弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2015年12月11日 18時11分

「おっぱい募金」の中止求めるネット署名活動開始「偽善的、性差別的なイベント」

「おっぱい募金」の中止求めるネット署名活動開始「偽善的、性差別的なイベント」
「change.org」で署名が行われている

エイズ撲滅に賛同して募金をすると女性の胸をもめる、その名も「おっぱい募金」というイベントが、12月5〜6日、東京都内で開かれた。このイベントの「中止」を求める署名が、インターネット上の署名サイト「change.org」で12月10日から実施されている。

●「エイズ対策のために真剣に戦っている人に失礼」

「おっぱい募金」は、「BSスカパー!」のテレビ番組が毎年行っているチャリティイベント「STOP! AIDSチャリティー 24時間テレビ エロは地球を救う!2015」で、公式サイトには「(募金をした)帰りにおっぱいを揉んでハッピーな気分になってもらおう」などと記載されている。

署名キャンペーンの発信者である「おっぱい募金を終わりにしてほしい有志一同」は、イベントについて、「女性の体も募金も、チャンネルの視聴者を増やし、企業が利益を上げるための口実でしかありません」と批判。「おっぱいを揉みたいという本音につけこみ、あたかも募金という良いことをしたように思わせながら企画への関心を集めるこの仕掛け。エロをエロとして扱わないことで公共性を高くしているという点でも、余計罪深い」と指摘している。

さらに、「募金は本来、支援先に共感してお金を出してもらうものです。しかし来場客はおっぱいが揉みたくてお金を出しただけ」とし、「このような、偽善的で、性差別的なイベントを公に行う理由づけとしてエイズ撲滅を謳われては、エイズ対策のために真剣に戦っている世界中の人たちに対しても失礼ではないでしょうか?」などとして、イベントの中止を求めている。

このキャンペーンには、12月11日18時現在、500人以上が賛同している。「change.org」のコメント欄には、「風俗ですやん」「日本の人権侵害は遂にこの最低最悪の次元まで堕落しきってしまった」「募金と女性に対する冒涜に他ならない。倫理観が問われる問題だと思います」など批判のコメントが書き込まれていた。

●参加した男性が反論「現場で感じた空気感とは異なる」

弁護士ドットコムニュース編集部は、今年の「おっぱい募金」に参加した30代男性とコンタクトが取れたため、反対キャンペーンについて尋ねたところ、次のような反論が返ってきた。

「まず、公式サイトを見るとわかるように、主催者側は、『募金をすればおっぱいが揉める』という書き方にならないよう、つまり、募金の『対価』という意識が芽生えないように細かく気を使っていました。

また、『あたかも良いこと』『公共性が高い』とアピールしているようには感じませんでした。主催者も参加者もエンターテインメントの一種として捉えていたと思います。その意味で、『チャンネルの視聴者を増やし、企業が利益を上げるための口実でしかありません』という指摘は正しいですが、それは参加者も十分理解していたのではないでしょうか。

だから、『エロをエロとして扱わないことで公共性を高くしている』という指摘も的外れです。ちゃんとエロをエロとして扱っていたことは、参加者なら皆わかっていると思います。

そして、何より楽しかったのです。お祭り感があり、おっぱいを出す側の女の子たちも、イヤイヤやっているように見えませんでした。

『募金の活動実績がわからない』という点のみでこのイベントを糾弾するなら理解できなくもないですが、その他の指摘は現場で感じた空気感とは異なります。万が一、この署名によって来年から開催されなくなったら、寂しいことこの上ないですね」

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。