2019年09月19日 09時18分

同僚が私のSNSを発見→会社中に拡散 「出勤拒否したいほど迷惑」懲らしめる方法は?

同僚が私のSNSを発見→会社中に拡散 「出勤拒否したいほど迷惑」懲らしめる方法は?
画像はイメージです(xiangtao / PIXTA)

みなさんは、職場の上司や同僚とSNSでも繋がっていますか。仕事とプライベートは分けたいという人も多いと思いますが、同僚にSNSを発見され会社中に拡散されたという相談が弁護士ドットコムに寄せられています。

相談者は職場のパート女性にSNSを発見され、アカウント名や投稿のスクリーンショットなどを会社中に拡散されました。パート女性が中心となって、休憩時間に数人で見せ合い批判したり、よく行くお店に電話して色々聞いたり、嫌がらせ行為をされています。

相談者は「私の行動範囲、生活などが社内に知れてしまい、出勤拒否したいほど迷惑」と困り果てていますが、こうした同僚の行為は法的に問題にならないのでしょうか。高谷滋樹弁護士に聞きました。

●情報を流すだけでは違法ではない

ーーパート女性はSNSアカウントを職場に言いふらされて、困り果てているようです

閲覧できる人を友人限定にしたSNSであったとしても、閲覧した人がその情報を他人に流しても違法ではありません。発信した側は、甘受する必要があります。

ただ、閲覧した人が、得た情報に、尾ひれはひれをつけて流した場合は、名誉毀損などの問題を問えることができます。

例えば、SNSに女性が年上の男性と一緒に写っている画像をアップしただけなのに、それを見た友人や同僚が「Aさんは不倫をしている」などと勝手な評価をつけて言いふらした場合などです。

SNSの発展に伴い、個人のレベルで情報の発信が容易になり、インフルエンサーやカリスマブロガー、著名なYouTuberなどは、個人でマスコミに匹敵する情報発信力を持つに至っています。

一方で、個人の何気ないプライベートな情報も、インターネット上には膨大に存在します。今回のような相談は、私の元にも多く寄せられます。プライベートに関する情報を発信する側は、インターネットを介して個人のプライベートを世界中からのぞかれうるのが現在の社会だという意識を持つことが大切だと思います。 

取材協力弁護士

高谷 滋樹弁護士
インターネット上のトラブル解決、IT企業の顧問業務も注力している。「ネットストーカー対応相談会」をSE技術者と協力して随時開催し、ネットストーカーにおびえる相談者のフォローに努めている。

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

この記事へのコメント

匿名ユーザー

目には目をという事で、その同僚のSNSをなんとしてでも見つけ出し、社内に流すしかないのでは……。

「不毛な戦いになるから冷静に」とか、ひとごとだと思ってエエカッコシイを決め込む人もいるだろうけど「法律が守ってくれないなら、自己責任を覚悟して自らがやるしかない」と思います。

もちろんその場合でも、高谷弁護士のいうように「違法ではない」のですから、仕返しされた方も「甘受」するのが当然という事になりますよね。

それが望ましくないというのであれば、被害者の溜飲が下がるような方策を提案すべきではないでしょうか。

そうでもしないと「やった者勝ち。加害者高笑い」「被害者泣き寝入り」が、当たり前という事になってしまうと思います。

何かこのサイト、最近は良からぬ事をやる人間に法的な後ろ盾を与えている事が多い気がします。

「こういう事をやっても、それは違法ではないよ」とか「訴えても勝てるか微妙だし、そう多くの賠償金も取れないよ」とかね。

そして大抵の場合、最後に担当弁護士の「ありがたい倫理的なお説教」があり「別に、そそのかしているわけではない」というアリバイ作りの文章が目立つ気がします。



コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
匿名ユーザー 30代 男性

いや、そもそもインターネットの理念が
「情報を世界中で共有すること」だから
自分で載せた情報が拡散・共有されるのは当然だし

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」