現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
伊達 竜太弁護士

( だて りゅうた ) 伊達 竜太

日本橋みらい通り法律事務所

現在営業中 10:00 - 21:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料|後払い・分割払い対応】
「専業主婦(夫)で自由なお金が無い」などの方もおまかせください。
《当日・夜間・休日・電話:相談対応可能》

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

ご来所や相談料のご負担を軽くするため、電話やメールでの相談段階でおおよその見通しを説明します。
※電話やメールでの相談に費用は一切発生しません

こんな状態の方はご相談ください!
————————————————————————
・ 配偶者とまともに話ができない
・ 自分で離婚を進める自信がない
・ 難しいことは弁護士に任せたい
・ 離婚後生活できるか不安
・ 専業主婦(夫)で自由にできるお金がない
————————————————————————

豊富な解決実績

私はこれまで数多くの離婚事件を取り扱ってきました。相手方が会社経営者、医師、税理士などの社会的地位が高く財産関係が複雑な方を相手方とした経験も豊富です。

ご依頼者様の男女比は概ね男性2:女性8です。同性の弁護士を希望される方もいらっしゃいますが、異性ならではのメリットもありますので女性の方も是非ご相談ください

熟年離婚・子連れ離婚に注力

特に専業主婦(夫)の方など婚姻期間が長い場合、離婚後の生活を見据えて行動する必要があります。また、財産分与など複雑化しやすい傾向にあります。

小さいお子様がいるご家庭の離婚は、親権、婚姻費用、養育費、面会交流等、離婚時に決めておくことが多岐に渡ります。安易に決めてしまうと後で後悔することになりかねません。

このような方々の離婚は、弁護士によるサポートが特に必要ですので、是非ご相談されることをお勧めします。

子どもを連れていかれた!すぐにご相談を

夫婦で話合いが済んでいないにもかかわらず、一方的に子どもを連れて別居された、自宅から閉め出された方はすぐにご相談ください。

裁判所を通じてすぐにお子様の引渡しを求めないと、相手方の監護実績が積み重なり、親権を取得することが困難になります。

婚姻費用、養育費、面会交流等のみのご依頼もお任せください

「とりあえず別居するので婚姻費用だけ請求したい」「離婚後に養育費を請求したい」「子どもに会わせてくれない」「一度決めた離婚の条件(養育費、面会交流)を変更したい」などのご依頼も承っております。

こんなお悩み・ご相談はございませんか?

  • 離婚の手続きがわからない
  • 養育費をちゃんと支払い続けてくれるか心配
  • 子どもと無理矢理引き離され別居させられた
  • 財産分与が妥当か判断してほしい
  • 相手に慰謝料を請求するためには証拠が必要?
  • 相手ときちんと面会交流の取決めをしておきたい

特に力を入れている分野

  • 熟年離婚
  • 子連れ離婚
  • 子の連れ去り

家族・友人など複数名での相談も柔軟に対応

「弁護士にひとりで相談するのは不安…」という方は、守秘義務を解除していただければご家族、友人、同僚の方と一緒にご相談も可能です。

離婚後の生活を不安定にしない取り決めを

3組に1組が離婚すると言われており、離婚自体は珍しいことでなく、当事者同士の話し合いですべて決めてしまうケースもあります。

しかし、丁寧に取り決めを行わないと、高齢の方は老後の人生、お子様がいらっしゃる方はお子様との生活が不安定になってしまう可能性もあります。不安なき新しい人生の出発に向けて全力でサポートしますので、まずはお気軽にご相談ください。

豊富な支払い方法をご用意

当事務所では、

  • 分割払い
  • 後払い
  • 着手金無料
  • 完全成功報酬型

など、豊富な支払い方法をご用意しておりますので、現在の貯金などにご不安がある状態でも、まずはご相談ください。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
初回相談料 無料
相談料 30分ごとに5,500円(税込)
着手金 33万円~
報酬金 経済的利益11%(最低33万円)~
※経済的利益は財産分与・慰謝料は全額、婚姻費用・養育費は3年分
※出廷報酬1期日あたり3万3,000円(税込)
備考欄 上記報酬は、離婚事件をご依頼頂く場合の一例です。
例えば、離婚事件を依頼し、6回目の調停期日に以下の条件で離婚が成立した場合
財産分与1000万円 慰謝料100万円、年金分割(0.5の割合)を獲得した場合の報酬総額
着手金33万円+出廷報酬19万8,000円+成功報酬121万円=173万8,000円
となります。
上記は一例で事案やお客様の経済事情に応じて柔軟に対応しています。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(4件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

浮気した夫が突然別居。専業主婦である妻が医師である夫から今後の生活に十分な財産分与を獲得して離婚することができました。

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 別居
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
依頼主 60代 女性

相談前

ご相談者様の夫は浮気がバレたことがきっかけで突然家を出て行ってしまいました。
夫とは直接連絡が取れなくなり、夫婦の財産や家計は夫が管理していたので当面の生活にも困る状況になってしまいました。
すると突然夫の弁護士から連絡があり、一方的に離婚の条件を突き付けてきました。

相談後

相手方からの離婚条件は、夫の年齢や年収からすると明らかに低く、財産をすべて開示させる必要があったため、直ちに離婚調停を申立てました。また同時に婚姻費用の調停も申立て長期戦になっても当面の生活費に困らないようにしました。
最終的には、裁判まですることになりましたが、夫が経営する医院の価値を含めた財産分与と慰謝料を獲得し、年金収入だけでもこれまで通りの生活を送れる条件で離婚することができました。

伊達 竜太弁護士からのコメント

伊達 竜太弁護士

結果として当初の提示額より倍以上の金額の財産を取得することができました。夫の弁護士からの提示を疑わず、応じていたら離婚後の生活は極めて厳しいものになっていたはずです。裁判まで進み時間はかかりましたが、将来のことを考えてじっくり戦ったことが成功した事案でした。

離婚・男女問題の解決事例 2

夫が子供を保育園帰りに連れ出して別居を開始したが、直ちに家庭裁判所に審判を申立て子供を取り戻しました。

  • 面会交流
依頼主 女性

相談前

ご相談者様は夫婦で離婚の話合いをして、ご相談者様が3歳の一人娘の親権者となることでほぼ決まり、正式な離婚の前に別居を開始しました。ところがある日、夫に娘の保育園のお迎えをお願いすると、そのまま夫が娘を連れて夫の実家に連れていってしまいそのまま子供との同居生活を開始してしまいました。
その直後、夫の弁護士から手紙が届き、ご相談者は親として相応しくないので今後は娘さんは夫のもとで生活するとの連絡がありました。

相談後

ご相談後、直ちに、家庭裁判所に子の監護者を母とし夫に子を引渡すよう命じる審判の申立てを行いました。審判の中では、一部ご相談者様の生活の乱れなどを指摘されましたが、これまでのお子さんを主として監護していたのは母親であるので、今後も母親が監護するのが相当との意見が裁判所からあり、この意見をもとに和解が成立し、お子さんは無事ご相談者様のもとに戻ってきました。

伊達 竜太弁護士からのコメント

伊達 竜太弁護士

このようなケースで実力行使して取り戻そうとすると、逆に違法な連れ去りとされてしまうこともあります。また、何もしないと相手方の監護実績が積み重なってしまいその後の親権獲得に不利になってしまいます。ですので、このようなケースの場合すぐに裁判所へお子さんの引渡しを求める申立てをする必要があります。ご自身で対応することが難しい手続ですので、早期に弁護士に依頼したことがポイントと言えます。

離婚・男女問題の解決事例 3

夫に主導権を持たれて離婚の話が進んでいましたが、弁護士に依頼することで満足できる条件で離婚することができました。

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 別居
  • 婚姻費用
  • モラハラ
依頼主 30代 女性

相談前

ご相談者様の夫は、自分が浮気しているにもかかわらずそれを否定し、離婚を強引に迫ったきました。ご相談者様は、もともと夫に意見することができない性格で、離婚をしたい気持ちはありましたが、慰謝料や財産分与について夫の主張に反論ができず、精神的にも不安定になってしまい診療内科に通わざるを得ない状況になり、この状況を早く脱するために夫が提示する条件で離婚しようと思うようになってしまいました。

相談後

夫と一緒にいること自体が精神的な負担になっていたので早期に別居することにしました。その後、当面の生活費を確保するために婚姻費用の調停と離婚調停を申立てました。
調停では、夫と直接顔を合わす必要がなく弁護士が同席しますので、ご相談者様も自分の希望を調停委員に伝えることができました。
夫は自身の浮気を否定していましたが、弁護士が客観的証拠があることを指摘すると認めざるを得なくなりました。夫が離婚が原因で離婚することになるので(有責配偶者)、離婚するためには、ご相談者様の希望を受け入れないと早期に離婚ができないことから、ご相談者様の希望を概ね受け入れ離婚が成立しました。

伊達 竜太弁護士からのコメント

伊達 竜太弁護士

このケースでは、夫に離婚の原因があるにもかかわらず、夫はそれを棚に上げ、相手の弱みに付け込み自分の主張を押し通そうとしていました。
今回のように自身に離婚原因があるにもかかわらず、長年の夫婦関係で形成された夫婦間の立場の優劣、離婚した場合の経済的な優劣(経済的に不利な立場に置かれる方は我慢を強いられることが多いです)などから、高圧的な態度をとる人も少なくありません。
そのような方でも、弁護士に依頼すれば対等な立場で交渉を進めることができます。泣き寝入りすることなく、勇気をもって弁護士に相談したことが良い結果を生んだケースです。

離婚・男女問題の解決事例 4

子供を連れて別居したか妻から過大な生活費の要求。自分の生活費を削って支払っていましたが、適正な金額に変更し離婚することができました。

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 養育費
  • 別居
  • 婚姻費用
依頼主 30代 男性

相談前

ご相談様の妻は、自分の浮気が原因にもかかわらず子供を連れて別居してしまいました。小さな子供を3人連れて別居したため、やむを得ないところはありますが、妻からは毎月高額な生活費(婚姻費用)を請求されやむなく支払っていましたが、ご相談者様は自分の生活にも困るようになってしまいました。

相談後

ご依頼後、直ちに離婚調停をしました。調停では双方の年収等から適正な婚姻費用を算出し、ご相談者様の毎月の負担を軽減するとともに、支払い過ぎの婚姻費用については財産分与の中で精算することとし、支払い過ぎの分を実質取り戻すことができました。
また、それとは別に不倫相手も含めて慰謝料を支払ってもらい離婚することができました。

伊達 竜太弁護士からのコメント

伊達 竜太弁護士

婚姻費用や養育費は、家庭裁判所で目安となる金額の算出方法が決まっていますが、それを知らずに求められるまま明らかに多すぎる金額を支払っている方がいらっしゃいます。
他方で、明らかにに少ない金額しか受け取っていない方もいらっしゃいます。
今回のケースでは、財産分与の中で事後的な精算ができましたが、婚姻費用や養育費は原則過去に遡って変更することはできませんので、婚姻費用や養育費の金額に疑問がある方は早めに弁護士に相談されることをお勧めします。

労働問題

分野を変更する
【初回相談無料|後払い・分割払い対応】
労働問題については相談実績500件以上の経験豊富な弁護士にご連絡ください。
《当日・夜間・休日・電話:相談対応可能》

労働問題の詳細分野

原因

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

ご来所や相談料のご負担を軽くするため、電話やメールでの相談段階でおおよその見通しを説明します。
※電話やメールでの相談に費用は一切発生しません

————————————————————————
✔︎ 500件以上の相談実績アリ
✔︎ 多種多様な業種での解決経験
✔︎ 着手金0でもご依頼可能
————————————————————————

500件以上の相談実績を活かした的確な対応

500件以上の相談実績100件以上の労働審判労働訴訟の実績がございます。

労働審判から訴訟に至るまで労働事件の手続は熟知しておりますので、お任せください。証拠の乏しい残業代請求の事案など、一見請求困難な案件でも実績を残しています。

上記の豊富な経験から、今後の見通しやリスクを出来るだけ具体化し、ご依頼いただく前の不安を出来るだけ取り除きたいと考えております。

さまざまな業種において解決実績がございます

残業代請求、解雇案件の、業種・職種別解決実績(実際に受任)としては、飲食店(居酒屋、和食店、洋食店、イタリアンレストラン、中華料理店、焼肉店、ラーメン店)、コンビニエンスストア、ガソリンスタンド、パチンコ店、洋菓子店、運送業(トラック運転手)、観光バス会社、タクシー会社、会計士事務所、税理士事務所、携帯電話の販売店、新聞販売店、芸能事務所、保険会社、消費者金融、食品販売業、リゾート施設、衣料販売店、アクセサリー製造業、専門学校、学習塾、寺院、保育園、介護施設、カラオケ店、スイミングスクール、ゴルフ用品店、中古自動車の販売店、金物店、木工所、資材販売業、システム開発会社、歯科医院、歯科技工士、広告代理店、不動産業、産業廃棄物処理業、解体業、清掃業、警備業、などがございます。

未払残業代請求と不当解雇のご依頼は、着手金0円でもご依頼可能

未払残業代請求と不当解雇のご依頼は、着手金0円でもご依頼可能ですので、弁護士費用へ懸念があってもご安心ください。

成功報酬の経済的利益は実際に回収できた金額をもとに算出しますので、回収できなかったのに弁護士費用だけ発生するということはありません。

こんなお悩み・ご相談はございませんか?

  • 納得できない理由で一方的にクビを告げられた
  • 辞めたいのに辞めさせてもらえない
  • 何時間働いても給料が変わらない
  • 残業代込みの給料という理由で残業代が一切つかない
  • 管理職だから残業代は付かないといわれた
  • 経営不振、能力不足等を理由に一方的に給料を減らされた
  • 正社員なのに厚生年金や健康保険に加入させてくれない
  • お前は業務委託だから労働者ではないといわれた
  • 退職を申し出たら、よくわからない書面にサインをするよう求められた
  • 労災がおりたが会社には責任がないと言われている

特に力を入れている分野

  • 残業代請求
  • 不当解雇
  • 退職金請求
  • 労災

家族・友人など複数名での相談も柔軟に対応

「弁護士にひとりで相談するのは不安…」という方は、守秘義務を解除していただければご家族、友人、同僚の方と一緒にご相談も可能です。

豊富な支払い方法をご用意

当事務所では、

  • 分割払い
  • 後払い
  • 着手金無料
  • 完全成功報酬型

など、豊富な支払い方法をご用意しておりますので、現在の貯金などにご不安がある状態でも、まずはご相談ください。

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
初回相談料 無料
相談料 30分ごとに5,500円(税込)
着手金 0万円~(税込)
報酬金 経済的利益の33%(税込)
備考欄 上記料金は、残業代請求や不当解雇の案件をご依頼頂く場合の例です。労働審判や訴訟に至った場合には別途出廷報酬(1期日あたり2万2,000円)が発生します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(3件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

飲食店のホール責任者が約900万円の残業代を支払ってもらいました。

  • 給料・残業代請求
依頼主 30代 女性

相談前

複数の飲食店を経営する会社で勤務していた相談者は本舗のホール責任者として働いていましたが、人手不足で毎日のように長時間勤務し月の労働時間が300時間を超える月も少なくありませんでした。体調が崩し退職を余儀なくされ、これを機会にこれまでの未払の残業代を請求することにしました。

相談後

会社側は、ご相談者様が店舗の責任者で管理監督者にあたるので、残業代を支払う義務はないと反論してきました。しかし、ご相談者様は、会社の経営面には全く関与しておらず、あくまで一店舗のホール責任者であり、後輩社員やアルバイトに仕事を教えるなどのことはあっても、店舗運営に関する権限は専ら店長にあるなどと反論しました。裁判にまで進みましたが、私たちの主張が認められ、これまで数十万円しか支払わないと主張していた会社が最終的には請求金額の満額に近い約900万円の支払を受け入れ、解決することができました。

伊達 竜太弁護士からのコメント

伊達 竜太弁護士

「管理職だから残業代を支払わなくいい」というにはよくある会社側からの反論ですが、会社の経営に関わるようなトップクラスの人でなければ残業代は発生します。
会社側の説明を鵜呑みにせず、判断に迷うようであれば是非ご相談ください。

労働問題の解決事例 2

閉店を理由に解雇されましたが、他の店舗では黒字であったことから不当解雇と判断され解決金約300万円が支払われました

  • 不当解雇
依頼主 30代 男性

相談前

相談者の方は、飲食店の店長として勤務していましたが、赤字だった店を閉店することを理由に当然解雇されてしまいました。

相談後

いわゆる整理解雇ですが、他の店舗では黒字で、相談者の方を解雇する同時期に求人募集をしていました。経営不振を理由にした解雇は、単純に赤字というだけでは認められず、会社全体の経営状況や解雇を避けるための手段を講じたのかなど、様々な要素を総合的に見てその有効性が判断されるべきだと主張したところ、労働審判では当方の主張が認められ約300万円の支払いを命じる審判が下されました。

伊達 竜太弁護士からのコメント

伊達 竜太弁護士

整理解雇は会社が経営難なので争うことは難しいとお考えの方も多いですが、解雇が有効か無効かは様々な事情を総合的に見て判断されます。今回のケースですと他の店舗は黒字でましてや求人募集もしており、法人全体で見たときには経営難とは言い難く不当解雇と判断されました。

労働問題の解決事例 3

長距離トラックの運転手に支払われていた稼動給名目の賃金は残業代として認められず、約300万円の残業代を支払ってもらいました。

  • 給料・残業代請求
依頼主 60代

相談前

長距離運転手をされていたご相談者様は、会社から残業代が支払われておらず、退職時に会社に支払を求めたところ、行先毎に社長が金額を決めている「稼動給」が残業代に相当するものだと言われてしまいました。

相談後

稼動給名目の賃金は、労働時間とは無関係に支払われるもので、雇用契約書や就業規則に残業代であると明示されていなかったことから、稼動給は残業代でないと主張し未払いの残業代を請求したところ、裁判所は私たちの主張を認めました。私たちの主張を前提に会社と和解し約300万円の未払残業代を支払ってもらいました。

伊達 竜太弁護士からのコメント

伊達 竜太弁護士

今回の「稼動給」に限らず、ある手当が残業代と主張されるケースは非常に多いです。
会社がの主張が認められるかは、雇用契約書や就業規則などといった客観的資料の記載や勤務実態等から判断されます。会社の説明が正しいかの判断は難しいですので、弁護士に相談されることをお勧めします。

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料|24時間予約受付】
相続アドバイザー、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ弁護士にお任せください。
《当日・夜間・休日・電話:相談対応可能》

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

ご来所や相談料のご負担を軽くするため、電話やメールでの相談段階でおおよその見通しを説明します。
※電話やメールでの相談に費用は一切発生しません

————————————————————————
✔︎ 遺産分割・遺留分などを中心とした豊富な実績
✔︎ ファイナンシャルプランナー、相続アドバイザーの資格保有
✔︎ 使途不明金など特殊案件も実績アリ
————————————————————————

一般的な遺産分割や遺留分の事件だけでなく、使途不明金(亡くなられた方の預貯金を他の相続人が勝手に使っていた)に関する裁判や不在者財産管理人の選任(相続人の方が生死不明などで連絡がつかない場合の手続)の実績もございますので、複雑なご相談もおまかせください。

相続は大きなお金が関係することや感情的な問題などで揉めやすいです。一度揉めてしまうと独力での解決は困難ですので、相続でお困りのことがありましたら、お早めにご相談ください。

こんなお悩み・ご相談はございませんか?

  • 実家に住むきょうだいが親の遺産を明らかにしてくれない
  • 一方的に遺産分割協議書が送られ、相続を放棄するよう迫られた
  • 早く遺産を分割したいが連絡がつかない相続人がいる
  • いろいろと理由をつけて協議書に押印してくれない相続人がいる
  • 親族と疎遠なため、話合いが難しい
  • 親の再婚相手やその子どもと話し合いたくない
  • 知らないうちに特定の人に有利な遺言が作られていた
  • 両親と同居していたきょうだいが両親の預金を勝手に引き出していた
  • 将来に備えて遺言書を作成したい
  • 借金があるかもしれないで相続をしたくない

特に力を入れている分野

  • 遺産分割
  • 遺留分侵害
  • 使途不明金(亡くなった方の財産の使い込み)
  • 相続放棄
  • 不在者財産管理人の選任申立

家族・友人など複数名での相談も柔軟に対応

「弁護士にひとりで相談するのは不安…」という方は、守秘義務を解除していただければご家族、友人、同僚の方と一緒にご相談も可能です。

多角的な視点でご相談者様の最善へサポート

弁護士としての経験だけではなく、ファイナンシャルプランナー(AFP)、相続アドバイザーの資格を保有しております。

それぞれの資格・知識を活かした多角的な視点からのアドバイスが可能ですので、法的な解決策だけではない【ご相談者様にとって最善の解決】に向かってサポートすることが可能です。

ワンストップサービスも充実

司法書士、不動産業者との提携もございますので、不動産が関係する相続についてもワンストップで対応可能です。是非ご相談ください。

豊富な支払い方法をご用意

遺産相続問題は、「実際いくらかかるのか」「今支払えるお金がない」などの理由でおひとりでの解決を図る方も多いお悩みのひとつです。
当事務所では、

  • 分割払い
  • 後払い
  • 着手金無料
  • 完全成功報酬型

など、豊富な支払い方法をご用意しておりますので、現在の貯金などにご不安がある状態でも、まずはご相談ください。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
初回相談料 無料
相談料 30分ごとに5,500円(税込)
着手金 20万円~(税込)
報酬金 20万円~(税込)
備考欄 相続に関するご依頼は、相続財産の規模とご依頼の手続によって費用が決まります。まずは、お気軽にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

【遺産の使い込み】【遺留分】両親と同居していたきょうだいが相続財産を使い込んだいたことが発覚し、本来の相続分を支払ってもらった事例

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 60代 女性

相談前

依頼者の方は生前に父親から家の購入資金の贈与を受けていました。父親が亡くなった後、父親と同居していたお兄さんから父親からの贈与は特別受益だと主張され、遺留分を請求されました。

相談後

ご依頼の際、遺留分の請求は仕方ないということになりましたが、父親の財産については別途遺産分割が必要なので、お兄さんに遺産の開示を求めたところ、遺産はないとの回答でした。不審に思い、父親名義の預貯金を調査したところ父親が亡くなる前後にお兄さんが父親の預貯金を全額引き出していたことが発覚しました。
お兄さんが引き出した預貯金は本来相続財産となるものでしたので、お兄さんに対して本来貰えるはずであった遺産の支払いを求めました。
最終的には、遺留分と勝手に引き出した預貯金を相殺し、相談者の方は当初想定していた金額よりも少ない金額の支払いで解決することができました。

伊達 竜太弁護士からのコメント

伊達 竜太弁護士

相続財産に関する情報は同居している家族の方は把握できますが、同居していない家族の方は把握できないことが多いです。そこに付け込み相続財産はないと主張したり、過小に申告して遺産分割を自分に有利に進めようとする方もいます。本件もそのような事案でした。相続財産は預貯金の履歴等から調査することが可能です。不審に思ったときは是非ご相談ください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
日本橋みらい通り法律事務所
所在地
〒104-0033
東京都 中央区新川1-3-21 BIZSMART茅場町3階
最寄り駅
茅場町駅3分
八丁堀駅5分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日10:00 - 21:00
  • 土日祝10:00 - 21:00
定休日
なし
備考
不定休となります。また、出張や打ち合わせ等のため上記時間帯に留守にしている場合がございます。あらかじめご了承ください。
ご予約頂ければ土日祝の相談も承っております。

【24時間メール受付中】
メールでのご連絡は24時間受け付けております。
お困りごとの概要からご面談希望日時など記載いただければと思います。
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5852-7907

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 10:00 - 21:00

伊達 竜太弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5852-7907
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 21:00
  • 土日祝10:00 - 21:00
定休日
なし
備考
不定休となります。また、出張や打ち合わせ等のため上記時間帯に留守にしている場合がございます。あらかじめご了承ください。
ご予約頂ければ土日祝の相談も承っております。

【24時間メール受付中】
メールでのご連絡は24時間受け付けております。
お困りごとの概要からご面談希望日時など記載いただければと思います。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。