2020年02月28日 14時33分

JASRACに敗訴、音楽教育を守る会・大池会長「大変残念」「おそらく控訴になる」

山下真史 山下真史
JASRACに敗訴、音楽教育を守る会・大池会長「大変残念」「おそらく控訴になる」
「音楽教育を守る会」会長の大池真人氏(2019年2月28日、弁護士ドットコム撮影、東京都内)

音楽教室での演奏について、JASRAC(日本音楽著作権協会)に著作権使用料の徴収権がないことの確認をもとめた訴訟で、請求を退けられた音楽教室側が2月28日の判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで、報道陣の囲み取材に応じた。

音楽教室でつくる「音楽教育を守る会」会長で、ヤマハ音楽振興会常務理事の大池真人氏は、この日の判決を受けて「われわれとしては大変残念、遺憾だ」と述べた。

今後については、「しっかり判決文を読み込んで、(来週の)音楽教育を守る会の総会で、原告としての意思を決める。おそらく控訴ということになると思う」とした。

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608