現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. もらい逃げは許さない! 「義理チョコ」のお返しに法的な義務はある?
2016年02月12日 00時00分

もらい逃げは許さない! 「義理チョコ」のお返しに法的な義務はある?

もらい逃げは許さない! 「義理チョコ」のお返しに法的な義務はある?
画像はイメージです(よっちゃん必撮仕事人 / PIXTA)

今年も、いよいよバレンタインデーが近づいてきました。本命の相手には14日(日)に渡すとして、今日12日(金)に職場で「義理チョコ」を配る方も多そうです。そして、1カ月後のホワイトデーには「お返しは何かな?」と期待するのは自然なこと…。

ところが、「ホワイトデーにお返しがなかった!」という事件は、日本全国で起こっているようです。ネット上にも、愚痴や怒りを吐露する投稿から、お返しをしなかった男性の心理を解説するものまで、様々な分析がなされています。

では、ホワイトデーにお返しをもらえなかった場合、法律を盾に「お返しをください!」と相手に迫ることはできるのでしょうか? 

原口未緒弁護士は「バレンタインにチョコをもらったとしても、男性がホワイトデーにお返しをする義務って本当はないんですよ」と話します。

「バレンタインのチョコレートを贈る行為は、法的にいえば『贈与』という契約にあたります。『贈与』は、自分の財産を無償で与える意思を表示し、相手が受諾することによって、その効力が生じる契約です。つまり、『贈与』という契約には、相手からのお返しは含まれていません」

残念ながら、ホワイトデーのお返しは、相手の善意によるものにすぎず、贈った側が「お返しをちょうだい!」と要求することはできないようです。

最後に原口弁護士は、こんな提言をしました。

「女性たちも『日頃の感謝をこめて』というより、ただ文化だから贈っているというのが本当のところではないでしょうか? 男性たちも義務感から贈っているだけで、両者にとって負担が大きい慣例となっているように思います。

そこで、来年はもう義理チョコを贈るのをやめてみたらどうでしょうか? お返しに関してモヤモヤすることもなく、お財布も痛みませんよ」

(弁護士ドットコムライフ)

取材協力弁護士

原口 未緒弁護士
東京弁護士会所属。心理カウンセリング・アカシックリーディングも併用しながら、こじらせない円満離婚の実現を目指します。著書『こじらせない離婚―「この結婚もうムリと思ったら読む本」(ダイヤモンド社)
事務所URL:http://mio-law.com

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

関連記事