弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2017年01月11日 10時17分

SMAPアルバムがミリオン、レコード会社は今後も新たな「ベスト盤」を発売できる?

SMAPアルバムがミリオン、レコード会社は今後も新たな「ベスト盤」を発売できる?
SMAPのベストアルバムの告知

昨年末に解散した国民的アイドルグループ「SMAP」のデビュー25周年記念ベストアルバム『SMAP 25 YEARS』(ビクターエンタテインメント)が売れに売れている。解散直前の昨年12月21日に発売されてから、今年1月10日までの約3週間で、売上枚数が100万枚を超えた。

このアルバムは、過去のシングル、アルバムなどに収録された400曲以上の候補から、ファン投票で選ばれた50曲が収録されている。投票1位の『STAY』のほか、『世界に一つだけの花』『夜空ノムコウ』など、ミリオンヒットした曲も入っている。

惜しまれながらも解散したSMAPは、ファンの間でメンバーの「不仲説」も流れた。もし仮に、元メンバーが今後、CDの販売停止を求めたら、法的にどうなるのだろうか。また、レコード会社はグループ解散後も新しい「ベストアルバム」を発売し続けることができるのか。エンターテインメントの法律にくわしい佐藤大和弁護士に聞いた。

●元メンバーが「販売停止」を求めても基本的に難しい

「アーティストは通常、直接または所属するプロダクションを通して、レコード会社とCDを作り、販売するための契約をします。

その契約で一般的に、アーティスト側は、レコード会社側に対して、歌唱などの実演やジャケットの肖像などCDに関わる権利を譲渡しています。

そのため、たとえばSMAPのようにグループが解散しても、レコード会社がCDに関する権利をすべて有している場合、レコード会社はグループ解散後も、自由にCDを販売したり、配信したりすることができます」

レコード会社側が、CDに関するすべての権利を有する背景はなんだろうか。

「一般的に、レコード会社側がCDを作る際の費用を負担しているという背景があります。

単にCDを作るといっても、スタジオ代からジャケット作成費まで、かなりの費用が発生します。アーティストのレベルにもよりますが、その費用が1000万円を越えることもあります。

そのため、レコード会社側としては『こっちが費用負担しているんだから、CDに関する権利を持っていても良いよね』となるのです。レコード会社側が、CDに関する権利を持っている以上は、元メンバーが『販売停止』を求めても、基本的に難しいといえますね」

グループ解散後、レコード会社が新たに「ベストアルバム」などを発売することはできるのか。

「たとえグループが解散しても、レコード会社が、CDに関する権利を有している場合には、ベストアルバムを作ることはできます。

もっとも、CDの音源を勝手に改変したり、ほかのレコード会社から発売されたCDを勝手に使ったりすることができません。そのため、自社から発売した音源をそのまま組み合わせて、ベストアルバムを作ることになりますね」

(弁護士ドットコムニュース)

佐藤 大和弁護士
代表弁護士。毎週月曜「バイキング」にレギュラー出演中。現在、放送中の『大貧乏』など多くのドラマの法律監修、著書としてシリーズ6万5000部を突破した『ずるい勉強法』(ダイヤモンド社)がある。エンターテインメント分野に強く、多くの芸能事務所・タレントの顧問弁護士をしている。
所在エリア:
  1. 東京
  2. 文京区
事務所名:レイ法律事務所
事務所URL:http://rei-law.com/
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。