お気に入りに追加
富田 亮弁護士

( とみた りょう ) 富田 亮

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談30分無料】【川越駅徒歩3分/本川越駅徒歩8分】【オンライン相談も可】離婚にともなうお手続きやあらゆる問題について、適切なアドバイスをいたします。

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 完全成功報酬あり

一言で離婚といっても、実際はそれぞれに抱える問題は異なり、親権や養育費、財産分与や年金分割、慰謝料など、様々な問題が複雑に絡み合っています。また、離婚届を提出した後になって、慰謝料や養育費を請求したいというご相談をいただくこともあります。夫婦同士の話し合いで解決できなければ、弁護士や裁判所を介して解決する必要があります。
離婚したいけど手続が分からない、相手が離婚したいと言っている、離婚をしたら財産はどうなるのか、離婚後の生活や子どものことなど、お悩みのことがありましたら、専門家である弁護士にご相談ください。


【このようなご相談は弁護士にお任せください】
・離婚したいが、どのように手続を進めていけばよいのか。
・相手方が養育費を支払ってくれないので、給与を差し押さえできないか。
・婚姻費用・養育費はいくら位もらえるのか。
・配偶者の不貞相手に慰謝料を請求できるか。
など、このようなトラブルは、早めに相談しましょう。


【重点取扱案件】
離婚請求・財産分与請求・婚姻費用・養育費請求・慰謝料請求など


★案件への対応姿勢★
当事務所では、依頼者のお話を伺った上で問題解決のために採りうる方法、それぞれのメリット・デメリットをご説明し、最適なプランを提案いたします。


◎事務所のサポート体制◎
・ご相談者のご都合に合わせて、当日相談をお受けしております。 ※要予約
・ご希望があれば相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に示しています。
・お支払いは分割払いでも承ります。
・案件によっては、成功報酬でも承ります。
・条件の合う方は、法テラスもご利用いただけます。

----------------------
■アクセス
川越駅から徒歩3分
本川越駅から徒歩8分 

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分無料 30分ごとに5000円
※別途消費税をいただきます。
着手金 交渉・調停 20万円~、 訴訟 30万円~
※別途消費税をいただきます。
報酬金 交渉 20万円~、調停・訴訟 30万円~
慰謝料・財産分与・養育費・年金分割などは経済的利益によって報酬の金額は変わります。
※別途消費税をいただきます。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

離婚調停の途中から出頭しなくなった夫と離婚できた事例

依頼主 40代 女性

相談前

当初は夫と離婚したいという一般的なご相談でした。

相談後

離婚調停を申し立てて話し合っていましたが、途中から夫が調停に出てこなくなりました。調停は不成立となり、離婚訴訟を提起しました。訴訟提起当初は夫に書面が届いていましたが、最終的に夫の所在が全く分からなくなったため、離婚の判決書を公示送達という手続きによって送達し、離婚することができました。

富田 亮弁護士からのコメント

富田 亮弁護士

離婚の相手方の所在が分からなくなっても公示送達という方法によって離婚訴訟を進め、相手方に書面が届いたものとみなして離婚できることもあります。ただ、本当に所在が分からないのかどうか、きちんと調査をした上で調査結果を記載した報告書を裁判所に提出する必要がありますので、弁護士にご相談されることをおすすめします。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 2

親権者の変更が認められた事例

  • 親権
依頼主 30代 女性

相談前

子どもの親権を元夫に渡してしまったが、子どもが元夫から虐げられているので親権を取り戻したいというご相談でした。

相談後

子どもからの現況を知らせる手紙が証拠として残っていたため親権者変更の調停を申し立て、元夫では十分な監護ができないことを強く主張し、親権を取り戻しました。

富田 亮弁護士からのコメント

富田 亮弁護士

裁判所では現実に子どもの育てられている環境を維持する傾向がありますが、今回は子どもからの手紙が証拠として残されていたことが大きかったと考えられます。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 3

養育費支払いの免除が認められた事例

  • 養育費
依頼主 20代 男性

相談前

離婚した元妻の再婚が分かったので子どもの養育費を減額することができないかというご相談でした。

相談後

子どもが元妻の再婚相手と養子縁組をしていたことから、養育費減額の調停を申し立て、結果として養育費の支払いを全額免除とすることができました。

富田 亮弁護士からのコメント

富田 亮弁護士

離婚相手が再婚し、子どもとその再婚相手との間で養子縁組がなされている場合、子どもの扶養義務は実親よりも養親の方が優先されます。離婚相手の再婚した家庭での養育環境が十分に整っているようであれば、養育費の支払いを減額あるいは免除とすることができる場合もあります。

離婚・男女問題

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【初回相談30分無料】【川越駅徒歩3分/本川越駅徒歩8分】【オンライン相談も可】弱い立場に立たされることの多い労働者側からの相談を多数受け付けています。

労働問題の取扱分野

原因

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 完全成功報酬あり

昨今、長引く不況の影響から、人事・労務の問題が増加しています。雇用契約や賃金に関する問題、長時間労働、労災など様々な問題が深刻化しています。残業代を請求したいけど手続が分からない、突然会社を辞めさせられてしまった、業務が原因で怪我をしてしまった(病気になってしまった)などのお悩みは、専門家である弁護士にご相談ください。

【このようなご相談は弁護士にお任せください】
・未払いの残業代を請求したい。
・会社から一方的に解雇を通告された。
・退職しようとしても会社が辞めさせてくれない。
など、このようなトラブルは、早めに相談しましょう。


【重点取扱案件】
残業代請求、不当解雇、労災など


★案件への対応姿勢★
当事務所では、依頼者のお話を伺った上で問題解決のために採りうる方法、それぞれのメリット・デメリットをご説明し、最適なプランを提案いたします。


◎事務所のサポート体制◎
・ご相談者のご都合に合わせて、当日相談をお受けしております。 ※要予約
・ご希望があれば相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に示しています。
・お支払いは分割払いでも承ります。
・案件によっては、成功報酬でも承ります。
・条件の合う方は、法テラスもご利用いただけます。

----------------------
■アクセス
川越駅から徒歩3分
本川越駅から徒歩8分 

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分無料 30分ごとに5000円
※別途消費税をいただきます。
着手金 20万円~
※別途消費税をいただきます。
報酬金 原則として、経済的利益(回収金額や減額金額)の10~16%
※別途消費税をいただきます。
※事案により異なります。詳細についてはご相談時にお伝えいたします。
備考欄 料金は事案の内容やご事情に応じて柔軟に対応いたします。お気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(3件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

自主退職の撤回が認められた事例

  • 不当解雇
依頼主 20代 女性

相談前

懲戒解雇にするぞと脅されて慌てて退職届を出してしまったがどうしたらよいかというご相談でした。

相談後

相談者の行為が就業規則の懲戒解雇事由に該当するのかを丁寧に検討したところ、懲戒解雇事由には該当しないことが分かりました。懲戒解雇になると誤信させられて自主退職したので、自主退職の撤回を求めて労働審判を申し立てました。会社側は当然に懲戒解雇相当だったと争ってきましたが、退職届の提出は無効という裁判所の心証を得ることができました。ただ、会社には戻ることができない状況であったため、最終的に賃金6か月分相当の解決金を受け取って自主退職となりました。

富田 亮弁護士からのコメント

富田 亮弁護士

退職届を自分の意思で提出してしまっている以上、自主退職の撤回は容易ではない事案でした。客観的な証拠を丁寧に検討し、懲戒解雇になると誤信してもおかしくない状況に陥っていたことをきちんと主張できたことが大きかったと考えられます。

労働問題

特徴をみる

労働問題の解決事例 2

未払いの残業代が認められた事例

  • 給料・残業代請求
依頼主 30代 男性

相談前

長時間労働にもかかわらず、残業代が一切払われていないというご相談でした。

相談後

退職後のご相談だったため、時効によって減額されないように急いで内容証明郵便を会社に送りました。会社側は残業代を支払う必要がないという姿勢を見せたことから、訴訟を提起しました。最終的には早期解決を考えて和解としたため満額には至りませんでしたが十分な支払いを受けることができました。

富田 亮弁護士からのコメント

富田 亮弁護士

未払いの残業代は、時効が2年間とされています。毎月の給与支払日が基準となるケースが多いので、放っておくと給与支払日の経過ごとに支払ってもらえる額が減ってしまいます。このような場合、内容証明郵便を会社に送付して催告することで時効をひとまず止めることができます。催告をしてから6か月以内に裁判上の請求をすれば正式に時効が中断し、支払ってもらえる額の減少を食い止めることができます。未払い残業代の請求は計算などが複雑な上、迅速さが求められることもありますので、弁護士にご相談されることをおすすめします。

労働問題

特徴をみる

労働問題の解決事例 3

過労で亡くなった方の労災が認められた事例

  • 労災認定
依頼主 40代 女性

相談前

仕事の過労が原因で亡くなったと思われるが労災の認定を受けることができるかというご相談でした。

相談後

会社での勤務記録等の資料を精査すると共に遺族や同僚だった方からの聞き取りもおこなった上で労働基準監督署に労災の申請をしました。労働基準監督署による調査の結果、亡くなったのは業務に起因する過労が原因であるとして労災の認定を受けることができました。

富田 亮弁護士からのコメント

富田 亮弁護士

労災の認定を受ける場合に乗り越えなければならないのが労災の認定基準です。労災の申請はしたものの、業務上の負傷や疾病とは認めてもらえなかったというケースも少なくありません。適切な証拠を集めることができたことが労災認定につながったものと考えられます。

労働問題

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【初回相談30分無料】【川越駅徒歩3分/本川越駅徒歩8分】【オンライン相談も可】不動産は生活の基盤ともなる重要な財産です。迅速かつ円満に解決することが大切です。

不動産・建築の取扱分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 完全成功報酬あり

≪事案に応じたスムーズかつ有利な解決を目指します≫
不動産にまつわる法律トラブルは多種多様です。
つまり、最適な解決方法は、その方によって異なります。
不動産トラブルの解決に向けて動く際には、依頼者様にとっての「最適な解決」を定め、弁護士と共通認識を持ちながら動くことが重要なポイントになってきます。
そのため私は依頼者様との対話に力を入れております。
そして導き出された「最適な解決」を実現するために、これまで培った豊富な経験、ノウハウを駆使し尽力致します。

≪まずはお気軽にご相談ください≫
まずは、現状の整理からお手伝いいたします。
具体的に動き出す前でも、お気軽にご相談ください。

《明朗な料金体型》
日本弁護士連合会が定め、適正妥当な金額設定とされていた弁護士報酬基準をベースに料金を設定しています。詳細はご相談ください。
お客様の経済状態に応じて、料金の相談をさせて頂きます。


【重点取扱案件】
賃料滞納の建物明渡しや、借家の瑕疵についての損害賠償請求等


◎事務所のサポート体制◎
・ご相談者のご都合に合わせて、当日相談をお受けしております。 ※要予約
・ご希望があれば相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に示しています。
・お支払いは分割払いでも承ります。
・案件によっては、成功報酬でも承ります。
・条件の合う方は、法テラスもご利用いただけます。

----------------------
■アクセス
川越駅から徒歩3分 
本川越駅から徒歩8分

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分無料 30分ごとに5000円
※別途消費税をいただきます。
着手金 20万円~
※別途消費税をいただきます。
報酬金 原則として、経済的利益(回収金額や減額金額)の10~16%
※別途消費税をいただきます。
※事案により異なります。詳細についてはご相談時にお伝えいたします。
備考欄 料金は事案の内容やご事情に応じて柔軟に対応いたします。お気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(2件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

借家の不具合によって損害を被ったことから貸主に損害賠償請求をした事例

  • 欠陥住宅
依頼主 50代 男性

相談前

借家の配水管から漏水が発生し,床一面が水浸しになってしまったため,貸主に損害賠償請求をしたいというご相談でした。依頼者ご本人からの請求では貸主は全く賠償金を支払おうとはせず,それどころか賃貸借契約を解除して退去するように求めてきていました。

相談後

依頼者の被った被害について丁寧に聴き取り,現場を調査しました。貸主に使用収益義務違反・修繕義務違反があることを指摘した上で具体的な損害額を算出し,貸主に対して損害賠償を請求したところ,十分な損害賠償額を得た上で退去することになりました。

富田 亮弁護士からのコメント

富田 亮弁護士

貸主側の義務違反を指摘することと具体的な損害を算出することが重要です。早め弁護士にご相談されることをおすすめします。

不動産・建築

特徴をみる

不動産・建築の解決事例 2

賃料を滞納していた借主に建物の明渡しを求めた事例

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 50代 男性

相談前

借主が長期に渡って賃料を滞納しているので,賃貸借契約を解除して,建物を明け渡して欲しいという相談でした。

相談後

借主に対して賃料を滞納している事実を伝えて建物の明渡しを求めましたが,応答がなかったため,建物明渡請求訴訟を提起しました。訴訟を提起したところ,無事,建物を明け渡してもらうことができました。

富田 亮弁護士からのコメント

富田 亮弁護士

賃料を滞納して居座ったままの借主に対する交渉だけでは,なかなか退去してもらえないこともあります。建物明渡請求訴訟を提起しても,なお居座るようであれば,判決を得た上で建物明渡しの強制執行という手段をおこなうこともできます。

不動産・建築

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
はつかり法律事務所
所在地
〒350-1123
埼玉県 川越市脇田本町23-33 G&ROCKビル5階
最寄り駅
川越駅から 徒歩3分 
本川越駅から 徒歩8分
交通アクセス
  • 駐車場近く
メールで問い合わせ

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
はつかり法律事務所
所在地
埼玉県 川越市脇田本町23-33 G&ROCKビル5階
最寄駅
川越駅から 徒歩3分 
本川越駅から 徒歩8分
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:30
定休日
土,日,祝
備考
お問い合わせ・ご相談はメールより承っております。
メール問い合わせは24時間対応、弁護士確認後、折り返しご連絡申し上げます。

対応地域

経歴・資格
事業会社勤務経験
IT国家資格

IT国家資格に該当するのは以下の資格です。

  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • ITストラテジスト
  • システムアーキテクト
  • プロジェクトマネージャ
  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • エンベデッドシステムスペシャリスト
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • ITサービスマネージャ
  • システム監査技術者
事務所の対応体制
駐車場近く