現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
安川 愼二弁護士

( やすかわ しんじ ) 安川 愼二

調布武蔵野の森法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【弁護士に直接繋がります】【初回相談無料】【休日夜間24hメール対応】離婚、親権、養育費、慰謝料の問題等、何でもお話いただけます。【web相談承ります】

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり

次のようなことでお悩みではありませんか? 是非一度ご相談ください。
●離婚
そもそも「離婚したい」「離婚したくない」「もう少し考えたい」と様々な悩みが交錯している。

●親権
未成年者の親権者となりたいが、相手からは難しいと言われている。
あるいは、親権は相手で良いとしてもお子さんとの面会は実現したい。

●養育費
養育費はいくらもらえるのだろうか?
相手が要求する養育費を支払うと自分の生活が成り立たない。いくらが適切な金額なのだろうか。

●財産分与
離婚する際に、それぞれの名義の貯金や不動産はどうなるのだろうか?
住宅ローンが残っているが、どうなるのだろうか?

●慰謝料請求
暴力や浮気など、離婚には相手に責任があるが、慰謝料が請求できるだろうか?
慰謝料の金額はいくらになるだろうか?

●婚姻費用
離婚が正式に成立するまでの間の生活費はもらえるのだろうか?
いくらもらえるのだろうか?

●年金分割
年金分割とは何だろうか?
年金分割をするにはどのような手続が必要か?

●その他
DVの問題
内縁関係や事実婚の問題
婚約破棄の問題

これらのお悩みをお持ちの方は、ご相談ください。

また、そもそも夫婦や親子の問題等については、依頼者の方が現在及び将来を考えたときにどのような生活をしていきたいのか、お子さんとのかかわり方をどうしていきたいのか、人生におけるトータルな幸福を目指せるよう、単に箇条書きの権利を求めていくだけではなく、具体的な生活を見据えながら交渉をしていくこと、そのために依頼者の方の話を丁寧に聞くことを大切にしています。

当事務所では初回相談を無料としておりますので、弁護士に相談すべき状況かどうかを含め、まずはご相談ください。
共に考えていきたいと思います。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料(1時間)
着手金/報酬金 着手金 22万円~
(交渉から調停・訴訟などの手続に至る場合は追加着手金各11万円)
報酬金 20万円~
経済的利益がある場合は以下の金額
 得た経済的利益が300万円までは16%
 300万~3,000万円以下の部分は10%+18万円
 3,000万円以上の部分は7%+90万円
手続などにより費用が異なりますので、初回相談の際に具体的に御見積もりいたします。
(御見積もりをご覧いただいてから、実際にご依頼いただくか否か改めてご検討いただくことができます。)
その他 離婚協議書の作成:5万5000円~
離婚公正証書の作成:11万円~(公証役場での手続含む)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫と別居した妻が生活費を確保した上で親権、養育費、財産分与を確保して離婚した事例

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 別居
  • 婚姻費用
依頼主 女性

相談前

当時夫であった方から、飲酒の上での暴言・暴力に悩まされて別居した女性からのご依頼でした。耐えかねてお子様と共に別居したものの、離婚の協議や生活費の請求についても相手に対する恐怖でためらっていました。

相談後

婚姻費用分担調停を申立てて生活費を確保した上で当座の生計を確保した上、離婚については時間をかけて話合い、お子様の親権と生活のための養育費、相手の退職金を含めた財産分与を受けて、離婚する結果となりました。

安川 愼二弁護士からのコメント

安川 愼二弁護士

配偶者からの威圧的な態度や暴言・暴力に耐えられず家を出るという方は多くいらっしゃいます。そのような場合、当座の資金を得るためであったり、配偶者からの支配を逃れるために離婚を急ぐ心理も生じますが、まずは生活費を確保した上で、納得のいく条件を得るまで話し合うということが重要です。不安に駆られて不利な条件で合意することがないよう、依頼者様とお話を続けながら対応していくことの重要性を認識します。

離婚・男女問題の解決事例 2

連れ去られたお子様が戻ってきた事例

  • 養育費
  • 親権
  • 別居
  • 離婚請求
  • 面会交流
依頼主 男性

相談前

お子様がいる元夫婦が、お子様の親権を含めた離婚協議を翌日に予定していたところで、突然元妻の方がお子様を連れて家を出た事例で、元夫の方から相談を受けました。

相談後

相談後依頼を受けてすぐに家庭裁判所に子の監護者指定の審判及び子の引渡の仮処分を求め、裁判所での手続の中で相手方と協議を重ねた結果、お子様がお父さんの下に帰ってきた上で離婚が成立しました。

安川 愼二弁護士からのコメント

安川 愼二弁護士

日本では共同親権が認められておらず、お子様がいる夫婦が離婚する場合には頻繁に親権の問題が生じます。そして、日本の家事実務の現状では現在共に住んでいる親に親権を認める傾向が強いので、離婚協議時におけるお子様の取り合いという状況も頻繁に起こります。本件では、代理人を通じて父母双方が親権にお子様のためを思って協議した結果、状況を総合的に考えて、話合いで解決に至りました。離婚する夫婦であってもお子様にとっては大事な父母であり、どちらの代理人になったとしても離婚後も双方が協力して親であり続けられるよう配慮することをいつも心がけています。

借金・債務整理

分野を変更する
【弁護士に直接繋がります】【相談無料】任意整理,過払金請求,破産申立,個人再生等適切な解決をご提案します。まずは,お気軽にご相談ください。【web相談承ります】

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【このような悩みをお持ちの方に】
・借金が多額で返済が間に合わない。
・自宅を確保しながら借金の整理をしたい。
・消費者金融へ支払った過払金の回収ができるか知りたい。

【相談は心配せずお気軽に】
 以前の所属事務所では借金問題を中心に、出張法律相談会を開いては日本全国を回り、これまでに2000人を超える方から相談を受けてきました。
 借金問題は、特に人に話しにくく、また、相談をすることでいわゆるブラックリストに載ったり、金融業者から嫌がらせを受けるのではないかなどと心配をされる方が多いですが、相談をすることでそのようなデメリットはありませんので、安心してご連絡ください。
 なお、当事務所では初回相談は無料としておりますので、相談についての費用も心配ありません。
 また、単に過払金があるかどうか知りたいというだけの方も、聴き取りの上無料で調査しますので、お気軽にご連絡ください。
 借金問題の解決には①過払金返還請求、②任意整理(業者と個別に交渉して支払を減額する方法)、③個人再生(裁判所での手続を通じて借金を一律に減じる方法)、④自己破産(裁判所での手続を通じて、資産と借金を清算して借金を無くす方法)等がありますが、それぞれのご事情に応じて、どの手続が適しているか、丁寧に検討し、ご助言いたします。
 場合によっては、事件を受ける必要がない場合もありましたが、それでも家計を見直すきっかけになったり、お話するだけで気が楽になったなど、「もっと早く相談に来ていればよかった。」という声が経験上最も多いのが借金問題です。
 借金問題は相談時期が早いほど解決の選択肢も多くなりますし、さらなる問題の拡大を防ぐことができます。まずは,お気軽にご相談ください。

【費用について(税込)】
※電話やご来所いただいての相談は無料です。また、過払金の調査も無料で行えます。
①過払金返還請求の場合
返還された金額の22%(訴訟手続による場合は27.5%)+2万2000円(ただし、返金額が少ない場合は、費用が返金額の半分を超えないように調整します。)
※契約上、返済金額が残っている場合は、約定の残元本を減らした金額の10%を別途お願いします。
②任意整理の場合
交渉する金融業者の数×4万4000円(ただし、借入残高が少ない場合等は調整します。)
※調査の結果、過払金が生じている場合には①に準じます。
③個人再生の場合(事件の難易度によって変動します。)
33万円~
④自己破産の場合(事件の難易度によって変動します。)
・事業者の方は55万円
・非事業者の方は22万円~

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料。
過払金の調査も無料で行います。
任意整理 着手金:1業者につき44,000円
減額報酬:11%
過払い報酬:22%(訴訟による場合は25%)
分割払い可能です。ご依頼を受けた日から、金融業者への返済を一時的に止めることができます。
破産 破産 手数料:個人220,000円~
       法人又は事業者550,000円~
 個人、事業者共に分割払い可能です。ご依頼を受けた日から、金融業者への返済を止めることができます。
 なお、事案の難易度により手数料は増減する場合がございます。
個人再生 個人再生 手数料:330,000円~
 分割払いのご相談にも応じます
なお、事案の難易度により手数料は増減する場合がございます。
また、事案によっては,裁判所への予納金(10万円以上)が別途必要となります。
過払金請求 ※契約上完済している業者への過払金返還請求の場合、返金された過払金の中から清算するため、着手金はいただきません。
手数料:2万円(ただし、過払金の返金額が少ない場合は、返金額の半分を超えないように調整します。)
過払い報酬:20%(訴訟による場合は25%)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

借金の返済がなくなり、お金が戻ってきたケース

  • 過払い金請求
依頼主 50代 男性

相談前

相談時点で消費者金融4社に対して毎月10万円以上を支払いながら、借金を返すためにお金を借りるという状況が約20もの間続いた方でした。
過払金については気になっていたが、弁護士への相談料や、ブラックリストに載るのではないかという懸念、また、大変な時期に貸してもらったのに過払を請求するのは悪いのではないか等の葛藤の中、なかなか相談にも来れずにいました。

相談後

相談に来ていただいた時点で、過払金の調査や返金の請求自体によっていわゆるブラックリストに載ることはないこと、過払金請求はあくまで金融業者が法律上の利率上限を超えて、「取りすぎた」部分を返してもらうということなので、返してもらって初めて公平であることを説明し、事件を受任しました。
まずは過払状態であるかを調査したところ、4社共過払い状態になっており、金額も500万円以上の過払という計算になりました。すぐに返済をストップしてもらって過払金の返還を請求しました。
訴訟手続を通じて交渉した結果、過払金に5%の利息を付した金額満額に近い金額で和解をし、返金額は4社合計で800万円を超える金額となりました。

安川 愼二弁護士からのコメント

安川 愼二弁護士

過払金の問題が広告などで広く知られるようになった昨今ですが、借金問題は人に話したくない、ブラックリストに載りたくない等の理由から相談に来られずにいる方は多くいらっしゃいます。
前所属事務所では全国で過払金・借金問題の相談を受けましたが、まだまだ弁護士に相談することのハードルは高く思われていると感じています。
また、過払金を請求することが悪いことなのではないかと考える方も多くいらっしゃいます。
しかし、過払が生じるということは、大切なお金を長い間必要以上に支払を続けてきたということですから、本来あるべき金額に取引を調整することは大切なことだと感じています。

借金に追われ、必要以上の苦労を経てきた方が、本来あるべき状態を取り戻すことが過払金請求の本質であると思いますので、長く返済を続けている方は、ぜひご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 2

毎月の返済を少なくして借金を完済したケース

  • 任意整理
依頼主 30代 女性

相談前

家計をやりくりしている中、ご親族の病気によって急な出費があって信販会社からキャッシングでお金を借入れ、返済に苦労する中でクレジットカードのショッピングリボで生活費を賄うようになり、最終的に借入金額が200万円を超えてしまった奥様でした。毎月の支払金額はキャッシングとカードショッピングのリボ払いだけで約8万円、そのうち利息だけで3万円近くを支払っていました。

相談後

ご自宅をご主人と共有しており、自動車も所有されていたことから破産は希望されず、一方、ご自身のパート収入で一定の返済資金があることから、金融業者と個別に交渉して毎月の支払を減額する任意整理の方針を紹介し、事件を受任しました。
各業者に対し、将来的に生じる利息をゼロとしてもらい、当時残っていた債務の元本のみを4年間(48回)に分割して支払うという形で和解しました。
結果として、各業者への返済は毎月4万円程度となり、負担が大きく減りました。
さらにうれしいことに、借金に追われる苦しい思いから解放されたことで精神的に元気になってパートの仕事も増やして収入が増え、また、家計を見直して出費も減ったことから繰り上げて返済し、約2年半で借金を完済したとの報告をいただきました。

安川 愼二弁護士からのコメント

安川 愼二弁護士

目の前の返済を行うために支払を後回しにせざるを得ず、結果として自転車操業になることが借金問題の典型的なケースでした。特に、ショッピングのリボ払いはインターネットなどで簡単に手続できてしまうので、ふと気づけば多額の返済に追われているという方にも多く出会いました。
これらの問題を抱えている方の多くは、返済に追われるプレッシャーを抱えていますが、任意整理で負担を減らしたこと、また、出口がなさそうな借金の問題に解決の道筋をつけたことで、これほど劇的に変化が生じるという報告をいただけたことは大変なよろこびでした。

借金・債務整理の解決事例 3

弁護士が事件を受任せずに問題が解決したケース

依頼主 40代 男性

相談前

大手銀行でのフリーローンで120万円程の借入があり、毎月3万円程の金額を返済しているが、利息が高いので毎月の支払金額を減らすことを希望する一方、車購入の予定があり、信用情報に影響が出ることも気にされている会社員の方でした。

相談後

銀行といえどフリーローンは利率が高いことが多いので、約定利率を確認したところ、12%(100万円以上の元本について法定の利息上限は15%なので、上限に近い利率)でした。
ご本人は当初任意整理に関心をお持ちでしたが、ご本人の資産状況を確認したところ、150万円ほどの定期預金をお持ちとのことでしたので、定期預金を解約して一括で返済することがトータルでプラスになることを説明し、納得してもらって、結局弁護士が介入せずに、ご自身で借金を完済しました。
去り際に、「来てよかった。相談料を支払わないのはもったいない。」と笑顔で言ってもらえたことがとても印象的でした。もちろん、相談料はいただきませんでした。

安川 愼二弁護士からのコメント

安川 愼二弁護士

相談に来られる方の中には、弁護士が代理人として介入しない方がよいケースもあります。事務所や弁護士個人としては報酬を得て事件を受任することが利益になりますが、それはあくまで依頼者の方に利益が生じた場合にその一部を報酬としていただく形であるべきだという基本的な姿勢を大切にしたいと感じる一件でした。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
調布武蔵野の森法律事務所
所在地
〒182-0024
東京都 調布市布田4-19-1 ライオンズプラザ調布204
最寄り駅
京王線調布駅
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
電話に出られない場合は当日中に折り返しご連絡いたします。
メールでのお問合せには原則として翌日までにご返信いたします。
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 知的財産
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5346-7272

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

安川 愼二弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5346-7272
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
電話に出られない場合は当日中に折り返しご連絡いたします。
メールでのお問合せには原則として翌日までにご返信いたします。
設備
完全個室で相談