現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 婚活デート後にお断りしたら「デート代を支払ってください」、支払う義務は?
2021年03月17日 11時00分

婚活デート後にお断りしたら「デート代を支払ってください」、支払う義務は?

婚活デート後にお断りしたら「デート代を支払ってください」、支払う義務は?
写真はイメージです(Lukas / PIXTA)

婚活サイトで出会った男性に、デート代を請求されていますーー。そんな相談が、弁護士ドットコムに寄せられました。

相談者によると、デート当日は相手男性がクレジットカードで全て支払っており、男性には「自分が出すから良いよ」と言われていたそうです。しかし、相談者は「男性とのお付き合いは考えられず丁寧にラインでお断りしました」といいます。

ところが、その後、「不誠実な対応の為、デート代を半額口座に振り込んでください」というメッセージが送られてきました。レシートの写真も添付されていたとのことです。

金額は7000円。住んでいる地域も相手に知られてしまっているため、相談者は怖くなり、ラインで「支払う」と言ってしまいました。しかし、その後、冷静になって支払う必要はないのではないか、と考えるようになったそうです。

このような場合、相談者は男性に半額を支払う必要はあるのでしょうか。木村知子弁護士の解説をお届けします。

●ラインのやりとりでも「合意」は成立する

ーー相談者は、男性に半額を支払わなければならないのでしょうか。

まず、お付き合いを断ったら「不誠実な対応だからデート代を半額振り込んで」と言われたとしても、支払いをする必要はありません。デート代金を支払う際、相手から「お付き合いしてくれるなら、あなたのデート代を払う」とあらかじめ言われていたなどの特別な事情がない限り、相談者には支払義務はないでしょう。

ーーでは、その後、ラインで「支払う」と言ったことによって、支払義務が発生したと考えられるのでしょうか。

前述したように相談者に支払義務がなかったとしても、その後、相手との間で半額の7000円を支払う旨の新たな合意が成立したといえる場合は、相談者に支払義務が生じることになります。ラインでのやり取りだからといって、合意の成立を妨げるものではありません。

ただし、この「支払う」という意思表示自体は、相手方に意思表示が到達する前であれば撤回することが可能です。そのように評価できる場合(たとえば、ラインでメッセージが既読になる前に意思表示を撤回する旨のメッセージを送信した場合など)は、支払わなくてもよいと考えられます。

また、相手から「家を見つけ出してでも支払わせるから」などと言われて怖くなり「支払う」と言ってしまったなど、強迫(民法96条1項)に該当する場合は、意思表示を取り消すことができます。

(弁護士ドットコムライフ)

取材協力弁護士

木村 知子弁護士
平成13年弁護士登録(54期)。大阪弁護士会所属。 離婚、男女問題、相続・遺言など個人からの相談に対応するほか、法人から依頼された案件も数多く手掛ける。事案の本質を見極めて、迅速な解決を図ることをモットーにしている。

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

関連記事