弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2016年04月14日 16時16分

「エレン・ベーカー先生」二次創作、東京書籍が「許諾申請」を求める見解公表

「エレン・ベーカー先生」二次創作、東京書籍が「許諾申請」を求める見解公表
pixivの「エレン・ベーカー先生」ページ

「可愛すぎる」とネット上で話題になった、英語教科書の挿絵キャラクター「エレン・ベーカー先生」の二次創作のイラスト等がネット上に大量に投稿されている問題について、イラストが登場する中学英語の教科書「NEW HORIZON」を出版する東京書籍が4月13日、ホームページで見解を発表した。

発表によると、「できるだけ多くの中学生の皆さんに、英語学習に意欲をもって取り組んでいただけるよう、これらのキャラクターを設定いたしました」とエレン先生のような可愛らしい絵柄のキャラクターを採用した趣旨を説明。

二次創作については、「キャラクター設定の趣旨から著しく逸脱すると見なさざるをえないケース等、許諾いたしかねる場合もありますことを、あらかじめご了承ください」「中学生の皆さんに静謐な環境で楽しく意欲的に英語を学んでほしいという、私どもの願いにご理解を賜りますよう、衷心よりお願い申しあげます」としている。

エレン先生の二次創作などを発表したい場合には、教科書の著作権を管理する「教科書著作権協会(http://www.jactex.jp/)」に許諾申請をするよう呼びかけている。

また、弁護士ドットコムニュースが東京書籍に取材したところ、担当者は「正確な数はわからない」と前置きしつつも、二次創作の利用に関する問い合わせが数十件程度きているとこたえた。

一部で、エレン先生の肌が露出したような性的な点を強調したイラストが投稿されていることについては、「キャラクター設定の趣旨からして、当然ふさわしくないと考えている。父兄からも、きちんと対応してほしいと要望が届いている」と語った。

発表の後も、無断の二次創作の発表が止まらない場合は、「状況をみて、なんらかの対応をとらざるをえない」と法的な措置に出る可能性があることを示唆していた。

<東京書籍の発表>

https://www.tokyo-shoseki.co.jp/news/detail/132/

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」