弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2017年03月17日 16時13分

女性教諭の旧姓使用訴訟、東京高裁で日大三高と和解「他の職場での先例になる」

女性教諭の旧姓使用訴訟、東京高裁で日大三高と和解「他の職場での先例になる」
写真:足成

日本大学第三高等学校・中学校(東京)に勤める女性教諭が、結婚前の旧姓を「通称」として仕事で使えるよう求めた訴訟の控訴審は3月16日、東京高裁で和解が成立した。税金や社会保険などの手続きを除き、学校側が旧姓の使用を全面的に認める内容。教諭の代理人が17日、発表した。

和解は高裁から勧められたそうで、4月1日の新学期から正式に旧姓を使えるようになる。教諭の代理人を務めた早坂由起子弁護士は、「和解ではあるが、旧姓を使えない職場での先例になる」と意義を説明している。

●一審判決に批判が集まっていた

教諭は2003年から勤務し、2013年に結婚で姓が変わった。教材執筆に携わったこともあり、「教員のキャリアでは一貫した姓を使いたい」として、旧姓の通称使用を求めたが、学校側は戸籍姓しか認めなかった。

夫婦別姓をめぐる別の裁判で、最高裁大法廷は2015年、旧姓使用が「社会的に広まっている」と指摘。旧姓使用が普及すれば、姓が変わることで生じる不利益は緩和しうるなどとして、夫婦同姓は「個人の尊厳と両性の平等」をうたう憲法24条には反しないとした。

一方、2016年10月にあった今回の裁判の一審・東京地裁判決は、旧姓使用が「社会において根付いているとまでは認められない」などとして、教諭の訴えを退けたため、最高裁判決との矛盾を指摘する声があがっていた。

和解を受け、女性教諭は「自分本来の姓が使えるようになり、大変嬉しく思います」「今後も教師という仕事に誇りを持って、子どものため、社会のために力を尽くす所存です」などとするコメントを発表した。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。