現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 医療
  3. ブルーライトカット眼鏡「子どもの使用は慎重に」 日本眼科学会などが声明を発表
2021年04月15日 10時36分

ブルーライトカット眼鏡「子どもの使用は慎重に」 日本眼科学会などが声明を発表

ブルーライトカット眼鏡「子どもの使用は慎重に」 日本眼科学会などが声明を発表
人気のブルーライトカット眼鏡だが(SHO_photograph / PIXTA)

日本眼科学会、日本眼科医会などの6団体は4月14日、共同で「小児のブルーライトカット眼鏡装用に対する慎重意見」を発表した。

ブルーライトカット眼鏡は、PCやスマホのディスプレイなどから出るブルーライトの受光量を抑え、目に与える影響を軽減するものとして、デジタル機器が日常的に使われるようになって以降、視力の高低にかかわらず使用者が増えている。

発表は、夜遅くまでデジタル端末の強い光を浴びると、睡眠障害をきたすおそれがいくつかの論文で指摘されているとしており、「夕方以降にブルーライトをカットすることには、一定の効果が見込まれる可能性」はあるとしている。

そのうえで、次のような問題点をあげて、「小児にブルーライトカット眼鏡の装用を推奨する根拠はなく、むしろブルーライトカット眼鏡装用は発育に悪影響を与えかねません」と警告している。

(1)デジタル端末の液晶画面から発せられるブルーライトは、曇天や窓越しの自然光よりも少なく、網膜に障害を生じることはないレベルであり、いたずらにブルーライトを恐れる必要はないと報告されている

(2)小児にとって太陽光は、心身の発育に好影響を与えるもので、なかでも十分な太陽光を浴びない場合、小児の近視進行のリスクが高まる。ブルーライトカット眼鏡の装用は、ブルーライトの曝露(ばくろ)自体よりも有害である可能性が否定できない

(3)最新の米国一流科学誌に掲載されたランダム化比較試験では、ブルーライトカット眼鏡には眼精疲労を軽減する効果が全くないと報告されている

(4)体内時計を考慮した場合、就寝前ならともかく、日中にブルーライトカット眼鏡をあえて装用する有用性は根拠に欠ける。産業衛生分野では、日中の仕事は窓ぎわの明るい環境下で行うことが奨められている

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

関連記事