現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 離婚するとき「へそくり」を持ち出したらダメですか?
2015年09月02日 00時00分

離婚するとき「へそくり」を持ち出したらダメですか?

離婚するとき「へそくり」を持ち出したらダメですか?
画像はイメージです(よっちゃん必撮仕事人 / PIXTA)

『2年の結婚生活に終止符を打ち、離婚することになりました。これから色々と手続きをする予定ですが、家は賃貸で、分け合うべき特別な財産はありません。

ただ実は、夫の給料からもらっていた生活費の一部をこっそり貯めていて、70万円ほどあるんです。これをこっそり「持ち逃げ」したらダメですか?』

(質問は弁護士ドットコムの法律相談コーナー「みんなの法律相談」に寄せられた相談をもとに編集部が作成しました)

A. 原口未緒弁護士「へそくりも夫婦の『共有財産』として2人で清算(財産分与)する」

へそくりを持ち出して使ってしまうこと自体は、違法にはなりません。

しかし、へそくりも夫婦共有財産として、財産分与の対象となりますので、離婚に際しては清算することになります。

婚姻期間中(同居中)に形成された財産は、夫婦が協力して形成したものであるとして、夫婦の「共有財産」とされます。

つまり、へそくりの原資が夫の給料だからといって、夫に全部を返さないといけないわけではありませんが、2人で形成した財産として、原則として2分の1を分与する必要があるということになります。

そのため、へそくりがあったことが夫に知られて、夫がその分与を請求してきたときは、財産分与の計算(へそくりも含めた夫婦共有財産全額を2分の1にする)をして、妻が多く取り過ぎた分は返済することになるでしょう。

(弁護士ドットコムライフ)

取材協力弁護士

原口 未緒弁護士
東京弁護士会所属。心理カウンセリング・アカシックリーディングも併用しながら、こじらせない円満離婚の実現を目指します。著書『こじらせない離婚―「この結婚もうムリと思ったら読む本」(ダイヤモンド社)
事務所URL:http://mio-law.com

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

関連記事