現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
河合 早苗弁護士

( かわい さなえ ) 河合 早苗

遺産相続

分野を変更する
◆本郷3丁目駅から3分◆家庭裁判所家事調停委員歴20年以上◆相続問題は必ず解決します。ご相談者様にとって最適な方法をご提案いたします。まずはご相談ください。
河合法律事務所
河合法律事務所
河合法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 後払いあり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相続問題を適切・スムーズに解決
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
弁護士として35年以上、家事調停委員として20年以上、今までに数多くの相続問題をサポートしてまいりました。
今や、豊富な経験と実績を活かして、相続問題の解決は私にとってライフワークの一つとなっております。

相続問題は、必ず解決方法が見つかる事案です。
早めにご相談いただくに越したことはありませんが、問題が複雑な場合でも「こんなにこじれたら誰も話を聞いてくれないのでは?」などと心配する必要はありません。

丁寧にご事情をお聞きし、適切な解決となるよう、一つ一つの問題に真摯に向き合いサポートいたします。


◆このようなお悩みはお任せください!◆
☑遺言書に法定相続分(2分の1ずつ)と異なる割合(3分の1と3分の2)で相続させると記載されていたが、どのように話し合いを進めたら良いか。
☑被相続人と同居し、認知症の母の介護を一人でして来たが、家を売らなければならなくなるのか。
☑もともと被相続人と共有で買った不動産をどのように他の相続人と分ければ良いか。

ー上記の他にもー
・遺産分割協議
・遺言書作成
・遺言執行
・遺留分減殺請求
・遺言無効確認

といった遺産相続に関する幅広い問題をサポートしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当事務所のサポート特徴
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆相談日時も柔軟対応◆
事前予約により、当日や夜間・土日祝のご相談も対応可能です。ご都合により平日の日中にご相談が難しい方も、柔軟に日程調整をいたしますので、まずはお問い合わせください。

◆プライバシー厳守◆
秘密厳守はもちろんのこと、依頼者様への連絡方法にも気を配るなど、プライバシーの厳守をしっかりと行っております。ご家族や周囲の方に知られたくない、などのご事情がございましたら、ご遠慮無くお申し付けください。

◆全国出張可能◆
県外でのトラブルや事件でもお任せください。必要に応じて全国に出張して対応が可能です。

◆話しやすい相談環境作り◆
初めての法律相談はどなたでも緊張されるかと思いますが、ご安心ください。なるべくリラックスしてご相談いただけるよう、話しやすい環境づくりを心がけております。
不安点や疑問点なども相談者様がおわかりになるまで、しっかりと説明いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
費用のご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆相談料◆
・相談料初回30分2,000円(税別)
・以降30分ごと5,000円(税別)

◆着手金・報酬金◆
日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。


==============
《ホームページ》
http://www.lawyerksne.com/index.html

《アクセス》
本郷3丁目駅から徒歩3分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ■事務所へお越しいただく場合
初回30分に限り2,000円(税別)
以降30分ごと5,000円(税別)

■お電話相談をご希望の場合
初回30分 5,000円(税別)

※お支払い方法は口座振込となります。別途ご案内いたします。
遺産分割協議書作成 10万円(税別)
協議サポート 着手金20万円(税別)+報酬金(10万円+経済的利益の5%(税別))
調停サポート 着手金30万円(税別)+報酬金(経済的利益の10%(税別))
審判サポート 着手金50万円(税別)+報酬金(経済的利益の10%(税別))
アフターケアサービスプラン 成立後も、不動産登記・預金解約・代償金支払いなど、各種手続きが残り、弁護士サポートをご希望される方のため、アフターケアプランをご用意しています。

この場合は、必要に応じて内容と料金をご相談のうえ決定します。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

被相続人父と母2人の遺産について,兄弟2人が遺産分割調停をした事例

  • 遺産分割
依頼主 50代 男性

相談前

兄からのご相談です。不動産がA,B,Cと3物件あり,どれも父と母,父と兄弟の共有物件ばかりで,相談者はAに暮らしていて,Aの単独取得を希望され,Bは弟に取得してもらい,Cは共有取得を希望されていました。被相続人父と母の2件の遺産分割調停事件を起こすことになりました。法律的には遺産分割と,共有物分割が複雑に入り混じった事件でした。

相談後

遺産分割調停の結果,Aを相談者がB,Cを弟が単独取得することになり,遺産分割の代償金と,それぞれの共有持ち分交換の清算金として,弟から相談者へ現金を支払うことで決着しました。

河合 早苗弁護士からのコメント

河合 早苗弁護士

調停を申し立ててから半年,調停期日4回で解決を見たのは,不動産評価の問題で,早期に当事者間で合意が出来た(土地については固定資産税評価額を0.7で割り戻した額)からだと思います。遺産分割調停における不動産の評価は,時価が原則で,双方の合意で,路線価であるとか,不動産,業者による簡易査定を双方持ち寄り中間で決める等方法が用いられますが,合意が出来ないと,裁判所の選任した不動産鑑定士による鑑定(鑑定費用の予納)が必要となってくるからです。

遺産相続

特徴をみる

遺産相続の解決事例 2

遺言があっても,遺産分割調停で解決した事例

  • 遺産分割
依頼主 70代 女性

相談前

都内住宅地に450坪の土地があり平成10年に父が,28年に母が他界。相続人は長女,二女,長男の三人で,父母存命中は,敷地内には父母の母屋の外,子供達3人の家がそれぞれ建っており,家族と暮らしていて,多い時で14人がここに暮らしていました。ほとんどの財産を長男にという遺言書は,父のものも母のものもあったのですが,長男はいずれもこれを開示せず,父の時は協議で分割し,土地は幾つかに分筆されましたが,分筆された土地も殆どが共有状態のままでした。

相談後

依頼者である長女二女が,母の遺産について調停を申し立てると,長男は,遺言書を持ち出してきました。調停は全10回行われましたが,遺言どおりではなく,諦めず,粘り強く,解決可能な分割方法をいろいろ模索して行き,相手方と裁判所とを説得して,土地の一部は代償金の支払い,一部は持分売却等の法的処理も織り交ぜながら,最終的な,遺産分割が成立しました。

河合 早苗弁護士からのコメント

河合 早苗弁護士

遺言があるからと諦めず,分割の道は必ず開けると信じて,いろいろな分割の方法,解決策を検討し,依頼者の利益を優先しかつ,相手方から最大の譲歩を導き出すぎりぎりの線を導き出し,合意に達するときは,訴訟で雌雄を決する時以上の醍醐味があります。問題解決に携わることが出来た喜びは,長年,調停委員を続けていて,調停成立の時の喜びと相通じるものがあります。

遺産相続

特徴をみる

遺産相続の解決事例 3

生前贈与された財産に遺留分減殺請求権を行使し,3000万円を獲得した事例

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 60代 男性

相談前

お母様の財産は全て二男に生前贈与されてしまっていて,相続するものがないという長男の方からのご相談です。お母様には,自宅の土地・建物と,相談者の土地と合わせて駐車場を経営する土地,相談者と2分の1ずつで所有する貸ビル,それに預金がありました。
不動産は亡くなる3年前,お母様が老人ホームへ入れられるときに二男に贈与されており,その半年後,預金の内3000万円が贈与税の支払いに備えて贈与されていました。
駐車場と貸ビルの経営は相談者が当たられていましたので,お母様の生存中は,賃料等の収益の配当金は,不動産の所有権移転後も相談者がお母様の口座に振り込んでいました。

相談後

遺留分減殺請求訴訟では,所有権移転後の賃料配当金はお母様のものか,二男のものか,賃料配当金を二男が引き出していたのが不当利得になるかどうか,遺留分減殺権行使後の果実返還請求の有無等争いとなりましたが,相談者はお母様の口座に振り込んでいた賃料を,お母様が亡くなると,二男に送金することはせず,別口座に保管しておきました。
そのプールした金額が約2900万円に達する頃,裁判所は賃料の帰属や果実の返還に触れることなく,二男は相談者に3000万円支払えという判決を下しました。

河合 早苗弁護士からのコメント

河合 早苗弁護士

どうして賃料の問題に触れずに判決を下すことが出来たかというと,生前贈与の遺留分減殺の対象財産は死亡期に近いものから順に減殺することになっているので,不動産贈与後の現金3000万円が遺留分額を満たしておればそれのみが対象となり,不動産やその果実は対象外になってしまうからなのです。
訴訟中に駐車場の共同経営を解消していたこともあり,双方とも判決に異議を唱えず,プールしてあった賃料と相殺し,二男は相談者に約100万円を支払うことで問題が全て解決しました。それにしても,判決が既にプールしてあった賃料とそう遠くない額を下したことは,絶妙な判断だったと感じました。

遺産相続

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
◆本郷3丁目駅から3分◆家庭裁判所家事調停委員歴20年以上◆経験を活かし、妻側、夫側、どちらの場合も、依頼者様の幸福度・満足度を重点に置いて、徹底的に闘います。
河合法律事務所
河合法律事務所
河合法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 後払いあり

《バックアッププランあり》
弁護士に全てを任せず、自分で離婚交渉を進めたいという方向けに、「バックアッププラン」をご用意しています。この場合、弁護士依頼費用のご負担はさらに軽くなります。ご自身のご意向にあわせ、プランをご検討ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
離婚・男女問題を適切・スムーズに解決
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
35年間以上の弁護士経験の中で、サポートしてきた案件で最も多かったのが、離婚・男女問題を含む家事事件です。
そんな数多くの問題をサポートする中で、なによりも大切にしてきたことが、「依頼者様がトラブル解決によって、幸福になれること」です。

互いの感情がぶつかり、心身ともに負担の大きいこの分野の問題ですが、少しでも依頼者様の拠り所となれるよう、一つ一つの問題に真摯に向き合いサポートいたします。
また、解決後も、ご相談者が良い選択をしたと思われるようなアフターケアを心がけております。

お一人で悩まずにまずはご相談ください。


◆このようなお悩みはお任せください!◆
☑妻と離婚の話し合いをしているが、長女と長男の親権を取り共に暮らしたい。
☑夫から離婚を求められているが、子供の大学卒業までの学費は保障してほしい。
☑浮気相手の元夫から、慰謝料請求されている。

ー上記の他にもー
・離婚請求
・財産分与
・親権問題
・養育費
・慰謝料請求

といった離婚・男女問題に関する幅広い問題をサポートしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当事務所のサポート特徴
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆相談日時も柔軟対応◆
事前予約により、当日や夜間・土日祝のご相談も対応可能です。ご都合により平日の日中にご相談が難しい方も、柔軟に日程調整をいたしますので、まずはお問い合わせください。

◆プライバシー厳守◆
秘密厳守はもちろんのこと、依頼者様への連絡方法にも気を配るなど、プライバシーの厳守をしっかりと行っております。ご家族や周囲の方に知られたくない、などのご事情がございましたら、ご遠慮無くお申し付けください。

◆全国出張可能◆
県外でのトラブルや事件でもお任せください。必要に応じて全国に出張して対応が可能です。

◆話しやすい相談環境作り◆
初めての法律相談はどなたでも緊張されるかと思いますが、ご安心ください。なるべくリラックスしてご相談いただけるよう、話しやすい環境づくりを心がけております。
不安点や疑問点なども相談者様がおわかりになるまで、しっかりと説明いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
費用のご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆相談料◆
(事務所へお越しいただく場合)
初回30分に限り2,000円(税別)
以降30分ごと5,000円(税別)

(お電話相談をご希望の場合)
初回30分 5,000円(税別)
※お支払い方法は口座振込となります。別途ご案内いたします。

◆着手金・報酬金◆
日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。

==============
《ホームページ》
http://www.lawyerksne.com/index.html

《アクセス》
本郷3丁目駅から徒歩3分

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ■事務所へお越しいただく場合
初回30分に限り2,000円(税別)
以降30分ごと5,000円(税別)

■お電話相談をご希望の場合
初回30分 5,000円(税別)

※お支払い方法は口座振込となります。別途ご案内いたします。
離婚協議書作成 10万円(税別)
バックアッププラン(ご自身で離婚を進める場合) バックアッププラン:5万円(税別)/3ヶ月
1ヶ月延長するごとに1万5,000円(税別)
弁護士サポートプラン(弁護士が代行するプラン) ●離婚協議サポート
着手金20万円(税別)
報酬金(20万円+経済的利益の10%(税別))

●離婚調停サポート
着手金30万円(税別)
報酬金(30万円+経済的利益の10%(税別))

●離婚訴訟サポート
着手金50万円(税別)
報酬金(50万円+経済的利益の10%(税別))

※協議・調停サポートから始まり、次のステップを継続して依頼いただく場合は、差額10万円・20万円の着手金が加算されます。

※有責配偶者(離婚原因がご本人にある)の場合、離婚が成立した際、上記各プランの報酬金に、20万円を加算させていただきます。
アフターケアサービスプラン 離婚確定後も、各種手続きが残り、弁護士サポートをご希望される方のため、アフターケアプランをご用意しています。個別にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

不倫の慰謝料。不倫女性の夫(その後離婚)に対し,200万円の慰謝料を支払うという債務承認の承諾書を書いて,3年後に元夫に訴えられ,110万円で和解した事件

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 男性

相談前

相談者である男性(独身)は3年前,不倫相手の女性の夫に不倫が発覚した時点で,夫の求めるままに,女性のメールアドレス,携帯電話番号も消去し,交際も終了。相談者は夫が予め作成した不倫を認めること,慰謝料200万円を支払うとの誓約書にサインして夫に差し出してはいましたが,請求がなかったので終わったとものと思っていたのに3年経って訴えられたため,驚愕されて,相談に来られました。

相談後

訴状によると,不倫発覚後,相手の夫婦は,直ちに離婚したとあります。どうも,夫は,離婚を有利に進める為,妻のあら捜しをしていたところ,相談者が浮上したらしいのでした。今は実家に帰られている元妻に私から連絡を取り,不倫前から,夫が生活費を渡さない等が原因で,別居を繰り返すなど,夫婦関係は既に破綻していたとする証言を得ました。これが請求額の半額に近い和解に繋がったのではないかと思います。

河合 早苗弁護士からのコメント

河合 早苗弁護士

最高裁は平成5年の判決によって,不倫相手の行為が他方配偶者への不法行為となるのは婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益を侵害する行為といえる場合だけで,婚姻関係が既に破綻していた場合には,配偶者には,そのような権利も利益もないから,慰謝料の請求権もないとしています。
戸籍の上で夫や妻だと言っても,不倫相手に慰謝料を求めるには,婚姻生活の中身が大事ということでしょうか。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 2

離婚で一審敗訴したにもかかわらず,高裁で解決金2000万円,養育費32万円で和解成立

  • 財産分与
  • 養育費
  • 別居
  • 慰謝料
  • 生活費を入れない
依頼主 40代 女性

相談前

子供の教育の為,夫の強い希望もあって,東京都文京区に相談者と子供二人の住宅を借りて夫との別居開始。高額の生活費の仕送り,教育費の夫からの学校への直払いが続いていましたが,10年が経過し,突然,夫から離婚して欲しいと言われ,仕送りもストップされたので,困り果てて,相談に来られました。

相談後

一審の家庭裁判所では,長年の別居で夫婦関係は破綻しているとして,離婚の判決が下されました。直ちに控訴しましたが,その間,ストップされた婚姻費用について,婚姻費用分担の審判の申立を行い,家庭裁判所では22万5000円の審判でしたが,上級審の高等裁判所では,42万円に変更になっていました。離婚が成立してしまえば,婚姻費用の分担はありません。離婚の控訴審では,和解に賭けるしかありませんでした。夫のマンションの価額を査定し,財産分与の額を示し,子供達の希望する大学卒業までの教育費を綿密に計算して,夫の理解を求め,受け入れられました。

河合 早苗弁護士からのコメント

河合 早苗弁護士

夫が仕送りをストップしてから,相談者と子供達は安いアパートへ引っ越しせざるを得なくなったり,子供達の受験も重なり,子供達をどのようにこの危機から守れば良いのかと相談者も苦労が続きましたが,常に,相談者に寄り添い,時には叱咤激励し,諦めることなく,共に戦い続けました。
経済的に安定した生活が送れるようになった結果が出せたことが一番ですが,最期に,和解が成立したあと,夫が,長女の中学校卒業式に突然現れ卒業を祝福したと聞き,本件を担当できて,本当に良かったと感じました。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 3

夫が子供二人の親権を取得し,妻が子の養育費を一人当り2万円支払うことで調停成立

  • 養育費
  • 親権
  • 別居
依頼主 30代 男性

相談前

結婚して16年,長女高校生,長男中学生,3階建の小さな家を夫名義に購入。長年夫は1階,妻は2階にと家庭内別居状態。ケンカになると夫が家出し,しばらくして戻るという生活でした。妻とは離婚したいが,子供達と一緒に自分の家で暮らしたいとの相談でした。
調停直前,妻の実母が再婚し,家を新築,妻はその家へ移り,別居が開始し,子供たちは双方の家を行ったり来たりの状態でした。

相談後

まず,相談者にアドヴァイスとして①子供達に,離婚をして母親に会うのは自由だけれど,生活の本拠はこちらで,門限などの生活のルールは,父親に従うことの理解を求めること,②始発で会社へ行き終電で帰宅する生活を改め,会社に勤務形態を変えるよう要求すること,③料理,洗濯,掃除等,家事全般の担手となることを求めました。
いずれもクリアしましたので,調停にその結果を報告し,勤務形態の変化により収入が減る分,妻にも養育費の負担をお願いし,受け入れられました。

河合 早苗弁護士からのコメント

河合 早苗弁護士

父親側から,子供の親権を取りたいというご相談は多くあります。しかし,家事育児教育を親族等の他人任せでは,難しいようです。また,共に暮らす子供達とのコミュニケーション,子供達からの支持も欠かせないものとなります。

離婚・男女問題

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
◆本郷3丁目駅から3分◆全国出張対応◆豊富な経験を活かし、一生ものの財産である不動産をご依頼者様の為にお守りします。
河合法律事務所
河合法律事務所
河合法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 後払いあり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
不動産・建築問題を適切・スムーズに解決
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
弁護士として35年以上、今までに数多くの不動産・建築問題をサポートしてまいりました。
そのような経験の中で日頃から特に心がけていることが3つございます。

<<解決のための心がけ>>
【1】権利関係の実態調査
【2】密な打ち合わせによる証拠の発見
【3】現地に行き自分の目で確かめること

丁寧にご事情をお聞きし、適切な解決となるよう、一つ一つの問題に真摯に向き合いサポートいたします。
まずはお気軽にご相談ください。


◆このようなお悩みはお任せください!◆
☑親戚の保証人になってしまったことで、住人が亡くなり賃料の滞納分を請求されているが、どのように貸主と話し合えば良いか。
☑賃料の滞納が続いており、建物明け渡しの請求をしたい。
☑隣人と窓の目隠しのことでトラブルを抱えており、土地の境界についても争いがある。将来に備えて境界を確定させておきたい。

ー上記の他にもー
・不動産売買
・境界確定
・土地、建物明け渡し
・賃料増減額調停

といった不動産・建築に関する幅広い問題をサポートしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当事務所のサポート特徴
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆相談日時も柔軟対応◆
事前予約により、当日や夜間・土日祝のご相談も対応可能です。ご都合により平日の日中にご相談が難しい方も、柔軟に日程調整をいたしますので、まずはお問い合わせください。

◆プライバシー厳守◆
秘密厳守はもちろんのこと、依頼者様への連絡方法にも気を配るなど、プライバシーの厳守をしっかりと行っております。ご家族や周囲の方に知られたくない、などのご事情がございましたら、ご遠慮無くお申し付けください。

◆全国出張可能◆
県外でのトラブルや事件でもお任せください。必要に応じて全国に出張して対応が可能です。

◆話しやすい相談環境作り◆
初めての法律相談はどなたでも緊張されるかと思いますが、ご安心ください。なるべくリラックスしてご相談いただけるよう、話しやすい環境づくりを心がけております。
不安点や疑問点なども相談者様がおわかりになるまで、しっかりと説明いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
費用のご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆相談料◆
・相談料初回30分2,000円(税別)
・以降30分ごと5,000円(税別)

◆着手金・報酬金◆
日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。

==============
《ホームページ》
http://www.lawyerksne.com/index.html

《アクセス》
本郷3丁目駅から徒歩3分

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ■事務所へお越しいただく場合
初回30分に限り2,000円(税別)
以降30分ごと5,000円(税別)

■お電話相談をご希望の場合
初回30分 5,000円(税別)

※お支払い方法は口座振込となります。別途ご案内いたします。
着手金 10万円~(税別)
備考欄 着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切と定めた料金を基準にしていますが、分割払い、後払い等、ご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(2件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

三姉妹で3分の1ずつ相続した実家の土地建物を長女が代償金を支払って買い取った事案

依頼主 60代 女性

相談前

実家の土地建物は,お父様の死亡時,お母様が相続され,お母様の死亡時,三姉妹で3分の1ずつの共有として相続登記をされていましたが,相談者である長女の方がずっと住んでおられました。
二女が亡くなり,二女の3分の1の持分は,二女の夫が相続されましたが,同人から,自分にも所有権があるから使わせてもらって当然だと言われ,相談に来られました。

相談後

幾度か書面による交渉をしましたが,結局,共有物分割の訴えを提起しました。
訴訟では,物件の評価を不動産鑑定士に依頼して行い,代償金が支払える資力の証明を行ったことで,二女の夫へ代償金を支払って所有権を長女へ移転する旨の判決が得られました。判決に基づき,代償金を供託して,二女の夫の持分3分の1の登記を長女に移しました。

河合 早苗弁護士からのコメント

河合 早苗弁護士

不動産を相続する際,相続人間で共同相続すると,その運用や処分の際トラブルになりかねません。遺言も,できるだけ不動産については,Aの物件は誰に,Bの物件は誰に相続させるとした方が良いでしょう。トラブルが発生した場合,拗らせる前に,ご相談ください。豊富な経験から,解決策を見出し,相手方と交渉をして行きます。

不動産・建築

特徴をみる

不動産・建築の解決事例 2

公団の賃料と駐車場料金滞納請求額の6割で和解した事例

依頼主 40代 女性

相談前

相談者は都内に一人暮らしをされ,安定した収入がありました。
賃貸の公団に暮らす叔父夫婦が自家用車を所有し,1台分の団地内駐車スペースを借りていました。叔父夫婦には,地方に長男がいましたが,都内に暮らしている姪である相談者が,保証人になっていました。室内で叔父夫婦が亡くなり,自動車も放置されたままだったため,依頼者は公団から保証人としての責任を問われました。仕事もあるため,交渉の窓口になってほしいというご相談です。

相談後

室内の後始末は,公団に行ってもらい,敷金から差し引いてもらいました。車は地方の長男に所有権放棄してもらい,公団側で撤去してもらいました。
残りの賃料と駐車場料金の滞納金と,損害賠償問題については,保証会社から約100万円の要求がありましたが,6割の60万円を一括して払うことで和解が成立しました。

河合 早苗弁護士からのコメント

河合 早苗弁護士

公団は初期契約では賃料については保証会社と賃借人との間で保証契約を締結させていますので,保証人は必要ありません。ただ,本件の場合,一度滞納が続き,公団が改めて契約をしなおす際,保証人を立てることを要求し,都内在住の相談者が叔父に頼まれて応じてしまっていたからなのです。
部屋の明け渡し,車の撤去,損害賠償請求の減額等,ご相談いただければ,適切に対応致します。

不動産・建築

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
河合法律事務所
所在地
〒113-0033
東京都 文京区本郷4-1-6 ヴェルディ本郷8階
最寄り駅
本郷三丁目駅
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5257-5896

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
河合法律事務所
所在地
東京都 文京区本郷4-1-6 ヴェルディ本郷8階
最寄駅
本郷三丁目駅

河合 早苗弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5257-5896

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝

対応地域