弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. GIGAZINE倉庫、朝から取り壊し始まる 合意得られず強制執行
GIGAZINE倉庫、朝から取り壊し始まる  合意得られず強制執行
破壊される「GIGAZINE倉庫」(2021年11月22日/弁護士ドットコム)

GIGAZINE倉庫、朝から取り壊し始まる 合意得られず強制執行

ネットサイト「GIGAZINE」(ギガジン)編集長所有の「GIGAZINE倉庫」(大阪府大阪市西淀川区)の取り壊しが、11月22日朝、始まった。

地権者の不動産会社「日新プランニング」(同市)が起こした裁判で、土地の明け渡しなどを命じる判決が9月に出され、編集長側が上告せず、確定していた。

●2019年の取り壊し作業、仕切り直しで再スタート

22日、大阪では朝から冷たい雨が降り注いでいた。

午前9時ごろから現場には日新プランニング側の関係者、代理人弁護士、解体作業にあたる関係者ら数人が現場に集まっていたが、GIGAZINEの関係者と思われる人の姿はなかった。

午前9時30分ごろ、執行官たちが現れ、建物の内部を確認すると、10分後には取り壊しの許可が下りた。重機が動きはじめ、まず建物周辺の不要物を取り除く作業が始まった。

重機が建物を壊し始めると、工事の音を聞いた近所の人たちが様子を見に来始めた。「草が荒れ放題で鬱陶しかったです」と言い、満足そうな表情を浮かべて、立ち去っていく。

大きな問題もなく、取り壊し作業は進んだが、更地になるには、まだ数日かかる見込みだという。

雨が降りしきるなかでも、重機による解体によって、あたりには砂埃が舞った。

●判決確定後も合意は最後まで得られなかった

GIGAZINE側は2019年、この建物が取り壊されたことに異議をとなえ、「ある日突然無断で他人の建物をショベルカーで破壊する企業は『反社会的勢力』ではないのか?」などと報じていた。

地権者の日新プランニングは建物収去・土地の明け渡しなどを求めて提訴。大阪地裁は原告主張を認める判決を出した(3月11日)。編集長側は控訴したが、大阪高裁は棄却した(9月16日)。

日新プランニング側の代理人弁護士によると、判決の確定後、取り壊しについて合意を進めていたが、最終的に合意を得られず、決裂したため、強制執行の手続きが取られた。

オススメ記事

編集部からのお知らせ

現在、編集部では正社員スタッフ・協力ライター・動画編集スタッフと情報提供を募集しています。詳しくは下記リンクをご確認ください。

正社員スタッフ・協力ライター募集詳細 情報提供はこちら

この記事をシェアする