弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

太田 貴久弁護士 おおた たかひさ

太田 貴久弁護士

西川哲也法律事務所

北海道札幌市中央区大通西14丁目1北日本南大通ビル7階
現在営業中 09:00 - 18:00
電話番号 050-5285-0893
分野を変更する

離婚・男女問題

【初回相談無料】離婚経験のある弁護士が、依頼者の方と同じ目線に立ってお話を伺い、適切な解決策を提案いたします。お気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気 解決事例あり
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料 解決事例あり
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

離婚・男女問題の特徴

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 分割払いあり

【経験と実績】
弁護士登録から約5年経ちますが、男女間のトラブルや離婚に関するご相談・ご依頼については多数お受けし、依頼者の方が納得する解決をしてきております。


【費用と特徴】
初回相談は無料です。ただし、法テラスの基準を満たす方については、法テラスの相談援助をご利用いただくことになります。なお、2回目以降の相談料は30分5,000円(消費税別)となります。
着手金・報酬金は、旧日本弁護士連合会報酬等基準をベースに、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。なお、法テラスの基準を満たす方については、法テラスの代理援助制度をご利用いただくことも可能です。


【重点取扱案件】
慰謝料請求、財産分与、養育費・婚姻費用請求など


【よくあるご相談】
・配偶者が不倫をしていることが発覚したので、離婚するとともに、不倫の相手方に慰謝料を請求したい。
・配偶者から言葉の暴力を受け続けて耐えられないので離婚したい。
・離婚した夫が養育費を支払ってくれないので請求したい。
・夫と距離を置くために別居をしているが、生活費を請求することはできないのか。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。


【サポート体制】
相談時に見積りを作成し、必要な弁護士費用を明示するようにしています。
依頼者の方と同じ目線に立って親身に相談に乗るよう心掛けています。

この分野の法律相談

以前交際していた相手に私名義のケータイを渡していました。彼はケータイ代は自分が払うから借りてほしいと言ったので借りたのですが、交際が終わり、ケータイを解約した際に解約金と機種代が残っていたのですが、これは相手に請求できるのでしょうか?話をしたらこっちが勝手に解約したのだから支払わないと言われ...

携帯電話の解約金と機種代については,相手が支払うと言ったのではない限り,請求することはできないものと思われます。 携帯電話本体については,あなたに所有権があるものと思われますので,返還を請求することは可能です。 相手があなたが所有する携帯電話本体を売却するなどの処分をした場合には,相手に横領罪が成立する可能性があります。 相手が自主的に携帯本体を返還し...

太田 貴久弁護士

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
2回目以降の相談は30分5000円(税別)を頂戴します。
着手金 依頼者の方が得るべき経済的利益の額に応じて次のとおりとさせていただきます。

300万円以下の場合:経済的利益の8%(税別)※最低着手金は10万円(税別)
300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の5%+9万円(税別)
3000万円を超え3億円以下の場合:経済的利益の3%+69万円(税別)
3億円を超える場合:経済的利益の4%+369万円(税別)

(目安)
交渉については10万円~30万円(税別)程度、調停・審判・訴訟等の法的手続については、20万円~50万円(税別)程度とした例が多いです。
報酬金 依頼者の方が得られた経済的利益の額に応じて次のとおりとさせていただきます。ただし、得られた経済的利益に比して事件の難易度が高かった場合、最低報酬金額を10万円~20万円(税別)とさせていただくことがあります。

300万円以下の場合:経済的利益の16%(税別)
300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の10%+18万円(税別)
3000万円を超え3億円以下の場合:経済的利益の6%+138万円(税別)
3億円を超える場合:経済的利益の4%+738万円(税別)
その他 事件処理に要する実費は別途ご負担いただきます。
上記金額は一応の目安となる金額です。実際の弁護士費用については、旧日本弁護士連合会報酬等基準をベースに、ご依頼いただく案件の内容・難易度や依頼者の方の経済状況等を考慮の上、協議の上決定させていただきます。費用については事前にしっかりと説明させていただきますのでご安心ください。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる 解決事例をみる

不動産・建築

【初回相談無料】不動産に関する案件を多数担当してきた経験を生かして、適切な解決策をお示しします。お気軽にご相談ください。

不動産・建築の取扱分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

不動産・建築の特徴

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 分割払いあり

【経験と実績】
所属事務所に不動産関係会社の顧問先がおりましたので、不動産の明渡や境界問題に関する相談・依頼に多数対応してきた経験を生かし、事案に応じた適切な助言をさせていただきます。


【費用と特徴】
初回相談は無料です。ただし、法テラスの基準を満たす方については、法テラスの相談援助をご利用いただくことになります。なお、2回目以降の相談料は30分5,000円(消費税別)となります。
着手金・報酬金は、旧日本弁護士連合会報酬等基準をベースに、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。なお、法テラスの基準を満たす方については、法テラスの代理援助制度をご利用いただくことも可能です。


【重点取扱案件】
建物明渡、敷金返還、境界紛争など


【よくあるご相談】
・賃料が長い間支払われていないので、賃貸借契約を解除して建物の明渡を求めたい。
・賃貸住宅から退去したが、敷金が返還されないどころか、原状回復費用と称して多額の修繕費用を請求されている。
・土地を売却するために測量をしたら、隣地の塀が自分の土地に越境していることが発覚したがどうすれば良いか。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。


【サポート体制】
相談時に見積りを作成し、必要な弁護士費用を明示するようにしています。
依頼者の方と同じ目線に立って親身に相談に乗るよう心掛けています。

不動産・建築

料金表をみる

この分野の法律相談

市道の縁石 2013年07月03日

市道の縁石を申請せずに勝手に10数メートルも削るのはどういう罪になりますか?

市が所有する縁石を損壊することになりますので,器物損壊罪(刑法261条。法定刑は1月以上3年以下の懲役又は1万円以上30万円以下の罰金もしくは1000円以上1万円未満の科料)が成立することになります。

太田 貴久弁護士

不動産・建築の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
2回目以降の相談は30分5000円(税別)を頂戴します。
着手金 依頼者の方が得るべき経済的利益の額に応じて次のとおりとさせていただきます。

300万円以下の場合:経済的利益の8%(税別)※最低着手金は10万円(税別)
300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の5%+9万円(税別)
3000万円を超え3億円以下の場合:経済的利益の3%+69万円(税別)
3億円を超える場合:経済的利益の4%+369万円(税別)

(目安)
交渉については10万円~30万円(税別)程度、調停・審判・訴訟等の法的手続については、20万円~50万円(税別)程度とした例が多いです。
報酬金 依頼者の方が得られた経済的利益の額に応じて次のとおりとさせていただきます。ただし、得られた経済的利益に比して事件の難易度が高かった場合、最低報酬金額を10万円~20万円(税別)とさせていただくことがあります。

300万円以下の場合:経済的利益の16%(税別)
300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の10%+18万円(税別)
3000万円を超え3億円以下の場合:経済的利益の6%+138万円(税別)
3億円を超える場合:経済的利益の4%+738万円(税別)
その他 事件処理に要する実費は別途ご負担いただきます。
上記金額は一応の目安となる金額です。実際の弁護士費用については、旧日本弁護士連合会報酬等基準をベースに、ご依頼いただく案件の内容・難易度や依頼者の方の経済状況等を考慮の上、協議の上決定させていただきます。費用については事前にしっかりと説明させていただきますのでご安心ください。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築

特徴をみる

労働問題

【初回相談無料】弁護士になる前のサラリーマン経験も生かしながら、労働者・使用者それぞれの立場に立って、労使間トラブルの適切な解決を目指します。

労働問題の取扱分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

労働問題の特徴

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 分割払いあり

【経験と実績】
使用者(会社)側の代理人として、多数の案件(時間外手当請求、安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求、解雇無効に基づく地位確認請求等)に関与し、解決してきた経験を生かし、適切な問題解決を目指しております。


【費用と特徴】
初回相談は無料です。ただし、法テラスの基準を満たす方については、法テラスの相談援助をご利用いただくことになります。なお、2回目以降の相談料は30分5,000円(消費税別)となります。
着手金・報酬金は、旧日本弁護士連合会報酬等基準をベースに、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。なお、法テラスの基準を満たす方については、法テラスの代理援助制度をご利用いただくことも可能です。


【重点取扱案件】
不当解雇・配置転換等、パワハラ・セクハラ、労災民事訴訟、時間外手当請求など


【よくあるご相談】
・上司からパワハラを受けている。
・密室で退職を強要され、退職届を提出してしまった。
・仕事が終わらずに早出しているが、残業代が支払われていない。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。


【サポート体制】
相談時に見積りを作成し、必要な弁護士費用を明示するようにしています。
依頼者の方と同じ目線に立って親身に相談に乗るよう心掛けています。

労働問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
2回目以降の相談は30分5000円(税別)を頂戴します。
着手金 依頼者の方が得るべき経済的利益の額に応じて次のとおりとさせていただきます。

300万円以下の場合:経済的利益の8%(税別)※最低着手金は10万円(税別)
300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の5%+9万円(税別)
3000万円を超え3億円以下の場合:経済的利益の3%+69万円(税別)
3億円を超える場合:経済的利益の4%+369万円(税別)

(目安)
交渉については10万円~30万円(税別)程度、労働審判・訴訟等の法的手続については、20万円~50万円(税別)程度。
報酬金 依頼者の方が得られた経済的利益の額に応じて次のとおりとさせていただきます。ただし、得られた経済的利益に比して事件の難易度が高かった場合、最低報酬金額を10万円~20万円(税別)とさせていただくことがあります。

300万円以下の場合:経済的利益の16%(税別)
300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の10%+18万円(税別)
3000万円を超え3億円以下の場合:経済的利益の6%+138万円(税別)
3億円を超える場合:経済的利益の4%+738万円(税別)
その他 事件処理に要する実費は別途ご負担いただきます。
上記金額は一応の目安となる金額です。実際の弁護士費用については、旧日本弁護士連合会報酬等基準をベースに、ご依頼いただく案件の内容・難易度や依頼者の方の経済状況等を考慮の上、協議の上決定させていただきます。費用については事前にしっかりと説明させていただきますのでご安心ください。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

所属事務所情報

所属事務所
西川哲也法律事務所
所在地
〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西14丁目1北日本南大通ビル7階
最寄り駅
西15丁目駅

電話で問い合わせ
050-5285-0893

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
お電話が繋がらない場合には上記の”メールで問合せ”からお問い合わせくださいませ
対応地域
所属事務所情報
所属事務所
西川哲也法律事務所
所在地
北海道札幌市中央区大通西14丁目1北日本南大通ビル7階
最寄駅
西15丁目駅
現在営業中 09:00 - 18:00
西川哲也法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5285-0893

※西川哲也法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
お電話が繋がらない場合には上記の”メールで問合せ”からお問い合わせくださいませ
対応地域
経歴・資格
離婚経験
事業会社勤務経験