2019年11月06日 13時21分

AV監督・村西とおるさん「エイズ啓発イベント」出演めぐり批判…主催の厚労省「発信力に期待した」

山下真史 山下真史
AV監督・村西とおるさん「エイズ啓発イベント」出演めぐり批判…主催の厚労省「発信力に期待した」
村西とおるさんのツイッターより

HIV(エイズウイルス)の予防啓発を呼びかけるイベント「RED RIBBON LIVE」(レッドリボンライブ/主催:厚生労働省/企画制作:TBSラジオ)に、アダルトビデオ監督の村西とおるさんが出演することをめぐって、インターネット上で批判があがっている。どうして村西さんは起用されたのか。厚労省に見解を聞いた。

●HIVに関して正しい知識と差別偏見の解消を呼びかけるイベント

厚労省によると、レッドリボンライブは、HIVに関して、正しい知識と差別偏見の解消を呼びかけることを主眼においているイベントだ。2006年から開催されており、過去にも、元AV女優の蒼井そらさんらが出演している。

同イベントで総合プロデューサーをつとめるラジオDJの山本シュウさんは、レッドリボンライブのホームページで次のようなメッセージを出している。

「一人でも、差別や偏見によって、悲しみを感じないように・・・(中略)・・・著名人が訴えること、イベントの数を増やすこと、露出を増やすこと、本気で話すこと、演出の仕方や様々な要素を重ねていくこと、何より続けることが大切だと痛感しています。そうやって、命の啓発が誰かの心を揺さぶり、火を付けることが出来れば、きっとその人は行動を起こしてくれる・・・」

●「村西とおるさんを起用というのは正気なのでしょうか」

ところが、ことしの「世界エイズデー」(12月1日)に合わせて開催されるレッドリボンライブ(11月28日)に、村西さんが出演することが発表されると、ツイッター上で批判が相次いだ。

というのも、村西さんがこれまで、女性蔑視ととられかねない発言を繰り返してきたからだ。グラビア女優の石川優実さんたちが声をあげている。

「厚生労働省、レッドリボンに村西とおるさんを起用というのは正気なのでしょうか。セクハラを軽視し、女性差別発言を繰り返し行っている方ですよね」

「厚生労働省は村西氏の出演を中止して下さい。女性差別を平然と行う人にエイズ啓発について何が話せるというのですか」

●厚労省「発信力に期待した」

村西さんの出演は今回が初めてという。どうして起用することになったのか。厚労省・エイズ対策推進室の担当者は「(ツイッターで、批判の)コメントを受けていることは承知している」としたうえで、次のように説明する。

「ご存じのように、HIVは性的行為で感染のおそれのある病気です。村西さんはいろいろな発言をされて騒がれていますが、性的なことをとりあつかっているAV業界だからこそ感染症やHIVに関しては、慎重に取り組んでいるとうかがっています。イベントの趣旨をご理解いただいたうえで、彼の発信力に期待しました」

村西さんはかつて「アダルトビデオの帝王」と呼ばれて、Netflix制作のオリジナルドラマ『全裸監督』の主人公のモデルとなった人物だ。同作品は今夏の配信以降、大きな話題となり、村西さん自身も、さまざまなメディアで発言する機会が増えている。同担当者も「タイムリー性は発信力という観点から1つあった」と認める。

一方、女性蔑視発言については、「正直、ツイッターの過去の発言をすべてチェックしているわけではありません。今回のコメントの中でも参照されていて、そういった事実があることも認識しているところです」と釈明した。現在のところ、村西さんの降板は検討していないという。

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608