弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 隠された妻の過去、実は「奔放」だった がく然とする夫「結婚の判断材料だったのに」
2020年07月18日 09時08分

隠された妻の過去、実は「奔放」だった がく然とする夫「結婚の判断材料だったのに」

隠された妻の過去、実は「奔放」だった がく然とする夫「結婚の判断材料だったのに」
画像はイメージです(yamasan / PIXTA)

結婚するにあたり、相手の過去の恋愛遍歴は気にしますか。人には色々な過去があるものですが、どうしても話してほしいという人もいるようです。

弁護士ドットコムには、「妻が過去の恋愛遍歴を偽っていた」という男性からの相談がありました。

知人などの話から、妻の恋愛遍歴は聞いていた話と全く違うことが結婚後に判明。人数だけでなく、関係を持った人間関係も多種多様でした。過去の恋愛遍歴は男性の結婚の判断材料の1つでもあっただけに、男性は「少しでも思いを吐き出すことができれば」と思いを寄せていました。

こうした場合、男性は女性と離婚できるのでしょうか。また、偽っていたこと自体、法的な問題にならないのでしょうか。瀧井喜博弁護士に聞きました。

●「過去の恋愛遍歴を秘匿」だけでは離婚できない

ーー過去の恋愛遍歴について嘘をつかれていた場合、離婚できるのでしょうか

確かに配偶者の恋愛遍歴は気になるところです。妻の過去が信じていたものとまったく違った場合、そのまま夫婦として続けていけないと考える方も当然いらっしゃると思います。

しかし基本的に、過去の恋愛遍歴を秘匿していた一事情をもって、夫婦関係破綻の原因があると判断されることはありません。

離婚訴訟において離婚が認められるのは、民法770条1項記載の破綻事由がある場合に限られます。

具体的には、以下の5つの場合です。

(1)配偶者に不貞な行為があったとき
(2)配偶者から悪意で遺棄されたとき
(3)配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
(4)配偶者の強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
(5)その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

妻の奔放な恋愛遍歴を秘匿されていたことが、(5)婚姻継続しがたい重大な事由、に該当するようにもみえます。

しかし、一般的に夫婦関係は婚姻後二人で築いていくことから、夫婦関係が破綻しているか否かの判断において、婚姻後の事情を基礎とします。

そのため、過去の恋愛遍歴が奔放であり、それを偽っていたとしても、その事実だけでは破綻原因となりにくいと考えられます。

ーーどのようなケースであっても、奔放な恋愛遍歴を偽っていた事実は離婚原因にならないのでしょうか

釣書を提示しその内容を重視したうえで婚姻する「お見合い」や、婚姻前に双方が過去に異性との交際は一切ないことを確認し、婚前契約書等を作成したうえで婚姻した場合には、少し話が変わってくるかと思います。

今回のケースでも、妻に奔放な恋愛遍歴がないことが婚姻契約を締結する際の重要な判断要素としたことが伺える客観的証拠(婚前契約書など)があれば、婚姻を継続しがたい事由に該当すると認められる可能性もでてきます。

●慰謝料請求は認められない可能性が高い

ーー離婚を求めないとしても、偽った事実について妻に対し慰謝料を請求したいと考える人もいるかもしれません。可能でしょうか

配偶者に過去の恋愛遍歴は隠しておきたい人も少なくないでしょう。婚姻前に、過去に奔放な恋愛遍歴がないことを書面で確認した、というレアなケースを除いて、慰謝料請求は認められない可能性が高いかと思います。

このように、婚姻前の恋愛遍歴を偽っていた事実そのものを理由に、慰謝料請求を行い、離婚原因と主張することは相当難しいのが実情です。

とはいえ、妻の本当の姿が信じていたものと大きく異なっていたのでは、現実的には夫婦生活を継続させることも難しいでしょう。すでに性格の不一致が生じていることも考えられます。

どうしても夫婦関係の修復が困難とお考えの場合は、恋愛遍歴を偽っていた事実のみならず、性格の不一致等、いくつかの理由を挙げて離婚を求められてはいかがでしょうか。

取材協力弁護士

瀧井 喜博弁護士
「あなたの『困った』を『よかった』へ」がモットー。あらゆる「困った」の相談窓口を目指す、主に大阪で活動する人情派弁護士。自由と自律性を押し出す新しい働き方、ずば抜けて楽しい職場環境の構築、拡大を目指して、日夜奮闘中。
事務所URL:http://takiilaw.com/

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

この記事へのコメント

匿名ユーザー 男性

普通に考えれば「配偶者となる人に、どれだけ凄まじく奔放な恋愛遍歴があっても全く気にしない」という人は余りいないと思う。

また事前に恋愛遍歴を文書化し、それに署名をさせてから結婚する人も余りいないだろう。

しかるに今回の記事の内容から言えば、その「ウソ」が離婚理由にはならないようだから、まさに「隠し得」「正直に言う方がバカ」となるのだろうね。

記事中にあるように性格の不一致で離婚する場合でも、それが認められるかはわからないし、認められても財産分与など「ウソをつかれた側」が、かなりの痛手を負う事になると思う。

ただウソをつかれた側としてはそれでも別れたいと思うだろうから、ウソをついた側は「ウソをついた上に丸儲け」ウソをつかれた側は「泣きっ面に蜂」という事になるのだろう。

こういう場合、往々にして夫側について「ケツの穴の小さい男」「結婚前ならいいじゃん。愛してないの?」とか言い出す輩が湧き出るであろうが、自分や自分の兄弟や子供が同じ目にあった時に、同じ事を言えるかを考えた方が良いと思う。


コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
匿名ユーザー 50代 男性

この問題の場合、男性と女性ではかなりの開きがある。
女性から男性を見た場合は「少しくらい遊んでいる男の方が魅力的」ととらえることが多い。男性にはこのタイプを好む人は少ないだろう。
男女公平な司法的観点からは白黒つけにくい。
しかし噓をついていたということは厳然たる事実なので不公平感がある。
今後は恋愛感情以上に結婚=契約という視点でとらえないといけないと思う。
財産だとか保険だとかに対する夫婦の取り扱いは昔からあるが、お互いの心情に対する法的な取り扱いはグレーで定まらないことが多い。
神前で神に誓うのとは別に、不倫問題含め契約として法的に結婚を定める時代が来ているのではないか。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
匿名ユーザー 30代 男性

毎日ヤリマンと呼んでやれば良い。

ヤリマンだと知ってしまえばレスにもなるだろうし、レスになれば長い時間は要するが離婚の理由にもなるだろうし、ヤリマンならきっとどこかで誰かと発散してくるだろうから
そんなに長くはかからないとも思う。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
うさまる 50代 男性

自分が選んだ女性なら仕方ないでしょ。見る目が無かった、あるいは過去なんてどうでもいい。そんな考えできないものかな。さすがにAV女優とかは黙ってちゃダメだけど。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする