現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
原田 裕也弁護士

( はらだ ゆうや ) 原田 裕也

虎ノ門法律経済事務所 相模原支店

不動産・建築

分野を変更する
【初回相談無料】【オンライン面談可】建築工事が進まない、建築された建物に瑕疵があるなど、不動産に関する問題は当事務所へご相談ください。
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり

☞豊富な経験と強み
①当事務所では、毎月数十件の不動産に関するトラブルの相談を受けており、今後の見通しなどスピーディな判断が可能です。
②また、司法書士や土地家屋調査士が在籍しており、多角的な観点から、トラブルに対処いたします。

☞実務経験豊富な弁護士が在籍
1972年の設立以来、虎ノ門法律経済事務所では、多くの不動産トラブルについての案件を扱うと同時に、マンション管理組合の顧問弁護士、大手不動産総合マネジメント会社の監査役なども務めて参りました。現在では、日本でトップクラスの処理件数を誇っております。
支店においても、東京本店で経験を積んだ弁護士が対応し、東京本店で培ってきたノウハウ、専門的能力を生かして最善の対応を致します。
安心してご相談ください。

☞お忙しい方にも柔軟に対応
・夜間相談対応可(事前予約必要)
・土日も対応しています(平日の営業時間内にご予約がない場合、ご相談をお請けできない場合があります。)

♦重点取扱案件♦
境界確定、建物明け渡し、借地権確認、賃料減額訴訟

♦よくあるご相談内容♦
・賃料の滞納分を請求したい。
・賃料の滞納が続いており、建物明け渡しの請求をしたい。
・設計図通りに施行されておらず、想定と異なる住環境になってしまった。
・土地を売却したいが、土地の境界が不明確で隣人とトラブルを抱えており、膠着状態である。
などでお悩みであれば、ご相談ください。相談者・依頼者様にメリットの無いご提案は致しません。

≪無料相談≫
まずは、当事務所を知っていただくため、初回法律相談は無料とさせていただきます。トラブルでお悩みの方に安心してご相談いただけます。
相談時に事案に応じて明朗、適切な弁護士費用を無料でお見積りいたします。
※責任を持ってより正確に問題を把握、ご提案を申し上げるため、電話でのご相談は承っておりません。
※無料相談の対象は、原則1案件1時間となります。

--------------------------------------------
■アクセス
○JR横浜線 相模原駅 徒歩4分

この分野の法律相談

個人の自宅の建物の修繕工事の費用の支払い義務について、相談があります。 本体工事の費用が15万円で、追加工事の費用が2万円です。 本体工事の費用は、全額15万円支払い済みで、領収書もあります。 しかし、本体工事は未完成で、工事業者は残りの工事はしないと言っており、工事をしない分に相当する3万円程度...

法的措置というものが、内容証明なのか、支払督促なのか、少額訴訟なのか 分かりませんが、おそらく、その3つのいずれかではないかと予想します。 そして、2万円の請求額であれば、裁判所を通す方法 (支払督促や少額訴訟)を行う可能性が 高いとはいえません。このような手段を取るには、裁判所に収入印紙と 郵便切手を収める必要があるためです。 ただ、支払督促な...

原田 裕也弁護士

新築工事請け負い契約工務店が差押えされたりと倒産寸前と解りました。9月末引き渡しであったが基礎工事すらされない、次の業者にお願いするしかないのですが自分の土地も危ないと不安です。本日請け負い契約解除書面を内容証明で送付しましたがこれで解除出来たのですか?

本件では、ほぼ未着工であると思われますが、 民法641条には、「請負人が仕事を完成しない間は、 注文者は、いつでも損害を賠償して契約の解除をすることができる。」 とされていますので、解除の意思表示を記載した 内容証明が到達すれば、解除ということになります。

原田 裕也弁護士

隣の土地に生えているヒノキが家の方に傾いてきたため、管理者に連絡して伐採をお願いしました。管理者は神社で、隣の土地には建物はありません。散々待たされましたが、やっと植木屋さんがやってきて、家の近くにあり伸びすぎている木は全て伐採することになりました。ところが、この植木屋さんが間違えて、うち1...

1)損害賠償の問題では、被害者が修理業者を選択して、 その修理費用を加害者に請求するという流れです。 ですので、むしろ、修理業者は被害者側で選択します。 もちろん、加害者側が推薦する業者を選択しても構いません (加害者側が修理業者を選ぶ場合と比べて、 被害者側が修理業者を選んだ場合、その修理費用が 妥当かどうか加害者が争う可能性は高くことはあると...

原田 裕也弁護士

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回無料
着手金 10万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
◎オンライン面談受付中◎土日夜間の相談可◎初回相談1時間無料
税理士や司法書士とも連携し、経験を生かした対応と納得の料金体系で安心してご依頼頂けるよう努めます。
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり

☞豊富な経験と強み
①当事務所は、創業40年以上の歴史があり、特に相続や遺産分割の業務に力を入れています。
②当事務所には、司法書士や税理士等の他士業も在籍しており、それら他士業と連携し、ワンストップで対応が可能です。

☞案件への対応姿勢
①遺言の作成・保管・執行を弁護士に依頼する場合、事務所の継続性、および、事務所が弁護士法人であることは極めて重要な問題です。 多くの弁護士事務所は個人事業ですが、当事務所は法人化し、事務所の継続性維持を図っておりますので、安心して遺言に関する業務をご依頼いただけます。
②当事務所では、ノウハウを蓄積した実務経験豊富な弁護士が在籍しており、その経験とノウハウを皆で共有して事件に取り組んでおります。
③ご年配の方のために、過疎地や遠隔地への出張相談を実施しています。

☞お忙しい方にも柔軟に対応
・当日相談対応可(事前予約制)
・夜間相談対応可(事前予約必要)
・土曜日も対応しています(平日の営業時間内にご予約がない場合、ご相談をお請けできない場合があります。)

♦重点取扱案件♦
遺産分割協議・遺言書作成・遺言執行・遺留分減殺請求等

♦よくあるご相談内容♦
・ほかの相続人が所在不明で、連絡がつかず、協議ができない。
・亡くなった父親の預金通帳を見せてくれない兄を信用できない。
・寄与分を遺産分割で主張され話し合いが進まない。
・実家の土地・建物を兄弟で相続したことによりトラブルが発生してしまった。
などでお悩みであれば、ご相談ください。相談者・依頼者様にメリットの無いご提案は致しません。

≪無料相談≫
まずは、当事務所を知っていただくため、初回法律相談は無料とさせていただきます。トラブルでお悩みの方に安心してご相談いただけます。
相談時に事案に応じて明朗、適切な弁護士費用を無料でお見積りいたします。
※責任を持ってより正確に問題を把握、ご提案を申し上げるため、電話でのご相談は承っておりません。
※無料相談の対象は、原則1案件1時間となります。

≪東京本店との連携≫
当事務所の東京本店には、経験豊富な弁護士が多数在籍しております。
そのため、複雑な問題についても、本店と支店との緊密な協力・連携し、依頼者と共に考え、最善の解決策をご提案させていただきます。

≪日本トップクラスの案件対応数≫
1972年の設立以来、虎ノ門法律経済事務所は、相続問題に関して多数の依頼者の信頼をいただいております。
支店においても、東京本店で経験を積んだ弁護士が対応し、東京本店で培ってきたノウハウ、専門的能力を生かして最善の対応を致します。

--------------------------------------------
■アクセス
○JR横浜線 相模原駅 徒歩4分

この分野の法律相談

相続放棄の手続きで回答書を書くときに申述書に押した印鑑をどの印鑑を押したか忘れてしまった時はどうしたらよいか教えてください。 宜しくお願い致します

申述書に押印した印鑑が分からなくなったとのことですが、 回答書に押印する印鑑と同一である必要はないのではと考えます。 ですので、忘れたとしても、特段問題ないでしょう。 ただ、どうしても気になるのでしたら、裁判所に問い合わせて、 印影の形状(姓だけなのか、楕円なのか、書体)等を 尋ねてみてはどうでしょうか。 (もし、電話では答えられないという話...

原田 裕也弁護士

私は子供の頃に両親が離婚し母に引き取られました。私に兄弟姉妹はいません。最近、戸籍謄本を取り寄せたところ父は再婚しておらず養子もいませんので、現時点で父が亡くなった場合、父の遺言書がなければ、私だけが相続人になると思うのですが、私は父とは連絡をとれる状況にありません。 父には兄弟が一人いるの...

相続開始後に、預貯金の払戻し等の手続きをするには、通常、 出生から死亡までのすべての戸籍を求めれらます。 「除籍謄本を見ても、私は父の戸籍に入っていない」というのは、 死亡当時の戸籍には入っていないという意味であり、過去の戸籍には、 ご相談様が父の子であるとの記載があるのではと考えます。 ですので、それら一連の戸籍を見れば、子がいることが分かるので...

原田 裕也弁護士

認知症の祖母の財産について 何年か前に祖父が他界しました。 その時の財産をうちの母は叔父(母の兄)に放棄する書類を書かされ放棄しています。 その後、祖母が認知症になりました。 軽い認知症の段階から、叔父が祖母の口座を握り、自由に祖母が使わせない状態にしていました。 またその後、 住んで...

質問1は、その不動産の共有状態がどのなっているのか次第です。 おそらく、記載の内容からすると、叔父と祖母の2名が所有でしょうから、 その2名が売却金を受領しているはずです。 質問2は、同意なく財産を使うことはできません。その場合、質問3とも 関連しますが、祖母がご存命の場合には、祖母に後見人を付けて、その後見人から 返還請求をしてもらうというこ...

原田 裕也弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回無料
着手金 10万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

相談者に不利な遺言書がある事案で、調停・訴訟まで至らず、法定相続どおりの遺産分割調停成立

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 60代 男性

相談前

相談者様の取得額が法定相続よりも下回る内容の遺言書が作成されていました。
しかし、その遺言書の筆跡が、被相続人本人のものではないと考え、
遺言書の内容ではない遺産分割を希望し、ご依頼されました。

相談後

別の相続人が遺言書を偽造した疑いがあるものの、そこまでの立証が可能な
証拠まではなく、他方で、本人の筆跡とはいえないとされる可能性がありました。

そうなると、遺言書の無効確認という訴訟を起こしても、勝訴できる可能性が
高いとはいえず、時間ばかりかかってしまうリスクが生じます。

他方で、相手方としても、筆跡に問題があることは認識できる状況であり、
遺言書通りの分割を強く主張できないことが想定されました。

そのような状況で、遺言書がないものと扱い、
遺産分割協議を行うよう助言しました。

原田 裕也弁護士からのコメント

原田 裕也弁護士

偽造の主張にこだわると、紛争が長期かしてしまうこと、
遺言書の無効確認という訴訟まで至ると、親族間の感情が、
たださえ悪化しているのに、それ以上に悪化してしまう危険があるので、
訴訟や調停を経ずに、早期に解決することを
念頭に、遺産分割協議(交渉)で終了させるように話を進めました。

遺産相続

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
◎オンライン面談受付中
◎初回相談1時間無料
示談交渉/後遺障害等級認定/損害賠償請求など交通事故のあらゆる問題に、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり

☞豊富な経験と強み
①毎月10件以上の相談を承っておりましたので、今後の見通しなどについて、見通しをお伝えします。
②多くの交通事故事件を扱ってきましたので、事案ごとのポイントは把握しております。

☞費用について
<着手金>
交通事故の被害者の方は肉体的・身体的に多大なストレスを抱えていることでしょう。そのストレスを少しでも和らげていただけるように、虎ノ門法律経済事務所では相談料のみならず、着手金も無料で紛争解決に当たらせていただきます。費用がなくてもすぐに依頼していただくことができ、安心して治療に専念していただくことができます。

<報酬金>
交通事故の被害者の方がもっとも心配なのが、弁護士に依頼した場合の報酬だと思います。虎ノ門法律経済事務所では、「成功報酬制」をとっており、損害賠償金の増額に成功した場合にのみ報酬をいただいております。したがって、弁護士費用のリスクなしでご依頼いただくことができます。

<弁護士特約>
自動車保険や個人賠償保険に付帯されている弁護士費用特約を
利用される場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。

☞お忙しい方にも柔軟に対応
・当日相談対応可(事前予約制)
・夜間相談対応可(事前予約必要)
・土日も対応しています(平日の営業時間内にご予約がない場合、ご相談をお請けできない場合があります。)

♦重点取扱案件♦
示談交渉、後遺障害等級認定、後遺障害異議申立、損害賠償請求、自賠責保険金の請求、交通事故裁判

♦よくあるご相談内容♦
・怪我で仕事ができず生活に困っている。
・過失割合や保険会社の提示額が妥当か知りたい。
・後遺症が残ってしまい、事故前の給料をもらえなくなった。
・治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得がいかない。
・保険会社の対応が悪く、自分では交渉したくない。
などでお悩みであれば、ご相談ください。相談者・依頼者様にメリットの無いご提案は致しません。

≪無料相談≫
まずは、当事務所を知っていただくため、初回法律相談は無料とさせていただきます。トラブルでお悩みの方に安心してご相談いただけます。なお、弁護士費用特約をご利用の場合は、保険会社に請求しますので、ご相談者様にはご請求いたしません。
相談時に事案に応じて明朗、適切な弁護士費用を無料でお見積りいたします。
※責任を持ってより正確に問題を把握、ご提案を申し上げるため、電話でのご相談は承っておりません。
※無料相談の対象は、原則1案件1時間となります。

--------------------------------------------
■アクセス
○JR横浜線 相模原駅 徒歩4分

この分野の法律相談

先日、とあるスーパーの駐車場内で交通事故を起こしてしまいました。 双方怪我はなし、車の破損のみの事故になります。 駐車場は駐車場内の通路両側に駐車スペースのある駐車場(通路に垂直方向に駐車スペースが伸びている)です。 当方が駐車スペースを探しており、空きスペースを発見。後方確認後、徐行速度...

1 駐車場内での事故における過失割合ですが、 ①駐車区画に止めようとしている車両と 通路を進行している車両では、駐車区画に止めようとしている 車両の過失が軽いとされています(8:2)。 ②他方、駐車区画から出ようとしている車両と、 通路を進行している車両では、進路を走行している車両の方が 過失が軽いとされています(7:3)。 2 以上からす...

原田 裕也弁護士

交通事故の被害者家族です。 嫁さんが2カ月前に事故に遭いました。 治療を打ち切りますと言われました。 警察には診断書等はまだ状態が良かったり悪かったりで提出出来ません。 どうしたら良いでしょうか?

どのようなお怪我をされたのか分かりませんが、 2か月で治療を打ち切ると連絡してくるのは かなり早いのではと思います。 怪我や症状の状態にもよりますが、保険会社には、 いくら何でも2か月は早すぎるとか、症状がまだ出ていると伝え、 治療を打ち切らないように交渉する必要があります。 このとき、協力的な主治医なら、医師から 保険会社に症状等を説明してく...

原田 裕也弁護士

こんばんは。 友人が経営しているコンビニの店舗に、 70代後半のおじいさんが車で突っ込んで店舗の大きなガラスが割れて柱も傷が付いてしまいました。 警察が来て事故処理をしていきましたが、 そのおじいさんは全くの独り身で子供さんとは音信不通で、おまけに少しボケている様で事故後の修理代請求が出来...

相手への損害賠償を求める内容なので、弁護士に相談するのが 適切ではないでしょうか。警察は、賠償問題にはタッチしません。 弁護士が、事件を受任することになった場合、 一般的には、まずは、交渉からスタートし、相手方に支払うよう求めます。 交渉に応じない、交渉で金額が折り合わないということであれば、 訴訟に進むことになります。 過半数の割合で、訴訟...

原田 裕也弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回1時間無料
なお、弁護士費用特約をご利用の場合、
相談料を保険会社に請求しますので、
ご相談者様には、相談料のご請求は
いたしません。
(ご依頼者様のご負担はありません)
着手金 無料
なお、弁護士費用特約をご利用の場合、
着手金を保険会社に請求しますので、
ご相談者様には、着手金のご請求は
いたしません。
(ご依頼者様のご負担はありません)
報酬金 ・弁護士費用特約をご利用の場合、
 報酬金を保険会社に請求します
 (ご依頼者様のご負担はありません)
・弁護士費用特約をご利用でない場合、
 10万円+受領した金額の10%(税別)
備考欄 自動車保険、個人賠償保険、火災保険に付帯されている弁護士費用特約を利用される場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(4件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

後遺障害非該当から異議申立てにより14級該当へ

  • 後遺障害等級認定
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

後遺障害の申請したものの、非該当との結論となりました。
しかし、痛みがなかなか取れず、本当に後遺障害に該当しないのか
という疑問を抱いたことから、ご相談の結果、
異議申立てを行うこととなりました。

相談後

担当の弁護士が、担当医と面談し、さらに、担当医に
意見書を書くようお願いしました。
この意見書を証拠の一つとして、
後遺障害の異議申立書類を作成しました。
その結果、14級の後遺障害が認定されました。

原田 裕也弁護士からのコメント

原田 裕也弁護士

後遺障害は、被害者ご本人が感じている痛みがあっても、
診断書などの資料がないとなかなか認定されないことがあります。
ご依頼を受けた弁護士としては、そのような場合、
担当医や協力していただける医師と面談・打合せの上、
適切な資料を作成する必要があります。
本件では、最初の後遺障害の認定時にはなかった資料を、
異議申立ての段階で提出することにより、
ご本人の症状と整合する後遺障害が認定されました。

交通事故の解決事例 2

過失がある高齢者の死亡事故で2500万円以上の示談成立

  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
依頼主 80代以上

相談前

事故のご遺族より、保険会社の対応が良くなく、不信感を抱いており、
当事務所にご相談したいと連絡を受けました。
ただ、ご遺族の中に、ご高齢の方がおり、また、やや遠方であったので、
ご遺族のご自宅でご相談を伺いました。
その結果、自分たちで保険会社と話したくないこと、
弁護士が介入した方が高額になる可能性が高いので、
ご依頼を受けました。

相談後

保険会社が、被害者の方にも過失があるとの主張をする可能性がある
ケースであったことから、方針としては、
証拠となる刑事記録の開示を受けた後に
交渉に臨むことになりました。
その結果、被害者の方の過失をほぼ否定する内容で
示談が成立し、ご高齢ではあったものの、2500万円以上での
示談となりました。

原田 裕也弁護士からのコメント

原田 裕也弁護士

ご相談に際しては、亡くなれた方がいること、ご遺族にも
ご高齢の方がいることから、打合せの際は、ご自宅にお伺いし、
丁寧にお話しをお聞きするよう心掛けました。
保険会社との交渉では、こちらからの提示額に関して、
算定の根拠を詳細に説明した書面を
保険会社に送付したところ、
ほぼこちらの提示通りの金額で示談となりました。

交通事故の解決事例 3

駐車場内での事故につき過失相殺を大幅に減少させたケース

相談前

ご相談者様は、駐車場内で、前方の車両と比較的広い車間距離を
保って、走行していました。
前方の車両が、駐車場内の角を曲がりましたが、
その曲がり角は、見通しが良くないので、
ご相談者様は、曲がり角の手前付近で停止して、前方の車両の様子を
見ようとしたところ、後退してきた前方の車両と衝突しました。
前方の車両の保険会社は、前方20%、ご相談者様80%という
過失相殺を主張してきました。
そのような状況で、ご依頼を受けることになりました。

相談後

事件のご依頼後、現場である駐車場に行き、
実際に運転をしてみて、現場の構造や
見通しを調査しました。その結果、
ご相談者様の車両が停止した位置と衝突地点から、
ご相談者様の過失を完全には否定することは難しいことを
説明した上で、過失は30%程度まで下げることを目標にしました。
しかし、交渉では、双方が主張する過失相殺が、
大きく隔たりがあり、また他の争点からも、
交渉による早期の解決は難しいと判断し、
訴訟に移行しました。
訴訟では、現場の写真だけでなく、現場の見取り図から、
双方の車両の位置を動きや位置を主張し、
前方の車両に大きな過失があることを主張しました。
その結果、裁判所より、前方の車両が70%、
ご相談者様の車両が30%となるような和解案が
提示され、事件が解決されました。

原田 裕也弁護士からのコメント

原田 裕也弁護士

ご相談を受けた段階から、ご相談者様の過失を完全に否定
することは難しいのでは考えており、また、過失が争点に
なることは明らかであった事案なので、実際に現場に行き、
双方の車両の見え方や運転席からの見え方も調査しました。
その結果、こちらにも過失があるとされる可能性が高い
ことはご理解していただきました。
また、証拠となる現場の図面が簡略なものであったので、
車両の位置関係を特定することに難儀しました。
ただ、最終的な解決では、こちらの想定内で
収まったので、ご相談者様に納得していただきました。

交通事故の解決事例 4

12級の事案で、弁護士介入前の提示より、400万円以上増額へ

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 男性

相談前

バイクを運転中、追突され転倒してしまい、複数の傷跡が残り、
後遺障害等級12級と認定されました。これを受けて、
保険会社より、示談金として、約400万円の提示が
なされました。しかし、この提示額では納得できず、
ご相談者様より、当事務所へ、ウェブサイトを通じて、
ご相談がありました。

相談後

ご相談様との面談の結果、事件を受任することになり、
方針としては、早期解決の観点から、訴訟ではなく、
示談交渉で終了させること、他方で、可能な限り、
示談額を増額させるということになりました。
その結果、当初の提示よりも400万円以上増額と
ということになりました。

原田 裕也弁護士からのコメント

原田 裕也弁護士

この種の後遺障害では、労働能力喪失期間と
労働能力喪失率が、自賠責の後遺障害として定める
基準通り認められない裁判例が
多数あります。この事案では、解決までの時間を考慮して、
労働能力喪失期間は、一定程度短くなりましたが、
他方で、労働能力喪失率は14%という自賠責に基準を前提とした
示談をすることができました。
ですので、12級の事案ではあるものの、過去の裁判例と
比較しても、高額な示談金で終了したものと思われます。


交通事故

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
◎オンライン面談受付中◎土日夜間の相談も相談可◎初回相談1時間無料
不貞/慰謝料請求/財産分与など離婚のあらゆる問題に、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり

☞豊富な経験と強み
①当事務所は、相続・遺産分割と並んで、毎月数十件の離婚・男女問題に関する相談を承っており、今後の見通しなどスピーディな判断が可能です。
②また、同居しながらの婚姻費用の請求といった特殊な問題も扱った経験があり、幅広い問題に対応可能です。

☞案件への対応姿勢
最近は、離婚問題のみならず、婚約破棄・その他の男女問題も急増しております。虎ノ門法律経済事務所はあらゆる男女問題に精通しております。1人で悩まずに、まずはご相談ください。

☞お忙しい方にも柔軟に対応
・当日相談対応可(事前予約制)
・夜間相談対応可(事前予約必要)
・土曜日も対応しています(平日の営業時間内にご予約がない場合、ご相談をお請けできない場合があります。)

♦重点取扱案件♦
慰謝料請求、財産分与、養育費請求、親権問題に関する相談など

♦よくあるご相談内容♦
・慰謝料・養育費を請求したい。
・子どもと面会させてもらえない。
・子供を認知してほしい。
などでお悩みであれば、ご相談ください。相談者・依頼者様にメリットの無いご提案は致しません。

≪無料相談≫
まずは、当事務所を知っていただくため、初回法律相談は無料とさせていただきます。トラブルでお悩みの方に安心してご相談いただけます。
相談時に事案に応じて明朗、適切な弁護士費用を無料でお見積りいたします。
※責任を持ってより正確に問題を把握、ご提案を申し上げるため、電話でのご相談は承っておりません。
※無料相談の対象は、原則1案件1時間となります。

≪東京本店との連携≫
当事務所の東京本店には、経験豊富な弁護士が多数在籍しております。
そのため、複雑な問題についても、本店と支店との緊密な協力・連携し、依頼者と共に考え、最善の解決策をご提案させていただきます。

--------------------------------------------
■アクセス
○JR横浜線 相模原駅 徒歩4分

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

家庭裁判所からの判決についてお聞きいたします。 先日、家庭裁判所からの判決書が来て離婚が決まったのですが 1、離婚判決が決まってから離婚しなければならない期間は決まっているのでしょうか? 2、離婚判決が降りているので、向こう側が私のサイン無しで離婚届けを出すことは可能なのでしょうか? 3...

1 離婚判決が出た場合、その判決により、   民法上、離婚という効力が発生します。   (この点は、協議離婚だと、離婚届を提出した場合に   離婚となるという扱いとは異なります。)。   そして、控訴期間を過ぎると、離婚という効果が確定します。   ですので、改めて離婚をしたり、離婚をしなければならないということではありません。 2 離婚判決が出...

原田 裕也弁護士

不倫している夫から離婚調停を申し立てられています。 不倫が発覚したのはつい最近で、3年前夫婦仲が悪くお互い離婚することに賛成していたのですが、その後関係がよくなり離婚せず今日まで過ごしていました。夫が不倫をし始めたのはその夫婦仲が悪くなった3年前からで、その不倫相手と結婚しようとしています。 ...

互いに離婚に賛成していたとのことですが、 その後、関係が修復したとのことなので、 おそらく、別居はしていなかったと思います (少なくとも、離婚調停前には、別居していなかった のではないかと思います)。 破綻の有無について、分かりやすい事実としては、 別居の有無です。また、以前、離婚に賛成したとしても、 そのことが分かるような証拠が残っていな...

原田 裕也弁護士

遺産相続についてです。 わたしには離婚していなくなった父がいます。 先日、手紙が届き、遺産相続の手続きの手紙がきました。 父には息子が1人いて、その奥さんは既に他界しています。 現状、わたしと息子さんの2人が相続の形になります。 電話で初めて話しましたが 向こうは相続諦めて欲しいそう...

1について、遺産の分け方は、①共有名義の登記を行うことで終了したり、 ②相手方が所有権の全部を取得し、その代償として金銭の支払いを受ける、 ③物件を売却するといった方法がありますが、 さっさと終わらせたいのであれば、売却が無難だと思います (代償として金銭の支払いを受ける場合だと、その時価、つまり、 代償金の額の妥当性をめぐって争いになることがあり...

原田 裕也弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回無料
着手金 10万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

婚姻期間が1年未満のケースで、慰謝料の原因はないものの、離婚に際して解決金を取得

  • 別居
  • 慰謝料
  • 性格の不一致
依頼主 女性

相談前

性格の不一致から、婚姻してから1年以内に別居に至り、
離婚するにしても、離婚してないにしても、相手方が
話合いに応じず、ご相談者様からご依頼を頂き、
相手方と協議することになりました。

相談後

婚姻期間が短いので、財産分与の対象となる財産はなく、
また、浮気などといった慰謝料が生じる原因もありませんでした。

ただ、ご相談者様は、婚姻に際して、前職を退職しており、
離婚するにしても、離婚にしないにしても、金銭の支払いがないと、
生活に困る状況でした。
ですので、まずは、婚姻費用を求めたところ、相手方は、離婚を
求めるとのことであったので、当初、ご相談者様は、離婚を
拒否していましたが、金銭での解決であれば、離婚を検討する
という方向になりました。
その後、比較的早期に、解決金を支払うことで
離婚に応じる合意が成立しました。

原田 裕也弁護士からのコメント

原田 裕也弁護士

特に離婚原因がなかったので、こちらとしては、離婚をしないこと、
婚姻費用を求めるという方針もありましたが、
それでは、新しい生活がスタートできないので、
ご相談者様は、これまでの清算をするということで、
離婚に応じるということになりました。
法律上の権利を基本としつつも、今後の生活を見据えた
解決を図るべきであるということを強く実感する事案でした。

離婚・男女問題の解決事例 2

行方不明となった夫に対する離婚の請求

  • 別居
  • 離婚請求
  • 借金・浪費
依頼主 女性

相談前

あるとき、夫の借金が判明するとともに、夫が行方不明になり、
また、自宅が競売にかけられることになりました。
この状態だと、さらに迷惑をこうむる可能性があると
不安になり、当事務所にご連絡され、離婚事件を
ご依頼されました。

相談後

通常、離婚の請求は、協議→調停→訴訟と進んでいくのですが、
この件では、夫の居所が分からず、連絡先も分からないので、
協議はできません。また、訴訟を起こす前に、原則として、
調停を申し立てる必要がありますが、例外的に、訴訟を直接
起こすこともできます。
このケースでは、少しでも早く離婚し、ご相談者様の
不安を解消することを第一の目標にしましたので、
調停ではなく、訴訟を起こすことにしました。
ただ、訴訟を起こしても、訴状を受け取らない可能性が高いので、
提訴前から、公示送達という方法を取る方針にしました。
公示送達は、手間がかかるので、裁判所から連絡を受けたら、
すぐに公示送達ができるよう準備をしていました。
しかし、提訴後、裁判所から、訴状が受け取られたとの連絡を
受けました。
そして、第1回の口頭弁論に被告が出席し、離婚をする
という内容で和解しました。

原田 裕也弁護士からのコメント

原田 裕也弁護士

公示送達を予定しており、そのために、資料を集めておりましたが、
被告が裁判に出席することに驚きはありました。
しかし、早期に離婚をするという当初のご相談者様の目的は達成できました。
ご相談者様の目的を達成するために、様々な法律、制度を駆使するべく、
調査し、準備することの大切が実感できた事案でした。

離婚・男女問題

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
テレビ電話でのご相談も受付中
創業40年以上、税理士、社労士、司法書士も在籍している虎ノ門法律経済事務所が、
御社を総合的にサポートします。
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 倒産・事業再生

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

顧問弁護士というと、どのようなことをしてくれるのか、
本当に役に立つのかと思う方も少なくないと思います。
しかし、顧問弁護士というのは、こういったメリットがあるのです。
①気軽な法律相談
 普通は断られそうな変わった相談とか、金額的に些細な相談であっても、
 顧問であれば(あまりにも頻繁であれば別ですが)、相談をお請けできます。
 しかも、トラブルになりそう(なってしまった)場合、
 以前からのお付き合いのある企業であれば、その企業に即したアドバイスが
 可能となるのです。
 それだけでなく、顧問先会社であれば、弁護士が即座に、
 ご相談をお請けすることができ、問題解決までスピーディーに
 行動することができます。
②トラブルの事前防止
 ですので、この案件、取引先は、トラブルになりそうかなと思った場合には、
 事前に相談していただくことにより、トラブル回避の可能性が
 大きく高まるメリットがあります。
 トラブルになれば、経営者の時間を割くだけでなく、
 精神的に不要なプレッシャーがかかったり、
 従業員の業務を振り分けたり、余計なコストがかかるだけでなく、
 トラブルの性質によっては、対外的な信用を失うことも
 考えねばなりません。
 顧問弁護士契約を締結することは、このようなリスクを、
 早いうちに摘み取る可能性が高くなる、経営上のメリットがあるのです。
③契約書のチェックも
 顧問料の範囲内で、契約書のチェックを行うことができます。
④着手金、成功報酬等の割引
 顧問企業からのご依頼であれば、当事務所の規定よりも、割引した
 お値段で、着手金や成功報酬を設定することができます。

顧問弁護士のメリットは、上記以外にもありますが、他方で、
現在、顧問弁護士をお願いしているという企業もあるかと思います。
しかし、弁護士が忙しそうで、連絡を取ったり面談することに遠慮がちであったり、
弁護士からも、面談を求めたり連絡がないといった事態も少なくありません。
当支店では、顔の見える弁護士という方針で活動していますので、
たとえば、毎月、テレビ電話や直接お話しする機会を設け、
法的アドバイスを提供しています。

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回のご相談は、無料で承ります(1時間程度)
着手金 着手金は、10万円~(税別)ですが、
顧問先会社では、特別料金にて承ります。

成功報酬 得た経済的利益が300万円までは16%
300万~3,000万円以下の部分は10%
3,000万円以上の部分は応相談ですが、
顧問先会社では、特別料金にて承ります。
契約書作成・確認 定型的な契約書作成は、3万円~(税別)
非定型的な契約書作成は応相談
顧問先会社では、特別料金にて承ります。
顧問料 月額2万円~(税別)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
所在地
〒252-0231
神奈川県 相模原市中央区相模原4-3-17 相模原TOBビル601
最寄り駅
JR相模原駅から徒歩3分
交通アクセス
駐車場近く
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉

北陸・甲信越

  • 山梨

東海

  • 静岡
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5283-7018

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

原田 裕也弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5283-7018
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 19:00
  • 土曜10:00 - 16:00
定休日
日,祝
備考
夜間土日もご相談を受けしています。夜間土日を含めて、ご相談は事前予約制ですので、平日の営業時間内にご予約がない場合、ご相談をお請けできない場合があります。
※メールフォームは24時間受付しています。
交通アクセス
駐車場近く