弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2015年05月21日 12時44分

コンビニで「会計前のおにぎり」を食べたら怒られた! 後からお金を払ってもダメ?

コンビニで「会計前のおにぎり」を食べたら怒られた! 後からお金を払ってもダメ?
写真はイメージです

お腹を空かせて駆け込んだコンビニで、レジの前には長蛇の列。そこで、1〜2分後には支払うのだからと「会計前のおにぎり食ったら、怒られた」。ネット上の掲示板に、こんな書き込みが投稿された。

投稿者はおにぎりを食べ終えた後「レジでおにぎりのゴミを出したら、店員に『もうしないでください!』と言われた」そうだ。しかし、「後から金払うんだから先に食べてもいいだろ」と、投稿者は不満な様子だ。

考えてみれば、レストランではお金を払う前に食事をしても、何も文句を言われない。コンビニで、会計前のおにぎりを食べた男性の行動には、本当に問題があるのか? 石井龍一弁護士に聞いた。

●会計前におにぎりを食べたら「窃盗罪」?

「『他人が占有する財物を、占有者の意思に反して、自己の占有に移転させる』と、窃盗罪が成立します」

石井弁護士はこのように切り出した。「占有」とは、ある物を物理的に支配することだ。では、今回のケースも「窃盗罪」になってしまうのか?

「コンビニで売られているおにぎりも『財物』であり、店内に置かれている間は、店が占有していることになります。

客がレジに持って行って代金を払えば、おにぎり(=財物)は、客の占有に移ることになります。しかし、代金を払う前に袋を開けて食べてしまえば、まだ店側が占有しているおにぎりを、客が店側の意思に反して、自己の占有に移転させることになってしまいます。

これは、紛れもない窃盗行為です」

投稿者は、「あとで代金を払うからいいだろ」と主張しているが・・・。

「そう思う人もいるかも知れませんが、いったん成立した窃盗罪は、その後に代金を払ったりお金で弁償したりしても、なかったことにはなりません」

●レストランは、なぜ後払いでも問題ない?

しかし、レストランでは、代金を支払う前に食事しても文句を言われない。なぜだろうか?

「コンビニの取引形態は、レジで代金を支払うのと商品の引渡しが同時にされます。一方で、レストランでは、先に食事をして代金は後払いという取引形態が一般的です。

レストラン側がこのような取引形態を承諾しているので、代金を払う前に料理(=財物)を食べても、店側の意思に反して占有を移転させたとは考えられないのです。

ちなみに、食べた後に代金を払わずに逃げたら、窃盗ではなく『詐欺罪』が成立します」

支払いが前か、後か。決定権は客ではなく、店側にあるようだ。

(弁護士ドットコムニュース)

石井 龍一弁護士
兵庫県弁護士会所属 甲南大学法学部非常勤講師
所在エリア:
  1. 兵庫
  2. 神戸
  3. 中央区
事務所名:石井法律事務所
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。