現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
立木 勇介弁護士

( たちき ゆうすけ ) 立木 勇介

法律事務所横濱アカデミア

現在営業中 09:30 - 18:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】【法テラス利用可】ご依頼者様との「対話」を重視し、幅広い視点から、ご依頼者様に最適な解決策をご提案してまいります。お気軽にご相談ください。
法律事務所横濱アカデミア
法律事務所横濱アカデミア
法律事務所横濱アカデミア

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◆対話を重視してサポートいたします
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「離婚したい!」とは考えていても、いざ実行しようとしても不安でなかなか踏み出せないと思います。今後の生活や仕事、子の将来のことを考えて「自分が我慢すればそれでいい。仕方ない。」と諦めてしまう方は数多くいらっしゃいます。
しかし、離婚や男女にまつわる問題には、世間共通の答えはなく、正解は人それぞれで異なります。まずは、ご自身が置かれている現状と、今後何ができるかを知ってください。その上でご自身の希望のみを選択することも可能です。
当事務所では、ご依頼者様が望む最良の正解を徹底的に探求し、全力でサポートしてまいります。
相手方との交渉はすべて弁護士が行いますので、ご依頼者様が相手方と交渉・対峙する必要は一切ございません。
「相談した以上、依頼しなければ」などと気負わず、初回相談は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。
 
■婚姻費用・養育費(扶養料含む)
婚姻費用・養育費の支払義務は、収入額にかかわらず法律上当然に生じ、強制的に回収することが可能です。
仮に、離婚時に「養育費は貰わない」との約束をしていたとしても、子の立場から扶養料を請求することが可能です。

■慰謝料
慰謝料請求を行うには、浮気や暴力の証拠を収集することが重要となりますが、多くの場合、明確な証拠を収集するには困難を伴います。
当事務所では、ご依頼者様や相手方の生活実態を個別具体的に検討し、効果的に証拠を収集できるようサポートしてまいります。

■財産分与
財産分与は、登記や預貯金口座の名義にかかわらず、婚姻期間中に形成された夫婦共有財産から取得することができます。
当事務所では、各種照会制度を用いて相手方の財産調査を行うとともに、不動産業者や各種士業と連携し、財産の評価・売却にもご協力いたします。

■親権・面会交流
親権者の決定には、生活状況や看護実績など様々な事情が考慮されますが、いくつかの重要なポイントが存在します。
当事務所では、豊富な経験実績から、事案ごとに重要となるポイントを見定め、優位に交渉を進めてまいります。
仮に親権を取得することができない場合であっても、ポイントを押さえることで、面会交流で有利な条件を勝ち取ることが可能となります。

◆このようなお悩みはご相談を!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
離婚をしたいが、その先の生活をどうしていいか分からない。
別居中の旦那から生活費を支払ってもらえていない。
子どもの学費や食費を請求したいが、相手方への恐怖心から請求できない。
離婚時に養育費はいらないと約束してしまった。
離婚した際に決めた約束を守ってもらえない。
子どもと会わせてもらえない。

◆弁護士からのコメント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当事務所では、ご依頼者様との「対話」を最も重視しております。合理性のみで解決を図るのではなく、ご依頼者様の価値観や将来像も交えながら、対話を重ね、ご依頼者様に最適な解決策をご提案してまいります。
また、当事務所では、弁護士間や法科大学院教授とも常に意見を交換し、幅広い視点で事件解決を目指してまいります。
ひとつひとつの案件に真摯に向き合い、一人でも多くの方の権利を守れるよう、誠心誠意尽力いたします。

◆事務所情報
ーーーーーーーーーー
▶アクセス
・JR横浜駅きた東口から徒歩1分
▶︎ホームページ
https://yokohama-academia.jp/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は0円になります。
着手金 10万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
備考欄 費用、お支払方法はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(5件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫が生活費を払わず、妻と子を残して消息を絶った事例での妻側からのご相談

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 別居
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
  • 生活費を入れない
依頼主 女性

相談前

 夫は生活費はおろか夫の口座に振り込まれた児童手当も支払わず、妻と子は生活に困窮していました。
 夫は、住民票を移さずに家を出て行ってしまい、消息がわからない状態でした。

相談後

 夫の住所が不明であったことから、夫の勤務する会社に婚姻費用請求と離婚請求の申立書を送付しました。
 夫は裁判所に現れなかったことから、夫の会社に対して、入社してから現在に至るまでの給与明細や源泉徴収票、勤怠表などの資料開示を請求し、夫の所属や収入をすべて明らかにしました。
 逃げ切れないと考えた夫は裁判所に出廷し、①離婚成立、②親権取得、③未払いとなっていた婚姻費用(月額10万円)、④子が20歳になるまでの養育費(月額6万円)、⑤年金分割(5:5)の結果を勝ち取ることができました。

立木 勇介弁護士からのコメント

立木 勇介弁護士

 婚姻費用や養育費の請求は、相手方への恐怖心や期待できないという気持ちから、諦めてしまう方が多くいらっしゃいます。
 この事例のように、相手方が支払わない態度を示していたり、逃げ回っていても、相手方を探し出して強制的に支払わせることは可能です。交渉はすべて弁護士が行い、ご相談者様への不用意な接近や連絡を禁止するため、恐怖する必要もありません。
 相手方の収入が年額250万円、ご相談者様の収入が0円、子一人の場合、月額2~4万円程度の養育費(婚姻費用であれば月額4~6万円)を得ることが可能です。
 ご自身の生活やお子様の将来のためにも、泣き寝入りをせず、一度ご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 2

養育費不払いの合意をさせられた元DV夫から養育費を勝ち取った事例

  • 養育費
依頼主 女性

相談前

 元夫のDVに耐えられなくなり離婚を申し出たが、元夫から、離婚に応じるかわりに養育費は一切支払わないという条件を突きつけられてしまった。
 元妻は、離婚したいとの一心から、その条件に同意してしまった。

相談後

 元妻の立場から養育費の支払い請求を行い、同時に、子の立場から扶養料の支払い請求を行いました。
 元夫は、養育費を支払わない契約が成立していると強く反論してきましたが、月額6万円の養育費(子が20歳になるまで)を勝ち取ることができました。
 元妻の情報は、名前と生年月日以外すべて秘匿して手続きを行ったので、元妻の住所や職場が元夫に発覚することもありませんでした。

立木 勇介弁護士からのコメント

立木 勇介弁護士

 養育費を支払わないとする契約や合意は、元夫と元妻との間では有効となり得ますが、子との関係では意味を持ちません。
 子は、親とは独立した自身の立場から、扶養者に対して扶養料の支払いを請求できるため、この事案でも養育費(厳密には扶養料)の支払いが認められました。
 相手方に住所や職場を知られずに請求することも可能です。
 このような状況でお困りの方は、是非一度ご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 3

DV夫に接近禁止命令を下した事例

  • 別居
  • 離婚請求
  • DV・暴力
依頼主 女性

相談前

 妻は夫から日常的に暴力を受け、ご相談の際にも痣ができていました。
 妻は、夫への恐怖心から抵抗できず、離婚をしたくても言い出せない状況にありました。

相談後

 直ちに痣の写真や医療記録を裁判所に提出し、夫に対し、妻と子、妻の親族への接近、連絡を禁止する命令を得ました。
 その後、妻の住所や職場を秘匿した状態で離婚手続きを進め、離婚成立に至りました。

立木 勇介弁護士からのコメント

立木 勇介弁護士

 DVが常態化すると、DVへの規範意識が薄れ、ときに重大な事件に発展することがあります。大人であれば自身で身を守ることや逃げることもできますが、幼い子供はそうはいきません。
 また、DV被害者の中には、洗脳されたような状態に陥り、自身がDVを受けていることに気が付かない方もみられます。
 暴力は脅迫は犯罪行為ですので、配偶者からの言動で身の危険を感じた際には、すぐにご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 4

証拠がない状況から不貞慰謝料200万円を得た事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 男性

相談前

 妻が浮気をしているようでしたが証拠がまったくない状況でした。

相談後

 探偵と協力して証拠の収集を実行しました。
 長期間調査を依頼すると報酬が高額となるため、あえて妻に夫が外出する日を伝え、日時を絞って調査を行いました。
 確定的な証拠は得られなかったものの、疑わしい証拠を得ることはできたため、示談交渉を行い、離婚を成立させると同時に200万円の慰謝料を獲得することができました。

立木 勇介弁護士からのコメント

立木 勇介弁護士

 慰謝料を請求するには客観的な証拠を収集することが重要となります。決定的な証拠がなくとも、疑わしい証拠があれば、交渉により示談を成立させることも可能です。
 配偶者に疑わしい行動がある場合、警戒される前に証拠を収集する必要がありますので、お早めにご相談ください。
 探偵に限らず、証拠収集の方法をご助言いたします。

離婚・男女問題の解決事例 5

有責配偶者からの離婚請求が成立した事例

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 離婚請求

相談前

 ご相談者様は不貞を行い、相手方配偶者から400万円の慰謝料を請求されていました。
 ご相談者様は不貞の事実を認めており、争点は離婚の可否と慰謝料額でした。
 

相談後

 相手方は離婚に応じない姿勢でしたが、離婚調停を通じて、今後の夫婦関係改善の見通しや、裁判や強制執行に発展した場合の労力やリスク等を粘り強く交渉し、解決金100万円、財産分与なしとの条件で離婚が成立しました。

立木 勇介弁護士からのコメント

立木 勇介弁護士

 一般的に離婚が難しい案件であっても、相手方の求めるポイントを把握し、当方が誠意や譲歩をみせることで、話し合いによる解決に至ることは少なくありません。
 離婚問題は多分に感情的な争いになるため、相手方との交渉の方法やタイミングが極めて重要となります。
 

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【即日・休日・夜間対応】【初回30分相談無料】【横浜駅・徒歩1分】刑事事件は時間との勝負です!経験豊富な弁護士が迅速対応いたします。お気軽にご相談ください。
法律事務所横濱アカデミア
法律事務所横濱アカデミア
法律事務所横濱アカデミア

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【以下のような場合には、すぐにご相談ください。】
■家族が警察に逮捕されてしまった
■警察に疑われている
■罪を犯してしまったがどうしていいか分からない
■職場や友人に知られたくない
■被害者と示談交渉をしてほしい
■早く保釈・釈放してほしい
■前科をつけたくない
■不起訴にしてほしい
■執行猶予をつけてほしい

【刑事事件では、『早期からの刑事弁護活動』が最も重要になります。】
逮捕勾留された場合、短くて10日程度、最大で23日間身柄を拘束されます。さらに、公判請求された場合には、判決が下されるまでの数か月間身柄拘束が続きます。
長期間身柄を拘束されれば、心身はもちろん、社会的にも深刻なダメージを受けてしまいます。

【早期弁護活動の重要性】
被害者との示談交渉や被害弁償を行うことで、逮捕前であれば、被害届を提出しないよう誓約を交わし、逮捕後であれば、被害届・告訴を取り下げ、身柄拘束の回避または早期解放を行うことが可能となります。
公判請求された場合でも、早期から弁護活動を行うことで、自己に不利な証拠を裁判に提出されないよう対策を講じることが可能となります。

ーーーーーーーーーーーー
当事務所での対応
ーーーーーーーーーーーー
① 初回相談無料
初回法律相談は30分無料です。
まずは現状をお伺いして、今後の見通しをお伝えいたします。

② 即日・夜間・休日対応
刑事事件は、何よりも早期対応が重要になります。原則として、夜間・休日を問わず、ご依頼いただいた当日に接見に伺い弁護活動を開始いたします(交通機関の運行状況や接見場所の状況によっては翌日以降となる場合もございます。)。

③ 明確な弁護士費用
ご依頼者様にご安心いただくため、明確な料金設定をさせていただいております。
初回ご相談時に、着手金、成功報酬等は全て金額を明確にご説明させていただき、それ以外の費用は一切いただきません。

④ 経験実績
窃盗・暴行・傷害・性犯罪・薬物犯罪・飲酒ひき逃げなどの個人事件から、法人に対する数億円規模の横領、詐欺事件まで、幅広く豊富な経験を有しております。
また、示談交渉、保釈請求、接見禁止解除などにも精通しております。

⑤ 個人情報保護
刑事事件に関する情報は、職場や友人、親族に伝わると今後の生活に多大な影響を及ぼします。当事務所では、第三者に情報が伝わらないよう徹底して個人情報保護に努めます。

ーーーーーーーーーーーー
重点取扱案件
ーーーーーーーーーーーー
少年事件、窃盗・万引き、詐欺・横領、強盗、児童買春・児童ポルノ、痴漢・盗撮 強姦・わいせつ、暴行・傷害、交通犯罪、薬物犯罪

上記以外のご相談も可能ですので、まずはご連絡ください。

◆事務所情報
ーーーーーーーーーー
▶アクセス
・JR横浜駅きた東口から徒歩1分
▶︎ホームページ
https://yokohama-academia.jp/

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は0円になります。
着手金 20万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(5件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

会社での横領が不起訴となった事例

  • 横領
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

 会社の金を使い込んだことが発覚し、逮捕・勾留されました。

相談後

 未払い給与や賞与を放棄することで被害額の一部を弁償し、以後、会社には一切かかわらないことを条件に示談を成立させ、不起訴処分となりました。

立木 勇介弁護士からのコメント

立木 勇介弁護士

 窃盗や横領などの財産犯では、早期に被害弁償や示談を得ることが極めて重要となります。
 示談交渉では、単に金銭を返還すればいいというものではなく、接近禁止、連絡禁止、口外禁止、データ削除などの様々な条件を立てて被害者の同意を得ることが必要となります。
 被害者の被害感情が強く、金銭を受け取ってもらえない場合も多々あるため、示談交渉では経験と柔軟な発想がものをいいます。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

600万円の恐喝事件が不起訴となった事例

  • 加害者
依頼主 男性

相談前

 被害者の弱みに付け込んで、数回にわたり合計600万円を脅し取ったという事例。

相談後

 まずは被害金の半額である300万円をご家族と友人に用意してもらい、残りの300万円は社会復帰後分割して返済するとの示談を成立させ、不起訴処分となりました。

立木 勇介弁護士からのコメント

立木 勇介弁護士

 恐喝じけんにおいて被害金額が数百万円になると、起訴を回避することはもちろん、執行猶予を得ることも困難となります。
 示談交渉にて、現実的な被害弁償計画を立てることができたことが、不起訴を得られた重要なポイントとなりました。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

3回目の覚せい剤使用で執行猶予を得た事例

  • 覚せい剤・大麻・麻薬
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

 被告人は、過去に2回覚せい剤使用で起訴され、そのうち1回は実刑判決を受けて刑務所に服役していた。
 出所後数年間は覚せい剤から離れていたが、精神的に辛いことが重なり、再び覚せい剤を使用してしまった。

相談後

 裁判にて、覚せい剤を再使用してしまったことの経緯を詳細に説明し、覚せい剤依存離脱プログラムを準備し、親族の監督を得られることを立証し、執行猶予付き判決を得ることができました。

立木 勇介弁護士からのコメント

立木 勇介弁護士

 薬物事犯は再犯率が高く、数回繰り返してしまうと実刑になることが多いといえます。
 本件では、前回すでに実刑を受けているため、執行猶予を得ることは困難と思われましたが、被告人の情状や、覚せい剤依存から脱するための現実的な方法を示すことで執行猶予を得ることができました。

犯罪・刑事事件の解決事例 4

保護観察中に窃盗を行った少年事件にて、再度保護観察処分となった事例

  • 少年事件
  • 窃盗・万引き
  • 加害者
依頼主 10代

相談前

 保護観察中に窃盗を行い、逮捕・勾留されてしまった。

相談後

 補導委託先(民間のボランティアの 方に,非行のあった少年をしばらくの間預け,少年に仕事や通学をさせながら,生活指導をしてもらうという制度)を用意し、試験観察に付するよう裁判所を説得することで、結果的に保護観察処分として社会復帰することになった。

立木 勇介弁護士からのコメント

立木 勇介弁護士

 保護観察中の犯罪であるため、少年院送致となる可能性が十分にあり、裁判所調査官の意見も少年院送致が相当であるとされていました。
 しかし、少年には深い反省の態度がみられたため、民間企業に少年の補導委託を引き受けていただき、仕事を通じて少年の更生を図りました。
 その結果、少年の更生が裁判所に認められ、少年院送致を回避することができました。

犯罪・刑事事件の解決事例 5

否認事件を不起訴とした事例

  • 暴行・傷害
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

 被疑者は、被害者にタバコの火を押し当てたとして傷害の罪で逮捕・勾留されてしまった。
 被疑者は、そのようなことはしていないと一貫して否認していた。

相談後

 被疑者と被害者との間に面識はなく、被害者は3人組の青年であった。
 3対1の状況で被疑者が犯行を行うことは考え難く、被害者の供述以外の明確な証拠はなかったことから、被害者供述の不自然な点を徹底的に追及し、結果的に嫌疑不十分で不起訴処分となった。

立木 勇介弁護士からのコメント

立木 勇介弁護士

 供述証拠は、内容が真実と合致しているとは限らないため、矛盾した点や不自然な点がないか詳細に検討する必要があります。
 実際の現場に行ったり、同じ状況を再現してみると、供述が虚偽であることが判明することも少なくありません。
 被害者の供述が唯一の証拠である場合などは、冤罪を防ぐため、早期かつ迅速に対応する必要があります。

借金・債務整理

分野を変更する
【初回相談無料】【即日・休日・夜間対応】【横浜駅・徒歩1分】借金問題はお一人で悩まず、まずはご相談ください。今後の人生設計を踏まえた解決をご提案いたします。
法律事務所横濱アカデミア
法律事務所横濱アカデミア
法律事務所横濱アカデミア

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【このようなお悩みはご相談ください】
・借金を減らしたい
・返済はしているが元金が減らない
・保証人になってしまった
・家族や職場に迷惑をかけたくない
・家や車は手放したくない
・知らないうちに親の借金を相続していた
・会社の経営が立ち行かない
・過払金を取り戻せるか確認したい

「借金問題」は背景事情によって様々で、最適な解決方法も人それぞれ異なります。状況を伺ったうえで、ご希望に合わせた最適な解決策をご提案させて頂きます。

【重点取扱案件】
任意整理・自己破産・民事再生・法人破産・過払金請求・ヤミ金対応など

【取り立てや支払いをすぐに止めることができます】
・ご依頼後、速やかに受任通知を各債権者に送付し、債権者からご依頼者様への直接の連絡を停止させます。
同時に、すべての借金の返済を停止させ、ご依頼者様の経済状況の安定を図ります。
・ご依頼後の交渉はすべて弁護士が行いますので、ご依頼者様の心労を大きく軽減することができます。
・「ご家族や職場に迷惑をかけたくない」と悩んでおられる方は、ぜひ一度ご相談ください。
・ご相談はお電話でも可能ですので、まずはお気軽にお電話ください。当日の急なご相談や、夜間、休日のご相談にも対応しております。

【弁護士費用】
・受任通知の送付により借金の返済を停止することができるため、返済にあてるはずであった費用の一部から弁護士費用をお支払いいただくことが可能です。
・「弁護士に依頼すると、弁護士費用が高くついてかえって損をする」と思われる方も多いかと思います。費用倒れになってしまう等、ご相談者様に不利益となる提案はいたしませんので、ご安心ください。
・初回相談時に見積りを作成し、総額費用を明確にご提示させていただきます。
・弁護士費用を支払う金銭的余裕のない方は、法テラスを利用することも可能です。

◆弁護士からのコメント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当事務所では、ご依頼者様との「対話」を最も重視しております。合理性のみで解決を図るのではなく、ご依頼者様の価値観や将来像も交えながら、対話を重ね、ご依頼者様に最適な解決策をご提案してまいります。
また、当事務所では、弁護士間や法科大学院教授とも常に意見を交換し、幅広い視点で事件解決を目指してまいります。
ひとつひとつの案件に真摯に向き合い、一人でも多くの方の権利を守れるよう、誠心誠意尽力いたします。

◆事務所情報
ーーーーーーーーーー
▶アクセス
・JR横浜駅きた東口から徒歩1分
▶︎ホームページ
https://yokohama-academia.jp/

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税抜)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は0円になります。
着手金・報酬金合計額(税別) 任意整理:4万円~
自己破産:20万円〜
民事再生:30万円〜
法人破産:50万円~
過払金請求:現実に回収した額の20%
※受任通知の送付により借金の返済を停止することができるため、返済にあてるはずであった費用の一部から弁護士費用をお支払いいただくことが可能です。
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
裁判所に納める予納金、印紙代などが別途必要となります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

自宅を残して債務を5分の1に圧縮した事例

  • 個人再生
依頼主 男性

相談前

 住宅ローンとその他の消費者金融への返済が困難となったが、子供のために自宅を残したい。
 

相談後

 債務調査の結果、小規模個人再生の申立てを行いました。
 住宅資金特別条項を利用し、自宅を残したまま債務(住宅ローンを除く)を約5分の1まで減額する再生計画が認められました。
 受任通知送付により取り立てが停止し、借金返済にあてていた費用を再生計画のために積み立てることができたため、減額後の債務も容易に返済することができました。

立木 勇介弁護士からのコメント

立木 勇介弁護士

 個人再生には、給与所得者等再生と小規模個人再生の二種類があります。両者には、手続きや減額可能額に大きな違いがあるので注意が必要です。
 自宅を残したいが債務の支払が困難でお困りという場合には、是非一度ご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 2

長年返済していなかった債務について消滅時効を援用

依頼主 男性

相談前

 長年にわたって返済をしていなかった借金について、債権回収業者から支払督促が送られてきた。

相談後

 支払督促は2週間以内に異議を出さないと判決と同じ効果を持つため、直ちに異議を申し立て、消滅時効を援用しました。
 結果、債務はすべて消滅し、借金は0になりました。

立木 勇介弁護士からのコメント

立木 勇介弁護士

 貸金業者に5年以上借金を返済していない場合、消滅時効により借金が0になる可能性があります。
 消滅時効にかからない場合でも、任意整理や破産により借金を減額又は0にできる可能性もあります。
 借金の返済でお困りの場合には、是非一度ご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 3

予納金を支払うことができない状態からの法人破産

  • 自己破産

相談前

 会社の債務を支払うことも、高額な予納金を支払うことも困難な状態であった。

相談後

 受任通知を送ることで借金の返済を停止させ、その間に売掛債権を回収し、予納金と弁護士費用を用立てることに成功しました。
 結果、法人破産は認められ、代表者も同時に破産したことで、すべての借金がなくなりました。

立木 勇介弁護士からのコメント

立木 勇介弁護士

 法人破産をするには高額な予納金が必要となります。
 完全に営業を停止してから予納金を用立てるのは極めて困難であるため、破産をご検討される場合は、お早めにご相談ください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
法律事務所横濱アカデミア
所在地
〒221-0056
神奈川県 横浜市神奈川区金港町5-36 東興ビル7階
最寄り駅
横浜駅「きた東口A出口」徒歩1分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事前予約により、平日、土日祝日ともにご要望に応じて早朝、深夜にも対応いたします。
メールでのお問い合わせは、365日24時間可能です(原則として翌営業日以降の返信になります。)。
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 不動産・建築
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件

電話で問い合わせ
050-5349-1488

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:30 - 18:00

立木 勇介弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5349-1488
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事前予約により、平日、土日祝日ともにご要望に応じて早朝、深夜にも対応いたします。
メールでのお問い合わせは、365日24時間可能です(原則として翌営業日以降の返信になります。)。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談