弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2018年04月09日 10時40分

不倫夫が「財産ロンダリング」 こっそり親口座に送金、卑劣な離婚準備は潰せるか

不倫夫が「財産ロンダリング」 こっそり親口座に送金、卑劣な離婚準備は潰せるか
画像はイメージです(Fast&Slow / PIXTA)

夫との離婚を検討している女性が、「(夫の)親名義の口座にあるお金は、財産分与の対象になりますか?」と、弁護士ドットコムの法律相談に質問を寄せた。突飛な質問にも思えるが、実は夫の会社が数年にわたって「給料の一部を夫の親名義の口座に振り込んで」いたという。

相談者はこの事実を知らずにいたが、夫は不倫をしている。そこで離婚した場合、親名義の口座にあるお金が財産分与の対象になるかどうか知りたいようだ。夫は今も両親に渡していることを秘密にしており、「貯金がないのはお金の管理ができていないからだ」と非難する始末だという。

夫が夫の親に対して渡したお金は、財産分与の対象となるのか。またもし、そのお金をすでに使ってしまっていた場合、財産分与の対象とはならないのだろうか。家事事件に詳しい浅尾美喜子弁護士に聞いた。

●夫の両親が生活費として使っていると「分与の対象外」

「夫が振り込んでいた口座を実際に管理していたのは誰でしょうか。管理していたのが親なのか、夫なのかで、答えは異なってきます。

まず、親が実際に受け取り、親自身の生活費として使っていた場合には、残金があっても分与の対象にはなりません。夫には親族扶養義務があり、振込はそのためだったと考えられるからです」

●夫が実質的に管理していれば「分与の対象になる」

では、夫が管理していた場合には、どうか。

「夫がその口座の通帳及び印鑑を持ち、実質的に管理していた場合には、何らかの目的のために名義をかえて夫が貯めていたとも考えられます。この場合には、夫自身の口座とみなすことが出来る可能性があります」

夫が管理していたと証明できれば、財産分与の対象になるとして交渉できるのか。

「この場合には、通帳の残額が財産分与の対象とみなされることになります。しかし、すでに使ってしまっており、口座に残額がない場合には、分与対象財産がないため、実際には相談者に分与されることはありません」

(弁護士ドットコムニュース)

浅尾 美喜子弁護士
銀座で弁護士事務所を開設して20年、多くの民事事件、家事事件を手がけてきた。依頼者から「最強の弁護士」と称される。最近は、家事事件・会社法事件に加え、医療過誤や労働事件の依頼が多い。
所在エリア:
  1. 東京
  2. 中央区

この記事へのコメント

チョコレート 30代 女性

5年前に離婚した元夫がこれでした…

なんでも自分の両親は父親のアル中で離婚、その後、水商売?をする母親の元で、兄弟と育ったそうです。しかし、その母親も、2部屋しかない自宅にお金?のために男を連れ込み、酔っぱらって子供の前で平気でコトを始めてしまうという環境だったみたいです。

その結果、自分もアルコールに逃げていました。
結婚は元夫からの強い希望でしたし、結婚前は、自分で自分の酒ぐせがわかっているからか、私の前ではほとんど飲まなかったため、私もわからずに信用してしまいました。

しかし共働きのため、生活費の割合も合意していたのに、入籍したまさにその日に、役所からの帰り道、「離婚したときに困るから通帳も給与明細もみせない」とハッキリと断言され、生活費もなかなか渡してもらえませんでした。催促すれば「金金うるせえ」と。半年もしないうちに家庭内で無視が始まりました。話しかけても大きな咳払いをされました。

でも、無視が始まる前に予定外に強引にされたため、私は妊娠していました。

おまけに泥酔レイプが続き、私は大学病院のナースステーションの隣の個室に入院して、早産しました。子供は未熟児で、今、障害が残りました。


聞けば、兄弟も離婚経験ありで、二度目の結婚でも生活費を奥さんが管理しているということに、家族ぐるみで文句をつけていました。お嫁さんも、元夫の家族には二度と近づきたくないと言っていました。

そして、私が婦人相談所に保護され、離婚調停の場でみたのは、ほぼ2日にいっぺんくらいの頻度でお金を引き出した通帳でした。弁護士さんに同席していただいていたので、この「マネーロンダリング」をきちんと主張していただけました。

本題ですが、こういうことをすれば調停委員さんと裁判官、それに事務官さんの心証が本当にわるいですよね。
だからこそ、裁判官が養育費の額をあげることと、解決金という名前にした慰謝料を払うように相手方に説得してくれたし、調停委員さんも説教してくれました。調停にアルコール抜けてない状態で出席してた元夫もかなりのチャレンジャーですが。

もともと、結婚なんてできると思ってなかったみたいです。でもしてみたかったそうです。後者は結婚してから、聞かされましたけど、自分はどうせ結婚しても幸せになれないと思ってたみたいです。だからこそ、結婚より離婚を成功させたいとは…いい迷惑ですよね。
なんかふと、思い出しました。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」