現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
齋藤 魁弁護士

( さいとう かい ) 齋藤 魁

四谷あけぼの法律事務所

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
スモールビジネス/副業/個人事業主/中小企業様からのご相談多数。臨機応変に柔軟に、ご要望にお応えします。(初回相談無料・訪問相談あり)

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

交渉・契約・著作権・労働問題を中心に、数多く対応しています

中規模以上の企業様もおられますが、臨機応変・柔軟な対応体制から、以下のような方々より特にご相談をいただきます。

  • スモールビジネスを展開している(例:個人商店・店舗)
  • 個人事業主である
  • 兼業・副業のビジネスで相談ごとがある

弁護士費用はどうしても懸念事項の一つですが、抱えておられるトラブルに対し、適正なコストで、最大限の解決策を提示させていただいており、この点もお喜びいただいております。

また、大手企業のほうに法務に詳しい方が近くにおられないのが通常です。このため、目先のトラブル解決だけでなく、未来のトラブルを予見し、それらを防ぐ策も一緒に対策をとるようにしております。

よくあるご相談例

  • 会社設立予定だが、何をすれば良いか分からない。
  • ビジネスパートナーや顧客との間にトラブルを抱えている
  • 契約トラブルがあり、交渉と調整を任せたい
  • 規約や契約書まわりで最良の案を提案してほしい
  • 労働トラブル(例:パワハラ、セクハラ)について、賠償請求されている
  • 残業代を社員から請求されている

特に、労働問題、契約書チェック・ドラフト作成、会社設立や会社清算のご相談に力を入れて取り組んでいます。

特徴

◎ 業界・規模を問わず広くご支援
個人商店や中小企業、大企業等、規模に関わらず、様々な企業さまからのご相談に対応してまいりました。特に、ビジネスモデルを考慮した対応が可能です。

◎柔軟な相談対応
相談方法はお電話による相談のほか、貴所へご訪問し相談を行うといった方法でも承ります。当日・休日・夜間であっても可能な限り、柔軟に対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。納得いただけるまでとことん話し合いたいと思います。

ご相談の流れ

まずはお電話で相談日時のご予約をお願いします。予約の電話ではご希望の日時や相談内容などを簡単にお聞きした上で、ご案内させていただきます。

アクセス

  • 四谷三丁目駅 徒歩2分
  • 曙橋駅 徒歩5分
  • 四ツ谷駅徒歩10分

※【訪問相談あり】企業様の場合、複数名で弁護士の話を聞きたいというご要望も多く、訪問しての相談にも対応しています。お気軽にご要望ください。

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる 料金表をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回のご相談は無料【0円】です。
※ご予約時に、「弁護士ドットコムを見た」とお知らせください。

2回目以降、30分ごとに5,500円(税込)
着手金 11万円~(税込)
報酬金 22万円~(税込)
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(4件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

シナリオ制作会社の契約書作成

  • エンタテインメント
依頼主 30代 男性

相談前

シナリオ制作を受注し,シナリオライターに委託する形で業務を行っている会社からのご相談です。

民法改正にも対応した契約書の見直しに着手することとなりました。
見直しの機会を契機に,「業務委託」や「報酬」の取り決めなどについて,よりわかりやすくい形式の契約書を目指すこととしました。

相談後

民法改正に関する対応は,主に,成果物の瑕疵に関するものが多いものでした。

例えば、提出されたシナリオの質が,会社側が期待しているレベルに達していなかった場合に,どうするのかという点です。

納期の問題もあることから,契約を解消できる理由を明記するとともに,著作権等の権利関係についてもフォローする条項を盛り込み,会社側,ライター側双方に配慮した契約書を作成しました。

齋藤 魁弁護士からのコメント

齋藤 魁弁護士

契約書を作成する際には,契約書の文言を読んだ際に,通常の取引形態を具体的に想像できることが大切です。

「シナリオ制作の業務委託」,というだけでは,具体的にどういうことが行われるのかわかりづらく,どこまでの作業を行えば,シナリオライター側が義務を履行したことになるのか(逆から言えば,報酬が発生するのか)が,曖昧になってしまいます。

そのような契約は,後々,かならずもめることとなるので,しっかりとケアし,双方の責任を明確にしておくことが肝要です。

ご不安のある方は、一度ご相談ください。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

【サイト運営会社・契約関連】小説ライターとの契約解消・著作権の取り決め

  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
依頼主 30代 男性

相談前

小説投稿サイトの運営会社からのご相談です。

連載企画を依頼していたライターの質が悪く,想定していたよりも質の向上が行われないため,別のライターを起用しようとしている。
現在のライターとの関係の解消と,今後の紛争防止を見据えた,契約関係の清算案を作成してほしい、というものでした。

相談後

これまでのライターの取り組みや,ライター側との話し合いの経緯をまとめ,今後の連載企画の執筆を担当しないことについて合意を得ることができました。

将来に向けての課題は,既に投稿済みの部分に関する著作権等,権利関係の問題です。
事情をしっかりと説明したうえで,二次創作の禁止も含めて,著作権を譲り渡すこと,並びに著作者人格権の不行使について,合意を結び、トラブルを未然に防ぐ対策を行いました。

齋藤 魁弁護士からのコメント

齋藤 魁弁護士

著作権に関係する業界では,契約関係の清算にあたっては,これらの著作権の取扱いに関する合意が重要な要素です。

とくに,小説等,言語に関する著作物の権利については,後々,漫画化,映像化,音声化(ドラマCDの制作等),商品化等々,種々のメディア媒体への進出も想定される分野であり,原著作者との関係の合意清算は非常に重要となります。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 3

副業ビジネスの契約書作成

  • 医療・ヘルスケア
  • 人材・教育
依頼主 30代 男性

相談前

副業ビジネスで成功し,株式会社化した会社の広告担当者からのご相談です。

サブスクリプション方式で,契約者へのノウハウ提供サービスや,アフターフォローを行っていく業態について,契約書のチェックを依頼いただきました。

相談後

提供するサービスの内容の特定が肝要であり,それらが一読してわかるような形式での契約書作成を心掛けました。

提供するサービスについては,入会するコースによってコンテンツに違いがあり,その違いがわかるような形での契約書となるよう留意点をお伝えしサポートしました。

また,ノウハウの提供は,当時は教室で行う形式であったため,生徒間のもめごとに対する対応方針も明記する等、未来に予見される細かいトラブルについても記載しました。

契約内容については,消費者契約法の側面からの検討を,広告部分については,誇大広告とならないよう,景表法の側面からの検討を要しました。

齋藤 魁弁護士からのコメント

齋藤 魁弁護士

本件についても,通常の契約書のチェックと同様,契約書の内容から,どのようなサービスがなされるのか明記することが、まずは第一要件として重要です。

教室で,一人の講師が複数の生徒相手に,ノウハウの提供等を行う場合には,生徒間同士のトラブルを解決できるような仕組みとすることが,健全な教室運営と,生徒側の保護にもかなうものであるため,その点へも配慮した契約書としました(利用規約の厳守と従わなかった場合のペナルティの明記)。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 4

【企業側】残業代請求への対応について

  • 人事・労務

相談前

退社したばかりの社員から,未払い残業代の支払を求められた中小企業の社長からのご相談です。

生活に困っている社員だったので,技術が未熟なうちから目をかけてきたのに,手のひら返しをされたように感じ,残業代請求について争うこととなったとのこと。

また,会社の経営状況から,支払える給与に限度がある、というご事情も抱えておられました。

相談後

裁判では,証人尋問も実施のうえで,和解の条件を検討しました。

返済期日を区切ったうえで,運転資金の借り入れを行い,そこから一定の額を一括で支払うことで,従業員側と和解しました。

齋藤 魁弁護士からのコメント

齋藤 魁弁護士

紛争の解決を考えるにあたっては,様々な要素があります。

判決となった場合に認められる「支払うべき金額」とは別に、「債務者が実際に支払可能である額」という観点も重要です。またお互い、紛争が長期化すれば経済的にも工数面でも負担があることは間違い無く、早期に解決したいというのは共通の認識です。

そのような互いの事情を鑑み,会社側,労働者側双方にとって妥当な額で和解をまとめられたケースでした。

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる 特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【オンライン相談可】経験を生かしたスピーディな対応と納得の料金体系で安心してご依頼いただけるよう努めております。まずはお気軽にご相談ください。

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

仕事というのは、多くの方にとって、生活の基盤というだけでなく、人生の意義やご自身の尊厳に大きな影響を与えるものです。

「どの仕事を、どのようにするのか」「誰からどのように扱われるのか」は、その方の人生と思考に多大な影響を与えることでしょう。

それだけに、そのような職場で起こるトラブルで悩む人が多く、私が解決に注力する領域の一つでもあります。

従業員の方・企業側双方のサポートをしてまいりました。相手となる側の考えと対策を知っていることは、実際に進めるにあたり重要です。ぜひ、どちらのお立場の方も一度ご相談ください。

よくあるご相談例

従業員側

  • 未払いの残業代を請求したい。
  • 子会社に出向することを強いられている。
  • 上司・部下の関係を悪用したセクハラを受けている。
  • コロナによる事業縮小を理由に解雇された。

企業側

  • 残業代請求を受けている
  • コロナで給与支払いができないが、どうしたらいいのか
  • 人員整理をする必要があるが、相談にのってほしい
  • ハラスメント問題が発生している

特に、残業代請求、不当解雇、配置転換、パワハラ・セクハラのご相談に力を入れて取り組んでいます。

特徴・強み

◎ 豊富な取扱実績
解雇、残業代請求、パワハラ等、さまざまな労働問題を、労働者・会社側いずれの双方の立場からも取り扱っており、経験は豊富です。培ってきたノウハウを活かしお力になりたいと考えます。

◎柔軟な相談対応
相談方法はお電話による相談のほか、出張相談も承ります。当日・休日・夜間であっても可能な限り、柔軟に対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。納得いただけるまでとことん話し合うことを心がけています。

ご相談の流れ

まずはお電話で相談日時のご予約をお願いします。予約の電話ではご希望の日時や相談内容などを簡単にお聞きした上で、ご案内させていただきます。

アクセス

四谷三丁目駅 徒歩2分
曙橋駅 徒歩5分
四ツ谷駅徒歩10分

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回のご相談は無料【0円】です。
※ご予約時に、「弁護士ドットコムを見た」とお知らせください。

2回目以降、30分ごとに5,500円(税込)
着手金 11万円~(税込)
報酬金 22万円~(税込)
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(2件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

【企業側】残業代請求への対応について

  • 給料・残業代請求
依頼主 50代 男性

相談前

退社したばかりの社員から,未払い残業代の支払を求められた中小企業の社長からのご相談です。

生活に困っている社員だったので,技術が未熟なうちから目をかけてきたのに,手のひら返しをされたように感じ,残業代請求について争うこととなったとのこと。

また,会社の経営状況から,支払える給与に限度がある、というご事情も抱えておられました。

相談後

裁判では,証人尋問も実施のうえで,和解の条件を検討しました。

返済期日を区切ったうえで,運転資金の借り入れを行い,そこから一定の額を一括で支払うことで,従業員側と和解しました。

齋藤 魁弁護士からのコメント

齋藤 魁弁護士

紛争の解決を考えるにあたっては,様々な要素があります。

判決となった場合に認められる「支払うべき金額」とは別に、「債務者が実際に支払可能である額」という観点も重要です。

お互い、紛争が長期化すれば経済的にも工数面でも負担があることは間違い無く、早期に解決したいというのは共通の認識です。
そのような互いの事情を鑑み,会社側,労働者側双方にとって妥当な額で和解をまとめられたケースでした。

労働問題の解決事例 2

【休職命令・解雇】精神的持病を理由に長期休職を命令され、解雇→解決金を受け取り、合意退職した例。

  • 不当解雇
依頼主 20代 女性

相談前

精神的な持病を抱える相談者が,会社に対して復職希望を出したところ,産業医の見解と,相談者のかかりつけ医の診断が異なり,会社側から復職不可能とされ,再度の休職命令が出されました。

その結果,休職日数が一定数に達し,解雇となってしまいました。

ご依頼をいただき、解雇の有効性を争う労働審判の申し立てを行った例です。

相談後

審判では,産業医と相談者の面談状況や,復職が可能かどうかを判定するための会社の制度,いわゆる試し出社期間中の相談者の勤務状況について,審理が行われました。

試し出社中の相談者の勤務状況については,問題がなかったとまではいかないものの,復職がまったく不可能であり,休職命令を出さなければならないと認定するほどではなく,解雇の違法性が認められました。

他方,相談者の方で,会社に留まる意向が小さかったことから,解決金の支払を条件に合意退職することで調停が成立しました。

齋藤 魁弁護士からのコメント

齋藤 魁弁護士

ご本人は解雇に至るプロセスに納得はいかないものの、今後その会社にとどまるご意向もなく、「会社の解雇通達は違法である」との結果を受けて解決金を受け取り、合意退職をされました。

このように、退職するにしても、会社の対応を問うことは可能です。

解雇命令ではなく,休職命令による事実上の解雇が問題となったケースです。産業医の診断はあるものの,一部では,復職相当とされている部分もあり,その点が考慮されたものと考えます。

また,休職命令は解雇に直結することから,会社側に対して,より慎重な判断を求めるべきとの価値判断があったと考えられるケースです。

遺産相続

分野を変更する
(ご相談無料)難しい相手との交渉、調整含め、お任せください。長期化しやすい相続トラブルは、あなたの強い味方となる代理人が必要です。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

経験を生かしたスピーディな対応と納得の料金体系で安心してご依頼いただけるよう努めております。まずはお気軽にご相談ください。

遺産分割協議・遺言書作成など遺産相続のあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

相続に関するご相談は、対応の早さがポイントと思っております。若手ならではのフットワークを生かした、迅速な対処をお約束します。
内容によっては法的効力が認められないケースがあるため、まずは弁護士にご相談ください。将来起こりうる事態を視野に入れ適切なご提案をいたします。

よくあるご相談例

  • 兄弟間で相続問題でもめている
  • 兄弟のうち1名が、親のお金を使い込んでいたことがわかった
  • 認知機能が低下していたはずの親の遺言書が見つかり、信頼性があるのか確認したい
  • 遠縁の親族と遺産分割でもめている
  • 交渉相手が遠方で話が進まない
  • 不動産を相続したが、不動産価値がどの程度あるのか
  • 価値判断をした上で、相続すべきかどうか相談したい
  • 故人に借金があった

特に、遺言書作成、遺言執行、遺産分割協議書作成、遺言無効確認等、相続人確定の各訴訟のご相談に力を入れて取り組んでいます。

特徴・強み

◎ 豊富な取扱実績
弁護士として勤務して以降、生前の遺言書作成や、死後の遺言の執行等、相続に関する問題に取り組んできました。

また、遺言執行に関する書籍・『業務の流れでわかる! 遺言執行業務』(東京弁護士会 法友全期会編著 第一法規)の執筆について、一部を担当させていただきました。

単なる相続以外にも成年後見人としての活動させていただく等、高齢者の問題に多く関与してきています。

◎柔軟な相談対応
相談方法はお電話による相談のほか、出張相談も承ります。当日・休日・夜間であっても可能な限り、柔軟に対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。納得いただけるまでとことん話し合うことを心がけています。

ご相談の流れ

まずはお電話で相談日時のご予約をお願いします。予約の電話ではご希望の日時や相談内容などを簡単にお聞きした上で、ご案内させていただきます。

アクセス

四谷三丁目駅 徒歩2分
曙橋駅 徒歩5分
四ツ谷駅徒歩10分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回のご相談は無料【0円】です。
※ご予約時に、「弁護士ドットコムを見た」とお知らせください。

2回目以降、30分ごとに5,500円(税込)
着手金 11万円~(税込)
報酬金 22万円~(税込)
備考 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

相続税の検討について

  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 60代 女性

相談前

相続人は,妻と子2人。
相続人間での争いはないが,妻の死後の相続も見据えた遺産分割協議を検討することとなった。
負担することとなる相続税の額を検討しつつ,分割協議をまとめていくこととなった。

相談後

税理士との協調が思うようにうまく進まない中で,取り急ぎ,財産の調査と,目録の作成を行った。
そのうえで,妻,子(姉・弟)らで,どのように分けるのがよいか,3パターンほどの組み合わせを検討した。
最終的に,妻が亡くなった後の相続においても,子らに相続税支払いのための現金を残しておける形で,分割協議をまとめ,相続税申告を行った。

齋藤 魁弁護士からのコメント

齋藤 魁弁護士

相続税の額の算定は複雑であるが,一つ一つ丁寧に行えば,対応することが十分可能である。
不動産の額の評価が,やや専門的なところがあり,この点は課題であるが,その余については十分対応できる。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
四谷あけぼの法律事務所
所在地
〒160-0004
東京都 新宿区四谷3-3-1 四谷安田ビル6階
最寄り駅
四谷三丁目駅徒歩2分、曙橋駅徒歩5分、四ツ谷駅徒歩10分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日08:00 - 22:00
  • 土日祝10:00 - 17:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は9:30~18:00です。土日祝は、弁護士の携帯にて承っています。

都合があわずすぐ対応できなかった際は、折り返しご連絡いたします。

なお平日夜間は、メールでご連絡いただけますと幸いです。
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
対応言語
  • 英語
  • 中国語
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5453-8166

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

齋藤 魁弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5453-8166
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:00 - 22:00
  • 土日祝10:00 - 17:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は9:30~18:00です。土日祝は、弁護士の携帯にて承っています。

都合があわずすぐ対応できなかった際は、折り返しご連絡いたします。

なお平日夜間は、メールでご連絡いただけますと幸いです。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。
対応言語
英語
中国語