弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2018年05月30日 09時49分

「16歳の私が、性欲の対象にされるなんて」 高校時代の性被害、断れなかった理由

「16歳の私が、性欲の対象にされるなんて」 高校時代の性被害、断れなかった理由
(高校時代の性被害を語るマリカさん)

「女子高生だから危機管理はできる」「たかがキスくらいで」「自分で家まで行っといて被害者ってなに」「部屋に行くのが悪い」ーー。

これは、「TOKIO」の元メンバー、山口達也氏が起こした事件に関して、被害者である女子高生にネット上で投げつけられた言葉だ。

他にも「一人の男性の人生をめちゃくちゃにして」「金貰えて喜んでるんだろ」とバッシングは相次いだ。女子高生の責任を問う声が多く見られたが、本当に「女子高生だったら断れたはず」なのだろうか。(編集部・出口絢)

●拒絶すること「申し訳ない気がしていた」

「女子高生は思っているよりも子どもで、断ることを知らない子もいる。私もそうでした」

そう話すのは、都内近郊に住む会社員のマリカさん(20代女性)。高校1年生だった16歳の時、性被害にあった。

相手は同じアルバイト先の20代男性。マリカさんはアルバイト自体も初めてだった。男性はその店のベテランアルバイトで、「お調子者だけど、頼りになる」「後輩の面倒見もいい」と周りからも高評価で、マリカさんの指導役でもあった。

アルバイトを始めて2か月がたった頃、男性から「バイトの皆で遊ぼう」と誘われた。当日待ち合わせ場所に行くと、そこには男性しかいなかった。「他の人は来れなくなっちゃった」と言われ、二人きりだった。

初めて遊んだその日、いきなり手を繋がれた。「断りきれず、受け入れてしまった。断るすべを知らなかった」。それから断れずに遊ぶたび、毎回「漫画喫茶に行こう」と誘われた。個室に入って、体を触られた。「いやいや」とやんわり拒否することしかできなかった。

「いきなり手を繋いできたので、なんとなく不信感がありました。それで『もう会いたくない、気持ち悪い』と思ったのですが、当時はなぜかその後も受け入れ続けなければならないと思っていました。一度許してしまったので、後から拒絶するのも申し訳ない気もしていたんです」

何度か遊んだ後に、男性から告白された。「手を繋いだり、デートに応じてきたから、振るのはおかしいのかな」と思い、好きでもないのに付き合ってしまった。付き合ってからは、性行為も受け入れてしまった。

「体も触られてしまったし、その先も受け入れるしかない。断るほうが悪いことだと思っていました。交際してもないのに、体を触られることは『よくないこと』だと認識していたから、自分で男性との関係を正当化したかったんだと思います」

●性欲の対象になること、実感なかった

マリカさんは当時、性的なことを全く知らないわけではなかった。むしろ知っていた方だという。親からは小・中学生の時から「男は狼だ」と教えられてきた。中学校の性教育では「付き合って手を繋いでキスをする。でも、キスから先は早いんです」などと教えられたが、ませている友人からセックスの話を聞いていたから「キスから先は早いなんて嘘だ」と思っていた。

ただ、自分が性的な目に晒された自覚はなく、当時は「男は狼」なんていう実感もなかった。「だから、性的なことは知っているけど、自分が男性の性欲の対象になるんだってことは実感として理解してなかったんです」

友達には自分の行為を正当化するために、「大人と付き合ってる」と自慢するように言い張った。ずっと別れたいと思っていたが、誰にも相談できず、自分で自分に意地を張っていた。「気持ち悪かった」と言えるようになったのは、大学生になってからだった。

山口達也さんのニュースを見て、自分の過去の経験をふと思い出した。「女子高生だったら分からないよな」と被害者を思う。

「家に行ってもまさか性的なことをされるとは思わなかったんじゃないか。関係性を崩してしまうから、スタッフに相談できなかったのかもしれない。断ることの難しさは痛いほどわかります。

女子高生は大人に意見することも難しく、断れない。大人に意見することも難しい。それを好意だと受け止めるのは間違い。周りの大人が女子高生に付き合うことの意味を教えるべきだと思います」

●「未成年は判断力が弱く、経験も浅い」

子どもの権利に詳しい寺町東子弁護士は「未成年は判断力が弱く、経験も浅いから、拒否する力が身についていない。だから断れない」と話す。

「日本では、自分の体は自分のものであり、嫌なことは嫌と言って良いという考え方が浸透していないと感じます。ですから、性的なことを強要されそうになって、びっくりして動けなくなるというのは普通の反応です。即座に反撃するなんてことは訓練しないとできません」

どうしたら性被害から未成年を守れるのだろうか。寺町弁護士は「未成年者を性的対象にする人達が圧倒的に悪い」と前置きした上で、法的には(1)性行為の同意年齢を引き上げる、(2)立場の差を利用した性行為について、暴行脅迫要件を外す、(3)18歳未満への「みだらな性行為」を、条例ではなく刑法犯にするーーの3点の改正が必要だと話す。

(1)の「性行為の同意年齢」について、刑法の強制性交罪では、性行為に同意する能力があるとみなされる年齢は13歳としている。中学生になれば「暴行・脅迫があったこと」が認められなければ、性行為に同意したものとされる。一方、海外の性交同意年齢をみると、例えばイギリスは16歳未満、アメリカは州によって違うが16~18歳未満と定めている。

また、各都道府県が定める青少年保護育成条例(淫行条例)は、18歳未満と「みだらな性交」などをすることを禁止している。例えば東京都の場合、違反すると2年以下の懲役又は100万円以下の罰金刑が定められているが、「罰則は軽く、18歳未満は条例があるからといって、とても大丈夫とは言えない」と批判する。

「日本の刑法は、子どもの権利が認められていなかった明治時代に作られたという背景もあり、現在まで性交同意年齢が13歳のまま。他国に比べて同意年齢が低いのにも関わらず、日本は子どもに身を守る術も教えていない」

その一つは、性教育だ。ネット上には有象無象の性に関する情報があふれている。

「セックスはどういうことなのか。嫌だったら断って良いし、嫌がっている相手に無理強いしてはいけないこと。そして妊娠の仕組みや避妊方法などを教えていないために、ネットでの間違った知識が広がってしまっています」

中高生の頃から正しい性知識を得ることが、自衛に繋がると話す。

「同意がない性行為は、現在でも民事では違法であること。そして誰もが拒否する権利を持っていることを教えていくことが大事だと思います」

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」