2019年08月03日 09時51分

夫が給与明細を偽造、ごまかした金で飲酒、ギャンブル…妻「財産分与で取り返したい!」

夫が給与明細を偽造、ごまかした金で飲酒、ギャンブル…妻「財産分与で取り返したい!」
写真はイメージです (hanack / PIXTA)

一家の家計を預かっている妻は少なくありません。しかし、もしも夫が最初から給与額を偽っていたとしたら…。夫が給与明細を偽造してまでお金をごまかしていたと、弁護士ドットコムに妻から相談が寄せられました。

その妻によると、15年前から偽造された給与明細を見せられ、毎月のお金をごまかされていたそうです。また、ボーナスや転職した際の退職金もなかったと嘘もつかれていました。夫は妻に隠れて、酒を飲んだり、パチンコに使ったりしていたとのことです。

妻は離婚を決意していますが、過去にさかのぼってごまかされていたお金の分も財産分与を求めることはできるのでしょうか。斉藤圭弁護士に聞きました。

●請求は難しいが、慰謝料増額はできる可能性

妻は過去にさかのぼり、ごまかされていた夫の給与金額分についても、財産分与を求めることはできますか?

「ごまかされていた金額が財産分与時点で残っていない場合は、過去の給与につき、財産分与を求めることは困難です。ただし、夫が妻に対して正確な給与額を伝えていなかった点は、離婚慰謝料の増額事由になると考えます。

財産分与は、夫婦で形成した財産を、離婚の際に清算する手続です。多くの場合は、別居時(婚姻関係が破綻した時点)の夫婦の財産合計額を基準として、具体的な分与方法を決めます。ただし、婚姻時点で夫婦それぞれが持っていた財産は『特有財産』となり、分与の対象には含まれません。また、夫婦で協力して得た財産でないものも、分与の対象には含まれません(婚姻中に夫婦の一方が親族の遺産を相続した場合など)。

夫が給与をごまかしていたことは、もちろん問題です。しかし、基準時点でそのお金が残っていないとなれば、財産分与では、請求できません。現存しない金額は、分与のしようがないためです。

しかし、夫の行為は、妻の信頼を裏切るものといえます。よって、離婚慰謝料の増額事由にはなり得るでしょう。なお、この増額があるとしても、ごまかされていた給与の合計額そのものとは異なります。もろもろの事情で算定された慰謝料に、10万円単位での加算がありうる、といったところでしょう」

夫は給与明細を偽造していたとのことですが、刑事的な責任には問われないのでしょうか?

「夫が給与明細を偽造していたことは、理論上は刑事処罰の対象になり得ます。ただし、家族に対する私文書偽造同行使となると、刑事事件として警察及び検察が取り上げることは、想定しにくいと考えます」

[弁護士ドットコムからのお知らせ] 編集スタッフを募集中です!

弁護士ドットコムニュース編集部では、取材・編集スタッフを募集しています。取材・編集経験者、法律の知識を持った方(編集経験は問いません)を歓迎します。アルバイトも募集中です。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

斉藤 圭弁護士
東京大学卒、山梨学院大学法科大学院卒。平成22年弁護士登録し、平成24年に山梨県甲府市に舞鶴法律事務所を開設しました。交通事故、債務整理、相続問題など、様々な事件を取り扱っています。
事務所名:舞鶴法律事務所

この記事へのコメント

匿名ユーザー 20代 男性

妻は自分の分のへそくり、とかしていないんですかね?この場合、夫が自分の給与の明細を公開するのだから、妻も月々の支出の明細を出すべきとか言ったらどうするんでしょうか。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
夫の事が吐くほど嫌い 40代 女性

そういうバカ男がいるから妻が苦労するのです。

自分の遊ぶ金を確保することを優先して収入をごまかすのと、家計内で頑張ってやりくりしてその成果として残った額をへそくりにするのと、同じだとでも思っているのか?
家庭全体と自分個人とどちらを優先して行った行為かと言うことを考えれば、引き合いに出せるものではないという当たり前のことです。
問題は、お金以上に、夫婦の基盤であるはずの信頼を裏切る行為を平気でしている無責任さとおもいやりの無さという点です。

ちなみに、うちのバカ夫も、長年給与をごまかしてギャンブルにあけくれ、ばれたら「独身時代の貯金をどう使おうが俺の勝手」とのたまいました。本当にバカ過ぎて吐き気がします。何にいくら使ったか以上に、いつ使ったかが一番問題なんだバカ野郎!

夫が三年の間にギャンブルにつぎ込んだ金額は数百万単位。
その時期は、ちょうど第一子の妊娠中私のつわりが酷く、けれど生まれてくる子供のために頑張ってそんな体をおして仕事を続け、出産後もゲームに夢中で全く育児をしない夫と子供の夜泣きで万年寝不足なのに夜生活は無理やりつき合わされて産後半年で二人目を妊娠。再びひどいつわりの中でも上の子の世話から夜泣きまですべて私に押し付けて自分一人パチンコ三昧で、帰宅時に服に染み付いたタバコのにおいで感づいた私が問いただすと「妻子のために毎日身を粉にして働いているのにそんな疑いを受けるなんて」と逆に被害者面をして私の非情を責め、インフルエンザにかかりながら第2子を産んだ当日も産見舞いもろくに来ずパチンコしていて、お金が無いから中古で分相応のマンションを買おうという私の意見を遮って「マンションは新築でないと将来負動産になるから!」と説得し、夫が見つけてきた新築マンションを契約して(それも、頭金払う時になって「俺貯金ない」と言い出し、全額私の独身時代の貯金で払わせた)期間と一致します。

私が失望しているのは、その夫の貯金が惜しいからでも用途がパチンコだったからでもなく、妻子がこんな大変な時に手伝いもいたわりもせず自分一人が遊び惚けて家族を放置し、本当は数百万単位でパチンコにつぎこんでいたくせにシレっと「疑われてつらい」とか被害者面して「独身時代貯金してない」と言って全て私の方の独身時代の貯金から必要経費を出させておいた裏で実はパチンコ戦利金で自分の隠し定期預金を作っていた夫の裏切り行為及び人間性についての失望だという当然の論点が、夫には全く分かっていない。

「住宅ローンの関係で名義は俺で」と自分名義にしたくせに今離婚話が進むと「俺名義のものはすべて俺のものだ」と言っていて、本当にただただ呆れる。そんなことは元手を出してから言え!

独身時代の貯金を何に使おうが俺の勝手?
そんな考えのもと、こんな行動する奴は、そもそも結婚などする資格がない。一生一人でパチンコやってろ!って感じ。
いいとこ取りで責任は取らず、そのくせ分相応の暮らし方はせず新築にこだわる。無責任だけでなく思いやりもない…くるくるパーとしか思えません。

そんな生き方をしたい奴は一生結婚せず一人で自由に生きればよかろう。結婚は義務ではないのだから、責任取りたくない夫婦で支えあう気がない奴は最初から一生独身でいてばいいだろう。
自分の行為が不幸な妻子を生んでることもわからない。

ホンマ、のたれ死ね!と思います

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」