弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2017年02月17日 12時43分

「非常に知的で、礼儀正しく、ユーモアもあった」金正男氏「告白本」の著者が振り返る

「非常に知的で、礼儀正しく、ユーモアもあった」金正男氏「告白本」の著者が振り返る
金正男氏と交流があった東京新聞編集員の五味洋治氏

マレーシアで殺害された金正男(キム・ジョンナム)氏とかつて交流があり、『父・金正日と私 金正男独占告白』の著者である東京新聞編集委員の五味洋治氏が2月17日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。正男氏の殺害について、五味氏は「非常にショックを受けている」と打ち明けた。

五味氏は2004年、北京の空港で偶然目撃したことがきっかけで、正男氏に関心を持ち、交流するようになった。その後、マカオや北京で計約7時間の直接インタビューや、約150通のメールのやりとりをまとめて、2012年1月に著書を出版した。最後のメールも、発売直前の2012年1月だったという。

五味氏によると、当時、正男氏から出版の許可を受けてたものの、「タイミングが悪いので、今はちょっと待ってほしい」といわれていたという。五味氏は「微妙な時期だったが、彼の思想、人間性を伝えることで、北朝鮮の関心が高まり、理解がすすみ、ほかの国との関係性が改善されると考えた」と出版の意義を強調した。

●正男氏の人間性は?

正男氏の思想や人間性はどういうものだったのか。五味氏は会見で次のように振り返った。

「遊び人で、女性関係も複雑で、ギャンブル狂という噂があったが、(実際に会ってみると)非常に知的で、礼儀も正しく、ユーモアもあった。非常に落差を感じた」

「彼は、北朝鮮の体制に批判的だった。権力の世襲は時代にあわず、民主的な方法で権力者を選ぶべきで、改革・開放しか北朝鮮が生き残る方法はないと考えていた」

「彼は少なくとも5回来日している。『東京の高級な飲食店でお酒を飲むのが好きだ』と言っていた。そこでは、韓国系、北朝鮮系、一般の日本人もいて、酒を飲んで楽しんでいた。『いつか、こんなふうに世界に壁がなくなればいい』と話していた」

●後継者争いから外れた理由は?

正男氏は2001年5月、偽造パスポートで日本に入国しようとしたところ、成田空港で拘束されて、強制退去処分となる事件があった。当時の報道によると、正男氏は「東京ディズニーランドに行きたかった」などと話していた。

この事件がきっかけで、正男氏は、父・金正日(キム・ジョンイル)氏の後継者争いから外れたとみる向きもあるが、五味氏がこの点についてたずねたところ、正男氏は「日本に来たことが直接、世襲から外れる原因になったとは思わない」と答えたという。

五味氏は「彼は9歳からジュネーブに留学し、20歳になる前にいったん帰国した。そのときに正日氏と全国を歩いて、経済的な開発の様子を視察したらしい。しかし、ヨーロッパでみてきた社会のありかたと、北朝鮮の社会のあり方が違っており、正日氏と意見対立して、最終的に北朝鮮を去ることになった」と説明していた。

(弁護士ドットコムニュース)

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」