お気に入りに追加
柳澤 直人弁護士

( やなぎさわ なおと ) 柳澤 直人

離婚・男女問題

分野を変更する
【自分の志に沿った悔いなき法的対応を】
【相談通じて、前向きで幸せな気持ちの回復を】
【未来志向で、子どもの幸せを第一に考えた離婚対応を】

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

今までの体験を踏まえ、依頼者に安心していただけるよう3つの方針で対応したします。

1, 志、方針の確立  事実整理 気持の整理

2,相談 気持ちを出して、新しい方針による生きるエネルギーを獲る

3,過去の精算と未来の準備のバランスを良く取る

3つのポイントの成就による未来志向の法律相談を!

〜「心開いてみよう」と思っていただける存在でありたい。〜

依頼者の方の話を聞き、内容を整理し、法的な事柄をわかりやすく説明します。 その上で、依頼者の方と共に考えて、解決の方針をしっかり確立することを目指します。この過 程を通じて、依頼者の方の心が晴れ、元気になっていただくことが喜びです。

裁判官歴 20 年

裁判官を 20 年務めておりましたので、裁判における駆け引きは熟知しています。 離婚調停も相当数取り扱ってきています。調停委員の気持ち、調停の進め方、駆け引き等につい ても対応可能です。

精神科クリニック、デイケア施設で法律相談を担当

精神科クリニック、デイケア施設で法律相談を 8 年間担当してきています。相談者の心情に配慮 して傾聴することを心がけています。

心理や就労支援の専門家とも提携

離婚した後の自立のための就労に関してもアドバイスができるよう、心理や就労支援の専門家と も提携しております。

取り扱い案件

夫婦の人間関係、離婚事由の有無、離婚調停の進め方 DV/モラハラ、財産分与、養育費、親権、慰謝料、離婚請求、面会交流

よくあるご相談

  • 離婚したくても、弁護士に相談するほどのことか迷う。
  • 親権が欲しい。
  • 離婚調停を自分で行いたい。しかし、法律専門家のアドバイスは受けたい。
  • 配偶者の言動にうんざりだ、もう離婚したい、方法はないか、どうしたらよいか。
  • 心的なケアにも配慮してくれる弁護士を探している。
  • 子供との面会交流をしっかり実施したい。


相談者の方に「安心」していただけるような身近な弁護士を目指しています。 相談者の幸せな気持ちが回復するように努めていくことに、弁護士として、法律相談の醍醐味が あると感じています。

強み

  • これまでに男女問わず 30〜60 代と幅広い世代の方から、離婚のご相談をいただき、解決して参りました。
  • 裁判において、どのような証拠が有効かアドバイスします。
  • 過去の判例と照らし合わせて適切な慰謝料金額を考えます。
  • お子様の幸せや生活を守るために、親権獲得をサポート致します。何がお子様にとって最善かを考え、ご本人やお子様の意向も尊重しつつ、最善の解決策をご提案します。


あなたの「幸福感」を回復してもらう法律相談を 上記の過程を踏んで、あなたの幸福感を回復してもらう法律相談にするために、最大で 2 時間 の相談を可能にしました。
そして、事前にメールで相談いただいたときには、事前に法的な事柄について可能な調査等の準備をします。その上で、相談の際には、相談者の話をじっくりと傾聴して、法的な事柄、裁判の 手続、見通しについて、わかりやすく説明します。
法的な事柄等について説明した後も、必要な場合はお話を伺い、悩み事を解決するための知恵を生み出すことができないか、相談者と共に考える時間を設けたいと思います。この共に考える時間帯に、相談者の方から浮かぶ解決策が、最も重要と考えています。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 十分な時間と質を確保するため、相談料は30分5000円、1時間1万円としています。
最大2時間までは1万円でご相談承ります。
気楽に相談できますよう、受任を前提とせず、相談専用にしています。

相談者の状況に応じて、料金については柔軟に対応可能です。
その他の費用 直接、ご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(6件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

相手方の離婚請求への対応

依頼主 40代 女性

相談前

夫からの離婚請求。依頼者ご本人は戦う気持ちでいたものの、今後の人生設計(住む場所、子供である児童の教育方針等)をまず具体的に考えること、自分の体調や、やりたい仕事を充実させることが肝心、と弁護士がアドバイス。依頼者も驚いた。
まずは戦うことよりも、人生設の設計を具体的に考えるのが大事と考えるようになり、法的アドバイスだけでないアドバイスにも実践することにになった。

相談後

婚姻費用の問題、子供の教育の充実、自分の仕事の充実と、今後の生活という大事なポイントを確立して、夫と交渉していく基本的なマインドセットができてきて、精神的にも安定、体調も回復した。

柳澤 直人弁護士からのコメント

柳澤 直人弁護士

「とにかくお子さんのことを、第一に」とアドバイスさせていただいた。離婚後の生活方針を具体的に考えることがとても大切です。

離婚・男女問題の解決事例 2

ご本人で離婚調停に臨まれたケース

  • 親権
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • モラハラ

相談前

妻の暴言等に悩み相談に来られました。離婚調停に、本人で対応したいとのご要望があり、アドバイスさせていただくことになりました。

相談後

三か月以内の調停で、親権を確保した上で調停離婚成立、解決金額も金額はほぼ想定内に収まりました。答弁書等や陳述書でこちらの言いたいことはほぼ主張立証させていただきました。 

柳澤 直人弁護士からのコメント

柳澤 直人弁護士

熱心に相談に来られたのがとても印象的です。何よりも依頼者様ご本人の準備が素晴らしかったです。ご自分でしっかりとしたビションを持つことも、離婚問題においては大切なポイントの一つです。

離婚・男女問題の解決事例 3

性格の合わない夫と離婚が成功したケース

  • 離婚請求
  • 性格の不一致
依頼主 50代 女性

相談前

性格が合わず、自分の考えを受け入れない夫ともう離婚したい。
50代の年齢を超えて、子供も成人した。次の自分のやりたい仕事も具体的にアプローチして、移転する住居も見つけている。離婚するには具体的にどうしたらいいのかとご相談を受けました。

相談後

具体的な生活方針が決まっていることや子育ての問題もないことから、「離婚の話し合いや調停に踏み切ることにしたらいいのではないか」とアドバイスいたしました。

柳澤 直人弁護士からのコメント

柳澤 直人弁護士

離婚後の方針まではっきり決まってはいるものの、「自分の考えが客観的に正しいものであるか不安」と、専門家の意見を求められたというケースです。自分の将来の夢や方針、家族のこともじっくり話しを聞いてもらい、スッキリしたと満足されていました。

離婚・男女問題の解決事例 4

離婚に関する法的手続きについてアドバイスさしあげた事例

相談前

依頼者は40代女性。夫が仕事や趣味に没頭するなどして、家庭のために尽くす姿勢が見られないため、弁護士を立てて、離婚の調停を申し立てました。ところが、離婚調停で調停委員が夫の立場のみ押し付けてきたりして不信感を感じ始めましたが、調停委員の機嫌を損ねたくはないということで、私のところまでご相談にいらっしゃいました。

相談後

まずは、①夫の給料を原資に購入したマンション等不動産は、原則夫婦の共有財産になること、②財産分与には働いていない配偶者の生活補償という意味合いもあること、③調停は双方の譲り合いながら合意を図るものであり、調停委員は双方の言い分を公平に聞く義務があること、をご説明しました。

そして、調停の進め方及び調停内容について、書面作成等、いくつかの方法をアドバイスいたしました。

柳澤 直人弁護士からのコメント

柳澤 直人弁護士

それまでの夫の言動から想定される夫の考え方、弁護士の考え方、調停委員の立場・考え方を丁寧に説明いたしました。また、泣き寝入りをせずに、主張したいことを「書面」で主張する時の注意点など、書記官への対応についてもアドバイスいたしました。相談に来られた時は分からないことだらけで不安なご様子でしたが、一つずつ丁寧にご説明することで、手続きに関する理解や主張の仕方などを深めていただけたと思います。法的手続きで不安なことが起こることもあると思いますが、そんな時には専門家による整理された意見を聞くことで、解消できることがあるかもしれません。特に私は裁判官経験があり、裁判の仕組みや裁判所の傾向などにも精通しておりますので、困ったことがあればお早めにご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 5

本人訴訟で自分で主張立証して、満足いく和解を成立させた事例

  • 別居
依頼主 40代 男性

相談前

妻から一方的に別居されて、弁護士を付けて離婚裁判を起こされた。長男と次男の親権、財産分与等争いたい。そもそも離婚自体も争いたい。また自分の婚姻前の預貯金と父親の援助により取得した自宅を自分の下に確保したい。

相談後

長男の親権を確保し、自宅も自分の財産として確保する旨の裁判所の和解案提示があり、双方受諾して離婚が成立し解決した。

柳澤 直人弁護士からのコメント

柳澤 直人弁護士

10数回にわたって熱心に相談いただきました。自分でしっかりした文書を作る力が素晴らしく、私のアドバイスでよりポイントを絞った説得力のある準備書面を複数回提出し、本人尋問の準備もできたことが、実質上勝訴といってよい納得しうる裁判所の和解案提示につながったと思います。法律家の考え方をとてもよく理解していただきました。

離婚・男女問題の解決事例 6

強引な調停委員の言動を改めさせて、円満に調停を進行させた事例

  • 離婚回避
依頼主 40代 女性

相談前

離婚調停、夫の一方的な離婚請求、性格の不一致以外確たる理由がない。裁判所調停委員が、夫側の財産分与の提案が条件がよいため、離婚すべきとの一点張りの強引な主張をして、こちらの言い分をまともに聞こうともしない。困り果てて相談に来られました。

相談後

私の方で、調停は互助の精神に基づき、双方の言い分をしっかり聞くべきなのに聞かないのは、調停委員として不当であること、今回の事例では離婚理由じたい立たないから、強引に離婚を成立させようとするのはなおさら不当である旨の意見書を書くようアドバイスして、その内容の意見書を書いてもらいました。その意見書を差し入れたとたん、調停委員の態度が急変して、離婚調停は期待通り不成立になりました。

柳澤 直人弁護士からのコメント

柳澤 直人弁護士

裁判所の調停員がいうからといって、なんでも正しいとは限らない、おかしいものはおかしいという素朴な信念を貫かれたことが好結果につながったと思います。素人だからといって、おかしな運用について泣き寝入りする必要はありません。失礼にならない限度で、やることはしっかりやるということ、その際、裁判手続きになれた法律専門家弁護士の意見を聞くことが大事だと感じました。

所属事務所情報

地図を印刷する
所在地
〒244-0003
神奈川県 横浜市戸塚区戸塚町16-9 カンパニュラBLD4階
最寄り駅
戸塚駅
受付時間
  • 月曜10:00 - 18:00
  • 水曜10:00 - 18:00
  • 木曜10:00 - 18:00
  • 金曜10:00 - 18:00
定休日
火,土,日,祝
備考
弁護士が不在の場合もございますが、事務局の者にお伝えいただければ、弁護士から折り返しご連絡差し上げます。
※依頼者様との認識の相違を防ぐため、お電話での法律相談ではなく、面談でのご相談のみにさせていただいております。
対応地域

全国

電話で問い合わせ
050-5827-3413

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

柳澤 直人弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5827-3413
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 月曜10:00 - 18:00
  • 水曜10:00 - 18:00
  • 木曜10:00 - 18:00
  • 金曜10:00 - 18:00
定休日
火,土,日,祝
備考
弁護士が不在の場合もございますが、事務局の者にお伝えいただければ、弁護士から折り返しご連絡差し上げます。
※依頼者様との認識の相違を防ぐため、お電話での法律相談ではなく、面談でのご相談のみにさせていただいております。