2019年04月10日 16時07分

日本の死刑執行15人、世界8位に上昇…2018年、オウム事件が影響

日本の死刑執行15人、世界8位に上昇…2018年、オウム事件が影響
発表会見の模様

アムネスティ・インターナショナル日本は4月10日、2018年の世界の死刑判決と執行状況についての報告書を公表した。日本の死刑執行は15人で、昨年の4人から大幅に増加。国別の執行数で世界16位から8位に上昇した。

日本の2018年の執行数15人のうち、13人がオウム真理教の元信者だった。他に殺人罪で死刑になった2人の執行があった。15人という執行数は、同じく15人だった2008年以来、最多となる。

世界全体では、死刑判決を下した国の数は、53カ国から54カ国に増え、判決数も前年比98%の2531件で大きな変化はなかったが、執行数は690人で、前年比69%だった。

国別の執行数では中国が最多。情報が開示されていないため、正確な数は不明だが、数千人とみられる。北朝鮮は情報がないため、検証できていない。

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」