現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
寺尾 幸治弁護士

( てらお こうじ ) 寺尾 幸治

みなと協和法律事務所

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【電話相談可】【セカンドオピニオン歓迎】経営者と労働者両方の目線と現場主義が持ち味です。スピーディな対応をモットーとしております。

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■経営者と労働者、両方の立場を現場レベルで理解しています。
不動産会社(ディベロッパー)の「非法務部門」でサラリーマン経験があり、弁護士になってからは監査役の経験がありますので経営側、労働者側それぞれの事情を理解しています。単なる法的見地からのご提案にとどまらず、現場の問題点を踏まえた「落としどころ」をご提案致します。

■不動産、IT系ベンチャー企業での実績が豊富です。
ベンチャー企業では法務部門の整備が遅れていることが多く、特にITベンチャーから契約書チェックの相談を受けることが多いです。IT業界はIT用語の理解や同じ言葉でも細かな業種・会社ごとに意味合いが異なるケースもあり、IT法務の理解がある弁護士は必須です。

不動産分野においてはディベロッパーの非法務部門での勤務実績があり、宅地建物取引主任の資格を保有しているため、現場の実情を肌で理解していること、業務や用語の理解がありスピーディな対応が可能です。

契約書チェックをはじめとして、クレーム対応、債権回収、労務問題、事業承継、倒産等の解決実績が豊富です。

■セカンドオピニオン可(むしろオススメしております)!ライトな案件もフットワークよく動きます
「こんなことを聞いてもいいかな」、「急ぎで契約書をチェックしてほしいけど顧問弁護士と連絡がつかない…」
こんなケースでのご相談も大歓迎です。まずはセカンドオピニオンとしてご相談ください。

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる

この分野の法律相談

法律的に厳密な意味の「供託金」ではないかも知れませんが、他に良い言葉が見つかりませんでした。以下、状況を説明致します。 他社にソフトウェア開発を依頼するにあたって、費用の支払い方法で要望にズレが発生しております。当社としては最初に半額、検収後に残りの半額としたいのですが、先方は最初に全額支払...

このような中間に入る中立的な立場の者を「エスクロー」と呼ぶのですが、諸外国と違い、日本では、エスクローは資格化されておらず、様々な民間業者が行っております。 弁護士もこのようなことを行うことが多いので、双方からの依頼で中立的な立場の弁護士(ソフトウェアの完成度を見極められる弁護士)を選任し、エスクロー業務を行ってもらうこともご検討されればよろしいと思い...

寺尾 幸治弁護士

個人がインターネット上のサイトに、著作権法で保護されない法令等を転載した後、その個人のサイトからその法令等を再転載する行為は、著作権侵害になりますか? 法令等という所だけを見ていくと著作権侵害にはならないと思いますが、個人のサイトから再転載するという所も見ていくと、やはり著作権侵害になりそ...

法令は著作物ではないので、著作権法の対象になりません。したがって、法令そのものを転載しても、著作権侵害ではないのです。 だだし、個人が行っている法令の解説は、著作物となる可能性がありますので、解説部分をそのまま転載すると著作権侵害になることもあります。

寺尾 幸治弁護士

下記の業務内容は、不動産売買に付随して行うものとして、貸金業登録不要と判断されますでしょうか。 不動産投資を希望する顧客に、総合的な不動産投資の企画立案・管理をメイン業務とする会社の設立を考えています。具体的なメイン業務と収益は下記を想定していますが、サブ業務として、下記2・3の不動産販売...

> 金融機関からの融資実行が遅れた場合や、否認された場合など、希望する顧客のみを対象に当該不動産購入資金の貸付をする場合に、貸金業登録不要と判断されますでしょうか。 条件、顧客を限定しても、業として金銭の貸し付けをすること自体が、貸金業となりますから、登録は必要です。 > サブ業務として、 メインの収益が何であろうと、「サブ業務として」も、業として貸せば...

寺尾 幸治弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 初回無料
通常30分ごとに 5,000円
※上記、別途消費税がかかります。
その他、弁護士費用 無料相談時に、事案に応じて適切な弁護士費用をご提示致します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】【電話相談可】弱い立場に立たされた方の泣き寝入りは許しません!
相手と対等以上の立場で交渉や訴訟を進めます。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■強み、理念
所得や社会的地位など、配偶者より弱い立場にある方のサポートを多く務めてきました。配偶者が医師や会社経営者、外資系サラリーマンなど社会的にも所得的にも高い場合は、離婚協議に入っても弱い立場になりがちです。
特に弱い立場に立たされてしまうことが多い女性を、対等以上の立場で交渉や訴訟を進められるサポートをいたします。
正当な権利を守りたいという思いでこの分野に取り組んでいます。

■重点取扱い分野
離婚、財産分与、慰謝料
不貞・不倫がからんだ事件、相手が財産隠しをしている事件、子どもの親権を争う事件などでお悩みの方は一度ご相談ください。初回は無料でご相談いただけます。

■初回相談は無料です。
初回の法律相談は無料です。電話でのご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

<解決実績>
妻の依頼で、不貞関係にあった夫と愛人の双方から慰謝料を得た事件を担当いたしました。

先に夫の愛人に対して訴訟を起こし、夫から有利な条件を引き出して、多額の慰謝料を得ることができました。相手の夫が最もして欲しくない愛人への訴訟を最初にやることによって、有利な解決を導くことができました。

この分野の法律相談

東京郊外にある実家の隣人と、双方合意の上だと理解していた擁壁を巡り問題が起こり、大変困惑しております。誠にお手数ですが回答戴きたく、宜しくお願い致します 2001年、その隣人の奥さんが紹介してくれた業者に擁壁工事を両親(すでに他界)が頼みました。 当時、その夫A氏は単身赴任中でしたが、その奥さ...

1 夫が単身赴任で不在であった時に、その妻が合意、工事業者まで紹介してくれたこの事実をもって、配偶者を本人と同等と見なすことの正当性は成立するのでしょうか? あくまでも、夫と妻は別人です。 2 合意した、と思われる”越境物” を除去する必要があるのでしょうか? 「合意」の内容がどのようなものかわかりませんが、境界確認をしたのでしょうか? 所有...

寺尾 幸治弁護士

先生方お世話になります。 財産分与について質問です。 前のスレと被る内容があり、申し訳ございません。 現在月に500万程度の給与所得がございます。 妻には小遣いとして月100万程度(3年で4000万程度)渡しており、その他生活費や子供の学費は私が出しております。私は浪費はしておらず、 残りはメイン...

収入に比べて不相当な出費をしたり、ギャンブルなどで消費するなどして、夫婦の実質的共有財産を減らすと、民法768条3項の「一切の事情」として考慮され、消費した分を共有財産に持ち戻さなければならないこともあります。 しかし、奥さんが生活費以外に、月100万円以上消費しているのであれば、ギャンブルで同程度消費しても、お互い様ということで持ち戻しはないのではな...

寺尾 幸治弁護士

夫に家出され、現在別居中です。 夫名義の固定電話の請求書や督促状を毎月夫からわざわざ郵送されてきます。 固定電話に関しては、夫が家出した後、ローンの督促やらの電話がかかってきたりしたため、怖くなって電話線を抜き使用しておりません。 私の用事に関しては私の携帯電話でことが済むのでそのまま固定電...

> 固定電話の回線自体は、私の住居にありますが、支払い義務は名義人の夫でよろしいでしょうか。 はい、そのとおりです。電話会社は、契約の名義人にしか請求できません。 > それを理由に、婚姻費用も減額してきそうで心配しています。 婚姻費用の減額の理由にはなりませんし、利用がなく基本料金のみかかっていることは、請求書で証明できると思います。

寺尾 幸治弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 30分ごとに 5,000円
※上記、別途消費税がかかります。
着手金/成功報酬 経済的な利益の額が
・300万円以下の場合:
着手金 8% / 報酬 16%
・300万円超3,000万円以下の場合:
着手金 5%+9万円 / 報酬 10%+18万円
・3,000万円超3億円以下の場合:
着手金 3%+69万円 / 報酬 6%+138万円
・3億円超の場合:
着手金 2%+369万円 / 報酬 4%+738万円

※上記パーセンテージ(%)は経済的な利益の額に対する割合です。
※上記、別途消費税がかかります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

妻側の代理人で、こう家具の離婚給付(慰謝料、財産分与、養育費)を得た事例

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 養育費
  • 慰謝料
依頼主 女性

相談前

夫が不貞をしていたので相談しました。

相談後

夫になんの交渉連絡もせず、先に夫の愛人を訴えました。
その上で夫と交渉し、愛人の訴訟を取り下げる代わりに、相場よりかなり多めの慰謝料、財産分与、養育費一括払いをすることを約束させた。

寺尾 幸治弁護士からのコメント

寺尾 幸治弁護士

結果的に数千万の高額離婚給付を獲得しました。

不動産・建築

分野を変更する
【初回法律相談無料】大手不動産会社での勤務経験で得た知識を生かし、手間を惜しまず最適な解決案をご用意いたします。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■不動産会社の「非法務部門」でサラリーマン経験があります。
私は大手不動産会社(デベロッパー)でのサラリーマン経験があり、用地の買収や立ち退きなどの業務を経験しました。不動産についての知識はもちろん、サラリーマン経験から、訴訟と世間では「常識」においてギャップがあることを認識しており、世間の実情を理解した提案ができることが強みです。

■社会人になってから一貫して不動産に携わっております。
社会人になってから一貫して不動産には携わっており、個人、法人、家主、地主、資産管理会社など、あらゆる方々から不動産問題のご相談を受けてまいりました。
ディベロッパーでの経験から借地関連、建物明け渡し(明け渡す側も明け渡される側の事情も理解しています)を多く手掛けてきました。欠陥住宅に対する訴訟、手抜き工事に対する訴訟、防音スタジオ等の音響建築の問題など、個人宅に関する問題も多くの経験がございます。不動産会社勤務で得た知識を生かし、最適な解決案を提案することで、依頼者の不安の解消に少しでもお役に立てればと考えております。

■時間や手間を惜しまず、問題を解決いたします。
依頼者の経済的、心理的な負担をできるだけ少なくすること目標に、時間や手間がかかっても、労を惜しまず問題を必ず解決するという思いで弁護士活動にあたっております。
事前に弁護士に相談することでトラブルを未然に防ぐことができる場合もありますので、初回法律相談無料のサービスをご利用ください。

<解決実績>
音響建築(個人住宅のプライべート音楽スタジオ)において、手抜き工事があった事件を担当しました。

建築訴訟分野の中でも、特殊な音響建築の知識を、依頼者および裁判官にわかりやすく説明することに苦心しましたが、粘り強く丁寧に説明することで、勝訴を勝ち取りました。

この分野の法律相談

越境物がある家を購入した場合、時効が成立していれば、購入した側の土地になるのでしょうか。

前所有者の占有は承継しますので、前所有者が所有時に取得時効が成立していれば、買主が時効を援用して、買主の土地になります。

寺尾 幸治弁護士

マンションの大家をしています。 管理会社が信用できなくなったので、管理契約を解約しようと思いますが、解約予告期間が3ヶ月あります。その間、家賃の引渡し拒否等、嫌がらせをされる可能性があり、早めにやめる方法を模索しています。 管理契約には解約について、次の記載があります。 次の各号のいずれか...

(1) 上記に当てはまれば、予告期間3ヶ月を経ずともすぐ解約できる、という事でしょうか? その通りであると思います。 (2) 管理契約の解約手続きを弁護士さんに依頼した場合、だいたい予算はどの位必要で、どのような手順で手続きが行われるのでしょうか? 弁護士が代理して、解約の通知を内容証明郵便で、3か月前(あるいは、上記の2つの事情に当てはま...

寺尾 幸治弁護士

リフォーム工事が完了しましたが、瑕疵・施工不完全と思えるものが数箇所あり、支払いはしていません。請負業者に問い合わせると、「支払いが済んでいないので工事は受けません。」と返答されたので、別業者に見積りを依頼しました。 先生方に質問です。 ①この請負業者を瑕疵修補請求権に基づき、訴えることは可...

建物は、一応、屋根と壁が仕上がっていれば、完成ということにみなされます。「施工不完全」という言葉を、未完成という意味で使用されているのでしたら、「施工不完全」ではありません。あとは、欠陥すなわち瑕疵があるかどうかという問題になります。 瑕疵(現在は、契約不適合といいますが)、未施工部分の施工、または、建築代金の減額(相殺と同じ結果になります。)を請求で...

寺尾 幸治弁護士

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 30分ごとに 5,000円
※上記、別途消費税がかかります。
着手金/成功報酬 経済的な利益の額が
・300万円以下の場合:
着手金 8% / 報酬 16%
・300万円超3,000万円以下の場合:
着手金 5%+9万円 / 報酬 10%+18万円
・3,000万円超3億円以下の場合:
着手金 3%+69万円 / 報酬 6%+138万円
・3億円超の場合:
着手金 2%+369万円 / 報酬 4%+738万円

※上記パーセンテージ(%)は経済的な利益の額に対する割合です。
※上記、別途消費税がかかります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(1件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

防音ルーム瑕疵の案件で勝利した事例

  • 欠陥住宅
  • 騒音・振動

相談前

防音ルームに欠陥があることを証明しようと依頼が受けた

相談後

客観的な証拠を提出しないと裁判官が納得しない(ただ、音が漏れるなどの証言では絶対に勝訴できない。)。
そこで、音響設定などの研究をし、専門業者に遮音性の測定を現地で行わせ、客観的にD値という数値に音漏れを表現。

寺尾 幸治弁護士からのコメント

寺尾 幸治弁護士

音漏れの原因を実験した動画をDVDなどにして証拠化したことが勝訴につながった。

医療問題

分野を変更する
【患者側】【医療過誤問題に注力】これまでの経験を生かし、事案ごとに適切な医師と連携してサポートさせていただきます。泣き寝入りする前にご相談ください。

医療問題の詳細分野

依頼内容

  • 医療過誤
  • B型肝炎

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■万全のサポート体制で挑みます
医療問題は信頼できる医師との連携が必須ですが、豊富なパイプがあるため、事案ごとに適切な医師とともに解決に当たります。
まずはお話を十分にお伺いし、その上で、今後の方針や見通しなどをご説明させていただきますので、お困りの際には、初回無料相談をご利用ください。

■患者側の問題に向き合います
患者側に立った医療事件の弁護士団体に所属しております。
そのため、医療過誤、インプラント手術後の異常、美容整形後の異常などといった問題の経験は豊富にあります。

■納得いただける解決に向けて
責任を追及できるかどうかの判断はもちろんのこと、なぜ、医療問題が生じてしまったのかをきちんと把握して説明できるように心がけています。

ーーーーーーーーーーー
▼サポート体制
ーーーーーーーーーーー
■相談時に見積りを作成し、総額費用を明確にご提示いたします。
■納得いただけるまでとことん話し合うことを大切にしています。
■事前のご予約で休日・夜間(19時まで)の相談に対応可能です。

<相談費用について>
十分な時間と質を確保するため、相談料は1時間1万円(税別)としています。
また、お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。

勝訴の確率の高い事件では、着手金を安くし、相手方から費用が回収できた場合は報酬金でディスカウント分を補うなど、利用しやすい費用体系にしています。

ーーーーーーーーーーー
▼よくあるご相談例
ーーーーーーーーーーー
✔︎手術のリスクについて、十分な説明を受けないまま同意をさせられた。
✔︎避けられない合併症なので、仕方がないと言われた。
✔︎美容整形手術後に腫れや皮下出血が生じた。

<重点取扱案件>
医療過誤、インプラント手術後の異常、美容整形後の異常

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
▼アクセス
虎ノ門駅徒歩3分

この分野の法律相談

主治医から診断書を裁判に使うと言わずに別の理由で書いてもらいました。本人訴訟ですので仕方がありません。 主治医は裁判で使うと知らず診断書を書いてくれました。 被告弁護士が主治医に電話をしたり、カルテを文書嘱託したりした場合、迷惑がかかると思いました。 私は主治医から訴えられる可能性はあります...

全くないと思います。診断書の用途を告げる義務はありません。 > 被告弁護士が主治医に電話をしたり、カルテを文書嘱託したりした場合、迷惑がかかると思いました たとえ、このようなことがあっても、それは、主治医にとって、損害を及ぼすことではないでしょう(診断書を作成した以上、受忍すべきことです。)

寺尾 幸治弁護士

四ヶ月ほど前アウトライン注射という脂肪溶解を美容外科でうけました、おへその上と下の2箇所から麻酔と注射を入れるという施術でした、施術後3日程で下の部分が裂け完全に傷がくっついたのが2ヶ月後でした、今も傷跡が残った状態です。 徐々に傷跡は消えますと言われましたが、最初の説明では傷跡が残るかもし...

> 徐々に傷跡は消えますと言われましたが、最初の説明では傷跡が残るかもしれないとかましてや注射あとが裂ける事があるなんて説明は受けていません、慰謝料請求できないでしょうか? 合併症(裂傷、傷跡)、説明義務違反、自己決定権の侵害等を理由に慰謝料請求はできます。 ただ、金額について、いくらになるかというのは、説明の状況、傷の程度により、ケースバイケースです。

寺尾 幸治弁護士

調査嘱託を申し立てるさい、切手などあらかじめ費用を裁判所に収めるのでしょうか? また金額はどれくらいでしょうか?

まずは、裁判所は、予納されている郵券を使います。それで足りなければ、追加で納付を命じられます。申し立てる際ではなく、調査嘱託が採用された際に、納付します。費用は、1件1,082円だったような記憶があります(確かではなくすみません。)。その程度の費用です。

寺尾 幸治弁護士

医療問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 十分な時間と質を確保するため、相談料は1時間1万円(税別)としています。ただし、初回相談は無料です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

医療問題の解決事例(2件)

分野を変更する

医療問題の解決事例 1

脱毛の際の手技ミスで火傷を負った事例

  • 医療過誤
依頼主 20代 女性

相談前

脱毛の際の手技ミスで、背中に火傷を負い、ドレスや水着を、しばらく着ることができなかった。

相談後

美容外科と示談交渉し、慰謝料を取得した。

寺尾 幸治弁護士からのコメント

寺尾 幸治弁護士

脱毛は、美容医療の中でも、比較的トラブルの多いジャンルである。しかし、慰謝料は、さほど、高くないので、依頼の際は、費用対効果ということも考えていただいた方がよい事例もある。

医療問題の解決事例 2

フェイスリフトについて

  • 医療過誤
依頼主 40代 女性

相談前

肌のたるみをなくし、加齢しても、しわができにくくなるというフェイスリフトを受け、顔面に痛みや腫れが生じ、しかも、若返り効果はなかった。

相談後

美容外科と示談交渉し、慰謝料を取得した。

寺尾 幸治弁護士からのコメント

寺尾 幸治弁護士

フェイスリフトは、種類によっては、医学的にその効果が証明されていないものもあるため、施術を受けることについては、慎重になっていただきたい。

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】【休日・夜間相談可】相続問題における依頼者の正当な利益を守り、ご負担を軽減いたします。お悩みの方はまず無料法律相談をご利用ください。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■相続分野に注力しています
遺産相続の問題は、誰もが、必ず、いつかは経験する身近な問題ですが、ご自身の身内に限って争いが起きるとは想定していないため、トラブルが起きた場合は大きな精神的負担を抱えることになります。また、相手方が身内のため、いざ当事者になった場合、人間関係のこじれを避けるため、納得がいかなくても泣き寝入りをする方が多くいらっしゃいます。
私はそんな方の正当な利益を守り、ご負担を少しでも軽くできればという思いでこの分野に取り組んでいます。

■豊富な経験があります
遺産分割調停・審判を中心に、解決実績は20件以上ございます。
また、50件以上の相談実績もございますので、「不動産等、分割困難な遺産がある」、「先代、先々代の相続が解決していない」、「相続人が多数いる」などでお悩みの方は、まずご相談ください。初回法律相談は無料となっております。

■不動産が関わる問題はお任せください
大手不動産会社に勤務しておりましたので、遺産に不動産が含まれる相続案件を数多く手掛けております。

<過去の解決実績>
相続人が10数名で、分割困難な不動産や負債、未上場の会社(の株式)を相続した案件を担当いたしました。
>>遺産分割調停の前の交渉で、九州まで出向き、一人一人の相続人の利害を調整することで、調停では全員が納得できる案がまとまりました。

ーーーーーーーーーーー
▼サポート体制
ーーーーーーーーーーー
■相談時に見積りを作成し、総額費用を明確にご提示いたします。
■納得いただけるまでとことん話し合うことを大切にしています。
■その場限りの解決ではなく、次の相続や将来を見据えた解決をご提案します。

<相談費用について>
初回相談は無料です。
着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。

ーーーーーーーーーーー
▼よくあるご相談例
ーーーーーーーーーーー
✔︎亡くなった父親の預金通帳を見せてくれない兄を信用できない。
✔︎寄与分を遺産分割で主張され話し合いが進まない。
✔︎実家の土地・建物を兄弟で相続したことによりトラブルが発生してしまった。

<重点取扱案件>
遺産分割協議・遺言書作成・遺言執行・遺留分減殺請求・事業承継
◎遺産相続のあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
▼アクセス
虎ノ門駅徒歩3分

この分野の法律相談

主人の両親が所有している土地に数年前、家を建てました。主人の親の家は隣です。 家を建てる前、相続税がかかるから、土地の名義変更は変えない。固定資産税の負担もふえたら困るでしょ?自分たちが死んだら、土地はあなたたちのものになるからと言われて建てました。 ところが、最近になって、主人の妹たちが、...

> 家を建てて住んでいるのに、主人の両親が死んで、土地の名義が主人の妹になった場合、立ち退かなければいけないのでしょうか?? ご両親とご主人の間に土地の使用貸借契約(おおざっぱにいうと、無償の賃貸借みたいなものです)が存在していると思われます。したがって、土地をご主人の妹さんが相続で単独取得すると(遺言がないと、ご主人と妹さんが共有というかたちで相続し...

寺尾 幸治弁護士

祖父が亡くなった場合に、孫へ相続させるには遺言書が必ず必要になると聞いたことがあるのですが、遺言書は必要なのでしょうか? 亡くなった後に遺産分割協議書で孫へ相続することを決めるのはだめなのでしょうか? ※相続に関してもめることは一切ないという仮定です。 ちなみに祖父が亡くなった場合、祖母も...

配偶者は、必ず法定相続人となりますので、法定どおりに、相続させないのであれば、遺言は必要です。したがって、1と2は、いずれも遺言書が必要です。ただし、遺言書で、そのように定めても、子や孫は、配偶者から遺留分の請求をされる可能性はあります(配偶者が、遺言の内容に納得して、遺留分を請求しないのであれば、遺言どおりになりますが。)。

寺尾 幸治弁護士

初めてご相談します。両親が姉の息子を引き取り養子にしました。20年以上前の話ですが、高齢の両親と同居してましたが折り合いが悪く、ほぼ三年前から音信不通となり、携帯電話も番号を変えているようでどこにいるのかもわかりません。高齢の親にもしものことがあったときには、その子が相続人なのでしょうが行方...

離縁届(協議による離縁)が一番容易な方法です。しかし、養親・養子の両者が離縁に合意し届けなければならないので、本件の場合は、現実的ではないと思います。 相手(養子)に拒否されても離縁するためには、家庭裁判所に離縁の調停申立て、次に離縁の訴訟という手続になります。裁判上で、相手に拒否されても離縁するためには、民法814条の (1) 相手方から悪意で...

寺尾 幸治弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 初回相談無料
着手金/報酬金 日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

親と同居していた兄弟が、親の預金を勝手に引き出していた事例

  • 遺産分割
依頼主 50代 女性

相談前

亡くなった親が、同居の子ども(兄)に、預金通帳とカードを預けており、預金の残額が、著しく減っていた。兄が、一部は、親の承諾を得て、生前贈与の一部として、住宅ローンの弁済に充て、一部は、無断で、預金を引き出し使用していた。

相談後

生前贈与として引き出した預金は、特別受益として、遺産に持ち戻しをさせ、無断で使用した預金については、兄に、無断使用を認めさせ、円満に遺産分割協議をまとめた。

寺尾 幸治弁護士からのコメント

寺尾 幸治弁護士

兄が、無断使用を認めない場合は、地方裁判所での訴訟と、家庭裁判所の遺産分割調停の二つの手続をしなくてはならないが、理詰めで、兄に、引き出した預金の使途を追及したところ、無断使用を認めたため、円満な解決ができた。

遺産相続の解決事例 2

寄与分の主張を退けた事例

  • 遺産分割
依頼主 50代 女性

相談前

同居していた姉が、母親の介護をしていたため、多額の寄与分(親の資産維持・形成に貢献したため、相続分より多く取得できる遺産)を、依頼者である妹に、主張し、遺産分割協議が、まとまらなかった。

相談後

家庭裁判所で、調停・審判を経て、介護だけでは、寄与分とは言えないという裁判官の見解を引き出し、相続分どおりに、依頼者に相続させることができた。

寺尾 幸治弁護士からのコメント

寺尾 幸治弁護士

単なる介護が、寄与分として認められるには、相当なハードルが高いことを裁判所に主張し、認めてもらえた。

遺産相続の解決事例 3

実家の不動産に、相続人の1人(兄)が、住み続け、遺産分割が難航した事例

  • 遺産分割
依頼主 60代 男性

相談前

親の死後、親と同居していた兄が、実家不動産を独占し、弟である依頼者と遺産分割協議ができなかった。

相談後

まず、家庭裁判所で、遺産分割調停、遺産分割審判を経て、実家不動産の持分2分の1を相談者に取得させた。その後、地方裁判所で、共有物分割請求事件を提訴し、兄に代償金を支払わせて、依頼者である弟に実家不動産分の相続を現金で取得させた。

寺尾 幸治弁護士からのコメント

寺尾 幸治弁護士

通常は、遺産分割調停の中で、金銭解決する事例が多いと思われるが、当事者双方が、譲歩しないと、不動産は、家庭裁判所の手続のほかに、地方裁判所の共有物分割請求訴訟までも、必要となる。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
みなと協和法律事務所
所在地
〒105-0001
東京都 港区虎ノ門2-1-1 商船三井ビルディング4階
最寄り駅
虎ノ門(虎ノ門ヒルズ)駅
受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
【24時間メール受付中】
【電話予約】平日10:00〜18:00
※原則上記時間に限るが、時間外対応相談可
(弁護士の状況に応じて、営業時間内に折り返しいたします。)
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5257-3926

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

寺尾 幸治弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5257-3926
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
【24時間メール受付中】
【電話予約】平日10:00〜18:00
※原則上記時間に限るが、時間外対応相談可
(弁護士の状況に応じて、営業時間内に折り返しいたします。)