現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
山田 圭太弁護士

( やまだ けいた ) 山田 圭太

江戸川あかり法律事務所

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】【当日相談可】【休日相談可】
遺産分割協議・遺言書作成など遺産相続の様々な問題について、適切なご提案をいたします。お悩みの方は、ご相談ください。
江戸川あかり法律事務所
江戸川あかり法律事務所
江戸川あかり法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

▼当事務所の強み
①日本弁護士連合会が設置する公設事務所所長として司法過疎地での業務を行っておりました。高齢化が進む地域であり、農地を含む不動産が多数含まれる遺産分割等について、積極的かつ多数取り組んできました。

②相続発生後の親族間での紛争を避けるよう遺言の作成等も行っておりますし、遺留分減殺請求等の経験も豊富です。

③相続は突然に発生する問題ですし、親族間での争いという面もあり、周囲に相談することができずお悩みになっていらっしゃる方や困惑されている方も多いかと思います。経験豊富な弁護士が親身になってご相談に乗りますので、まずはご相談にいらっしゃってください。ご負担を軽減できるよう、解決できるよう全力を尽くします。

④司法書士や税理士などの他士業と連携することで、ワンストップでの対応を心がけておりますので、手続全般についてご相談ください。

▼費用について
・相続問題に関しては初回相談料を無料としております(概ね1時間程度)。
・法テラスの利用も可能ですので、費用に関してもお気軽にご相談ください。
・そのほか、着手金報酬金に関しましては日本弁護士連合会の旧基準を元に作成しております。詳しくは、ご相談の際におたずねください。

▼重点取扱案件
・遺言書作成・遺言執行
・遺産分割協議
・遺留分減殺請求
・相続人・相続財産調査
・相続放棄等の手続

▼よくあるご相談
・なくなった父の相続を兄弟としたが、誰が何を相続するか、他にも遺産があるのにかくしているのではないかなどともめてしまって、話し合いがまとまらない。

・兄が亡くなった母の遺言書を持ってきて自分が全部相続すると言っている。遺言書は無効ではないのか?無効でないとしても相当の遺留分を請求できないか。その場合の遺留分の額はいくらなのか?

・疎遠だった兄の子どもから連絡があり、兄が亡くなったが多額の債務がある。自分たちは相続放棄をしたと言われた。兄の遺産も負債もわからないがどうすればいいか?

・相続した父の土地の上に弟が自分名義の土地を立ててすんでいる。今後どのように対応すればいいか?

・子どもたちがいるが、自分が亡くなった後に遺産でもめてほしくない。争いがなるべく起きないように遺言書を作成したい。

 弁護士として活動をしてきて近年増加傾向にあるのが、遺産分割問題です。
 遺産分割協議が紛糾して、親族間の関係が悪化し、修復不可能になる事案になることも残念ながら存在します。
 そのような事態を避けるためにも、生前からの遺言書作成等のご相談も承っておりますし、相続後もご依頼者に利益になるようスピーディに対応いたします。

▼事務所サポート
・駅から近くエレベーターもありますが、ご年配の方々の場合には出張相談等もお受けしています。
・完全個室制で対応させていただいております。
・ご希望の場合には、相談時にお見積もりを作成しています。
・遺産分割問題は長期化することもしばしば散見されます。親族間の争いが長期化することは精神的な負担も大きくなりますので、特にスピーディな対応・解決を心がけております。

事務所ホームページも、よろしければご覧ください。
【事務所ホームページ】
http://www.edogawa-akari.com/

※費用体系については、こちらの事務所ホームページ上でもご確認いただけます。

この分野の法律相談

子供のいる者が再婚するにあたって、再婚相手が財産を相続しないことを条件とした結婚をすることは可能ですか? 不可能であれば、それに準ずるような契約をすることはできますか?

> 再婚相手が財産を相続しないことを条件とした結婚をすることは可能ですか? そのような条件をつけた結婚はできないと思います。 > 不可能であれば、それに準ずるような契約をすることはできますか? 配偶者は離婚しない限り,相続人になります。 もっとも,配偶者以外の者に相続させる旨の遺言書を作成し,かつ,配偶者には相続開始前に遺留分の放棄の手続を家庭裁判所で...

山田 圭太弁護士

両親が離婚して(15年ほど前)私は母方につきました。父と母はたまに会っており、私は結婚して家庭があります。子供もおります。 今月父が末期ガンとわかり、自宅で亡くなりそうになっていたところを母が発見し、私に病院へ連れて行く同行をお願いされ、連れて行きました。 そこで質問です。 父は借金等作ったり...

> 父の預金を引き出し、入院費、葬儀費用にあてると生前贈与扱いになりますか? > 私の私利私欲ではないので別枠とみなされるのでしょうか? 前提としてお父様の意識はありますでしょうか? 意識があるのであれば,お父さんに確認していただき,お父様の指示で預金を引き出し,入院費を支払うことはできると思います。 意識がない場合,お父様の生前贈与の意向がないわけです...

山田 圭太弁護士

すべての相続を放棄したい場合はどちらになるのでしょうか?また、相続放棄をする際の注意点や、相続放棄しても消えないものなどがあったら教えてください。

> すべての相続を放棄したい場合はどちらになるのでしょうか? 「すべて」というのが債務を含む意味でしたら,相続放棄(民法939条)を選択する必要があります。 相続放棄をすることで,その相続については相続人ではなかったことになります。 相続放棄をする際の主な注意点としては,相続開始を知ったときから3か月以内に相続放棄をする必要があるという時間制限があるとい...

山田 圭太弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料無料(2回目以降は30分5000円(税別)法テラス利用可)
着手金  事件または法律事務の結果に成功・不成功が生じるものについて、弁護士が依頼を受けて行う業務への対価として、受任時に発生する費用です。

遺産分割協議
 相続人間に争いのない場合
  経済的利益(対象となる相続分の時価相当額)の3分の1の額が
  300万円以下の場合、8%(ただし、10万円を下回った場合には、10万円)
  300万円を超えて3000万円以下の場合、5%+9万円
  3000万円を超えて3億円以下の場合、3%+69万円
  3億円を超える場合、2%+369万円
 
 相続人間に争いがある場合
  経済的利益(対象となる相続分の時価相当額)の額が
  300万円以下の場合、8%(ただし、10万円を下回った場合には、10万円)
  300万円を超えて3000万円以下の場合、5%+9万円
  3000万円を超えて3億円以下の場合、3%+69万円
  3億円を超える場合、2%+369万円
着手金 遺留分減殺請求
 経済的利益(対象となる遺留分の時価相当額)の額が
  300万円以下の場合、8%(ただし、10万円を下回った場合には、10万円)
  300万円を超えて3000万円以下の場合、5%+9万円
  3000万円を超えて3億円以下の場合、3%+69万円
  3億円を超える場合、2%+369万円
報酬金  事件または法律事務について、成功の結果が得られたとき、得られた結果に対して、着手金とは別にお支払いいただく費用のことです。

遺産分割協議・遺留分減殺請求その他の場合いずれも
 経済的利益(現に確保した遺産の額)の額が
  300万円以下の場合、16%
  300万円を超えて3000万円以下の場合、10%+18万円
  3000万円を超えて3億円以下の場合、6%+138万円
  3億円を超える場合、4%+738万円
手数料  原則として一回程度の手続又は委任事務処理で終了する事件等についての費用のことです。手数料お支払いいただく類型の事件は、着手金等は発生しません。

遺言書作成
 定型  10万円以上20万円以下
 非定型 相続財産の額が
  300万円以下の場合 20万円
  300万円を超え3000万円以下の場合 1%+17万円
  3000万円を超え3億円以下の場合 0.3%+38万円
  3億円を超える部分 0.1%+98万円
※公正証書で作成の場合 上記の金額に +3万円(公証人の手数料を除く)
 
遺言執行
 相続財産の額が
 300万円以下の場合 30万円
 300万円を超え3000万円以下の場合 2%+24万円
 3000万円を超え3億円以下の場合 1%+54万円
 3億円を超える場合 0.5%+204万円

※遺言執行に裁判手続が必要な場合は裁判手続に必要な弁護士報酬が別途発生します。

相続放棄申述受理手続
 相続人1名あたり、8万円
備考欄  いずれも税別となっております。上記のほか、切手代等の実費が発生します。分割の支払い等についても柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

長年解決しなかった遺産分割を20数年ぶりに解決

  • 遺産分割

相談前

親族間での遺産分割協議の問題でしたが、相談の時点ですでに相続から20年以上経過し、その間協議が行われていませんでした。
遺産である不動産が複数箇所にあり、かつ遺産の全容が不明であったことから、遺産の調査や不動産の査定の必要もありました。

相談後

受任後、各金融機関等を調査すると同時に不動産登記等を確認の上、業者に依頼して不動産の査定を行いました。
また、有価証券についても、配当金額等を確認し相続開始後に増加した金銭の確認も行いました。
不動産を共同で売却して換価し、最終的に遺産分割協議をまとめることができました。

山田 圭太弁護士からのコメント

山田 圭太弁護士

長期間協議がなされなかった案件であり、遺産の正確な調査をする必要がありました。
このような場合には残された書類から、現在の遺産の状況等について推測して調査をしていく必要もあります。
また、不動産の売却についても、相続直後であれば受けられた相続税の特例が受けられなかったことから、これについて対応していく必要がある案件でした。
この案件は、結果的に依頼者様にとってとてもよい解決になったと思われます。

早期に解決することが望ましい相続問題ではありますが、長期間放置され、もしくは長期間解決できない問題であっても、丁寧に対応しよりよい解決を目指していきますので、是非ご相談ください。

遺産相続の解決事例 2

遺留分減殺請求で相当程度の相続財産の確保に成功

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)

相談前

親が死亡したことで相続人となりましたが、第三者に全ての財産を遺贈するという内容の遺言書が存在することがわかりました。
一部でも遺産をもらえないか?ということで相談にいらっしゃいました。

相談後

相談後すぐに遺留分減殺請求の通知を送り、同時に遺産の調査を行いました。
その後、調停手続において遺留分に相当する額について確保することができました。

山田 圭太弁護士からのコメント

山田 圭太弁護士

昨今、知らぬ間に遺言書で全ての財産を第三者に奪われてしまうという相談を多く受けます。
そのような場合にも、遺言書が遺留分を侵害している場合には、遺留分減殺請求が可能となるケースがあります(遺留分とは、本来相続できる権利が遺言書の内容などで侵害されている場合に、法律の定めた一定の割合については、相続人の権利として認めることをいいます)。
今回のケースでは、早急に遺留分減殺請求を行う必要があったので、遺産の調査を含めて迅速に行いました。
結果的にはこれらの迅速な調査と調停の申し立てが、早期の解決につながったものといえます。

遺言書でご自身の相続分が全く確保できなかった場合にも、発覚当初であればこのような対応が可能となりますので、まずは早急にご相談いただければと思います。

借金・債務整理

分野を変更する
【初回相談無料】【当日相談可】【休日相談可】
任意整理、過払い、個人再生、破産申立と多数の借金問題の取扱経験あり。
スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

江戸川あかり法律事務所
江戸川あかり法律事務所
江戸川あかり法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

【当事務所の強み】
①日本弁護士連合会が設置する公設事務所所長として司法過疎地での業務を行っておりました。弁護士の少ない地域であったことから、借金問題のトラブルについても数多くのご相談ご依頼を受けてきました。
 破産管財人としての活動歴もあり、管財人の視点からもアドバイスができます。

②任意整理や個人再生といった問題から、破産申立といった案件まで各種対応した経験があります。
 数多くの案件を通じて思うことは、借金問題を抱えている方々が皆様一応に将来について不安をお持ちということです。

 当事務所では、豊富な経験を元に、単に目の前の借金問題について対応するだけではなく、今後のご依頼者様の生活を考えて、最善の解決ができるよう尽力していくことを心がけています。
 また、借金問題が顕在化していない方でも、今後の見通しや取り得る対策等についてもご相談に対応いたしますので、ご遠慮なくご相談ください。
 借金問題については、早めに対処しておくことで対応できることや早期の再出発につながることも多いです。借金問題でお悩みの場合には、一度ご相談にいらしていただければと思います。

【費用と支払い方法】
借金の相談については、無料とさせていただいています。
民事法律扶助(法テラス)にも対応しておりますし、着手金等の分割にも対応しております。
ご希望の場合には、相談時にお見積もりを作成しています。
お気軽にご相談お問い合わせください。

【このような悩みをお持ちの方相談お待ちしております】
返しても返しても借金が減らないどうしたらいいか?
返済ができなくなった。催促が来て困っているどうすればいいか?
事業がうまくいかず、破産を考えているがどのようにしていけばいいか分からない。
以前に完済した借金がある。過払いがあるかもしれないが調べられるか?また、過払い金を回収してもらえるか?
借金を整理したいが自宅を残したい。できるだろうか?

【安心の対応体制】
駅前から一歩入った通りであり、エントランスからセキュリティがなされておりますので人目を気にせずご相談いただけます。
また、完全個室制で対応させていただいております。
お気軽にご相談ください。
借金問題は色々な選択肢があります。お話を丁寧にうかがって、ご相談者にとって最適な選択肢をご提案できるよう、特に丁寧な対応・解決を心がけております。

事務所ホームページも、よろしければご覧ください。
【事務所ホームページ】
http://www.edogawa-akari.com/

※費用体系については、こちらの事務所ホームページ上でもご確認いただけます。

この分野の法律相談

宜しくお願い致します。 現在、事業を営んでおります。5年前に個人で戸建てを購入、住宅ローンを信金で組みました。 (その信金には法人名義で借入もあります) 3年前に、信金から特別なプランがあるということで話を聞くと、優良な顧客には特別に自宅の抵当権を外すことが出来るという事で、そのプランに変...

> 住宅ローンの返済が滞ったとしても、自宅は保全できると思うのですが、この考え方は間違いでしょうか? 抵当権が設定されていない以上,抵当権はされません。 もっとも,滞納した住宅ローン等について債権者から裁判を起こされて,住宅の名義人に対して金銭を支払うよう命ずる判決が出てしまえば,その判決に基づき,当該不動産に対する強制執行がなされて競売となり,住宅を維...

山田 圭太弁護士

自己破産時、借りている車について。 自己破産をする予定ですが、母親が母親名義の車を僕に貸してくれているのですがその車も引き上げられてしまうのでしょうか?? 回答よろしくお願いします。

破産者本人の名義のものであれば換価対象になりますが,お母さん名義の車を借りているだけであれば,引き上げられることはありません。

山田 圭太弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
着手金 【着手金】
事件または法律事務の結果に成功・不成功が生じるものについて、弁護士が依頼を受けて行う業務に対する対価として、依頼を受ける際当初にお支払いいただく費用のことです。

①任意整理の場合
1社あたり 2万円

②破産申立(個人)
 20万円(個人事業者の方は30万円~50万円)

③破産申立(法人)
 50万円以上

④民事再生(個人・非事業者)
 30万円(住宅資金特別条項を提出しない場合)
 40万円(住宅資金特別条項を提出する場合)

⑤民事再生(事業者)
 100万円
報酬金 【報酬金】
事件または法律事務について、成功の結果が得られたとき、得られた結果に対して、着手金とは別にお支払いいただく費用のことです。

①任意整理の場合
減額した金額の10%
回収した金額の20%

②破産申立(個人)
 20万円

③破産申立(法人)
 弁護士に直接お尋ねください。

④民事再生(個人・非事業者)
 20万円(ただし、債権者数に応じて若干の増額があります)

⑤民事再生(事業者)
 弁護士に直接お尋ねください。

個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

自宅を残したい場合の個人再生の利用

  • 個人再生

相談前

住宅ローンとその他のサラ金業者への返済が困難となり、債務整理をご希望されていました。
できれば自宅を残したいとのご意向でした。

相談後

債務の調査等の結果、小規模個人再生を選択し、申立てを行いました。
住宅資金特別条項を利用し、自宅を残したまま債務を減額する再生計画が認められました。

山田 圭太弁護士からのコメント

山田 圭太弁護士

居住用不動産をお持ちの方については、不動産を残したいとのご希望が多くあります。
抵当権の状況や収入の状況等など利用できる条件がありますが、個人再生を利用することで債務を減額しつつ不動産を残すことも可能な場合があります(住宅ローンの支払いは継続し、他の債務を減額した上で再生計画に従って返済するという方法です)。

自宅を残したいが債務の支払が困難でお困りの場合には、このような方法も考えられますのでご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 2

任意整理で月々の返済の負担を軽減

  • 任意整理

相談前

サラ金業者への返済が元金利息を併せて月10万円を超えており、これ以上の返済が困難な状況でのご相談でした。

相談後

受任後、各サラ金業者と交渉し、将来利息のカットと分割返済の合意を行い、月の返済額を減額することができました。

山田 圭太弁護士からのコメント

山田 圭太弁護士

今回のケースでは、サラ金業者との交渉がスムーズに進み、将来利息のカットと分割返済の合意ができました。
交渉ですので相手方次第ではありますが、交渉することで返済方法の見直し・変更等ができる場合もありますので、返済にお困りの場合にはお気軽にご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 3

長年返済していなかった債務について消滅時効を援用

相談前

長年にわたって返済をしていなかった借金について、業者から最終通告といった形で請求が来たけれどもどうすればいいかというご相談でした。

相談後

受任後、受任通知を発送し取引履歴を確認したところ、消滅時効期間が経過していたことから消滅時効を援用する内容証明郵便を送り、債務を時効消滅しました。

山田 圭太弁護士からのコメント

山田 圭太弁護士

長い間、返済をしておらず請求や裁判がなされていない場合には、今回のケースのように時効の援用をすることで消滅させることが可能な場合があります。
もちろん、要件を満たさない場合もあり、その場合には返済や破産等で整理をする必要がありますが、業者からこのような請求が来た場合には消滅時効も検討する余地がありますので、お気軽にご相談ください。

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】【当日相談可】【休日相談可】
不貞・DV・財産分与など離婚に関する様々な問題について、適切なご提案をいたします。お悩みの方は、ご相談ください。
江戸川あかり法律事務所
江戸川あかり法律事務所
江戸川あかり法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

▼当事務所の強み
①日本弁護士連合会が設置する公設事務所所長として司法過疎地での業務を行っておりました。弁護士の少ない地域であったことから、夫婦間のトラブルについても数多くのご相談ご依頼を受けてきました。

②性格の不一致や不貞問題といった問題から、DVや失踪といった案件まで各種対応した経験があります。

 数多くの案件を通じて思うことは、離婚を考えていらっしゃる、もしくは、離婚の危機にある方々が皆様一応に将来について不安をお持ちということです。お子様がいらっしゃれば親権の問題があり、また養育費の確保等も必須となってきます。財産分与による経済的基盤の確保も不可欠です。

 当事務所では、豊富な経験を元に、単に目の前の離婚問題について対応するだけではなく、今後のご依頼者様の生活を考えて、最善の解決ができるよう尽力していくことを心がけています。弁護士に相談することによって、少しでも心理的な負担が軽減できればと考えております。
 また、離婚問題が顕在化していない方でも、今後の見通しや取り得る対策等についてもご相談に対応いたしますので、ご遠慮なくご相談ください。

▼費用について
・離婚問題に関しては初回相談料を無料としております(概ね1時間程度)。
・法テラスの利用も可能ですので、費用に関してもお気軽にご相談ください。
・そのほか、着手金報酬金に関しましては日本弁護士連合会の旧基準を元に作成しております。詳しくは、ご相談の際におたずねください。

▼重点取扱案件
・親権・養育費請求
・財産分与
・慰謝料請求
・DVに関する相談
・離婚問題顕在化前の対応に関する相談

▼よくあるご相談
・配偶者が不倫をしたことがわかった。離婚をしたい。不倫相手に対しても慰謝料を請求したい。
・配偶者からの家庭内暴力(DV)がひどくて困っている。逃げ出したいがどうすればいいか?離婚も併せてしたいが、居場所等をばれずに離婚することはできるか?
・離婚をしたが養育費を払ってくれない。払ってもらえるか?払ってもらえないなら給与を差し押さえたいができるか?
・離婚をしたいが親権を相手には渡したくないどうすれば親権を取られないですむか?
・専業主婦であったが、財産分与をしたくないと言われた。適切な財産分与をもらいたい。

▼事務所サポート
・駅前から一歩入った通りであり、エントランスからセキュリティがなされておりますので人目を気にせずご相談いただけます。また、完全個室制で対応させていただいております。お気軽にご相談ください。
・ご希望の場合には、相談時にお見積もりを作成しています。
・待合室も完備してありますので、お子様連れでお越しの場合にも、お子様にお待ちいただけます。
・離婚問題は様々な環境の整備が必要となり、ご依頼者様の精神的な負担が大きくなりますので、特に丁寧な対応・解決を心がけております。

事務所ホームページも、よろしければご覧ください。
【事務所ホームページ】
http://www.edogawa-akari.com/

※費用体系については、こちらの事務所ホームページ上でもご確認いただけます。

この分野の法律相談

離婚して2年。いまからでも旧姓に戻せますか? また、子供はいません。どちらで手続きしたらよいのでしょうか?

住所地の家庭裁判所に「氏の変更の許可」を申し立てることになります。 戻せるかどうかですが,「やむを得ない事由」があるかどうかで判断されます。 一般の氏の変更よりは緩和して適用されるようですが,事由のいかんによると思います。

山田 圭太弁護士

主人が外国人で、結婚時に私自身は苗字変更せず、結婚前の苗字です。 私の両親は離婚していて、私は父の苗字です。 母方の家系が母の代で途絶えるため、母方の姓に変更するように頼まれています。 すでに結婚していて、戸籍筆頭人である私が母方の旧姓に変更することは可能でしょうか? 祖母の養子となればい...

>すでに結婚していて、戸籍筆頭人である私が母方の旧姓に変更することは可能でしょうか? 家庭裁判所に氏の変更の許可の申立てをするという方法がありますが、やむを得ない事由があるときに限るとされています(戸籍法107条1項)。 ご質問に書かれているご事情だけでは、変更は難しいように思われます。 >祖母の養子となればいい、と祖母に言われたのですが、そのようなこ...

山田 圭太弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料無料(2回目以降は30分5000円(税別)法テラス利用可)
着手金  事件または法律事務の結果に成功・不成功が生じるものについて、弁護士が依頼を受けて行う業務に対する対価として、依頼を受ける際当初にお支払いいただく費用のことです。

 離婚交渉・調停 30万円

 離婚訴訟 40万円(調停より継続の場合は減額いたします)
報酬金  事件または法律事務について、成功の結果が得られたとき、得られた結果に対して、着手金とは別にお支払いいただく費用のことです。

離婚が成立した場合 30万円(訴訟による解決の場合には40万円)

 なお、併せて財産分与・慰謝料請求等を請求する場合には、以下の金額を加算します。

実際に回収できた経済的利益の額が
 300万円以下の場合、16%
 300万円を超えて3000万円以下の場合、10%+18万円
 3000万円を超えて3億円以下の場合、6%+138万円
 3億円を超える場合、4%+738万円
備考欄  いずれも税別となっております。上記のほか、切手代等の実費が発生します。分割の支払い等についても柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

迅速な対応により交渉で離婚成立

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 慰謝料
  • 離婚請求

相談前

配偶者の不倫が発覚して、離婚の協議をするも合意に至らず、ご相談にいらっしゃいました。

相談後

離婚自体のほかに、親権、養育費、慰謝料、財産分与がいずれも争いになっていました。
ご依頼をいただき、交渉・調停事件としてお受けしました。
ご依頼に際して、財産状況等を証拠を収集していただき、相手方と交渉を行いました。
調停も視野に入れていましたが、こちらに証拠等があり、それを基に交渉を行った結果、親権・養育費・慰謝料・財産分与等こちらの主張の大部分が認められる形で、当事者間での合意が成立しました。
最終的には、公正証書を作成して終了となりました。

山田 圭太弁護士からのコメント

山田 圭太弁護士

離婚問題については、事態が悪化してしまうことで調停・訴訟と長期化することも少なくありません。
また、関係が悪化してしまうと証拠の収集等が困難になる場合もあります。
本事案では、早期に証拠に基づき適切な解決案を提示できたことで、紛争の複雑化を回避でき、結果的に迅速な解決につながったものと思われます。

交通事故

分野を変更する
【初回相談無料】【当日相談可】【休日相談可】
スピーディかつ適切な紛争解決を目指しますので、まずはお気軽にご相談ください。
江戸川あかり法律事務所
江戸川あかり法律事務所
江戸川あかり法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料

【当事務所の強み】
日本弁護士連合会が設置する公設事務所所長として司法過疎地での業務を行っておりました。

地方は車社会でもあり、交通事故案件についても、物損人身問わず積極的かつ多数取り組んできました。
加害者側に立ち、刑事弁護人としても対応しております。
後遺障害認定や医療問題を含む訴訟対応についても経験があります。

交通事故はその性質上、突然また重大な支障を来す被害を負うことが多くあります。
また、保険会社との対応についても経験がなく、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益や休業損害など、損害項目が多岐にわたるため、戸惑われる方が多くいらっしゃいます。
提示された示談金の金額が妥当かどうかも確認をしたほうがよいことも多いです。

多くの経験を元に交通事故に関する様々な問題に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

【費用と支払い方法】
交通事故の相談については、無料とさせていただいています。
また民事法律扶助(法テラス)にも対応しております。
そのほか、着手金報酬金に関しましては日本弁護士連合会の旧基準を元に作成しております。
詳しくは、ご相談の際におたずねください。

【このような悩みをお持ちの方相談お待ちしております】

・相手方から提示された示談金の額が妥当なのか知りたい。もし、低額であるならば適正な額を請求してもらいたい。

・事故による怪我で仕事を休職せざるを得なくなった。損害を請求したい。

・後遺症が残ってしまい、これまでのように働けなくなってしまった。その分の保証をしてほしい。

・相手方が交渉に応じてくれない。どうすればいいか?

・治療の打ち切りを迫られている。まだ痛みがあるが打ち切りに応じなければならないか?

・交通事故を起こしてしまった。刑事事件の弁護をしてほしい。

【安心の対応体制】
・駅前から一歩入った通りであり、エントランスからセキュリティがなされておりますので
人目を気にせずご相談いただけます。
また、完全個室制で対応させていただいております。お気軽にご相談ください。

・ご希望の場合には、相談時にお見積もりを作成しています。

・必要に応じて担当医との面談等も行わせていただき、症状の把握に努めます。

・エレベーター等を完備しておりますが、身体等が不自由な場合には出張相談等もお受けしています。

示談交渉・後遺障害等級認定・損害賠償請求など交通事故の問題について、将来起こりうる事態を視野に入れ適切なご提案をいたします。
お悩みの方は是非、ご相談ください。

事務所ホームページも、よろしければご覧ください。
【事務所ホームページ】
http://www.edogawa-akari.com/

※費用体系については、こちらの事務所ホームページ上でもご確認いただけます。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
着手金 事件または法律事務の結果に成功・不成功が生じるものについて、弁護士が依頼を受けて行う業務に対する対価として、依頼を受ける際当初にお支払いいただく費用のことです。  

経済的利益(請求される慰謝料等の合計額)の額が

・300万円以下の場合、8%(ただし、10万円を下回った場合には、10万円)    

・300万円を超えて3000万円以下の場合、5%+9万円

・3000万円を超えて3億円以下の場合、3%+69万円  

・3億円を超える場合、2%+369万円
報酬金 事件または法律事務について、成功の結果が得られたとき、得られた結果に対して、着手金とは別にお支払いいただく費用のことです。

経済的利益(現に確保した損害賠償の額)の額が
   
・300万円以下の場合、16%
   
・300万円を超えて3000万円以下の場合、10%+18万円
   
・3000万円を超えて3億円以下の場合、6%+138万円
   
・3億円を超える場合、4%+738万円
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【初回相談無料】【当日・休日相談可】刑事事件に関するあらゆる問題について、迅速かつ的確に対応いたします。お悩みの方は是非、ご相談ください。
江戸川あかり法律事務所
江戸川あかり法律事務所
江戸川あかり法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

▼当事務所の強み
①毎年10件以上の刑事事件を扱っており、事案に沿ってスピーディに対応いたします。

②少年事件も経験がありますので、少年事件に関しても見通しも含めてアドバイスいたします。

▼費用について
・刑事事件に関しては初回相談料を無料としております(概ね1時間程度)。
・着手金の範囲で保釈請求、接見、示談交渉を行い、別途の日当などは頂戴しません。
そのほか、着手金報酬金に関しましては日本弁護士連合会の旧基準を元に作成しております。詳しくは、ご相談の際におたずねください。

▼重点取扱案件
○窃盗・詐欺
○傷害・暴行
○痴漢事件
○道路交通法違反
○薬物事犯

▼よくあるご相談
・身内が逮捕された。会社もあるので、早急に解放してあげたい。
・できるならば前科をつけたくない。示談交渉をしてもらえないか。
・未成年の子どもが逮捕されてしまった。今後、どのように対応していけばいいか。
・警察に呼び出されている。どのように対応したらいいだろうか。

▼事務所サポート
・駅前から一歩入った通りであり、エントランスからセキュリティがなされておりますので人目を気にせずご相談いただけます。
また、完全個室制で対応させていただいております。お気軽にご相談ください。
・ご希望の場合には、相談時にお見積もりを作成しています。
・刑事事件は突然に対応を迫られることが多くあり、普段ご依頼者様の精神的な負担が大きくなりますので、特に丁寧な対応・解決を心がけております。

事務所ホームページも、よろしければご覧ください。
【事務所ホームページ】
http://www.edogawa-akari.com/

※費用体系については、こちらの事務所ホームページ上でもご確認いただけます。

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料無料
着手金/報酬金 【着手金】
事件または法律事務の結果に成功・不成功が生じるものについて、弁護士が依頼を受けて行う業務に対する対価として、依頼を受ける際当初にお支払いいただく費用のことです。

①起訴前及び起訴後の比較的簡明な事件の場合
30万円~50万円

②起訴前及び起訴後の①以外の事件
50万円以上

なお、着手金に含まれますので、接見費用や書類提出費用等は発生しません。

【報酬金】
事件または法律事務について、成功の結果が得られたとき、得られた結果に対して、着手金とは別にお支払いいただく費用のことです。

①比較的簡明な事件の場合
起訴前  不起訴となった場合  30万円~50万円
起訴前  略式命令となった場合  30万円以下
起訴後  執行猶予の場合  30万円~50万円
起訴後  求刑された刑が軽減された場合  30万円以下

②①以外の事件の場合
起訴前  不起訴となった場合  50万円以上
起訴前  略式命令となった場合  30万円以上
起訴後  無罪となった場合  60万円以上
起訴後  執行猶予の場合  50万円以上
起訴後  求刑された刑が軽減された場合  軽減の程度による相当な額
備考欄 いずれも税別となっております。上記のほか、切手代等の実費が発生します。分割の支払い等についても柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(1件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

痴漢の疑いで逮捕されるも迅速な対応で勾留請求が却下され、釈放となった事案

  • 痴漢
  • 加害者

相談前

電車内で痴漢の疑いをかけられ、逃げずに対応したものの否認したために、最終的に逮捕されてしまった事案です。
仕事があり、早急に身体拘束を解く必要がありました。

相談後

警察署にて接見し、すぐにご親族に連絡。身元の引受を約束してもらうとともに、会社等への対応をお願いしました。
並行して検察官への意見書を作成して検察官に提出。
残念ながら勾留請求をされてしまいましたが、その後、裁判官に対しても意見書を提出し、勾留請求は却下され釈放となりました。

山田 圭太弁護士からのコメント

山田 圭太弁護士

勾留が認められてしまうと少なくとも10日程度の長期間の身体拘束を余儀なくされてしまいます。場合によっては、職を失うなど取り返しの付かない事態も生じ得ます。
本事案のように、早期に接見・対応することで、事案によっては早期の釈放も可能となります。
早急に弁護士にご相談いただくことが極めて重要です。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
江戸川あかり法律事務所
所在地
〒134-0091
東京都 江戸川区船堀3-5-26 Tガーデンスクエア1301
最寄り駅
船堀駅
受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
  • 土曜10:00 - 15:00
定休日
日,祝
備考
土曜日は第1・第3土曜日が営業日となります。
当事務所は予約制を取っています。
ご希望の場合には、夜間にも対応できる場合もありますので,お気軽にご相談ください。
夜間・休日にお問い合わせの場合はメールにてご連絡いただければ翌営業日に対応させていただきます。
なお、初回相談料については、注力分野に関するご相談以外は有料(ただし法テラスの利用の場合を除く)となります。
対応地域

関東

  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川

東海

  • 静岡

電話で問い合わせ
050-5827-6707

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

江戸川あかり法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5827-6707

※江戸川あかり法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
  • 土曜10:00 - 15:00
定休日
日,祝
備考
土曜日は第1・第3土曜日が営業日となります。
当事務所は予約制を取っています。
ご希望の場合には、夜間にも対応できる場合もありますので,お気軽にご相談ください。
夜間・休日にお問い合わせの場合はメールにてご連絡いただければ翌営業日に対応させていただきます。
なお、初回相談料については、注力分野に関するご相談以外は有料(ただし法テラスの利用の場合を除く)となります。