現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
剱持 花芽弁護士

( けんもち かが ) 剱持 花芽

共進総合法律事務所

現在営業中 09:00 - 18:00

労働問題

分野を変更する
◇初回30分無料◆駅近◇24時間メール受付◆残業代/解雇/退職/労災/ハラスメント 解決に向けて親身にサポートいたします。一人で抱え込まず、お気軽にご相談を。
共進総合法律事務所
共進総合法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり

◆◇まずはお気軽にご相談下さい◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
労働問題は、労働者の皆様にとって、日々の生活の基盤を揺るがす大問題です。
在職したまま戦わなければならない場合もありますし、相手は企業という組織です。
よほどタフな人でもない限り、憔悴してしまうのが当然です。

そんな時には、ぜひ弁護士を頼って下さい。
弁護士が窓口になりますので、あなたが直接会社と交渉する必要はなくなります。
有利な解決のための作戦を立てて、二人三脚で戦っていくことができます。

どうしたらよいか分からず混乱している、今が一番お辛いと思います。
状況を整理し直し、今できることに注力できれば、
かなり心が楽になるものです。

ご相談終了時に、いくらかでも心が軽くなることを祈って、
気さくな対応を心掛けています。

まずはお気軽に相談ください。

◆◇強み、特徴◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
10年以上の弁護士経験の中で、様々な労働事件を取り扱ってきました。
また、上場企業での勤務経験を含め、労働者の立場も経験し、
その後は経営者の立場も経験しています。

そのため、労働者、使用者双方の立場を理解できるほか、
状況を想像でき、相手方の出方の見当も付き易いのが強みです。

労働に関するご相談は、証拠がないか不十分なことも多いですが、
それだけでは諦めません。適切な証拠採取方法をアドバイスいたします。

また、労働事件、特に労災事案などでは、金銭で解決できない部分が多々ありますが、
できる限りご依頼者の心情に沿った真の解決が得られるよう尽力しております。
企業様の場合も、当該案件を解決するだけでなく、再発防止策の策定もサポートいたします。

◇安心してご相談いただくために
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当事務所では、下記のサポート体制を整えております。

【1】社労士と連携して対応することが可能です
【2】原則として相談時に見積もりをご提示します
【3】完全個室でプライバシーに配慮
【4】問題点と解決策を示し、事案の見通しを具体的に説明します
【5】事前のご予約で休日や夜間のご相談も可能です
【6】英語対応可能

費用については、下記のとおりです。

◆相談料:初回相談30分無料、以降30分ごと5,500円(税込)
◇残業代請求等は着手金0円も可能。
◆ケースにより、着手金を安くして報酬金でディスカウント分を補うなど、利用しやすい費用体系を心がけています。
◇場合によっては分割払い等にも柔軟に対応しています。

◇よくあるご相談例
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【労働者側】
・未払いの残業代を請求したい。
・会社から退職を迫られている。
・退職届を出してしまったが撤回したい。
・妊娠を告げたら退職を迫られた。
・仕事上の原因で精神疾患になってしまった。
・上司や同僚からセクハラ、パワハラの被害にあっている。
・会社を辞めたいが辞めさせてくれない。

【使用者側】
・問題ある従業員を解雇したい。
・退職させた従業員から解雇無効を主張されている。
・退職した従業員から未払残業代の請求を受けた。
・社内でハラスメント問題が発生した。
・うつ病の社員から労災を主張されている。

【重点取り扱い案件】
・残業代請求
・解雇/退職勧奨
・ハラスメント(パワハラ・セクハラ・マタハラ等)
・労災

ーーーーーーーーーーー
◆アクセス
日比谷線神谷町駅から徒歩1分

◇事務所ホームページ
http://www.kyoshin-law.com/

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税込)※初回30分無料。ご依頼いただいた場合は着手金から引かせていただきます。
着手金 交渉:11万円~、労働審判、訴訟:33万円~
(税込)
報酬金 得られた利益の10~16%程度。
備考欄 上記は目安であり、事案により異なります。原則として面談時に見積りをお出ししています。

事案(残業代請求等)によっては報酬金を高めにして着手金を下げる等、柔軟に対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

残業代請求は事案によっては着手金0円も可能。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(3件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

【解雇】能力不足を理由に解雇されたため、解雇の無効を主張して争った事案

  • 不当解雇
依頼主 女性

相談前

相談者は、ある企業に中途採用された後、まじめに仕事に取組んでいました。
ところが、次第に上司から仕事に難癖を付けられるようになり、終には人事担当者に呼び出され、解雇を匂わせつつ退職を勧められてしまいました。

相談後

その時点では、相談者はあくまでも復職を希望していたところ、弁護士が出ていくと、会社の態度が硬化したり、警戒して証拠が集めにくくなることが想定されました。そこで、退職勧奨に対しては、相談者から会社にノーと返事をしてもらいました。
すると、会社は相談者を解雇してきたので、相談者から、会社に対して解雇は無効である旨返答するとともに、解雇理由通知書の交付を要求してもらいました。

弁護士は、会社から送られてきた隙だらけの解雇理由通知書をベースに、労働審判を申し立て、他の証拠も併せて、解雇が不当である理由を詳細に主張・立証したところ、裁判所も理解を示し、早期に、相談者に有利な和解案を提示してくれました。
弁護士は、訴訟を匂わせつつ、粘り強く金額アップの交渉を続けたところ、結果として相場を大幅に上回る和解金を獲得することができ、相談者も納得して金銭解決を選びました。

剱持 花芽弁護士からのコメント

剱持 花芽弁護士

能力不足を理由とする解雇は容易に認められません。
とはいえ、復職を目指して訴訟で戦うには長い時間がかかり、その間の生活費をどうするかという問題もあります。また、一般的に、労働審判による和解金は訴訟による場合よりも低額であることが多い傾向にあります。

相談者と協議を重ねた結果、訴訟へ移行することを覚悟しつつ、まずは労働審判をしてみることを選択し、結果として訴訟をした場合と大差ない和解金を獲得することができました。
訴訟へ移行することを見据えて、ち密な主張・立証を準備していたことが効を奏したものと思います。

労働問題の解決事例 2

【労災】長時間労働等が原因で精神疾患を発症した事案で勝訴的和解

相談前

ご相談者は、職場での長時間労働を続けた結果、精神疾患を発症して長期間、休業を余儀なくされてしまいました。

相談後

ご相談者の労働時間は、労災基準に照らすと微妙な数値でした。
そこで、発症に至るまでの出来事を丹念に調べたところ、他にも精神疾患発症の原因となる出来事が複数発見されました。
労災認定の可能性も十分あったのですが、会社が和解に乗ってくる可能性が高かったことや、早期解決のため、先に会社側に金銭解決を申し入れたところ、勝訴的和解をすることができました。

剱持 花芽弁護士からのコメント

剱持 花芽弁護士

この事案では、以前から存在した別の精神疾患との鑑別も必要だったため、医師との面談やカルテ等の分析等を通じ、事前に勝訴の見込みを慎重に精査しました。
高い精度で見通しが立っていたため、強気の交渉が可能になりました。
労災認定も十分に可能な事案でした。

労働問題の解決事例 3

【残業代】退職後に未払い残業代や不明瞭な控除金を取り返した事案

  • 給料・残業代請求
依頼主 男性

相談前

ご相談者は、ある会社に勤めていたのですが、過酷な勤務で体を壊してしまい、退職しました。
会社からは、これまで残業代が支払われたことがなく、また、毎月よく分からない名目のお金が給与から差し引かれていました。
そこで、これらのお金を取り戻したいと思い、相談にいらっしゃいました。

相談後

会社を相手取って、未払い残業代と控除されていたお金の支払を求める裁判を起こしたところ、全額が認められ、無事支払いを受ける事が出来ました。

剱持 花芽弁護士からのコメント

剱持 花芽弁護士

未払い残業代や不明瞭な名目の控除金は取り戻すことができます。
もっとも、証拠が必要ですので、日頃から記録を残しておくことが大切です。
また、消滅時効にも注意が必要です。お早めにご相談ください。

離婚・男女問題

分野を変更する
◆初回相談30分無料◇24時間メール受付◆駅徒歩1分◇離婚/不貞/慰謝料/財産分与/婚姻費用/養育費/親権/面会交流等。女性弁護士が親身にサポートいたします。
共進総合法律事務所
共進総合法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

◆◇お一人で悩まず、ご気軽にご相談ください◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
離婚や男女問題は珍しいことではなくなりましたが、
当事者にとってはまさに人生の一大事です。
一人で立ち向かっている皆様は、
並大抵のものではないストレスを抱えていらっしゃることでしょう。

調停やら裁判やら、制度も色々あって分かりにくいですし、
どうしたらよいか分からず途方に暮れてしまうのも無理もありません。

訳が分からず混乱している今が、一番お辛いと思います。
状況を整理し直し、今できることに注力できれば、
かなり心が楽になるものです。

まずはお気軽にご相談にいらっしゃいませんか?
ご相談終了時に、いくらかでも心が軽くなっていることを祈って、
常に敷居の低い弁護士であることを心がけております。
遠慮なく何でもお話し下さい。

◆◇強みと特徴◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
10年の弁護士経験の中で、離婚や男女問題を豊富に取り扱ってきました。
先の見通しや相手の出方などを踏まえての臨機応変な対応が可能です。

既婚・子育て中ですのでご依頼者様の心情を理解できます。

不貞などの事案では、証拠が不十分なことも多いですが、
現在証拠をお持ちでないだけでは諦めず、証拠採取についても助力いたします。

分かりやすく丁寧にご説明します。

リスクとメリットを明確に示して方針選択をサポートします。

少しでも有利な解決を粘り強く追求します。

◆◇安心してご相談いただくために◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当事務所では、下記のサポート体制を整えております。

【1】完全個室での相談のため、お子様連れでの面談可
【2】原則として相談時に見積もりをご提示します
【3】お話をとことん伺います(相談が長引いた場合は相談料を調整)
【4】問題点と解決策を示し、事案の見通しを具体的に説明します
【5】英語での対応も可能です

費用については、下記のとおりです。

◆相談料:初回相談30分無料、以降30分ごと5,500円(税込)
※正式にご依頼いただいた場合は相談料をいただきません。
 後日ご依頼いただいた場合は、着手金に充当いたします。
◆事案によっては、着手金を安くし、報酬金でディスカウント分を補うなど、
 利用しやすい費用体系にしています。
◆事情に応じて分割払い等にも柔軟に対応しています。

◆◇よくあるご相談例◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【離婚】
・夫(妻)が離婚に応じてくれない。
・夫(妻)から離婚を迫られている。
・離婚に際して、財産分与や慰謝料、養育費を請求したい。
・夫(妻)からモラハラやDVを受けている。
・妻(夫)が子供を連れて出て行ってしまった。
・子どもに会わせてもらえない。
・別居後の生活費(婚姻費用)を請求したい。
・養育費の支払いが苦しいため減額したい。
・協議離婚の際に決めておくべきことは?

【男女関係】
・夫(妻)の浮気相手に慰謝料を請求したいのだが、証拠がない。
・交際相手の夫(妻)から不貞慰謝料を請求されてしまった。
・交際相手から婚約を破棄されてしまった。

【重点取り扱い案件】
・離婚
・親権、面会交流 ※男性側の成功事例も多数
・財産分与・慰謝料の請求
・婚姻費用、養育費の請求
・モラハラ
・不貞慰謝料請求

ーーーーーーーーーーー
◆アクセス
日比谷線神谷町駅から徒歩1分

◇事務所ホームページ
http://www.kyoshin-law.com/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税込)※初回30分無料
着手金 交渉:11万円~、調停:22万円~、訴訟33万円~(※税込)
報酬金 定額報酬+得られた利益の10~16%程度、その他事案によります。
備考欄 事案により異なります。原則として面談時に見積りをお出ししています。
事案によっては報酬金を高めにして着手金を下げる等、柔軟に対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(4件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

【離婚(不貞)】不貞した夫からの離婚請求で800万円を獲得した事例。

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 慰謝料
  • モラハラ
依頼主 30代 女性

相談前

ご相談者は結婚後、なかなか子供に恵まれず、不妊治療を続けていましたが、その間なんと、夫は不貞を行っており、不貞相手が子供を妊娠してしまいました。夫は相談者に離婚を要求してきました。
夫からの暴言やモラハラに耐えながら、辛い不妊治療を続けてきたご相談者は、深く傷つき、うつ病になってしまいました。

相談後

離婚裁判の結果、かなり高額な慰謝料が認められ、財産分与と併せて約800万円という十分な金額を獲得することができました。
ご相談者も、裁判所に理不尽さを理解して貰えたと感じて、前向きに生きていく覚悟ができました。

剱持 花芽弁護士からのコメント

剱持 花芽弁護士

裁判所に相談者の受けた理不尽すぎる仕打ちを分かってもらうべく、出来事と、それによるご相談者の精神的ダメージの推移を具体的に分かりやすく伝えることに尽力しました。
金額もさることながら、社会(裁判所)に十分理解してもらったという思いが、ご相談者の回復に役立った事例でした。

離婚・男女問題の解決事例 2

【協議離婚】協議離婚により養育費を一括で受け取った事例

  • 養育費
  • 別居
  • 婚姻費用
  • 性格の不一致
  • 生活費を入れない
依頼主 女性

相談前

ご相談者は、夫との性格の不一致に悩み、幼いお子様を連れて別居に踏み切りました。夫との話し合いの結果、離婚や親権については合意に至ったのですが、その他の条件について折り合いがつかないため、相談にいらっしゃいました。
特に、夫が定職についていないため、養育費を一括で受け取ることを強く希望されていました。また、別居後は夫から生活費が渡されなくなり、お困りでした。

相談後

夫に対して婚姻費用の支払いを促し、払わなければ調停を申し立てると伝えると、ある程度の金額が継続して支払われるようになりました。
養育費の一括払いについては、強硬に抵抗されましたが、夫側にもメリットのある内容の提案をし、夫の不安を減少する対策案を提案する等して粘り強く説得した結果、無事、まとまった金額を一括で受け取ることができました。

剱持 花芽弁護士からのコメント

剱持 花芽弁護士

当事者同士ですと、離婚自体には合意できても、細かい条件についての合意は難しい場合も多いです。弁護士が代理人に就任することにより、相手方も協議に乗って来ざるを得なくなりますし、離婚条件について「相場」を示しながらの交渉が可能になりますので、協議離婚できる可能性も高まります。

離婚・男女問題の解決事例 3

【裁判離婚】別居後、離婚を拒否する夫との離婚を裁判で成立させた事例

  • 親権
  • 別居
  • 離婚請求
  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 親族関係
依頼主 女性

相談前

ご相談者は夫との性格の不一致やモラハラ、セックスレス、義父母との関係等に悩み、子どもを連れて別居しました。ところが、夫は、どんなに条件で譲歩しても頑として離婚に応じないため、困り果てて相談にいらっしゃいました。

相談後

ご相談者は、「離婚できるなら、お子様の監護権があれば親権さえ渡してもいい、お金もいらない。」と仰っており、実際、生活できるだけの収入がありました。しかし、夫は、はるかに上回る収入を得ながらお子様の生活費も一切支払っていませんでした。
そこで、まず、婚姻費用の調停を申し立てました。夫は応じなかったため、速やかに審判に移行して支払いを命じてもらいました。
並行して離婚調停を申し立てましたが、夫は離婚を拒否し続けたため、速やかに調停を終了してもらい(離婚調停の後でないと離婚訴訟ができない決まりなのです。)、離婚訴訟を提起しました。
裁判では、別居期間が長くなっていることもあり無事主張が認められ、お子様の親権を取得して離婚することができました。

剱持 花芽弁護士からのコメント

剱持 花芽弁護士

モラハラ夫は、妻からの離婚に応じないケースが多い印象です。
そのような場合は、早々に協議離婚を諦め、離婚調停→離婚訴訟と進めた方が早く離婚できることもあります。

離婚・男女問題の解決事例 4

【親権】妻が子を連れて別居、紆余曲折の後、親権を獲得できた事例

  • 親権
  • 別居
  • 面会交流
依頼主 男性

相談前

ご相談者の妻は、ある日突然、子を連れて別居してしまいました。
ご相談者はやっとのことで妻の居場所を突き止めましたが、妻は頑として子どもと会わせようとしません。
ご相談者はこれまで、積極的に子育てを分担し、お子様と密接に関わっていたため、憔悴しきってしまいました。

相談後

弁護士は早速、子を取り戻すための裁判(監護者指定・子の引渡し審判)を起こしましたが、残念ながら負けてしまいました。
そこで、面会交流について粘り強く交渉を続け、徐々に会える回数や時間を増やしていきました。ご相談者には、お子様の心に負担を掛けないよう注意しつつ、暖かい交流を続けてもらいました。
すると、ある日、お子様自身がご相談者と暮らしたいと言い出しました。最終的には妻もお子様の真摯な気持ちを汲んでくれ、ご相談者が親権を取得する内容で離婚が成立しました。

剱持 花芽弁護士からのコメント

剱持 花芽弁護士

お子様を連れ去られた父親が親権を取得するのはまだまだ難しい現状があります。連れ去られるまでに、お子様とどのような関係を築いてきたかが問われます。
真摯にお子様と関わり、強い絆を育ててこられたお父様は、決してあきらめないで下さい。強く結びついた絆は、(一時的に壊れたように見える事があっても)そう簡単には壊れません。共同親権についての議論も盛んになってきていますし、希望を捨てずにできる事を精一杯やってみましょう。

遺産相続

分野を変更する
◇初回30分無料◆駅徒歩1分◇24時間メール受付◆遺産分割/遺言/遺留分/相続放棄 女性弁護士が解決まで親身にサポートします。まずはお気軽にご相談下さい。
共進総合法律事務所
共進総合法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

◆◇お一人で悩まず、ご気軽にご相談ください◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
相続自体は、誰の身にも起こり得るありふれた出来事ですが、
身内が絡んでくるため、当事者にとっては非常に神経を使う問題になります。
特に、身内との争いに巻き込まれてしまった皆様は、
並大抵のものではないストレスを抱えていらっしゃることでしょう。

訳が分からず混乱している今が、一番お辛いと思います。
状況を整理し直し、今できることに注力できれば、
かなり心が楽になるものです。

まずはお気軽にご相談にいらっしゃいませんか?
ご相談終了時に、いくらかでも心が軽くなっていることを祈って、
常に敷居の低い弁護士であることを心がけております。
遠慮なく何でもお話し下さい。

◆◇強み、特徴◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
10年の弁護士経験の中で、様々な相続案件を取り扱ってきました。
そのため、ケースに即し、先を見通した対応が可能です。

時間をかけてお話をじっくり引き出すことをモットーとしております。
ご相談者のお話の中にこそ解決の鍵があると考えるからです。
誰かに話を聞いてもらっただけで心が軽くなる方も大勢いらっしゃいます。

証拠がなかったり不十分なことも多くあるものですが、それだけでは諦めません。
適切な証拠採取方法をアドバイスいたします。

また、司法書士や税理士と協力関係にありますので、
相続に付随する問題にもしっかりと対応することができます。

◇安心してご相談いただくために
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当事務所では、下記のサポート体制を整えております。

【1】プライバシーに配慮した完全個室でのご相談
【2】原則として、相談時に見積もりをご提示します
【3】お話をとことん伺います
【4】問題点と解決策を示し、事案の見通しを具体的に説明します
【5】事前のご予約で当日・休日・夜間相談に対応◎
【6】英語対応可能

費用については、下記のとおりです。

◆相談料:初回相談30分無料、以降30分ごと5,000円(税別)
◇ケースにより、着手金を安くして報酬金でディスカウント分を補うなど、利用しやすい費用体系を心がけています。
◆場合によっては、分割払い等にも柔軟に対応しています。

◇よくあるご相談例
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・父(母)と同居していた兄弟が遺産を明らかにしてくれない。
・亡くなった母(父)の預貯金を兄弟が使い込んだようだ。
・相続人がいないので、遺言で団体等に寄付したい。
・争続にならないように遺言を残したい。
・兄に全て相続させる内容の遺言が見つかったが納得がいかない。
・寄与分や特別受益を巡って遺産分割協議が進まない。
・遺産分割で特別受益/寄与分を主張したいが認められるか?
・負債の額が分からないので相続放棄すべきかどうか悩んでいる。
・亡くなって1年後に借金があることが分かったので相続放棄したい。

【重点取り扱い案件】
・遺産分割
・遺留分減殺請求
・相続放棄
・遺言書作成・遺言執行
・事業承継

ーーーーーーーーーーー
◆アクセス
日比谷線神谷町駅から徒歩1分

◇事務所ホームページ
http://www.kyoshin-law.com/

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税別)※初回30分無料
着手金(目安) ◇遺言書作成:55,000円~
◇遺産分割、遺留分減殺請求 交渉:11万円~、調停:22万円~、審判・訴訟33万円~
◇相続放棄:11万円~   
※税込
報酬金 得られた経済的利益の10~16%程度、その他事案によります。
備考欄 上記は目安であり事案により異なります。原則として面談時に見積りをお出ししています。

事案によっては報酬金を高めにして着手金を下げる等、柔軟に対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

【遺留分減殺請求】生前に金銭的援助を受けていた兄弟からの遺留分減殺請求を退けた事例

  • 遺産分割
依頼主 50代 男性

相談前

ご相談者の亡父は生前、長男であるご相談者以外の兄弟たちに、多額の援助をしていました。
その上で、長男であるご相談者に全財産を譲る内容の遺言を残して亡くなったのですが、兄弟たちは納得せず、遺留分減殺請求をされてしまいました。

相談後

遺産の価値が兄弟たちの主張よりも低いことや、兄弟たちが父の生前、多額の金銭的援助を受けていた事実を丹念に主張、立証したところ、兄弟たちも諦めてくれ、こちらに有利な形で和解ができました。

剱持 花芽弁護士からのコメント

剱持 花芽弁護士

兄弟のうちの誰かに全ての遺産を相続させる内容の遺言は、兄弟の争いを生むリスクが高いです。本件では、依頼者のお父様が、他の兄弟が不公平感を感じないように手当していたのですが、それでも争いになってしまいました。

もっとも本件では、お父様が他の兄弟への援助の記録を残していたため、特別受益の主張・立証をすることによって、結果的にお父様が望まれたような結果を実現することができました。特別受益の存在を丁寧に主張・立証したことが効を奏したと思います。

遺産相続の解決事例 2

【遺言】お子様のいない方の遺言

  • 遺言
依頼主 女性

相談前

ご相談者には相応の財産がありましたが、独身でお子様がいらっしゃいませんでした。
ご自身の死後、財産を社会のために役立てたいとお考えでしたが、姉弟がいらっしゃるため、どうしたらよいかご相談にいらっしゃいました。

相談後

遺産全てを希望する団体に寄付する内容の公正証書遺言を作成しました。
ご相談者も大変安心されていました。

剱持 花芽弁護士からのコメント

剱持 花芽弁護士

兄弟には遺留分がないため、遺言があれば相続を阻止できます。
団体によって遺産の受け入れ態勢が異なるため、事前に十分協議しておくことも大切です。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
共進総合法律事務所
所在地
〒105-0001
東京都 港区虎ノ門5-11-15 虎ノ門KTビル6D
最寄り駅
日比谷線 神谷町駅1番出口 徒歩1分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事務所の営業時間は 10:00 - 18:00です。
※メールは24時間受付中です。
※事前にご予約いただいた場合には、夜間・休日の面談も可能です。
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談
対応言語
  • 英語
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5366-7668

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 18:00

剱持 花芽弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5366-7668
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事務所の営業時間は 10:00 - 18:00です。
※メールは24時間受付中です。
※事前にご予約いただいた場合には、夜間・休日の面談も可能です。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
対応言語
英語