「自分の決めた道だから幸せ」音色に惹かれ、三味線の名取に…カメルーン出身・ワッシーさん
ワッシー・ビンセントさん(本人提供)

「自分の決めた道だから幸せ」音色に惹かれ、三味線の名取に…カメルーン出身・ワッシーさん

現在、日本では約289万人の外国人が暮らしているが、在日外国人の中でもアフリカ出身者は約1万6000人と、決して多くはない。

在留資格統計(2018年6月末)によれば、日本に在留するアフリカ人は1万6304人。ナイジェリア、ガーナ、エジプトがベスト3位で、その多くが首都圏で暮らしているという。

アフリカ出身の人たちは、日本で暮らす中で、どんなことを感じているのだろうか。日本在住のアフリカ人たちを取材した。記事の第一弾は、カメルーン出身の三味線奏者として日本で活動する、ワッシー・ビンセントさんに話を聞いた。(ジャーナリスト・肥沼和之)

●「すごく美しい」三味線との出会い

ワッシーさんは25年以上日本に暮らし、日本人の婚約者もおり、日本語も問題なく話せる。

音楽一家に生まれたワッシーさんは、小さいころからドラムとパーカッションを始め、10代で国立オーケストラに参加。国賓がカメルーンに来たときに演奏でもてなしたり、国外での演奏会に参加したりと、音楽家として華々しいキャリアを築いていく。

30歳のとき、演奏のために初来日。知り合いの家にホームステイしていたところ、聞いたことのない楽器の音が聞こえてきた。その家のおじいさんが弾く三味線だった。

「すごく音色が美しいと感じました。長く音楽をしてきたけれど、あの音は初めて聞きました。おじいさんにそう伝えると、三味線を本気で勉強したいなら先生を紹介する、と言われ、チャレンジすることにしたのです」

それからワッシーさんの修業生活が始まった。

三味線の扱いから、演奏中は正座をしないといけないことなど、最初は苦労ばかりだった。特に難しかったのは、悲しい音色を奏でること。美空ひばりの『悲しい酒』という曲を練習したが、師匠からは「全然悲しくない」とダメ出しされた。そこで、歌詞の意味を理解するために、日本語を猛勉強した。

ワッシーさんにとっての日本語学校は居酒屋だった。ほかのお客さんと話すうちに、自然と日本語が上達していった。ちなみに好きな言葉は、お酒をオーダーする時に使う「濃いめ」なのだそう。

三味線の腕も上達し、アフリカ人として初めて「名取」(いわゆる名人)を取得。現在は日本の民謡だけでなく、ブルースやラテンやアフリカンなど、さまざまな音楽を取り入れて、新しい音楽を追究している。

そんなワッシーさんは、日本で活動をするうえで、苦労した経験はほぼないという。出会った日本人も信頼できる人ばかりで、たくさんの方に応援してもらい、理想に近い形で音楽活動ができている。

ただ、音楽活動やキャリアを守るために、メディアとの関わり方には注意を払ってきた。こういったメディアはごく一部だと前置きしたうえで、ワッシーさんは話す。

「三味線を弾いているアフリカ人が物珍しいからか、前にテレビのバラエティ番組に出てほしいと言われたのですが、音楽とは関係ない内容だったのでお断りしました。出演すると、一時的に注目されて、仕事や収入は増えるかもしれません。

けれど『面白い人』『珍しい人』といった取り上げ方をされると、音楽活動にも悪い影響が出てしまうので、気を付けています」

だからこそ、縛りも制限もなく活動できるよう、事務所に所属せず、音楽家としての立ち位置を大事にしているワッシーさん。ミュージシャンとして成長していることも自覚でき、根強いファンや支援者もたくさんついた。

「一部のメディアの求めに応じて、タレント活動に走っていたら、今の自分はなかったでしょう。たくさんは稼げていないけれど、自分で決めた道だから幸せです」と笑顔を浮かべた。

オススメ記事

編集部からのお知らせ

現在、編集部ではアルバイト・協力ライターと情報提供を募集しています。詳しくは下記リンクをご確認ください。

アルバイト・協力ライター募集詳細 情報提供はこちら

この記事をシェアする