現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
鈴木 一弁護士

( すずき はじめ ) 鈴木 一

パークス法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談30分無料】【弁護士歴15年以上】【オンライン相談対応】◆国際離婚に注力◆争点を早期に把握し、今後の見通しなどスピーディーな判断でサポートいたします。
パークス法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

国際離婚はお任せください

国際化社会が進展していく中で、国際結婚・離婚など夫婦の関係も多様化しています。日本にいながら外国人同士の夫婦が離婚を考えたり、日本人と外国人の夫婦が離婚を考えたりと様々なケースがありますが、当事務所では、比較的、外国籍の方からの離婚に関する相談を多くいただいております。

国際離婚においては、言葉の壁だけでなく、どこの国の法律や裁判所を使うのかといった問題がありますので、一般の離婚事件とは異なる専門的な知識やノウハウが必要となります。そのため、経験豊富な弁護士へのご相談をご検討ください。当事務所では、これまでの経験を生かし、迅速かつ的確なアドバイスで早期解決をご支援いたします。

また、離婚に伴う関連する法律問題(公的扶助、社会保険に関する問題等)についてのご相談も多く扱っておりますので、ご状況に応じてアドバイスさせていただきます。

このようなお悩みはありませんか?

  • 外国人である夫(妻)が自国に帰ってしまったが、離婚できるか
  • 外国籍の夫からDVを受けている
  • 外国人の夫(妻)と離婚をしたいが、手続きがわからない
  • 日本に住む外国人夫婦が日本で離婚できるのか
  • 適用される法律はどこの国の法律か、外国における判決の日本における効力について
  • 養育費・婚姻費用としていくら請求できるのか
  • 財産分与としてどれくらいもらえる(または支払う)のか
  • 親権はどうなるか、親権者となれなかった場合でも子供と会うことはできるか(面会交流)
  • 離婚したいが離婚原因があると認められるか、離婚原因があるとして相手方に有責性があると言えるか(慰謝料請求ができるか)

重点取り扱い案件

  • 財産分与
  • 慰謝料請求
  • 婚姻費用・養育費請求
  • 親権問題
  • DV(保護命令)に関する相談 など

安心のサポート体制

当日・夜間相談対応

急な当日のご相談や夜間22時までのご相談に対応しております。
事前予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

オンライン相談対応

ご状況に応じて、オンラインでのご相談にも対応しております。ご希望の際にはご遠慮なくお申し付けください。

将来的な視野に立ったアドバイス

紛争の相手方に対する感情よりも、法的に重要なことは何かをご理解いただくことに配慮しています。一時的・感情的な満足よりも、将来的な視点に立った場合、どのような判断をするのが合理的かを話し合っていくことに重点を置いています。

プライバシー管理の徹底

情報管理・プライバシーへの配慮は徹底的に行っております。
ご相談にあたっては、完全個室で対応させていただきます。安心してご来所ください。

弁護士費用について

◎相談料:30分5,500円(税込)
※費用のことを心配せずにお話しいただけるよう、初回相談は30分無料です。
※ご相談者様の経済状況に応じて、法テラスの利用や分割払いが対応可能な場合があります。

アクセス

◎複数路線からの好アクセス
茅場町駅から徒歩4分
八丁堀駅から徒歩5分
日本橋駅から徒歩6分
東京駅から徒歩12分

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税込)。
ただし初回相談料(30分)は無料。
着手金 離婚交渉着手時=11万円~22万円(税込)、交渉から調停申立となった時=11万円(税込)、調停から離婚訴訟提起となった時=11万円(税込)。

財産分与・養育費等経済的給付を伴う場合には経済的利益に応じて、通常の民事事件の場合の算定表に基づいて算出した金額を加算することがあります(300万円以下の部分については8.8%(税込)、300万円を超え3,000万円以下の部分については5.5%(税込)とするなど)
報酬金 解決時(離婚成立等)に33万円(税込)。

財産分与・養育費等経済的給付を伴う場合には通常の民事事件の場合の算定表に基づいて算出した金額を加算することがあります(300万円以下の部分については17.6%(税込)、300万円を超え3,000万円以下の部分については11%(税込)とするなど)
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

元夫が子供と面会交流を求めてきたところ、配偶者暴力に関する保護命令申立をしたところ認容された事例

  • DV・暴力
依頼主 20代 女性

相談前

DV被害を受けていた元妻は、警察に被害の相談をしていませんでした。離婚後も、元夫は子供(乳児)と会いたいということを口実にして元妻との面会を求めることを求め、面会交流調停を求めてきました。また、元夫は元妻宅への訪問をする恐れもありました。

相談後

元夫への恐怖や、被害内容を警察へ開示することへの躊躇などから、単独で警察へ相談へ行くことができず、弁護士が同行し被害内容の報告を行いました。また、シェルターへの一時避難についてもお願いをし、認めて頂きました。結果的に、配偶者暴力に関する保護命令が決定が出されました。

鈴木 一弁護士からのコメント

鈴木 一弁護士

保護命令の事案としては典型的な事案ですが、女性の独力では被害状況の警察への報告や、申立は困難事がおおく、代理人弁護士をつけることでスムーズに保護命令がでるケースは多いと思います。

離婚・男女問題の解決事例 2

夫が給与明細を改竄し、妻に対して手取り収入を過少申告し活動費を捻出していたが、婚姻関係破綻における有責配偶者であるとは認められなかったケース。

  • 慰謝料
依頼主 40代 男性

相談前

元夫が婚姻期間中約2年半にわたり給料明細を改竄し、元妻に対して手取り金額を総額約250万円を過少申告していたろころ、元妻は共有財産の清算とは別に300万円の慰謝料を求めていました。

相談後

元夫の話では、体調不良(鬱症状)のため長期休職をしていたこと、過少申告により捻出した金員は営業活動の一環としての接待交際費に充てたこと、家庭内では小遣い制をとっていたところ小遣いの増額を求めていたが認められずやむなく改竄を行ったことなどを調停、訴訟において主張・立証しました。その結果、慰謝料300万円については有責性なしということで訴訟上の和解をすることができました。

鈴木 一弁護士からのコメント

鈴木 一弁護士

一見すると申し開きのできない行為をしていたとしても、そのことが必ずしも、慰謝料の対象となったり、有責配偶者と認定される訳ではありません。事実をよくお聞きすることで、突破口は見いだせることがあるものです。

離婚・男女問題の解決事例 3

婚姻費用の支払い請求において、住宅ローンを夫側が支払っていることなどを理由に、婚姻費用の減額を求められたケース。

  • 別居
  • 婚姻費用
依頼主 40代 女性

相談前

元夫の別居中の元妻に対する婚姻費用の支払いにおいて、元妻が居住している住宅ローンを支払っていることを理由に、婚姻費用算定表から算出される婚姻費用の金額(月額)から住宅ローンの金額を控除すべきと主張したケース。住宅ローンの金額を全額控除してしまうと、元妻と子供(小学生)の生活は成り立たなくなってしまう。

相談後

最終的には、住宅ローンとして支払っている金額の3割程度を控除するということで、調停成立させることができました。

鈴木 一弁護士からのコメント

鈴木 一弁護士

住宅ローンの支払いは、資産形成という側面があり、全額が生活費の支払いという側面を有している訳ではありません。住宅ローンとして夫が支払っているものを全て婚姻費用から控除されてしまうと、往々にして妻側の生活は成り立たなくなってしまいます。別居中の夫が住宅ローンの全額を支払っている場合でも、婚姻費用算定表で認められている平均的な住居費の額などを勘案して、相当な調整をして婚姻費用の金額は算定されるべきです。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
パークス法律事務所
所在地
〒103-0026
東京都 中央区日本橋兜町20-5 兜町八千代ビル2階
最寄り駅
茅場町駅
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
定休日
土,日,祝
備考
ご要望に応じて土日祝・夜間も対応いたします。メールフォームは24時間受付、電話対応は原則9時30分〜21時まで。
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川

電話で問い合わせ
050-5349-6875

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

鈴木 一弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5349-6875
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
定休日
土,日,祝
備考
ご要望に応じて土日祝・夜間も対応いたします。メールフォームは24時間受付、電話対応は原則9時30分〜21時まで。