妹が再婚し、その再婚相手との間に子供ができました。 妹は元夫との間にも子供がおり、今その子供は妹と再婚相手と一緒に暮らしています。 元夫と離婚する際、妹は子供の養育費は毎月入れてもらう約束をしており、 現在、毎月元夫から養育費が振りこまれている状況です。しかし、元夫の連絡先が途中から変わ...

はじめまして。弁護士の多湖です。 > ①連絡先不明の元夫へ再婚した事を知らせる義務はあるのか? 離婚する際にそのような約束をしていなければ知らせる義務はありません。 仮に約束をしていたとしても知らせなかったからといって何かペナルティーも ないかと思います(紳士条項でしょうから)。 > ②再婚したことによって元夫から振り込まれている養育費の権...

多湖 翔弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 平日初回相談30分無料
土日相談30分5500円(税込)
着手金/報酬金 着手金
離婚事件:27.5万円~(税込)
不倫問題:請求額の8.8%(税込)
報酬金
離婚事件:27.5万円~(税込)
不倫問題:経済的利益(相手に請求できた金額,相手方の請求を排除できた金額)の17.6%(税込)
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
費用紹介動画 https://www.youtube.com/watch?v=F7D1l6TndlY
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(5件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

DV被害を乗り越え離婚成立

  • 養育費
  • 親権
  • 離婚請求
  • DV・暴力
依頼主 女性

相談前

夫からDV被害を長年受けて来たが,離婚したいがどのように離婚したらいいのかわからない。

相談後

受任後,配偶者保護命令を申し立てつつ,依頼者様にはシェルターに避難して頂きました。その後,逆に慰謝料請求をされ,親権を強く争われ訴訟まで発展し,長い期間がかかりましたが,親権をこちらに帰属させ,養育費等を適正額払ってもらう内容で和解しました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

配偶者暴力の保護命令が必要な離婚事件は緊急性があるため,すぐに弁護士の受任が必要です。そして,弁護士も毅然とした態度が必要です。
財産分与等が見込めず,大きな経済的見返りは得られなくとも,相手方と直接やり取りをしなくて済むだけで,弁護士費用を支払っても弁護士を入れて良かったとおっしゃる方は多くいらっしゃいます。

離婚・男女問題の解決事例 2

家族に知られないように不倫問題を解決。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 男性

相談前

40代男性が既婚者の女性と不倫をし,相手女性の夫から1000万円の不貞慰謝料を請求された事案で,相手方からは勤務先や家族にバラすと告げられていた。

相談後

受任後直ちに交渉を開始しました。勤務先や家族に告げるのを止めるように説得しつつ,不貞慰謝料の交渉を行い,受任から2か月以内に,10分の1以下の金額で示談しました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

不倫問題でよく問題になってくるのが家族に知られたくないという問題です。
問題について,家族で今後についてよく話し合うというのも一つの選択ですし,知られたくないというのも一つの選択です。依頼者様のご希望に従い,ご家族に知られないよう迅速な解決をしました。
また,勤務先にトラブルを知られた場合,法的な妥当性はともかく,人事において不利益を被ることもあるため,そういった観点からも迅速な解決が必要です。

離婚・男女問題の解決事例 3

財産分与額を2分の1以下に減額

  • 財産分与
依頼主 40代 男性

相談前

会社員の男性が,妻から2000万円の財産分与を請求され調停を起こされたため,出来る限りの減額を望まれた事案。

相談後

相手方の主張する財産に夫婦共有財産以外の財産が含まれていることを立証し,また相手方の夫婦共有財産を出来る限り調査し,また評価額を強く争い,請求の2分の1以下の財産分与額で和解しました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

財産分与は,請求する側,される側においても,共通して,夫婦共有財産の範囲,その評価額を自らに有利に主張立証していくことが必要です。
主張立証においては各裁判例を踏まえながら,可能な限りの立証方法をご提案します。調査においては弁護士ならではの弁護士会照会等を活用し,依頼者様の最も有利な条件が引き出せるよう全力を尽くします。

離婚・男女問題の解決事例 4

慰謝料を請求しつつ二度と不倫をしないよう誓約させる。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 男性

相談前

自分の妻が,夫婦ともに懇意にしていた男性と不倫した事案で,
相手方が謝罪もせずに開き直り,慰謝料の請求にも一切応じない事案。

相談後

受任後,交渉を開始しましたが,相手が応じないため訴訟提起しました。
その後,150万円の慰謝料の支払いと,手書きの謝罪文の作成,二度と妻と接触しない旨の誓約書を提出させ和解しました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

不倫をされたとき,私のこれまでの経験上,1割の方が家庭生活をやり直すために努力し,残りの9割の方が離婚という道を選んでいるように思います。
ただ,いずれの場合でも相当なご苦労を依頼者様はされています。
そのような依頼者様の悔しいお気持ちに寄り添うため,私は,お金の請求はさることながら,相手にこちらの精神的苦痛の実情をよく説明し,知ってもらうということに注力しています。
そして,相手に謝罪を求め誓約書を提出させるといったことを基本的に行うようにしています。

離婚・男女問題の解決事例 5

大幅な扶養的財産分与が認められる。

  • 財産分与
  • 離婚回避
依頼主 60代 女性

相談前

専業主婦でずっと生活してきた妻が夫から離婚を求められて,離婚交渉,調停を受任しました。相手方の資産は大きいもののそのほとんどが親からの相続資産などの特有財産で,2分の1の清算的財産分与についてはほとんど認められない状態でした。

相談後

当方の年齢,資力,家族構成,相手方の資産など様々な事情を組み合わせて,相手方と交渉したところ,円滑に離婚することを条件に数千万円もの扶養的財産分与を得て離婚することができました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

財産分与には扶養的財産分与というものがあります。専業主婦でずっと生活されていた方や病気で働くことが出来ない方などで,相手方に資力がある場合には,いわゆる2分の1の財産分与に加えて,扶養的財産分与が認められるケースがあります。
毎月定額を貰えるケースや,それまで住んでいた自宅の使用貸借が認められるケースもあります。相談する前に諦めてはいけません。必ず弁護士に相談しましょう。

借金・債務整理

分野を変更する
【無料駐車場あり】【駅徒歩7分】一人で悩まずに法律をうまく使って,一緒に再出発しませんか。
多湖総合法律事務所
多湖総合法律事務所
多湖総合法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

*案件への取り組み姿勢*

弁護士登録後、一貫して借金問題を扱っており、個人の方の任意整理,自己破産,個人再生はもちろんのこと,中小企業の法人破産にも多く取り組んできました。

裁判所から選任される破産管財人や個人再生委員も務めてきた実績があり,手続きを熟知しているため,スピーディーで的確な対処が可能です。

依頼者様のご希望や生活状況に合わせた解決策をご提案いたします。

*費用について*

着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。

*重点取り扱い案件*

過払い金請求
法人・個人破産申立
債務整理
個人再生 など

*よくあるご相談*

  • 会社の経営が危ういので破産も考えているが,債権者や従業員への今後の対応,必要な費用を教えてほしい。
  • 連帯保証した友人が破産したため、いきなり多額の請求がきた。
  • 別れた夫との住宅ローンの連帯保証人になっているが支払わなければいけないか。
  • 債権者の取り立てが家や職場まで来てしまって困っている。
  • パチンコや競馬で借金を作ってしまったがどうにもならないのか
  • 自宅を守りながら借金を減らしたい。

*事務所サポート*

・相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に示しております。
・債権者の取り立てが厳しい場合,着手金支払い後,すぐに受任通知を送付し,取り立てを止めます。

*HP*

https://www.tako-law.com/

この分野の法律相談

同居している自分の両親の自己破産について教えて下さい。 銀行、クレカなどから多額の借金があり、年金と自転車操業でやりくりしています。 4年ほど前に、お恥ずかしい事ですが、私のせいで私と主人は自己破産しております。その際、同時期に両親もした方が良いと言われたのに、両親が納得せず今になって言い...

はじめまして,弁護士の多湖です。 > ① 現在は主人の収入が良い方なのですが、その場合、破産は難しいですか? 私達に支払い請求がきますか? >   (家は主人名義の賃貸で、生活費は全て私達が払っています。) お母様名義の借金であって,お母様の収入が乏しく弁済不能であれば破産は可能です。 子供に弁済義務はないためです。 > ② 足が悪い為...

多湖 翔弁護士

現在無職ですが月8万の障害年金収入で生活しています。 失職して住宅ローンが払えなくなりましたので自己破産したいのですが、所有している資産価値のない車も差し押さえられてしまいますか?

自動車ローンがあり所有権留保があると引き上げがありますが, ローンが終わっていて,車両にも全く資産価値(査定しても二束三文)がないという状況であればお手元に残せる可能性が高いと思います。

多湖 翔弁護士

はじめまして。 先日夫宛に債権譲渡通知書が届きました。 クレジットカード会社の保有していた債権を債権回収会社が平成29年7月に譲受したとのことでした。 当初取組日:平成23年8月 当初取組金額:76,000円 CICで信用情報を確認したところ、平成24年10月27日付けで異動(おそらく強制解約)となってお...

> ・自身で取引履歴開示請求をすることは可能でしょうか?(債務承認とならないように) > ・いますぐ取引履歴開示をすべきでしょうか?もしくは、最後のメールがきてから5年経つまで待つ方が安全でしょうか? > ・取引履歴開示して時効が成立していなかった場合は、債権回収会社から裁判上の請求をされ、時効が中断する可能性はありますか? 金融機関は消滅時効が完成してい...

多湖 翔弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 平日初回相談30分無料
土日相談30分5500円(税込)
着手金 任意整理は一社3.3万円(税込)
自己破産は事業者の方が38.5万円~(税込)、個人の方が33万円~(税込)です。
個人再生は38.5万円~(税込)です。
成功報酬 なし。
費用紹介動画 https://www.youtube.com/watch?v=F7D1l6TndlY
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

任意整理で元金を大幅に減額

  • 任意整理
依頼主 40代

相談前

離婚した配偶者が建てた自宅の住宅ローンの連帯保証人になっていたが,
元配偶者が住宅ローンを返済できなくなり,元金と遅延損害金合わせて1000万円以上の返済請求が来た。

相談後

相談後,受任し,自己破産の申し立ても検討しましたが,
ご相談者様が,今後の生活もあり,出来る限り自己破産をしたくないという強いご希望を持っていたため,任意整理を試みて,難しければ自己破産という条件で受任しました。
お支払いできる額を提示した際には,当初債権者様から一笑に付されましたが,その後も何度も粘り強くやり取りしたところ,当方の窮状を理解してもらえ,30万円の支払いをもって残額を免除する形で和解しました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

消費者金融様はもちろんのこと,最近は大手金融機関様も元金の減額に渋く,このようなケースは稀ですが,何とか粘り強く交渉し,大幅減額を頂けました。
多くの弁護士に自己破産しかあり得ないといわれていた事案ですが,依頼者様のために頑張った甲斐があった事案でした。

借金・債務整理の解決事例 2

会社の最後の整理をお手伝い

  • 自己破産
依頼主 男性

相談前

親から社長業を引継ぎ,会社を経営してきたが,金融危機等のあおりを受けて,収益が激減し,自転車操業になってしまった。
債権者の取り立ても厳しく資金がショートしかかっている。どうしたらいいか。

相談後

自己破産申し立て事件として,直ちに受任し,強硬な一部の債権者とは直接やり取りをして取り立てを止め,売掛金の回収をして破産手続き費用をねん出しつつ,2週間以内に自己破産の申し立てをしました。解雇に関する従業員とのやり取り等も行いました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

法人様の自己破産で注意すべきは,「お金」と「時間」です。

法人様の自己破産の申し立て(通常管財事件を想定)にはとにかくお金がかかります。お金とは弁護士費用もさることながら,裁判所に納める予納金の額がとにかく高いのです。
会社の財産がすべて枯渇してしまってからでは費用の捻出が出来ないため,破産の申し立ても出来ず,債権者様の取り立てがずっと続くことになってしまいます。
そのため多少余力が残っているうちに破産手続きの準備をする必要があります。

そして,多くの方が資金ショートの直前にお見えになるので,緊急対応が必要な場合が多いです。
返済が止まると,債権者や官公庁(租税)から問い合わせの電話が鳴りやまなくなり,会社まで直接取引先が来て居座ってしまうため,申し立てのタイミングを急がなければならないのです。

弁護士に相談したからと言って必ず依頼しなければならないわけではないですから,特に事業者様の破産は早め早めのタイミングでご相談頂ければと思います。

借金・債務整理の解決事例 3

うつ病を乗り越えての自己破産

  • 自己破産
依頼主 30代

相談前

定職に就き,安定的な収入を得ていたが,精神疾患にり患して退職。
生活費や住宅ローンの借り入れが多額で一切返済が出来ないが債権者からの取り立てが厳しい。

相談後

受任後,債権者の取り立てを直ちに止め,精神疾患の診断書等を取得し,励ましながら自己破産の申し立てを行いました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

自己破産をお考えになられる方で多いのが,精神疾患にり患してしまって,仕事が出来なくなってしまったケースです。
自宅への外出もなかなか大変な方も多いのですが,励ましながら依頼者様のペースで申し立てまでお手伝いしています。

遺産相続

分野を変更する
【駅徒歩7分】【駐車場完備】【相談費用無料】遺産相続に関する問題は弁護士を入れて解決した方がかえって円満に行くこともあります。お気軽にご相談ください。
多湖総合法律事務所
多湖総合法律事務所
多湖総合法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 亡くなった方の遺産が正確に分からない(相続、遺産分割)
  • 亡くなった方の預貯金が不正に使い込まれている可能性がある(相続、遺産分割)
  • 相続人の間で話し合ってみたが、うまく協議が進まない(遺産分割)
  • 正しく遺言書を作成しておきたい(遺言)
  • 遺言書が出てきたが、納得できない(遺留分減殺)

当事務所には、このような相談が数多く寄せられております。
相談者様からは、「相談してよかった」、「弁護士の意見を聞くことで道が開けた」とご好評いただいております。
丁寧に、親切に、ご説明いたしますので、まずは一度ご相談ください。

◆初回相談・無料◆

2回目以降は、30分5500円(税込)

◆費用の明確化に努めます◆

・相談時に費用もあわせてご説明し、契約時に明確に定めます。

◆取り扱いの多い案件◆

遺産分割協議・調停・審判
遺言書作成
遺留分減殺請求(法定相続人が遺留分を確保できない場合、不足金額を請求できる権利)
成年後見申立 等

◆HP◆

https://sozoku-tako-law.com/

◆紹介動画◆

https://www.youtube.com/watch?v=d1HlhcyDGuQ

◆アクセス◆

【電車】横浜線淵野辺駅,矢部駅徒歩7分
【バス】神奈川中央交通(相02),「鹿沼台」停留所徒歩3分
【車】国道16号近く,橋本駅,相模大野駅,上溝,町田方面から各15分程度

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 平日初回相談30分無料
土日相談30分5,500円(税込)
着手金/報酬金 着手金
27.5万円~(税込)
報酬金
経済的利益(勝訴額、和解額ないし相手方の請求を排除できた金額)が300万円までが17.6%(税込)、300~3000万円が11%+19.8万円、3000万円を超える場合は6.6%
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください
費用紹介動画 https://www.youtube.com/watch?v=F7D1l6TndlY
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(9件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

多額の遺留分を受任後2か月で獲得。

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 60代 男性

相談前

父が亡くなった際に,兄弟のうち,兄に全てを相続させる旨の公正証書遺言が見つかった。弟として,一切の財産を相続できないのは納得できないが,相手方は一切のお金の支払いを拒んでいる。

相談後

受任後,相手方と交渉を開始しました。多額の遺留分が見込まれる事案でしたが,裁判所での手続きは時間がかかることが多いため,遺留分等の制度をよくご説明し,繰り返し交渉したところ,受任後2か月で1000万円弱の遺留分の支払いに応じて頂くことが出来ました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

遺留分減殺請求は遺産の範囲やその評価,特別受益等が問題となります。いずれも法的な争点が多くありますので,専門家である弁護士の助力が必要です。
また,裁判所の手続きを経るとかなり長期間かかるケースが多いため,出来るだけ短期間で解決できるよう,交渉にも力を入れています。

遺産相続の解決事例 2

残される家族のために公正証書遺言を作成。

  • 遺言

相談前

残される家族のために元気なうちに公正証書遺言を作成したい。

相談後

財産等をすべて調査し,目録化した上で,依頼者様のご希望に沿った公正証書遺言を作成しました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

弁護士を依頼した場合,公証役場とのやり取りや法的リスクの検討は全て弁護士が行いますので,依頼者様は気心の知れた弁護士と打ち合わせをし,決められ時間に弁護士とともに公証役場に赴くだけで済みます。

遺産相続の解決事例 3

公正証書遺言がある場合でも諦めないで和解金を獲得。

  • 遺言
  • 遺産分割
依頼主 60代

相談前

亡くなった男性が,相続のうちの一人に全ての財産を相続させる旨の公正証書遺言を残したが,残りの相続人がその内容に納得がいかないとして,公正証書遺言を無効にしたいと相談。

相談後

受任後,交渉において,法定相続分での和解を相手方に提示しました。相手方がこれを拒否したため,すぐに公正証書遺言無効確認の訴えを提起。医療記録等により認知能力が低下し,遺言能力がなかったこと等を主張立証しつつ,法定相続分には及ばないものの,遺留分を上回る内容で和解。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

公正証書遺言を無効にするのは本当に厳しいハードルがありますが,依頼者様の強いご希望で,遺留分減殺請求ではなく,公正証書遺言無効確認の訴えを提起しました。
裁判所からの強い勧めもあり,依頼者様が納得されたため,解決金を得て和解しました。

遺産相続の解決事例 4

円満な関係でも念のために弁護士をいれて遺産分割協議

  • 遺産分割
依頼主 40代 女性

相談前

相続人間でお互いに関係が悪いわけではないが,あとあと,相続財産の分け方でもめたくないので,弁護士を入れて,きっちりと相続人間の理解を得ながら遺産分割協議を進めたい。

相談後

遺産の分け方に関する法的な考え方をよくご説明しつつ,相続人の皆様の希望をよく聞いて円満に遺産分割協議を行いました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

弁護士が入ることで,法的な知識が行きわたるので,皆が納得したうえで,円満な関係を崩さずに遺産分割協議をすることが出来ます。

遺産相続の解決事例 5

相続財産を使い込んだと不当利得返還請求を全額排除した事例

依頼主 30代 男性

相談前

被相続人には相続人がおらず、被相続人の友人の息子である依頼者様と何十年も懇意にしてきた。被相続人の体調が悪化し、相続人のいなかった被相続人のために、身の回りの面倒や財産の管理など数年間行ってきた。

相続人ではない依頼者様が遺産を受領するためには、公正証書遺言を作成するしかなかったため、その作成準備をしている際に、被相続人が他界し、公正証書遺言の作成には至らなかった。

ただ、亡くなる前、「お金は全部あげるから。もう下ろしておけ。」と言われ、多額の金員を引き出していたところ、相続財産管理人である弁護士から、下ろした金員数千万円について返還を求める不当利得返還請求事件を提起され、多くの弁護士に相談に行っていた所、勝ち目がないと断られ、当事務所への依頼を決意した。

相談後

被相続人とは何十年来の友人関係にあり、家族ぐるみの生活をしていた。病院などの手続きはもちろん、身の回りの介助も行い、お金も全部あげるから自分の面倒を見て欲しいと頼まれていた。
遺言は最終的には作成できなかったが、本人がそのような意向を持っていたことは常々周りの人にも言っていた。お金は返せと言われれば返しても良いが、事情を知らない相続財産管理人のような人物に当たり前のように返還請求をされ、結果的に国にそのお金が行くというのは気持ちとして納得がいかない。という主張であった。

既に訴訟提起済みだったため、被告側の訴訟代理人として受任。口頭での負担付死因贈与契約の成立を主張し、請求の棄却を求めた。相続財産管理人側も家庭裁判所の意向を受けて、強く争ってきた。

被相続人との関係性や、当方の貢献を弁護士会照会等を駆使し、丁寧に立証し、判決において、負担付死因贈与契約の成立が認められるように訴訟を行った。

第1審において、原告の請求を棄却する全面勝訴の判決を得た。

客観的証拠や本人の供述から、負担付死因贈与契約を認めた原審判決は説得的だったため、相続財産管理人は、控訴を断念し、判決が確定した。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

一人ではなかなか解決できない難しい問題が発生することもあります。相続でお困りの方は、まずはお気軽に当事務所までご相談ください。

遺産相続の解決事例 6

相続財産(自宅不動産)の売却を求める他の相続人から自宅を守ったうえで遺産分割協議が成立した事案

  • 遺産分割
依頼主 60代 男性

相談前

被相続人である父親の不動産に長男とその家族が長年住んできたが、父親が亡くなったことをきっかけに他の相続人から、相続財産である自宅不動産の売却を求められた。

また、同居していた父親から多額の生前贈与があったとも主張され、半年間に渡り、弁護士の相談を受けながら遺産分割協議を勧めていたが、相手方の態度が強硬であり、当事者間での遺産分割協議が不可能であったため、弁護士への依頼を決心した。

相談後

父親から大きな生前贈与を受けていたことはない。もちろん一緒に住んでいたため、生活費を多少は負担してもらっていたこともあるが、それは一般的な親子の扶養の範囲内の話である。相手方がずっと前に家を出て、大して実家に寄り付かなかったにも関わらず、様々な主張をしてきたことについて立腹していた。

また、長年住んできた自宅であり愛着があるし、高齢であることからもこれから新たな住居を探すことも出来ず、自宅の相続を前提に遺産分割を協議を進めたいとのご希望を持っていた。

競売での売却、生前贈与の存在を強硬に主張する相手方に対し、生前贈与に関する主張を排除しつつ、不動産の売却査定額を下げ、居住用の不動産(自宅)を守れるような形で、代償分割の可能性を探ることとなった。

相続には良くあることであるが、不動産の価格に比べて預貯金の額が少なく、相手方に預貯金を多めに相続させる形での遺産分割協議の実施が出来なかったため、金融機関からの借入れを視野に入れて、遺産分割協議を進めた。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

一人ではなかなか解決できない難しい問題が発生することもあります。相続でお困りの方は、まずはお気軽に当事務所までご相談ください。

遺産相続の解決事例 7

遺留分減殺請求を迅速に解決した事例

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)

相談前

長男が家の跡取りとして、実家に残っている場合で、被相続人である父親がその長男に全ての遺産を相続させる旨の公正証書遺言を作成した。

次男への相続分は一切なく、長男も「自分が跡取りなんだから当然だろう。」というスタンスであり、遺留分についても支払わないという態度であったため、弁護士を依頼した上で遺留分減殺請求を行うことを決意した。

相談後

兄がこれまで跡継ぎとして扱われてきたことは分かるが、親の面倒も施設任せだったし、生まれた順番だけで不公平に扱われるのは納得がいかない。

一方で親の公正証書遺言があるため、遺留分だけは請求したいというご希望を持っていた。

また、身内であるため何とか話し合いで解決するようにし、調停や裁判は避けたいというご希望があった。

不動産の査定書など各資料を取り付け、相手方と交渉を開始した。

また、金融機関の取引履歴等から隠れた相続財産がないかの調査も行った。受任時には、相手方に対し、弁護士を就けたといっても依頼者様が穏便に済ませたいと考えていることを十分に伝え、話し合いに応じてもらえるように説得した。

また法的専門家として、遺留分制度の法的趣旨を丁寧に説明し、例え公正証書遺言があったとしても、これを免れることが出来ないことなどを伝え、ご理解頂く方向で交渉を行った。

相手方は当初、固定資産税を前提とした不動産評価額を主張していたが、判例の考え方や、調停等での実務的運用をご説明し、結局、当方が取得していた不動産査定額を前提に、遺留分の算定を行うことで合意し、1,000万円を超える遺留分減殺請求に成功した。

また、話し合いで解決することが出来たため、全体の期間も受任から数か月と極めて短期間での解決に成功した。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

一人ではなかなか解決できない難しい問題が発生することもあります。相続でお困りの方は、まずはお気軽に当事務所までご相談ください。

遺産相続の解決事例 8

公正証書遺言の有効性を争い、金銭的な解決をした事例

  • 遺言
  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

被相続人である夫は、何十年にもわたり、配偶者以外の別の女性と交際をしていた。その女性との間に子どもを設けたまま、病気により死亡した。

夫はその子どもに対して全ての遺産を残すという公正証書遺言を作成しており、遺言執行者を名乗る人物から各相続人に対し、異議を述べないように連絡が来たため、弁護士に依頼をした。

相談後

双方に家庭を持つことまでは夫の性格からして諦めていたが、無断で公正証書遺言を作成していたことはおかしい。
生前、我がままばかりをいって申し訳ないと不貞行為をして、子どもまで設けていたことを反省しており、遺産については、こちらの家族に全て相続させると常々言っていた。
夫が病気になって入院するようになってから、相手方らが弱気になっていた夫に対して無理に公正証書遺言の作成を勧めたに違いない。公正証書遺言無効確認の訴えをしたというご主張だった。

公正証書遺言無効確認の訴えは、非常にハードルの高い訴訟であることを十分にご説明をした上で、裁判において、カルテや各弁護士会照会等から、被相続人の遺言能力を強く争った。

遺言を作成した際の証人や公証人らから、当時の状況が明らかになる中で、遺言能力がなかったことまで立証し切ることはやはり難しいと判断し、受任時の当初の見立てのとおり、遺留分以上の解決金(総額2,000万円以上)を認めさせる方向での和解を目指した。

裁判において、カルテや各弁護士会照会等の証拠資料をもとに強く争ったことで、相手方も一定程度折れ、遺留分以上の解決金(総額2,000万万円以上)を認めさせて和解することに成功した。

また、何故遺言書が作られたか全く分からなかった中で、各種調査、立証により、相続人が求めていた真実を知りたいという要望についても一定の成果が得られた。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

一人ではなかなか解決できない難しい問題が発生することもあります。相続でお困りの方は、まずはお気軽に当事務所までご相談ください。

遺産相続の解決事例 9

大規模な遺産分割事例について、税金や資金繰りにも配慮しながら、不動産の評価額等を大幅に上げた事例

  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

母親死亡後、母親同居の相続人との間で、遺産の分け方や賃貸不動産の管理方法等が問題となった。

依頼者様としては当初、弁護士への依頼までは考えていなかったが、同居していた相続人は、同居していた自分が多く不動産を取得すべきだと主張して譲らず、また、不動産会社から受領していた賃料も渡さなかったため、弁護士に依頼することとなった。

相談後

双方に代理人弁護士が就き交渉が行われた。数億円を超える大規模な遺産分割事件でよく問題になる相続税の捻出方法について双方の税理士とも協議をしながら解決を目指した。

不動産の分割の方法や不動産査定額、不動産賃料の分割方法(経費の控除の範囲)などが強く争いになったため、税理士の他に司法書士、不動産会社などとも協業しながら、解決を急ぎ、10か月の相続税の期限に間に合うよう解決を目指した。

不動産の売却を行わなければ双方が相続税を捻出することが出来ない一方、調停に付すると、相続税の用意が出来ないことが明らかだったため、交渉での解決の強い要請があった。

双方の感情的な対立や主張の隔たりは大きく、話し合いは困難を極めた。代理人が双方に就いている状況下でも、幾度か交渉が不調になり、成立が危ぶまれたものの、かなりの努力をして、色々な交渉を行い、結局双方が折り合える地点を見出すことに成功した。

当初の相手方の不動産査定額より数千万円以上高い金額での不動産売却に成功するなど、経済的利益を最大化出来たことに加え、双方がその内容に納得する形で、調停や審判等ではない、話し合いでの遺産分割協議に成功した。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

一人ではなかなか解決できない難しい問題が発生することもあります。相続でお困りの方は、まずはお気軽に当事務所までご相談ください。

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【無罪経験あり】【駐車場完備】【相談費用無料】刑事事件は時間との戦いです。早めの弁護士へのご相談をお勧めします。
多湖総合法律事務所
多湖総合法律事務所
多湖総合法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

◆初回相談・無料◆

2回目以降は、30分5500円(税込)

◆費用の明確化に努めます◆

  • 弁護士費用については、法律相談実施後に明確に定めます。
  • お金の心配をせずにお話いただけるよう、相談料の延長料金等はございません。

◆お客様への姿勢・対応について◆

  • スピーディに対応し、誠意を持って示談成立に努めます。
  • 検察官に意見書を提出し釈放、不起訴を目指します。
  • 事情聴取の心構え、注意事項についてアドバイス。
  • 「示談書」、「減刑嘆願書」、「身元引受書」、「陳述書」、「反省文」などの各種書面を作成します。
  • 裁判員裁判の対象となる重大事件にも対応

◆お客様の声◆

  • 無罪判決を取って頂いてありがとうございます。
  • おかげで会社を辞めずにすみました。
  • 話をよく聞いてくれ、真剣に相談にのってくれた。
  • 自分の考えに共感してくれ、安心して悩みが話せました。

というお声をいただいております。

◆HP◆

https://www.tako-law.com/

◆アクセス◆

【電車】横浜線淵野辺駅,矢部駅徒歩7分
【バス】神奈川中央交通(相02),「鹿沼台」停留所徒歩3分
【車】国道16号近く,橋本駅,相模大野駅,上溝,町田方面から各15分程度

この分野の法律相談

仮に自分が最近まで好意を抱いていた相手が通勤などで利用する駅を通過するバイト先を選んでバイトした場合、ストーカーになるのでしょうか? どの時点でストーカー になるのかがよく分かりません。 自分がしたい仕事があるバイト先を選んでも、やはりリスクを感じることがあり、困っています。

初めまして。弁護士の多湖です。 ストーカーの定義は色々とあるとは思いますが, あくまで法律的なお話です。 ストーカー行為等の規制等に関する法律 http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=412AC1000000081&openerCo...

多湖 翔弁護士

自分が寝ている間に彼女が自分とキスをしている写真を撮っていました この場合、彼女とか抜きで考えて盗撮とか強制わいせつ罪とかになるのでしょうか? よろしくお願いします

寝ているので,無断での撮影(いわゆる盗撮)には当たのではないでしょうか。 理論的には夫婦や交際相手でも強制性交等罪(旧強姦罪)が成立しますので,準強制わいせつ(睡眠の場合は準がつきます。)などの他の性犯罪も相手方の性的自由を害していれば理論的には成立するかと思います。

多湖 翔弁護士

母が横領の疑いで刑事告訴されています、最初の聴取は2年前、そして、今年また聴取の連絡が来ました。 母はやっていないと言っていますが無実を証明出来なければ逮捕され、犯人扱いされてしまうのでしょうか? 2年前弁護士さんにお話をした時には警察からの連絡が来る前だったので、着手金を母が弁...

初めして。弁護士の多湖です。 刑事事件の場合,警察検察の方で,犯罪の事実を証明しなければなりません。 ある程度の証拠があるのであれば,横領の場合,罪証隠滅の恐れが顕著なので,2年前の時点で逮捕されていると思います。 それを在宅でのんびりと捜査しているということは証拠が薄いからである気がします。 自白でもない限り,今から逮捕というのは可能性としては...

多湖 翔弁護士

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 平日初回相談30分無料
土日相談30分5500円(税込)
着手金/報酬金 着手金
27.5万円~(税込)
報酬金
27.5万円~(税込)
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
費用紹介動画 https://www.youtube.com/watch?v=F7D1l6TndlY
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(4件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

迅速な示談で速やかな身柄の解放。

  • 暴行・傷害
  • 加害者

相談前

家族が傷害で捕まってしまったが,会社に勤務しているのですぐに留置所から出したい。

相談後

すぐに被害者の方と示談し,10日の身柄勾留のみで釈放されました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

働いている方は特に勤め先の関係がございますので,迅速な示談活動が必要です。示談が難しい場合でも,不起訴処分になるように全力で弁護いたします。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

度重なる飲酒運転で実刑判決を回避。

  • 交通犯罪
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

何回かの飲酒運転の前科のある会社員の男性が再び飲酒運転で軽微事故を起こし逮捕された事案で,実刑判決を回避したいという事件。

相談後

たまたまこれまで重大事故を起こさなかっただけで,飲酒運転は重大事故を起こす非常に危険な行為です。
ご本人と何度も接見をし,真摯な反省を促し,二度と車の運転をしないことを制約していただいた上で,公判に臨んだところ,ご本人の反省が伝わり,執行猶予5年(実刑判決ギリギリ)のところで実刑を免れました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

飲酒運転は非常に危険な行為です。自分ももちろんのこと周りの人を殺めてしまうかもしれない行為です。ご本人とよく話し合い,真摯な反省を引き出すことが出来ました。ご本人も自分とよく向き合ってくれたからこそ,実刑判決をギリギリのところで回避できたのだと思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

執拗な取り調べに耐え,逮捕勾留を回避。

  • 詐欺
  • 加害者
依頼主 女性

相談前

知人との金銭的なトラブルで恨みを買い,身に覚えのない詐欺事件で刑事告訴されてしまった。警察の取り調べも始まっているが怒鳴りつけられて「認めないとどうなるのかわかっているのか。」と自白を強要されて困っている。もう耐えられない。

相談後

直ちに受任し,弁護を開始。警察署の署長,県警本部長,検事正に抗議をし,取り調べの内容を本人に記録させ,その内容を毎回警察に報告し,不当捜査を止めるよう申し入れを続けたところ,逮捕されずに不起訴となりました。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

証拠が少なく立件が難しい横領や詐欺のような事件ではときとして,強引な捜査が行われてしまいがちです。そして取り調べ(人に疑われ,長時間同じ部屋にいること)は一般の方にはかなり体力的にも精神的に厳しいものです。
本当に犯罪といえる行為を行ったのであれば,素直に認め真摯に反省する必要がありますが,無実の場合には絶対認めてはいけません。一度自白してしまうと後でなかったことにすることは出来ないのです。
逮捕される前から弁護士をつけることで,違法な捜査を抑止し,精神的な支えにすることも出来ます。

犯罪・刑事事件の解決事例 4

殺人被告事件で無罪判決を獲得。

  • 加害者

相談前

無実の罪で逮捕勾留されて仕事を失いました。
警察と検察は自分が犯人だと言いますが,私は犯人ではありません。

相談後

1年もの間に渡って犯人性を争い,無罪判決を獲得。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

長い戦いでしたが,ご本人の頑張りもあり,
無実であることを裁判所に認めてもらうことが出来ました。

不動産・建築

分野を変更する
【弁護士直通】【駐車場完備】【相談費用無料】ご依頼者様にとって最良の結果となるよう全力で挑みます。
多湖総合法律事務所
多湖総合法律事務所
多湖総合法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料

◆初回相談・無料◆

2回目以降は、30分5500円(税込)

◆費用の明確化に努めます◆

  • 弁護士費用については、法律相談実施後に明確に定めます。
  • お金の心配をせずにお話いただけるよう、相談料の延長料金等はございません。

◆取り扱いの多い案件◆

建築瑕疵
境界確定
売買代金請求
未払賃料請求
建物明渡(建物収去土地明渡)
賃料増減額請求など不動産問題一般

◆このようなお悩みはありませんか?◆

不動産

  • 借主の賃料不払いを放置していたら賃料滞納額が1年分以上になってしまった。全額回収したいがどうしたらよいか。
  • 借主からは賃料の回収が難しいので,せめて早期に退去して欲しい。
  • 賃貸借契約の途中なのに,賃貸人から一方的に賃料増額や敷金の提供などの賃貸条件の変更を,求められて困っている。

建築瑕疵(施主)

  • 設計図面と実際の建物の位置,形状,面積,間取りが違う建物を建てられてしまった。
  • 建築途中で設計変更したら,高額の追加請負工事代金の請求をされた。

請負代金請求(請負業者)

  • 工事が完成しているのに,施主が完成時支払分の請負代金を支払ってくれない。材料代や外注業者への工事代金の支払にも困っている。何とか請負代金を回収できないか。

土地の境界争い

  • 隣地との境界が長年不明確なままとなっているので,境界を明らかにしたい。

◆HP◆

https://www.tako-law.com/

◆アクセス◆

【電車】横浜線淵野辺駅,矢部駅徒歩7分
【バス】神奈川中央交通(相02),「鹿沼台」停留所徒歩3分
【車】国道16号近く,橋本駅,相模大野駅,上溝,町田方面から各15分程度

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 平日初回相談30分無料
土日相談30分5500円(税込)
着手金/報酬金 着手金
27.5万円~(税込)
報酬金
勝訴額,和解額の17.6%(税込)
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
費用紹介動画 https://www.youtube.com/watch?v=F7D1l6TndlY
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(3件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

長期間の賃料不払いで居座る賃借人に対し,強制執行により建物の明け渡しに成功。

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 60代 女性

相談前

賃借人が仕事がないことを理由に賃料を半年以上,滞納しており,分割で何回かは支払ったものの,結局支払わなくなった。連絡すると金が出来たら払うという一点張りで話が出来ない。他の賃借人の募集をして出て行ってほしいが,一向に出て行かない。

相談後

内容証明郵便を送付したが,建物の明け渡しに応じないため,建物明渡請求訴訟を提起。未払賃料と建物明渡に関する勝訴判決を受け,未払賃料については給与の差押えをし,建物明渡については執行官と共に相手方宅へ入ったところで,相手方が任意に退去することを約し,明渡に成功した。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

個人の大家様で管理会社を入れていない方,あるいは管理会社を入れていても相手方が,不当に退去しない場合は,早めに弁護士を入れる必要があります。時間がかかることが多いため,悩んでいる間の未払賃料はたまり続けてしまいます。お金があるのに払わない方は少数ですから,未払賃料がたまり続けると結局回収できなくなってしまうこともあり,早めの手続きが重要です。

不動産・建築の解決事例 2

不動産会社からの建物明渡請求訴訟のご依頼。

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 50代 女性

相談前

1人で不動産会社を経営している夫が高齢で病気療養をしているため,回収業務がなかなか出来ていなかったが,未払賃料が3カ月~4カ月分に及んでいるので,さすがに出て行ってもらわないと困る。建物明け渡しを求めて欲しい。

相談後

内容証明郵便を送付し,賃借人と交渉をしたところ,弁護士が入ったのであれば,任意に出ていくという回答があり,建物の退去と未払賃料の分割支払いの合意を行った。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

訴訟に至る前に建物明渡に成功したため,大家様のご負担が最小限に済みました。

不動産・建築の解決事例 3

建物の瑕疵について損害賠償請求を提起。

  • 欠陥住宅
依頼主 50代 男性

相談前

建物の外壁等について,塗装の塗り替えを依頼したところ,塗装会社の技術力が足りず,施工後すぐに塗装が剥がれ落ちたり,塗りむらが出てしまい,他の業者に相談したところ,修理代金として数百万円がかかると言われた。

相談後

業者は,修理代金は一切支払わないという主張だったため,損害賠償請求訴訟を提起した。裁判官に施工後の色々な写真等を提示し,技術的な反論等を行い,施工会社が修理見積額のうち一定額を負担する形で和解をした。

多湖 翔弁護士からのコメント

多湖 翔弁護士

建物の瑕疵の場合,施工後すぐに写真やビデオを撮影して証拠を保全する必要があります。また,中小の施工会社の場合,資力の問題もあるため,交渉レベルでは容易に応じないことも多いです。その場合,速やかに訴訟提起をする必要があります。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
多湖総合法律事務所
所在地
〒252-0232
神奈川県 相模原市中央区矢部4-17-8 相模中央マンション201
最寄り駅
淵野辺駅
受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
【夜間・休日】もご予約の上,ご相談対応いたしております。

【直接弁護士につながります。】

【24時間】メール予約をお受け可能です。
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 群馬

電話で問い合わせ
050-5286-5452

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

多湖総合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5286-5452

※多湖総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
【夜間・休日】もご予約の上,ご相談対応いたしております。

【直接弁護士につながります。】

【24時間】メール予約をお受け可能です。