弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2018年04月29日 09時49分

猫22匹「動くぬいぐるみ」扱い…ゴミ屋敷、野ざらしケージでネグレクト、エサは食べ残し弁当

猫22匹「動くぬいぐるみ」扱い…ゴミ屋敷、野ざらしケージでネグレクト、エサは食べ残し弁当
不衛生な環境に押し込められた猫

埼玉県三芳町の民家で、野ざらしのケージに詰め込まれて「監禁」されていた22匹の猫。適正な飼育を放棄された「ネグレクト」という一種の虐待状態にあったが、3月下旬にすべての猫が、NPO法人に保護された。その現場に立ち会った(弁護士ドットコムニュース・山下真史)

●ミイラ化した猫や衰弱した猫がみつかった

すべての猫を保護したNPO法人「にゃいるどはーと」(埼玉県朝霞市)のスタッフは2月中旬、情報をキャッチして、この民家に足を踏み入れたとき、思わず息を呑んだ。ミイラ化したものなど、計3匹の猫の死骸がみつかったからだ。

野ざらしのケージの中からは、不衛生な環境で衰弱したり、ストレスから毛が抜けたりした猫もいた。飼い主が食べてあまったコンビニ弁当など、塩分が高くて、猫の健康にとって良くない人間の食べ物がエサとして与えられていたという。

飼い主は、虐待という意識がまったくなく、猫の飼い方について、本やインターネットで調べたり、ほかの人から聞くような能力・努力はできない人物だった。NPO側は約1か月にわたって、猫を保護するための交渉を飼い主とつづけた。

●飼い主「やっぱり、わたしは悪いことをしていない」

ようやく話がまとまって、すべての猫を引き渡すことになった当日、やはり納得のいかない飼い主が話を蒸し返した。「やっぱり、わたしは悪いことをしていない」。猫を世話しているという自己満足に裏付けられた言い訳のような発言を繰り返した。

さすがに「にゃいるどはーと」の東江ルミ子さんも怒りの表情をみせる。「あれは、猫のことを『動くぬいぐるみ』かなんかだと思ってるんだよ」とつぶやいた。

およそ1時間の説得の末、飼い主の態度を替えて、協力的になった。飼い主の家はいわゆる「ゴミ屋敷」。聞くと、以前は家で食事をつくっていたが、現在の台所は物であふれて、料理どころではない。大きな黒いハエが何匹も飛ぶ。

●「自分たちの残り物を与えるのは、愛情ではない」

飼い主がとくにかわいがっていたのは、家の中で飼っていた4匹の猫だ。いずれも人見知りで、ケージに入れられることを嫌がっていた。家の中で飼っていた4匹が、ケージに入れられて、車に載せられた瞬間、飼い主は涙声で「バイバイ、元気でね」と口にした。目に涙を浮かべていた。

「最後まで育てたかった」「お金をためたら、もう一度面倒をみたい」。そんな言葉を口にしたが、東江さんは突き放した。「お金の問題じゃないということがわからないのだから、猫を飼う資格はないよ」

そんな飼い主も地域社会から見放されがちで、孤独だったという背景がある。「動くぬいぐるみ」で、そのさびしさを紛らわせていたのかもしれない。だが、それは命を持った動物という尊厳のある扱いではなかった。

「猫に、自分たちの残り物を与えるのは、愛情ではない。自分の思いとギャップがある。まずは、家の中を片付けて、生活のリズムを整えて、生活をとりもどしてほしい」(東江さん)

この日保護されたのは、先に病気検査のために保護した3匹をのぞいて19匹。東江さんによると、そのうち半分くらいが里親の縁があればいいくらいだそうだ。縁のない猫は、「にゃいるどはーと」が終生飼養することになる。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」