現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 技能実習生の強制帰国「スタバも社会的責任果たせ」 ユニオンとNPOが申し入れへ
2021年03月04日 18時50分

技能実習生の強制帰国「スタバも社会的責任果たせ」 ユニオンとNPOが申し入れへ

技能実習生の強制帰国「スタバも社会的責任果たせ」 ユニオンとNPOが申し入れへ
記者会見の様子(2021年3月4日/弁護士ドットコム撮影)

「大手食品会社で働いていたカンボジア人の技能実習生たちが、本人の意に反して強制帰国させられたのは、取引先の企業にも社会的責任がある」。カンボジア人の技能実習生たちを支援しているNPOと労働組合がこんな主張をしている。

●「意に反して帰国させられた」

労働組合「総合サポートユニオン」によると、2016年春、大手食品製造会社(受け入れ企業)の工場で働いていたカンボジア人技能実習生が相次いで、本人の意に反して「強制帰国」させられるという事件が起きた。

あるカンボジア人女性は、働き始めて半年ほど経ったころ、夜勤明けの早朝の寮で、突然、監理団体のスタッフらにパスポートを取り上げられた。拒否したが、車に押し込まれて、空港まで連行されて、そのまま帰国させられたという。

現在、元技能実習生7人が労働組合に加入して、オンラインで監理団体や受け入れ企業と団体交渉をしている。監理団体はいったん、本人の意に反して帰国させたことを認めたが、その後、否定に転じた。また、受け入れ企業も「関与していない」と主張している。

●「取引先のスタバも社会的責任を果たして」

受け入れ企業が、コーヒーチェーン「スターバックス」のサプライヤー(供給・下請け)だったことから、総合サポートユニオンは、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」にもとづいて、社会的責任を果たすようもとめている。

(参考)ビジネスと人権に関する指導原則(国際連合広報センター)
https://www.unic.or.jp/texts_audiovisual/resolutions_reports/hr_council/ga_regular_session/3404/

しかし、無視されている状況のため、総合サポートユニオンとNPO法人POSSEは3月9日、スターバックスジャパン本社に直接申し入れをおこなうとしている。また、3月14日にも、店舗前でプラカードを掲げて、写真を撮ってSNS投稿するなどの抗議を予定している。

3月4日、都内で記者会見を開いたPOSSEのメンバーは次のように話した。

「技能実習生をはじめとする外国人労働者は、わたしたち若い世代にとってすごく身近な存在です。同じ社会の一員として、当たり前にいる存在です。彼らが人権侵害にあっている事実に怒りを覚えますし、おかしいと思います。声をあげて社会に発信して変えていこうと思っています」

●元技能実習生「夢を見ることもできません」

カンボジア人の技能実習生たちは、来日するために借金を背負ってやって来ていた。突然の帰国のために借金は返済できず、貧困に追い込まれているという。オンラインで記者会見に参加したカンボジア人女性(32)は、精神的に傷ついて、死ぬことも考えたという。

「たくさん借金が残っていたので、まだ完済できていません。村から離れて、コツコツ返済しています。いつになったら返済できるのか、わたしと家族が一緒にいられるようになるのか、夢を見ることもできません」(同上)

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

関連記事