現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
山本 哲也弁護士

( やまもと てつや ) 山本 哲也

弁護士法人山本総合法律事務所

現在営業中 09:00 - 20:00

交通事故

分野を変更する
【相談は“何回でも”無料】【着手金も無料】【年間100件以上の解決実績】【被害者側専門】交通事故専門チームが事故直後からサポート!後遺障害認定もお任せください。
弁護士法人山本総合法律事務所
弁護士法人山本総合法律事務所
弁護士法人山本総合法律事務所

異なる強みを持つ6人の弁護士で、貴方のお悩みに向き合います。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

★交通事故の専門サイトはこちら★
http://www.takasaki-jiko.net/

★実際にご依頼いただいたお客様の声はこちら★
https://www.takasaki-jiko.net/148/

【被害者側専門の弁護士です】
不運にも交通事故に遭われてしまった場合、お怪我の治療や仕事・学業への支障などで大変苦労されていることと思います。
そんな中でも、相手方保険会社とやり取りをしていかなければなりません。
お困りの際には、被害者側専門の弁護士をぜひ頼ってください。
当事務所では保険会社側の事案は一切引き受けておりませんので、
保険会社とのしがらみもなく、完全に被害者の利益のためだけに代理人として対応が可能です。

【弁護士の選び方について】
交通事故に遭った場合、どのような観点から弁護士を選ぶべきでしょうか?
多くの弁護士が、ホームページ等で取扱分野、得意分野として交通事故を挙げていると思います。
しかし、交通事故の分野は、どの弁護士に依頼するかによって、得られる賠償金額が大きく異なってくる分野なのです。
後遺症が残ってしまった場合の対応、保険会社との交渉、交渉がまとまらずに裁判になってしまった場合など、
常日頃たくさんの事案を取扱い、ノウハウを蓄積している弁護士でないと適切な対処が難しいケースもあります。
特に、後遺障害の等級認定については、多くの認定実績のある弁護士にご相談されるべきでしょう。
等級が1つ違えば、あとで獲得できる賠償金に数百万円の差が出る可能性もありますから、弁護士選びは慎重になさって頂きたいです。

【経験と実績】
事務所には現在6人の弁護士が在籍し、年間100件以上の交通事故問題のご依頼を承っており、今後の見通しなどスピーディで的確な判断が可能です。
被害者側専門&交通事故専門チームが対応します。
後遺障害認定につき、高次脳機能障害の事案など高度に専門的な案件を含め、多数の実績があります。
交通事故医療に関する研究会に所属しており、最新の専門知識に通じていますので、高度な案件にも対応できるノウハウを有しています。

【当事務所の後遺障害等級認定サポートについて】
交通事故で後遺症が残ってしまった場合、適正な賠償金を受け取るために適切な後遺障害等級認定を受けることが重要です。
当事務所では、病院で受けるべき検査やそのタイミング、通院の頻度、保険会社との交渉の仕方、後遺障害認定の時期、申請の方法等、トータルサポートが可能です。

【費用と特徴】
初回だけでなく、ご相談は「何回でも無料」です。
着手金0円で初期費用は一切かかりません。
報酬は獲得した賠償金の中からお支払いいただく完全後払い制で全面サポートします!
任意保険の弁護士費用特約を利用される場合は、実質0円で弁護士に依頼することが可能です。

【重点取扱案件】
示談交渉、後遺障害等級認定、交通事故裁判、損害賠償請求、労災保険への請求など

【よくあるご相談】
・保険会社とのやり取りが煩わしい。
・怪我で仕事ができず生活に困っている。
・過失割合や保険会社の提示額が妥当か知りたい。
・治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得がいかない。
・後遺症が残っているので、適切な後遺障害認定を受けたい。
・家族が突然の交通事故で亡くなってしまい、今後どうしたら良いか分からない。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 《何度でも》0円

※ただし、ご依頼者様が弁護士費用特約をご利用される場合には、保険会社に弁護士費用を請求します。
その他 詳しい弁護士費用は交通事故専門サイトをご覧ください。
https://www.takasaki-jiko.net/fee
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(4件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

【人身事故・後遺障害9級】 示談交渉により約2100万円の増額に成功しました

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 20代 男性

相談前

 バイクで直進走行中、右折してきた対向車に衝突され、足関節骨折、鎖骨骨折等の怪我を負いました。
 600日を超える治療をした後、症状固定となり、後遺障害併合9級が認定されました。
 その後、加害者の加入する保険会社から約1000万円の賠償金額の提案を受け、「賠償金額が増額する可能性があるかどうか」ご相談に来られました。

相談後

 ご相談の上、ご依頼を頂き、加害者の加入する保険会社と交渉を進めました。
 その結果、当初の提案額である約1000万円から約2100万円増額した、約3200万円の賠償金額により示談することができました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

 後遺障害逸失利益と過失割合が、示談交渉の中で特に問題となりました。
 保険会社の提案は、後遺障害が労働に与える影響が15年で消滅するとしたり、過失割合は何ら根拠もなく依頼者の方の過失が20%であるとするなど、認定された併合9級の後遺障害に対して提案額があまりにも低い、という印象でした。
 そのため、この2点を軸に、保険会社と交渉を進めました。
 その結果、後遺障害逸失利益について約1500万円の増額に成功し、依頼者の方の過失割合を5%とすることができ、賠償金額全体としては、当初の提案額を2000万円以上も上回る金額で示談することができました。

交通事故の解決事例 2

【死亡事故】裁判で保険会社の提案より1,490万円増額した賠償金を獲得しました。

  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
依頼主 50代 男性

相談前

 伊勢崎市在住の女性が横断歩道を青信号で渡っていたところ、前方を確認せずに右折してきた相手車両と衝突、病院に救急搬送されました。治療のかいなく女性は亡くなられました。
 事故から1年半後、相手方保険会社からご遺族に賠償額の提示がありました。ところが、大切なご家族を亡くされたご遺族にとって、その金額は到底納得のできないものでした。
 ご遺族の方が当事務所のウエブサイトをご覧になり、ご相談にお越し頂きました。当事務所でも提案の内容を確認したところ、妥当な金額ではなかったため、増額の可能性をお伝えしたうえでご依頼をお受けしました。

相談後

 相手方保険会社が提示した金額は、「自賠責保険基準」と呼ばれるもっとも低い基準で計算されたものでした。当事務所で「裁判基準」というもっとも高い基準で何度か交渉を行いましたが、相手方保険会社が応じなかったため、裁判に踏み切りました。
 結果、全体として当初の提示額よりも1,490万円増額した、3,498万円の賠償金を獲得することができました。裁判は6ヶ月で和解に至ったこともあり、通常に比べて迅速に解決することができました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

 交通事故における死亡事故は、ご本人のみならず、残されたご遺族の精神的苦痛ははかり知れないものです。
 裁判期日の中で、ご遺族や亡くなられたご本人の無念を訴え、また論理的にこちらの提示する金額の根拠を主張したところ、通常に比べ高額な遺族固有の慰謝料が裁判所に認められ、今回の大幅な増額につながったと思います。

交通事故の解決事例 3

【人身事故・後遺障害5級】高次脳機能障害が認定され、約4,370万円の賠償金を獲得しました。

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 60代 女性

相談前

 高崎市在住の兼業主婦の女性が、青信号で横断歩道を渡っている際に、信号無視で交差点内に進入した相手車両と衝突するという事故に遭われました。
 閉鎖性びまん性脳損傷や脳挫傷で約2ヶ月間入院し、その後約3ヶ月間ご通院されましたが症状が良くならず、症状固定となりました。カタカタな言葉や日用品の名詞がすぐに浮かばない失語症や、食べ物の風味が感じにくいなど、高次脳機能障害特有の症状がみられました。
 ところが、相手方保険会社は「症状固定になったので、そろそろ示談を・・・」と示談を進めようとしてきました。上記のような症状が残ったままで、このまま示談してしまってもいいのかどうか、ご家族の方からお問い合をいただきました。

相談後

 ご依頼者様から詳しくお話を伺い、また、当事務所で治療に関するすべての記録を取り寄せて、症状の確認をしました。そうしたところ、まずは後遺障害の申請を行い、適正な等級が認定される必要があると判断し、当事務所で資料を揃え申請を行ったところ、5級2号が認定されました。
 この結果をもとに、相手方保険会社に対して損害賠償請求を行いました。
 信号無視で歩行者に衝突するという重大事故によって負ってしまったご依頼者様の後遺症の苦痛、ご家族の多大な精神的苦痛等を主張し、粘り強く交渉しました。
 その結果、なかなか認定されることのない「将来介護費用」も認めさせることができ、合計で4,370万円もの賠償金を獲得することができました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

 依頼者の日常生活の支障は多岐にわたっており、その点を主張することで適切な後遺障害等級の認定を勝ち取ることができたと思います。

 また、ご依頼者様は現在残っている高次脳機能障害により、常時や随時の介護までは必要ない状況であるものの、日常生活の様々な場面で家族の声かけなどが必要な状況でした。この様な苦痛や実際の支障を書面にまとめ保険会社に説明した結果、将来介護費用も認めさせることができ、通常よりも高い基準での賠償金を獲得することができました。

 高次脳機能障害は、ご本人様も、ご家族にとっても負担の大きい後遺症です。微力ながら、ご本人様やご家族様の今後の生活のご支援ができたのではないかと感じています。

交通事故の解決事例 4

【人身事故・後遺障害12級】3ヶ月で保険会社の提示額より約2倍増額した賠償金を獲得しました。

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 60代 男性

相談前

 高崎市在住の会社員の男性が、運転中に交差点を直進していたところ、一時停止無視で走行してきた相手車両と衝突し、右肩腱板損傷などのお怪我を負われました。
 後遺障害12級が認定され、相手方保険会社から示談金の提示があったタイミングで「金額が妥当かどうか相談したい」とお問い合わせをいただき、ご相談後にご依頼をお受けしました。

相談後

 当事務所で、もっと高い基準の裁判基準で金額を計算しなおし、相手方保険会社に請求しました。
 何度か交渉を重ねた結果、示談交渉で裁判基準を認めさせることができ、当初の約319万円の提示から、約675万円(約2倍)へと増額した賠償金を獲得することができました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

 当事務所に相談に来られる前に、保険会社から依頼者の方に対して示談の提示がありましたが、その提案の内容を確認したところ、特に次の3点において適正な金額ではありませんでした。
①傷害慰謝料、②後遺障害慰謝料、③後遺障害逸失利益の3点が、もっとも低い基準である「自賠責保険基準」で計算されていたためです。

 ご依頼後、当事務所で上記3点を含めた全体の賠償額をもっとも高い「裁判基準」で交渉を行いました。
 何度も粘り強く保険会社との交渉を繰り返した結果、約3か月後には裁判をすることなく裁判基準で示談をすることができました。
 ご依頼者様にも大変ご満足頂き、良い結果となったと思います。

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】【税理士・司法書士とのワンストップサービス】相続トラブルはお任せください。6人の弁護士が幸せな「相続」の実現のために親身にサポートします。
弁護士法人山本総合法律事務所
弁護士法人山本総合法律事務所
弁護士法人山本総合法律事務所

異なる強みを持つ6人の弁護士で、貴方のお悩みに向き合います。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

★専門サイトはこちら★
群馬 弁護士による相続トラブルの無料相談
http://www.takasaki-souzoku.com/

【経験と実績】
地元密着型の弁護士として、相続問題に十数年携わってきました。
当事務所は、主として群馬・高崎地域の、相続についてお困りの方から、年間で140件を超える相続に関するご相談を頂いております。
同じビル内に税理士事務所、司法書士事務所がありますので、特に複雑になりやすい不動産がからむ相続問題についても、専門家と協力して迅速に解決します。

【費用と特徴】
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談(60分)は無料です。
着手金・報酬金は分かりやすい料金体系を採用しています。
相談時に体制と費用のご説明をさせていただいておりますので、ご安心ください。

【重点取扱案件】
遺産分割、遺留分減殺請求など

【よくあるご相談】
・亡くなった父親の預金通帳を見せてくれない兄弟を信用できない。
・寄与分を遺産分割で主張され話し合いが進まない。
・兄弟に遺産のすべてを相続させるという内容の遺言書が書かれていたが、納得がいかない。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【当事務所の考え方】
相続での揉め事は、家族の間で対立してしまうことが多く、相続人同士の関係性を傷つけてしまうことが多くあります。
当事務所は、できるだけ家族同士が争わずに、相続手続きを終えられるように、一つ一つのご相談に親身に・全力で対応しております。
問題がこじれてしまう前に、もちろん問題が複雑化してしまった後も、弁護士にお任せください。
経験豊富な6名の弁護士が、人間関係を保ちながらその後の人生をトータルで幸せに過ごしていただくためのサポートをいたします。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 《初回相談60分》無料
その他 詳しい費用については相続専門サイトをご覧ください。
https://www.takasaki-souzoku.com/160/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

親族によって横領された被相続人の財産を、裁判によって取り戻した事例

  • 遺産分割

相談前

同居している親族(相続権がある場合とない場合とがあり得ます)が、被相続人の財産を使い込んでいたケースです。

この事例では、認知症の状態にあった被相続人が妹(相続権なし)と同居していたところ、被相続人が死亡し、一人息子である相談者の方が相続人となりました。そして、相談者の方が、被相続人の妹に対して、被相続人の預金の通帳等を渡すように求めたところ、妹はこれを拒否しました。

不審に思った相談者の方が金融機関で預金の履歴を入手し調べたところ、被相続人が認知症の状態になった後から、使途不明の預金引き出しが行われていたことが判明したのです。

相談後

当事務所にご依頼をいただき、次のような手段をとりました。

まず、妹が財産を隠したりできないよう、妹の財産を仮に差し押さえる手続きを行いました。
その上で、妹に対し、使い込んだ被相続人の財産を賠償するよう、損害賠償請求訴訟を提起しました。
そして、何度か期日を重ねた結果、勝訴的な和解により、相談者の方は使途不明金額の支払いを受けることができました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

相続で起こりうるトラブルとして、被相続人が認知できないところで財産の使い込みが行われていたような場合には、上記のような手段をとることで、相手方に使い込んだ額の請求を行うことができます。
また、金融機関から履歴を取り寄せる際には、弁護士にご依頼いただくことで、スムーズに調査を行うことも可能です。
心当たりや不安のある方は、弁護士にぜひ一度ご相談ください。

遺産相続の解決事例 2

【遺留分減殺請求】遺言書によって相続から除外されるも、本来受け取れるはずの遺産を請求し、取得できた事例

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)

相談前

父親が死亡し、子である三人兄弟が法定相続人となるケースでした。
ところが、兄弟のうちの一人を除いた二人に遺産を相続させる旨の公正証書遺言が遺されていたことが分かりました。

相談後

遺言により相続から除外された兄弟の方から相談を受け、当事務所が受任しました。
相談者の方は、父親の生前に父親の経営する事業に従事していたこともあり、相続から除外されたことに納得がいかないとのことでしたので、他の二人の兄弟に対し遺留分減殺請求を行いました。

遺留分の額や特別受益の額等につき争いがあったため、調停では話が付かず、訴訟になりました。
その訴訟手続きの中で和解のための話合いが行われ、相談者が適正な額の遺留分額の支払いを受ける旨の和解が成立しました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

遺留分という言葉は聞き慣れない方が多いかも知れませんが、「一定の範囲の相続人に補償される遺産の取り分」のことを指します。
遺留分が認められるのは「兄弟姉妹以外の法定相続人」です。
相続人として本来もらえるはずの遺産が補償されない場合には、遺留分減殺請求によって請求することができますので、お心あたりのある方は、まず弁護士にご相談ください。

遺産相続の解決事例 3

【遺産分割】兄弟達と仲が悪く話合いができないために、調停で解決した事例

  • 遺産分割
  • 財産目録・調査

相談前

兄弟の仲が悪いため、話合いができなかったり、相手の言うことが信じられない等の理由で、遺産分割協議が進まないことがあります。

また、被相続人の生前の財産については、同居していないとなかなかその全てを把握することは難しいものです。

この事例の相談者の方も、4人兄弟の末っ子でしたが、自分だけ東京暮らしが長かったこと等から他の兄弟との間に感情的なしこりがありました。
とくに、被相続人と同居していなかったため、他の兄弟の開示する相続財産について、それが相続財産の全てであると信用することができず、遺産分割協議が進んでいませんでした。

相談後

遺産分割協議が進行しない場合は、遺産分割調停を申し立て、裁判所における話合いの機会を設けることが有効です。

被相続人の生前の財産についても、この調停の手続きの中で、相手方に開示を求めたり、裁判所を通じた手続き(調査嘱託など)により金融機関等に開示を求めたりすることもできます。

この事例でも、遺産分割調停を申し立てることによって、結果、ご依頼者のご希望通りの解決をすることができました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

調停中、調停委員を通じて相手方に釈明を求めたり、調査嘱託を申し立てる等して、相続財産の調査を行い、財産の全容を明らかにすることができました。
最終的には依頼者の方および他の兄弟たちが納得できる形で調停をまとめることができましたので、大きな成果となりました。

遺産分割方法の原則は法律で定められていますが、現実には原則だけでは解決できないことも多々あります。
遺産分割の協議(話し合い)が難航している方、また、これから遺産分割を行う必要性のある方も、専門家に一度助言を受けることをおすすめします。

借金・債務整理

分野を変更する
【相談は何回でも無料】【年間200件以上の相談実績】過払い金を確実に取り戻します。その他、任意整理、自己破産、個人再生など、あるゆる借金問題に対応できます。
弁護士法人山本総合法律事務所
弁護士法人山本総合法律事務所
弁護士法人山本総合法律事務所

異なる強みを持つ6人の弁護士で、貴方のお悩みに向き合います。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

★専門サイトはこちら★
債務整理 http://www.takasaki-saimu.net/
過払い http://www.gunma-kabarai.com/

★実際にご依頼いただいたお客様の声はこちら★
https://www.takasaki-saimu.net/153/

【経験と実績】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方からご相談を承っており、年間200件以上の解決実績があります。
過払い金を取り戻します。その他、任意整理、自己破産、個人再生など、あらゆる借金問題に対応してきました。
親切な対応・スピーディーかつ丁寧な仕事がモットーです。
お気軽にお電話・メールください。

【費用と特徴】
お金の心配をせずに気兼ねなくご相談いただけますよう、相談は何回でも無料です。
さらに、すでに完済された方の過払い金返還請求は、着手金も無料で全面サポートします!

【よくあるご相談】
・過払い金を取り戻したい
・取立てを止めたい。
・借金返済生活から抜け出したい。
・借金がいつまでたっても減らない。
・払いすぎた借金が戻ってくるって本当なのか。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

------------------------------

【弁護士に依頼するメリット】
【1】交渉はすべて弁護士が行います
サラ金やローン会社など貸金業者との交渉はすべて弁護士が引き受けます。
ご依頼者が直接話をされる必要はなく、交渉に同席していただく必要もありません。

【2】貸金業者それぞれの特色に対応可能
実は、借金減額や過払い金交渉に関して、各貸金業者の対応にはそれぞれ特徴があります。
それらの特徴を熟知して、適切な対応によれば、早期に解決できる場合もあります。
そういった意味で、当事務所は経験が豊富ですので、各貸金業者それぞれ特徴に合わせた対応が可能です。

【3】秘密厳守
ご家族や会社に内緒にされたい場合など、徹底した秘密厳守で情報の漏れないようにいたします。
ご連絡もご自宅ではなく、携帯電話にするなどのご希望があれば、対応させていただきます。

【事務所のサポート体制】
・レスポンスが早いです。
・説明が丁寧で、活動報告も小まめに行います。
・ご相談にじっくりと耳を傾けます。
・受任前に、丁寧に説明した上で、着手致します。

【アクセス】
国道17号線沿い第一病院のすぐそば
   

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 何度でも0円
その他 詳しい弁護士費用は下記からご覧ください。
https://www.takasaki-saimu.net/fee
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(7件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

125万円の借金が0になり、1,207万円の過払い金を取り戻しました。

  • 過払い金請求
  • 任意整理
依頼主 40代 男性

相談前

消費者金融3社からの借金総額が125万円あり、毎月9万円の返済に追われている状態でした。

相談後

借金が0になり、さらに1,207万円の過払い金を回収しました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

消費者金融3社と長年取引をされている方でした。当事務所でご依頼をお受けし、任意整理をした結果、今まで払いすぎた利息が残りの借金の額以上にあることが分かりました。この時点で借金は0円となり、さらに裁判での返還請求で、合計1,207万円の過払い金を取り戻すことができました。

借金・債務整理の解決事例 2

完済後の過払い請求で608万円を取り戻しました。

  • 過払い金請求
依頼主 50代 男性

相談前

過去に消費者金融と長年取引があったため、過払い金があるかもと相談にいらっしゃいました。

相談後

608万円の過払い金を回収しました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

ご依頼を受け調査したところ、消費者金融3社、信販会社1社の合計4社との取引で、払いすぎた利息が480万円以上もあることが分かりました。裁判での返還請求により、利息を含めて合計で608万円を取り戻すことができました。

借金・債務整理の解決事例 3

過払い請求で1,537万円の過払い金を取り戻しました。

  • 過払い金請求
依頼主 50代 男性

相談前

消費者金融から借金しては返すの繰り返しを30年近く続け、完済されました。過払金と言う言葉を良く聞くようになり、自分も相談してみたいと事務所にいらっしゃいました。

相談後

合計で1,537万円の過払い金を回収しました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

ご依頼を受け調査したところ、消費者金融4社との取引で1,000万円以上の過払い金が発生していることが分かりました。交渉だけでは全額の回収に至らなかったため、裁判により、利息も含めて合計1,537万円を取り戻すことができました。

借金・債務整理の解決事例 4

息子夫婦から過払い金というものを教えてもらい、1,536万円のお金を取り戻した事例

  • 過払い金請求
依頼主 70代 女性

相談前

過去に何社か消費者金融から借金をし、完済されていました。ご自身は過払い金というものの存在さえ知りませんでしたが、息子さん夫婦から「母さん、もしかしたら過払い金があるかもよ」と言われたとのことで、3人で相談にいらっしゃいました。

相談後

合計で1,536万円の過払い金を回収しました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

ご相談の中で過払い金の仕組み等について説明したところ、ご本人の希望があり、ご依頼をお受けしました。
調査をした結果、数百万円の払いすぎた利息があることが分かりました。その後、裁判での返還請求により、1536万円の過払い金を取り戻すことができました。

借金・債務整理の解決事例 5

260万円の過払い金を取り戻しました。

  • 過払い金請求
依頼主 40代 女性

相談前

消費者金融数社と10年近く取引をし、完済されていました。事務所のホームページをご覧になり、ご自身にも過払い金があるのではとご相談にいらっしゃいました。

相談後

約260万円の過払い金を回収しました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

ご依頼を受け、調査をしたところ、200万円以上の払いすぎた利息があることが分かりました。
交渉のみでなく、裁判での返還請求を行ったことで、過払い利息を含めて260万円を取り戻すことができました。

借金・債務整理の解決事例 6

個人再生により住宅ローン以外の債務が2割に減縮された事例

  • 個人再生
依頼主 40代 男性

相談前

8社の取引先から総額812万円の負債を抱えている状態でした。

相談後

住宅ローン以外の債務が約8割減縮され、負債総額は162万円になりました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

入院中に住宅ローンの支払いが厳しくなり、消費者金融などから借入して支払っていたが、その借入が膨大になってしまったため、返済することが難しくなっていました。住宅を守りたいというご意向により、個人再生の申立をし、認可されました。
 その結果、負債総額は812万円から162万円(他に住宅ローンあり)に、毎月の返済額は21万円から4.5万円(他に住宅ローンあり)に減らすことができました。

借金・債務整理の解決事例 7

個人再生により住宅を維持しつつ住宅ローン以外の債務総額を2割に減額した事例

  • 個人再生
依頼主 40代 男性

相談前

住宅ローン含め3660万円の負債を抱えており、毎月の給与が住宅ローン返済でほぼなくなってしまう状態でした。

相談後

住宅を維持しながら住宅ローン以外の借金を減額することができる個人再生手続きで受任し、債務総額を約80%減額することができました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

このケースでは、最終的に個人再生手続きがうまくいき、住宅ローン以外の債務総額を560万円から112万円まで減額(20%に減額)することができました。
 また、個人再生手続きにおいて通常、減額された債務額を3年の返済期間で返済していくが、裁判所にご依頼者の返済能力等を理解してもらい特別に5年の返済期間で返済していくことが認められました。その結果、総債務額が20%に減額したのみならず、住宅ローン以外の借金について毎月の返済額も依頼前と比較して12万円から1万9千円まで減額することができました。

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談60分無料】【完全個室スペース】【当日相談可】【不倫・不貞・慰謝料問題に特化】【経験豊富な6名の弁護士が在籍】不倫の写真やLINEを発見した/不倫相手に慰謝料を払わせたい…等のご相談お任せください。
弁護士法人山本総合法律事務所
弁護士法人山本総合法律事務所
弁護士法人山本総合法律事務所

異なる強みを持つ6人の弁護士で、貴方のお悩みに向き合います。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

★専門サイトはこちら★
群馬 弁護士による離婚・慰謝料の無料相談
http://www.takasaki-rikon.com/

【重点取扱案件】
不倫・不貞問題、離婚請求、財産分与、慰謝料請求、親権問題、養育費請求など

【よくあるご相談】
・不貞行為を理由に慰謝料請求を受けている。
・不倫の写真やLINEを発見した…
・夫が浮気をしている疑いがあるが、どうすればいいか。
・不倫相手に慰謝料を払わせたい。
・慰謝料・財産分与を請求したい。
・離婚することは合意しているが、財産分与・養育費の金額等で折り合いがつかない。
・夫の不貞行為により婚姻関係が破たん、離婚とともに相手の女性に対して慰謝料請求したい。
・子供のために離婚をするつもりはないが、配偶者の不貞相手に対して慰謝料請求をしたい。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

強み

◎「不貞の証拠集め」などの準備もお任せください。
◎安易に妥協しない、粘り強い交渉力を持った弁護士です。
◎株式を対象とした財産分与や不貞行為が複数存在する場合など、特殊な案件も経験があり困難な案件でも対応可能です。
◎お客様の状況に応じた個別カウンセリングを実施しています。女性のお気持ちに配慮しながら サポートいたします。

不倫浮気問題について

不倫の慰謝料請求は、不貞相手とあなたの配偶者の双方に請求できる可能性がございます。
不貞行為を発見しましたら、落ち着いて、証拠となるものを集めることが大切です。

不倫の慰謝料請求トラブルに強い弁護士

「不倫の慰謝料請求トラブルに強い」弁護士を選ぶことで、正当な結果を得られる可能性があります。プライバシー厳守でどんな悩みや相談にものります。安心してご来所ください。

【当事務所のサポート体制】
1.離婚事件の経験豊富な弁護士が対応します
2.離婚事件のゴールである「あなたの幸せ」のためサポートします
3.あなたの離婚事件に、戦略的に取り組みます

当事務所では経験豊富な6名の弁護士が在籍し、それぞれ親身に相談者のお話に向き合います。
後悔しないためにも、1人で悩まず当事務所にお気軽にご相談ください。

【費用と特徴】
ご相談料は初回60分無料ですので、ささいなお悩みでも、まずはご相談いただければ幸いです。
また、着手金・報酬金は分かりやすい料金体系を採用しています。
かかる費用についても相談時に詳しくご説明します。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談60分無料
(60分以降は30分5,000円、2回目以降のご相談は30分5,000円)
その他 詳しい弁護士費用は下記からご覧ください。
https://www.takasaki-rikon.com/203/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

【離婚】性格の不一致を理由として調停で離婚できた事例

  • 財産分与
  • 別居
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
  • 性格の不一致
依頼主 40代 女性

相談前

夫の言動や性格などが原因で妻(相談者)側が離婚を希望していました。
ところが、別居している夫が関係修復のために「円満調停」の裁判所に申立を行い、申立書の記載内容が事実と違うので相談したいとお話を頂きました。
ご相談のうえ、離婚や財産分与(主に住宅ローン付きの土地・建物の名義移転)、親権獲得、婚姻費用、養育費などについてご依頼をお受けしました。

相談後

対応としては①夫側が申し立てた調停には代理人として出廷。②合婚姻費用分担請求と離婚を求める調停の申立を実施しました。
結果こちらの要望をほぼ全て織り込んだ内容で離婚条件等がまとまり、離婚が成立しました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

今回のケースでのポイントは、財産分与により発生した住宅ローンの抵当権付きの土地・建物についてご依頼者様へ名義変更する為に、住宅ローンの融資担当者と交渉を実施した事です。
結果としてはご依頼者のご希望通り、名義を移転することで決着する運びとなりました。
合わせて未払いだった生活費についても1万円単位で適正な金額を回収致しました。

離婚・男女問題の解決事例 2

【不貞がきっかけでの離婚】不貞が原因で離婚をした尚且つ不貞相手から慰謝料を獲得した事例

  • 不倫・浮気
  • 養育費
  • 親権
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 20代 女性

相談前

妻(ご依頼者)が離婚を望んでいると相談を頂きました。
夫が知人女性と不貞な行為をはたらいた事が原因でした。
詳しくお話を聞いた上で離婚に向けた話し合いを進めたいとのご意向からご依頼となりました。

相談後

ご依頼者様のご要望と通り、離婚の成立と共に養育費についても、こちらの要望どおりの金額で合意に至りました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

離婚問題のご相談を受ける際には、双方とも感情的に激しく対立する事も多く、より詳細な話し合いを実施した上で、条件の合意に向けて進めて行く事を心掛けております。
多くの案件に対して丁寧にヒアリングを実施した上で一つ一つ条件のすり合わせをした上で、条件をクリアしていくことでご依頼者様の望む条件を結果として導き出す事を大切にしております。
本件においても上記対応を行い、ご依頼者様の望む条件で離婚が成立し、更に不定相手が一定額を支払う内容でも合意が成立致しました。

離婚・男女問題の解決事例 3

【面会交流】夫側からの月2回の面会交流を獲得した上で離婚が成立した事例

  • 財産分与
  • 養育費
  • 離婚請求
  • 面会交流
  • 性格の不一致
依頼主 30代 男性

相談前

夫側から離婚や面会交流等について一切連絡することが出来ない状況になってしまったとご相談を頂きました。
詳しくお話をお聞きすると奥さんが子供を連れて別居したあと、諸事情により警察から妻側への連絡及び接触禁止とされてしまい、どうしたらいいか分からない状況でした。

相談後

代理人として妻側にコンタクトを実施して、夫側の希望通り月2回の面会交流でのを実施を獲得する形で離婚条件がまとまり、公正離婚が成立しました。

山本 哲也弁護士からのコメント

山本 哲也弁護士

常に可能な限りご相談者の問題の早期解決出来るようにご尽力致しております。記載案件に関してはご依頼頂いてから離婚成立までに約2、3ヵ月で解決をすることが出来、比較的早期解決に導く事で出来ました。合わせて条件面につきましてもご依頼者様の希望に沿った形となり、代理人として良い結果をご依頼者にお届けできました。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人山本総合法律事務所
所在地
〒370-0073
群馬県 高崎市緑町1-2-2 YKビル1階
最寄り駅
北高崎駅
受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
曜日や時間帯によっては電話がつながりにくい場合がありますので、その際はメールにてご連絡ください。
対応地域

関東

  • 埼玉
  • 群馬
  • 栃木

北陸・甲信越

  • 長野
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5284-5672

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 20:00

弁護士法人山本総合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5284-5672

※弁護士法人山本総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
曜日や時間帯によっては電話がつながりにくい場合がありますので、その際はメールにてご連絡ください。